ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

汚染対策800億の豊洲から毒物シアン化合物検出【豊洲は汚染だらけ】

2017-06-21 23:22:24 | 日記





6月以降のRK講演ですが、

richardkoshimizu official website
http://urx.red/DYAl


2017年6月24日(土)RK博多講演会

日時:2017.6.24 14:00~
会場:リファレンス 駅東ビル 7F C会議室
http://www.re-rental.com/ekihigashi/detail-c.html
アクセス:http://www.re-rental.com/ekihigashi/access/



尚、7月8日、大阪定期、7月17日、FACT07、7月22日、 那覇、8月5日、札幌も予定しています。


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1




築地市場SOShttps://youtu.be/jSD4sMeuodo


汚染対策800億の豊洲から毒物シアン化合物検出【豊洲は汚染だらけ】
https://youtu.be/aMMJej7wzkM


16/05/17 「良いトコなんっにもない!」仲卸が語る築地移転問題
https://youtu.be/R8HwxYQMczQ


*******************************************************************
【●】 赤坂の料亭で下村が加計孝太郎に「おろしました」 
★阿修羅♪ > 投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 22 日
http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/791.html 



赤坂の料亭で下村が加計孝太郎に「おろしました」
http://79516147.at.webry.info/201706/article_239.html
2017/06/21 23:40 半歩前へⅡ


▼赤坂の料亭で下村が加計孝太郎に「おろしました」


 日刊ゲンダイが興味深い記事を掲載したので転載する。

******************

 発売中の「文芸春秋」7月号に掲載されているノンフィクション作家・森功氏による「加計が食い込んだ下村元文科相夫妻」という記事が興味深い。

 加計学園の悲願である獣医学部設置は、長い間、実現不可能とみられていた。

 ところが、「腹心の友」の安倍が首相にカムバックし、安倍のお友だちの下村博文幹事長代行が学部設置の認可を与える文科相に就任すると、状況は一変。

 その経緯を多くの関係者の証言を得て、丁寧に追っている。なぜ、急転直下で獣医学部新設が認められたのか。そのカギを握るのが、下村と今日子夫人の存在だ。

■「おろしました」という言葉の意味
 森功氏の記事にはこのように書かれている。

<(安倍)昭恵と同じく、下村夫人の今日子もまた、加計学園とは切っても切れない旧知の仲だ>

<下村今日子は当時、獣医学部新設の成否を握っている文科大臣の夫人である。それでいて2013年3月、広島加計学園の教育審議委員にも就いている。年に五回以上も、岡山や広島を訪ねていたのは、そのためだろう。

 が、その費用は下村事務所や文科省の負担ではないという。すると、ポケットマネーで捻出していたのか。それとも加計学園側が負担していたのか。さらには報酬がどうなっているのか>

<加計と下村(博文)が密談を行ったのは、そんな中の2014年3月頃である。場所は赤坂の料亭「佐藤」だ>

<下座で待っていた加計が下村たちを部屋に招き入れ、下村が床柱を背に正座した。そこで唐突に下村が言った。「おろしました」>

<「おろしました」という表現は、加計学園側が文科大臣の下村に相談した用件にかかわる話だろう。学園側の要望を叶えるよう文科省の担当部署に指示を下したというふうに受け取れる>

 下村が文科相時代にレールが敷かれ、安倍が国家戦略特区で半世紀ぶりの獣医学部新設を決定した。こうなると、やはり加計問題の主犯は、安倍夫妻と下村夫妻ということではないのか。

 「当時の文科相だった下村氏の責任が見過ごされているように思います。獣医学部新設をめぐる一連の動きを俯瞰して見ると、これは官僚の忖度などという生易しい話ではない。首相が腹心の友を特別扱いしただけという疑念は晴れません」(ノンフィクション作家の森功氏) 

