旅、思いで思い出し 何も知らずに旅にでた!

昔ズート昔、旅をした。何も知らない私が、若かった,若いだけだった!
40年以上前の事....

491 色々な人 (毎週土曜日に更改しています)

2016-10-29 04:57:57 | ブログ
 村上 春樹さんが私と同年輩とは知らなかったです。1月12日生まれなので実際は早生まれなので1学年上、生まれも偶然、京都、同じ空気を吸って生きていたのでした。しかし育ちが芦屋市とここらが違ってくるのでしょうか、御免なさい生まれた時からでした。
 毎年ノーベル賞候補、ここまでくれば毎年騒がれている方が本の売り上げに幸いするかも..貧乏人の考えでした。村上さんの本だと思うのですが、長い間、数週間睡眠を取らない女性の本を読みました。それでも生きるんだ、施設で眠れないと不安を感じる人がいますが、実際は十分に寝ています。眠れない時、それを思い出しています。

 遠藤周作の「沈黙」は有名ですが、偶然「父親」という本を読むとまるっきり違う作家が書いたのでは無いかとその多彩さに今更ながら驚きました。元々、CMで難し顔をしてコーヒーを飲んでいましたが、「狐狸庵」と名乗り、他のキャレクター!「父親」を読んだちょうど同じ時期に、それ以外にデビュー前には「伊達龍一郎」という名前で54年に初の小説「アデンまで」を出していたと新聞に記載されていました。名前を替えて自分のやりたい事をやったり、数々の顔を持つ、面白い人でした。

 自分を基準にして周りの人がどんなだったかと思い出す事が少ないです。今更遅いですが、これは自分中心の世界にいたと気づきました。ここらがバイト人生を送っている人間の考えです。

 世の中には色んな人がいますが、老人ホームはその宝庫といえます。体温と血圧を計っていますが、最後にお通じがありましたかと聞いています。気はしっかりしていると思っているのですが、ちょっと考え、「う~うん」と毎日いつも無かったと答える人がいます。部屋をノックして入ると慌てるようにベットから起きようとするので、ある朝、寝て下さいと言うと、本当に目をつむり寝てしまいました。それ以来、横になって下さいと言い改めています。
体温計を脇に挟む場合も、常に慌ただしく慌てて体温計を落されます。そして手首にハメる血圧計も手を動かして計測不良になりますから、最近はそれらを私が押さえるようにしています。

それと体温を計る時、脇が空洞のように痩せている方達が居られますから押さえつけなくてはならないのです。血圧計を計る時に、いつも「今、トイレに行った所で血圧高くなっている」という方も居られます。それより酷いのが、ドアを開けると「今、忙しいと」手を振られる方がいます。本人はベットに座っているだけです。計ると痛い痛いと真に困っています。

 人それぞれですが、私もこんな人になるかも...
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  490 花埋め=著 渡辺淳一(... | トップ | 492 ボローニャから (毎週... »

コメントを投稿

ブログ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。