ブログ見聞録○休憩室

焦るな、急ぐな、怠けるな。

有権者との約束 おぼえていますか 〜

2014年01月14日 | Weblog





richardkoshimizu's blog: 2014.1.25RK諫早「スナメリのごとくしなやかに、そしてしたたかに」講演会を開催します。
http://bit.ly/1lJnQIg

□同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

約束 渡辺徹
http://youtu.be/FV3hu8z_sBs

リン・ミンメイ/飯島真理 マクロス劇場版 愛・おぼえていますか 〜
http://youtu.be/LHW6saIqk2Y


■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】「「貴方は当選後に選挙公約と正反対の政策をとらないと有権者に約束できますか?」
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2014/1/14 その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/13141.html

https://twitter.com/mas__yamazaki

「国からの再編交付金も停止され、4年間の不交付分は42億円に上る。

稲嶺市政が続く限り、新規の交付金も入ってこない」「飲食店を経営する50歳代の女性は断じる。

『国に盾突いても百害あって一利なしだ』」(那覇支局長 半沢尚久)(産経)http://on-msn.com/1ezfSB0

全国紙で「国に盾突いても百害あって一利なしだ」なんていう恫喝的な言葉で締めくくられる記事を過去に見た記憶がない。



と言っても、紙の新聞は10年以上とっていないので、最近の10数年はネットで見た範囲だけど。

この新聞社はもう既に、ある意味でギアがトップに入ってしまっているように見える。

他県民なので都知事選は傍観するしか術はないが、国会議員も県知事も、当選後に選挙公約と正反対の政策を開き直りのような態度で行うことが常態化しつつある中で「貴方は当選後に選挙公約と正反対の政策をとらないと有権者に約束できますか?」という質問を、候補者に聞いておいた方がいいように思う。

映画監督のオリバー・ストーンさんやマイケル・ムーアさん、言語者ノーム・チョムスキーさんらアメリカの文化人29人が、アメリカ軍の普天間飛行場を名護市辺野古に移設する計画について反対する声明を発表した(HP)http://huff.to/1dhFGBp「私たち署名者一同は、2013年末に安倍晋三首相と仲井真弘多沖縄県知事の間でかわされた、人間と環境を犠牲にして沖縄の軍事植民地状態を深化し拡大させるための取り決めに反対します。

安倍首相は経済振興をエサに、軍港をともなう大型の海兵隊航空基地を作るために沖縄北東部の辺野古沿岸を埋め立てる承認を仲井真知事から引き出しました」「知事は2010年の知事選直前に、それまでの新基地容認姿勢を変更し『普天間基地移設は県外に求める』と言って、新基地反対で一貫していた候補を破って当選しました。

近年の世論調査では県民の辺野古新基地への反対は7割から9割に上っていました。

今回の仲井真知事埋め立て承認直後の世論調査では、沖縄県民の72.4%が知事の決定を『公約違反』と言っています。

埋め立て承認は沖縄県民に対する裏切りだったのです」彼らは日本の地方問題でなく、世界史的な人権問題としてこの件を捉えている。

日本人は?防衛省が軍港機能拡充の事実を隠し、県民、国民を欺いていた(琉球新報、2013年12月22日)http://bit.ly/18GUny8 「安倍首相や菅官房長官は軍港拡充を十分知りつつ、仲井真知事に隠していたのか。

知らされていなかったのなら、防衛省の怠慢を厳しくいさめるのが筋だ」「こうしたアセスの進め方は辺野古移設への賛否以前の問題として、国民、閣僚、国会を侮辱する詐欺まがいの行為と言わざるを得ない。

防衛省は(沖縄)県民の人間としての尊厳を傷つけ、日米関係への国民の信頼も著しく毀損している」(琉球新報)http://bit.ly/18GUny8

語学教育では「グローバル人材の育成」と称して英語力の強化を図る一方、歴史教育ではガラパゴス的な「日本史重視と愛国心培養」で外国人との相互理解に必要な世界史知識を欠いた子供を育てようとする。