 その疑惑の本丸である安倍が、「文書の徹底調査を指示した」とリーダーシップを気取る倒錯。

 国会で加計学園との関係を質問されると、「印象操作だ!」と騒ぎ立てるくせに、自分の疑惑を徹底調査するよう指示したというのか。

 政権にとって都合のいい調査結果が出てくることが分かっているか、時間稼ぎで国会閉会まで逃げ切れば国民は忘れるとつけ上がっているとしか思えない。

 下村も11日のフジテレビ系「新報道2001」に出演して、「文科省は徹夜でもして、早めに追加調査してもらいたい」とかエラソーに言っていた。何なのだ、この茶番は。

 「2人の発言は支離滅裂で、まるでコメディーです。文書を『怪文書』扱いして再調査を拒否、説明責任から逃げ続けていたのは官邸じゃないですか。

 何を今さらだし、再調査で首相の意向があったという結果が出た時に責任を取るつもりがないのなら、軽々しく『徹底調査』などと言うべきではない。

 それに、文書が存在することは、みんなが知っています。今ごろになって文書が『あるか、ないか』とやっていること自体がおかしいのです」(ジャーナリストの山田厚俊氏)

 政権の姑息な思惑は見透かされている。

 
★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】東京都議選での自民党惨敗必至の情勢
植草一秀の『知られざる真実』2017年6月21日 (水)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/post-c357.html


小池百合子東京都知事が築地・豊洲問題についての方針を発表した。


いったん豊洲に移転したうえで築地を再整備して、5年後に築地市場を再開するというものだ。


小池知事は


アウフヘーベン


というドイツ語を用いて


正・反・合

空白を
という「止揚」という考え方であることを強調した。


豊洲移転派は、


「まずは豊洲にいったん移転」


の方針を歓迎せざるを得ない。


築地残留派は豊洲移転に反対の意思を示しながらも、5年後に築地市場再開の方針には基本的に歓迎の意思を示さざるを得ない。


小池流のしたたかな方針表明であると表現することができるだろう。


ただし、細目は明確でないため、この方針が今後、換骨奪胎されぬよう、監視を強める必要がある。


築地を再整備する場合、移転しない場合には営業を継続しながら工事を行わなければならないという困難がある。


一時的な移転であれば、この問題をクリアできる。


豊洲に移転して、5年後に市場機能を築地に再移転する場合には、豊洲の空白をどう埋めるかという問題が生じる。


また、築地から豊洲、豊洲から築地への移転に伴う費用負担をどうするかなど、解決するべき課題は多い。


しかし、豊洲に完全に移転してしまう場合には、豊洲市場が今後、巨大な赤字を計上することが予想されている。


巨大な赤字の継続は東京都民のふたんになるわけで、築地を再整備して、赤字の出ない市場運営が可能になるなら、長期的に見れば、こちらを選択することが賢明である。


そして、何よりも、


食文化の中心拠点としての築地ブランド


を維持することが何よりも重要である。


食文化の拠点としての築地


仲卸および小売りの拠点としての築地





「築地ブランド」


を維持するかたちで再生できれば、極めて望ましい。


東京都議会の議席構成が


自民党と公明・都民ファーストという


二大与党勢力によって占拠されてしまうことは問題であり、望ましくないが、都議会構成の問題と築地・豊洲問題は切り離して考えることが必要であろう。


豊洲移転派の最大の狙いは築地再開発利権である。


この利権を確保するために、豊洲移転の恒久化を図る策謀が、今後展開される可能性が高い。


小池知事が築地再整備の方針を示すなら、5年後の築地市場再開を確約し、築地市場用地を売却せずに、東京都が再開発して築地市場を整備しつつ再利用することを確約する必要がある。


小池都知事が示した豊洲移転と築地再整備、そして、築地への再移転方針については、月刊FACTA2017年7月号に


「築地・豊洲に小池「隠し玉」」


が詳報している。


内部情報が提供されたものであると見られる。


記事は小池提案を提示した側の視点から書かれており、その点を割り引く必要はあるが、現状を踏まえて、現状のなかでのベストな方策を考案したという意味で、傾聴に値する内容が含まれている。


