旅とエッセイ 胡蝶の夢

亜細亜の旅日記、オリジナルエッセイ。投稿では万年佳作か特別賞。
まずはアンコール遺跡群

完熟ゴーヤ

2016年11月02日 17時26分46秒 | エッセイ
完熟ゴーヤ

 狭いスペースの庭を2回耕し、肥料を埋め込んだ。耕したのは自分なので、何を植えるのかは決めてよい、と言われた。誰にかって、カミさんに。
んっ?これって体よくこき使われているだけなのでは?今年の4月頃の話だ。
 何を植えるか、食える物に決まっている。だがヘチマと大瓢箪も捨てがたい。ヘチマとひょうたんも若い内は食えるが、保守的なカミさんは絶対に調理しない。瓢箪は以前すごく繁殖して30cmを越えるのがいくつも出来、電線にまで伸びていった。瓢箪の実が古くなり乾いてから採って水に漬ける。中身を腐らせて突いて出す。なかなか立派な瓢箪水筒(酔拳みたいに酒を入れる?)がいくつか出来たが、使い道はなくどこかに仕舞われた。
 ヘチマは中途半端に採ってしまうとイカン。これも徹底的に枯れるくらいまでぶら下げておくこと。水に4-5日漬けておくと、きれいに繊維部分が残ってヘチマスポンジになる。40cmはある立派なものだが、結局使わなかった。これじゃー意味がない。うわっ、関係無いヘチマと瓢箪の話、長かったー。
 結局つる物は無難なところでゴーヤにした。ゴーヤならほぼ確実に収穫出来るし、2階のベランダにまで葉が伸びれば楽しい。大ヘチマと大瓢箪なら見た目、もっと楽しいが。キューリは必須だ、当たり前。「今日のサラダもうちで採れたキューリ」とかカミさんが言いだすのが、うっとうしくも嬉しい。最初に出来る化け物ウリのような、つるつるの巨大キューリが下草の中から姿を現すのも楽しい。これは一夜漬けにしてバリバリと食う。
 茄子、これは獲物としてはキューリ2本分に相当する。料理のバリエーションも多くて、歓迎されるアイテムなのだが、中々育たない、難しい。今回植えられる苗は、間隔を考えると8~9、茄子はうまく実らないからいらないよ、と言われたがまあ一つは欲しいな。近所のDo it yourselfの店に行ったが、野菜コーナーが意外と冴えない。ゴールデンウィーク前だからか。結局ゴーヤx1、茄子x1、キューリx4、トマトx4を買った。
 他に唐辛子、ピーマン、トウモロコシ、シシトウ等が候補だ。あとカボチャ、これはもし小さいのが出来たとしても、きっと美味くない。トウモロコシは何本も植えないと駄目。ピーマンはそもそも好きじゃあない。まあピーマンも完熟して赤ピーマン(パプリカは別種のピーマン)になれば一段昇格、幕の内。それでも嬉しくはない。好きにならない、美味いか、あれ。
 シシトウや唐辛子は収穫出来ても数本でつまらん。紫蘇は元々植えてある。トマトも好きじゃあないが、確実に収穫出来て、しかも実のなる期間が長い。キューリは挿し木の苗、トマトは大玉x1(結局実らなかった)、ミニx3(赤、尖った橙色、黄色)。結果キューリは4本中3本で実がなったが、収穫最盛期は短く今一つ物足らなかった。茄子はやはり草が伸びず、葉が虫に食われて穴だらけになり、ひねた茄子が1-2ヶ。ミニトマトは実り、毎日食うハメになった。11月に入るが未だちょっと生る。
 ズッキーニならどうよ。ズッキーニは種から植える。これも雑草のように繁茂して実をつけるが、場所をとってイカン。それにズッキーニは(少なくとも家で採れたのは)キューリほど瑞々しくない。うちでは格下扱いだ。幕下か序二段、ゴメンね。
 大収穫はゴーヤだ。何故か一つの苗が二股に伸び、2階のベランダに届いた。黄色い花が咲き、次々に実がなった。今年の夏はニガウリ三昧。ベランダで手を伸ばして収穫したのも5-6ヶある。そのまま調理すると激しく苦いが、水に晒すとマイルドになる。しっかし苦い味を楽しむなんて変態かもね。苦いヤバい、で口から吐き出す子供が正しい。紫イモとかアケビとか、紫っていったら食物が腐った時の色だから、本能で避けるのが人間。
 ゴーヤは葉が茂って、一本の苗から成長したとは思えないほど幅を利かし、隣のトマトとキューリを浸食して局部的ジャングルと化した。こうなると緑の実を見つけるのが難しい。特に自分はちょっと庭にいると4-5ヶ所蚊に食われる。カイーよ。実生活でこれだけメスに好かれたら楽しいのだが。葉に隠れて見落としたゴーヤは黄色くなってしまう。この黄色くなったゴーヤを棄ててしまったが、あれは間違いだった。黄色く熟したゴーヤは食える。しかも苦くはないらしい。
 そーか、ゴーヤは熟すまで鳥に食われないように保護色をして、俺を食うのか、苦いゾ、苦いゾと言っている訳だ。熟したら黄色く目立って、あたしを食べて。しかし鳥に味覚はあるのか。何か丸飲みのイメージだが。ではゴーヤは南方の植物だから、リスやサルに向かって苦いゾ・もういいのよコールを送っているのか。はっきり言えよ、ゴーヤ。
 採り忘れて完熟したゴーヤを見て魂消た。こりゃー悪魔の花じゃー。真黄色の実は熟し過ぎてパカっと口が裂け、下半身が破裂している。そこから毒々しい赤い実がオレンジ色の果肉の中、ねっとりとしたゼリー状の果液にブツブツと浮かんでいる。毒液、もとい果液は溢れてツツーと垂れ下がっている。地獄の実だ。ハーっと瘴気を吐き出しそうだ。虫でも獣でも殺しそうな勢いだ。とても食ってみようなどとは思わず、実の根本を切って叩き落とした。ベチャ。すげーインパクトだった。流石は南方の草だこと。
 ところが最近、ネットを見て知った、甘いんだと。あの赤い種の周りのゼリー状の果肉は上等なメロンの味がするそうだ。種は食えずに捨てるらしい。でもあれを食うのはちと勇気がいる。今度チャンスがあったら試してみよう。
 何事も智識だ。植物に詳しい人にはサバイバルの技術がある。薬草に詳しければ呪い師になれる。ハコフグと針千本には毒が無い。いやハコフグはまれに毒を持つので要注意。ゴム製の救命ボートに乗って50日だか漂流した人の本を読んだが、針千本を仕留めてクソ、フグかよと遠くにぶん投げていた。ボートに穴が開いたら困るしね。でも食えたのよ。沖縄では御馳走。
 海水も少々なら飲んでも良いのだ。『1日に800mlなら海水をそのまま飲んでも5日は死なない。』という。飲まなきゃ3日ともたない。また『海水1に対して真水2の割合で薄めれば海水も害はなく、生き延びることに寄与する。』そうだ。ただ個人差があるから、実験は自己責任で。サバイバルはプラス思考と意志が物をいう。
-->
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ISとチンギス汗 | トップ | 転校生 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。