日本のコンテンツを輸出すると言いながら、輸出先の近隣諸国との関係を自らの行動で険悪化させる。

>> 現在の日本が国際社会に占める地位は低いものではなく、日本のパスポートを所持していれば政治的な対立が存在する地域でも両陣営の国に入国できる。これらは全て戦後70年近い年月をかけて先人が築いてくれた「遺産」だと思うが、首相はそれらの功績を「戦後レジーム」と呼んで実質的に否定している。

> しかし、その長期に渡り政権を取り、外交してきた主たる組織が自民党だったという不思議

そして「日本を取り戻す」と称する経済力再生のプログラムは、明らかに「戦後レジーム」の軽武装国家時代に成し遂げられた成功モデルを下敷きにしています。

論理的に整合していない。


天皇の憲法発言に秘められた安倍政権への強いメッセージ(週刊文春WEB)http://bit.ly/1hcKQzf

「会見での陛下のお言葉からは何かを伝えようという強いご意志が感じられました。ご発言には、安倍政権を意識されているのでは、と思われる部分が随所にありました」

「憲法を作った主語を日本としたうえで、わざわざ知日派の米国人の協力に言及されたのは、現行憲法が単に米国から押しつけられたものに過ぎないとの考え方に、反論されたとも受け取れます」(週刊文春WEB)http://bit.ly/1hcKQzf

★詳細はURLをクリックして下さい.
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】鳩山追放 孫崎亨氏「マスコミが大きな役割を果たした」(田中龍作ジャーナル) 
   ★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2014 年 1 月 13 日
   http://www.asyura2.com/14/senkyo159/msg/383.htmlルース駐日大使はシリコンバレー出身でオバマ大統領の選挙を資金面で支えてきた。大統領最側近との会談にご満悦の鳩山代表。=2009年、民主党本部 写真:田中龍作=


鳩山追放 孫崎亨氏「マスコミが大きな役割を果たした」
http://tanakaryusaku.jp/2014/01/0008569
2014年1月13日 14:40 田中龍作ジャーナル


 ご主人様と従者の日米関係にあって、にわかには信じ難いツーショットがあった。首相官邸ならともかく雑居ビルに間借りする民主党本部を米国のルース駐日大使が訪問、鳩山由紀夫代表と面会したのである。2009年9月3日のことだ。

 鳩山氏が国会で首班指名を受け、民主党政権が誕生するのが9月16日だから、この時点では鳩山氏はまだ一政党の代表に過ぎない。

 自らが大枚をはたいて立ち上げた政党の本部に米国の駐日大使を呼びつける。「対等の日米関係」を掲げ「政権交代選挙」を戦ってきた鳩山氏にとって、これほどの面目躍如はなかった。 “よくもアメリカ側が応じたものだ” 筆者は変な胸騒ぎを覚えた。

 予感は的中する。選挙期間中に公約した「普天間基地の県外移設」の実現が難しくなり、鳩山氏はマスコミの袋叩きに遭う。そもそも半世紀以上続いてきた沖縄米軍基地が、すぐさま移設できるわけがないことは高校生でも分かる。

 県外移設発言をめぐるマスコミの「鳩山叩き」は異様だった。巨大な黒幕の存在を感じざるを得なかった。

 外交の現場を知り尽くす元外務省国際情報局長の孫崎亨氏は「なんでこの人(鳩山氏)を追い出したのか?…(中略)マスコミが大きな役割を果たしている」と指摘する。(太字は孫崎氏発言)

 孫崎氏は日本人がマスコミ報道に疑いを持たないことを憂う。「日本人の60〜70%が新聞・テレビを信用している。アメリカ人は25%」と氏は分析する。

★詳細はURLをクリックして下さい.
■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】ムネオの日記|新党大地 2014年1月14日(火)
   http://www.daichi.gr.jp/diary/diary_top.html