豊洲移転の最大の問題は、


豊洲市場が抱えることになる、


「卸売市場の先細りと恒常的な赤字累積という経済的欠陥」


である。


FACTA記事は、


「仲卸を“中抜き”して卸7社の寡占を維持する豊洲は「卸ファースト」であって「都民ファースト」ではない。」


と指摘する。


築地市場の活力は、小売りと仲卸を軸とした、観光客が来訪する


「マルシェ」


の機能にある。


豊洲に移転してしまえば、この「マルシェ」の機能は消滅してしまうことになる。


築地に「マルシェ」の機能を再構築して、食文化の発信拠点として再整備する一方、豊洲を巨大物流拠点として再整備する。


脱フロン対応の豊洲の物流拠点としての利用価値は極めて高いと見られている。


小池都知事の新提案には耳を傾けるべき内容が多く盛り込まれている。


当然のことながら、築地市場の小売り、仲卸業者が豊洲移転、築地再移転に伴う経済的負担に耐えられるような万全の支援体制を敷くことも忘れてはならない。


小池都知事の新提案により、旧態依然、利権ファーストの守旧体質満載の自民党東京都連は都議選で都民の厳しい審判を下されることになるのではないか。



★詳細はURLをクリックして下さい。



*******************************************************************
【●】公明党さん、慌ててるね。共産党にあまりに的はずれなレッテル貼り。やはり、小池知事の築地切り捨て、豊洲移転強行宣言が不利と知って怯えたか!!
投稿者:青トマト 投稿日:2017年 6月22日(木) 植草事件の真相掲示板
http://9123.teacup.com/uekusajiken/bbs/14400

https://mobile.twitter.com/komei_koho/status/877358027866726400/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw&ref_url=http%3A%2F%2Fsaigaijyouhou.com%2Fblog-entry-17317.html

誤解しないで下さいね。私は共産党を庇う気なんかありませんし、社民党なんか全く力ない頼りない奴だと思ってる。

ただ、取り上げたのは、これが小池の正体暴露のまずい作戦・放言のなせるものと考えたからだ。

小池はどうして?都議会選挙が終わるまで豊洲移転を語らず、「築地ブランド堅持」だけを叫んで誤魔化さなかったのかな?

嘘の撤回なんか後でなんとでもなるだろうさ。

アベ自民公明政権が、TPP断固反対を断固受け入れに180°旋回したのと同じで、なんとでもなるからさ。

それで、小池古牝狸の豊洲移転強行発言(築地は干して行く積もり)をした理由を、

私は、

都議会自民党に救出の手を差しのべる、言い換えれば、自民党に善戦させる意図ではないか、と考えたのだったな。

そうするとだなあ、

共産党にとっては、有利なんだな。戦いやすくなるわけ。

大新聞に大きな党の広告を載せた事が生きるわけさ。

自民党と共産党に有利に作用する小池古牝狸の正直な尻尾露呈発言だ。

謎だね。まだ若いのかな? いくらでも嘘はつけるんだ。アベにはなれんか。知性が邪魔して。

恐らく背景はあるんだろうが、

これが公明党にはキツく効いた筈だ。

小池がもっとシラを切り続けてくれたなら、学会の善男善女を騙しきれたのに…難しくなった。

あんなインチキ知事にくっついて行くなんて公明党は信じられない…なんて善男善女は言い出す。

小池さんどうしたの? 変ねえ。アベさんと一緒に正体を現してどうする積もり?

社民党と共産党は小沢一郎民主党幹事長が東京地検から冤罪創作の為の攻撃を受けたとき、検察の動きに追随して小沢さんを攻撃した。

こんないい加減な奴等は信用ならん。

知性と認識力がない。民主党の仙谷(彼は落選)、菅、野田、前原、枝野と同類。

社民党は軽薄で共産党には言論の自由がない。路線を異にする人達をでっち上げで追放の歴史。これ自民党暗黒政権のやり口。

だから、社民党と共産党を庇う気は私は完ゼロ。

なのですが、やはり、小池さんやってくれたね。自滅への躓きへの踏み出しですか? それとも、チョッとしたミステイク?

都議会自民党、溺れるところを助け綱を投げてもらったか?

まあ、将来は東京出直しになるでしょうな?

平成も終わるし、焼け野原でいいんでねえの覚悟さえしておけば。欧米も一緒にクタバルだろうから、日本一人ではないからねえ。

国くたばっても山河ありだ。国システムなんて再建可能だ。焼け野原の方がやり易い。焼き畑農法だ。

★詳細はURLをクリックして下さい。


********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA


《独立党トップページ》
http://
dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大竹まこと×室井佑月:共謀罪... | トップ | 稲田大臣が防衛産業株を大量... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。