旅とエッセイ 胡蝶の夢

亜細亜の旅日記、オリジナルエッセイ。投稿では万年佳作か特別賞。
まずはアンコール遺跡群

パワースポット

2017年07月25日 14時37分48秒 | 旅日記
パワースポット

 6月下旬、梅雨とも思えぬ快晴の早朝、娘と二人で茨城にある2大パワースポットに向かった。
茨城は遠いが、平日の高速を飛ばしおにぎりを食いつつ渋滞もなく『ひよっこ』で盛り上がる茨城県に突入した。

 最初は名瀑「袋田の滝」9時前に着いてしまった。茨城県はこの滝に相当力を入れているようだ。袋田の滝、後35km、25kmとでかい看板が出ている。土産物屋や食堂が軒を連ねるが、朝早いので観光客はまだ誰もいない。駐車場がいくつもあるが、一台も停まっていない。勝手に停めたが、結局徴収に来なかった。
 滝というくらいだから山と渓谷が出現した。今まで平らな道路だったのに、いきなりな感じだ。紫陽花は咲いているが、見下ろす渓流はほとんど渇水している。大丈夫なのか。




「袋田の滝」見学コースは、意外にもトンネルに入る。広いトンネルを歩いて登って行くと途中で外に出る所がある。そこで出たー、いきなりの眺望だ。






 なかなかの迫力だが、これで終わりではない。トンネルの終点からエレベーターでもう一段上がると、下からは見えなかった上部の滝が現れる。

 だけど水は少なかったな。写真ではもっと水量が多く、横からも流れている。
あとアノネ、パワースポットはいいけれど、何故かここは恋愛のパワースポットとして売り出していて、変なハートマークとかのオブジェが立てられている。
 別に恋愛の、と限定する必要はないんじゃない。こりゃオッチャン・オバチャンはお呼びでないよ、ってことなのかな。

 次は今日の本命、御岩神社。祀られている神様の数188柱。水戸のご老公が崇拝する、その道では知られたパワースポットなのだ。
 ここは平日なのに結構参拝者がいた。神社に直結する駐車場は満杯だったが、無料の第二、第三駐車場がある。ここは真面目な神社で、パワースポットとかの看板はない。
 中に入るといきなり出た、神木『三本杉』。





 なかなかこぎれいな神社だ。色々な神様の仕掛けがある。





 裏山は杉林になっている。これがあなどれない。相当息を切らせて山道を登っていったが、実に奥が深いのだ。突き当りに小さな社があった。さらに急な山道を登ると、天の岩戸とかがあるのだがgive up。



 山道はこんな杉の木が生えている。







 さてどんなご利益があるのかな。
 帰りに時間が余ったので、チェーン店の回転ずしに入ったが、安くてうまかった。海の見える露天風呂(海しか見えない)のあるスーパー銭湯、「湯楽の里」にも寄って楽しい一日は終わった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | 大鳥圭介 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅日記」カテゴリの最新記事