 12・13日は各地で成人式が行われた。この人生における厳粛な式で騒いだり、飲酒したり、身勝手な行動をする若者が出てきている。
 我々の頃は整然と行ったものである。いつから成人式が「荒れた」と言われるようになったのか。
 せっかく20歳という人生の大きな節目の式をもっと大事に、そして重く受け止めてほしいものだ。こうした若者の心をなくした行為は政治とも関係があると私は思う。
 節度・道義・信義が日本人の美徳・精神と言われて来たが、小泉政権以後、勝ち組・負け組と格差の拡がる社会になり、額に汗して努力しても報われない社会になり若者はやる気をなくしてきた側面があるのではないか。
 市場原理主義・過度な競争・非正規社員・契約社員、今の若者はという前に、政治が、大人が心を失わせる、いや心をなくしてしまう弱肉強食の政治を行ってきたことも一つの原因ではと考えるものである。

 次代を担う若者には自分だけの世界で、たった一つの人生であることをしっかり胸に刻み目標・目的を持って前を見据えて歩んでほしいと願ってやまない。
 21世紀は君たちの時代であるのだから。一寸した優しさと、思いやり、慈しみ、愛情を持って雄々しく生きて行ってほしい。
 報道各社が沖縄名護市長選挙で世論調査をしている。一市長選挙に全国のメディア、マスコミが関心を持つのは普天間飛行場の移設先が名護市辺野古沖だからだ。
 現職の稲嶺候補が有利な闘いをしているという世論調査の流れだが、油断をするとあの綺麗な海を埋め立てる候補者に逆転されてしまう。
 選挙は投票箱のふたが閉まるまで気を抜かないで闘うことである。沖縄県民の思いを、沖縄県民の心を示す良識の結果が出ることを期待してやまない。
 札幌でお見舞いや挨拶廻りをし、苫小牧に行き、新党大地苫小牧支部長だった、故 矢部幸一さんの49日法要にお参りをする。40年に渡るご厚誼に改めて心から感謝してやまない。
 15時前の列車で帯広に向かい、18時から林業団体、理容団体の新年会に出席。懐かしい人にお会い出来、嬉しい限りである。


鈴木宗男

★詳細はURLをクリックして下さい.

■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■
【●】「信念が失せた政治に明日は無い。:水野誠一氏」 晴耕雨読 2014/1/14 その他
http://sun.ap.teacup.com/souun/13138.html

https://twitter.com/SeiichiMizuno

【都知事選】昨日から今日に掛けて色々な動きがあった。

前回宇都宮さんを支持してきた関係で今回も応援をしようと思ってきたが、あまりにも準備不足で資金や支援体制も詰まっていないことに愕然。

キックオフ時から側近に、細川出馬なら、勇気ある撤退も考えるべきと言ってきた。

後出しジャンケンは嫌だ、いきなり出馬宣言したのも、政党支持を受けるなど何の相談もないフライングが問題。


twitterで何度かジャブ程度の観測気球を上げてみたが、反応は極めて否定的。

舛添は侮りがたく、大志の前に票を割る時ではないということだろう。

こうなれば勇気ある撤退も必要だが、同時に名誉ある撤退にせねばならない。

そのためには大同に付いて小異を捨てることも必要だが、細川+小泉の原発以外の政策とも摺り合わせが必要。

それが決して少なくない宇都宮支持者を失望させずに安倍政権の暴走に待ったを掛ける解決なのだ。

【細川氏の課題】脱原発以外の、安倍政権の政策・・特定秘密保護法や改憲などへの立場を明解にすることが重要。

これがハッキリしないと宇都宮さんの理解を得られない。

もうひとつは自民党が仕掛けるであろうネガティブキャンペーン「佐川問題」への潔い解答を用意すること。

これが絶対条件。

その宇都宮さんから、こういうレリースが出た。

これに応えて戴きたい。

そして二人の会談を実現することから、脱原発への大きな一歩が始まる。

待っています。

https://t.co/Fxe7XXZxOa


----------------------
田中稔氏

東京都知事選挙をめぐり、青年会議所が呼び掛けた、公開討論に参加を明らかにしたのは、宇都宮前日弁連会長一人。

なぜだろう。

誰が当選するにせよ、今度の選挙の大きなテーマは開かれた、オープンな政治だと思う。

東京都知事をめぐり、宇都宮前日弁連会長の陣営が細川元首相に公開討論を提案。

脱原発で統一するにせよ、他の政策での違いを明らかにするにせよ。

この取り組みは必要。

密室での取引は市民運動になじまない。
----------------------

今度の都知事選は、今までの都知事選と違うところは、自民党が挙党態勢で形振り構わず取りに来るというところだろう。

ということは前回の国政選挙同様、主戦場のネット上で、サイバー部隊による書き込み作戦と敵へのネガキャンが凄い事になりそうだ。

スズカンは完全にそれにやられた。

公職選挙法でSNSが解禁になって以来、自民のサイバー戦略は凄いことになっているらしい。

マンション一室を借り、高レベルなハッカークラスを雇い、24時間体制で高度な裏技を使って相手を叩きまくる。

鈴木寛叩きを見ていて薄々違和感を感じていたが。

今回の都知事選にも使うだろう。

叩かれようが叩かれまいが、今回の選挙は脱原発にとってある意味最重要な試金石になるでしょうから、どちらかの候補が絶対に自民党推薦の候補者に競り勝たねばならない闘いです。

最悪は両者共に負けることです。

宇都宮さん自身も冷静な判断をされるでしょう。

【謹告】細川氏出馬により、宇都宮さんを取り巻く支援環境が極めて脆弱になり、これでは、宇都宮氏に名誉ある撤退を薦めることも必要かと一思量し、今夜妻が宇都宮さんに会いに行き彼の考えを質したが、彼しかできないと愚直なまでに信じる闘いの覚悟は全く揺るがずということが分かった。

選挙情報が乏しい中、我々夫婦が知り得た外部情報は適時宇都宮氏の耳に入れているが、それも承知の上で、細川氏に対する的確な評価と清々しいまでの覚悟があったという。

選挙常識や世間一般常識で、細川氏の支援に回った人たちには理解出来ないだろうが、この信念が失せた政治に明日は無い。

政府軍に立ち向かう反政府軍本隊と、村落のゲリラ軍。

あるいは戦車隊とコドモ三輪車隊(妻の表現w)くらいの体制差ではあるが、ゲリラが敵の大将の首を取ることが出来ないとは限らない!

そもそも静岡知事選でもそんな闘いをしてきたのだから、いまさら常識に惑わされることもないかも。

今日、細川陣営のキーマンと話したが、あまりにも宇都宮氏の評価が低いので?然。

票を分かつよりも合流した方がイメージ的にマイナスだとまで言われていたので、この宇都宮氏の判断は正しいだろう。

JCの公開討論に宇都宮氏以外の候補が名乗りを上げないらしいが、堂々と議論したらどうだ。

勝ち負けや損得を越えて、この愚直なまでの倫理観に半ば呆れながらも敬意を表し、出来る範囲で応援することにした。

この人は自己満足だけの愚か者ではないかと思ってたが、そんなことを超越した実は不死身の傑物なのかもしれないという気がしてきた。

少なくとも細川氏よりは傑物かもね。w


★詳細はURLをクリックして下さい.

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html


□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s


#TPP とは? 1%の企業による支配の道具 ♪♪ #特許 #著作権 #acta #OpJapan
http://youtu.be/ZRHF04xEogA


【アメリカ傀儡政権】 CMトレモロスの裏側 【TPP強行の訳は?】
http://youtu.be/txi91ec4q8E



『郵貯かんぽのカネが狙われてるのに何ねぼけたこと言ってんですか
http://www.youtube.com/watch?v=2VkpBPgBTvw&feature=player_embedded
TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
http://www.youtube.com/watch?v=G_mRJcdJpRg&feature=related

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPアメリカの真の狙いは!? 10/11/13
http://www.youtube.com/watch?v=aV4fmGVP3kw&feature=channel
TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
*********************************************************
□リチャード・コシミズ第11作:。「リチャード・コシミズの未来の歴史教科書」
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201311/article_114.html


□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201301/article_87.html

■RK第9作「日本独立宣言(略称)」の販売を開始しました!

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201211/article_98.html

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 細川氏も小泉氏も組織の無い水に... | トップ | ヘリコバクター・ピロリ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。