今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マッドなラトビア、自国民を無視してユーロ加盟

2013-07-13 08:55:20 | Telegraph (UK)
Mad Latvia defies its own people to join the euro
(マッドなラトビア、自国民を無視してユーロ加盟)
By Ambrose Evans-Pritchard Economics
Telegraph Blog: Last updated: July 9th, 2013
EU finance ministers have just given the go-ahead for Latvia to join the euro in January 2014.

EU財務相は、ラトビアの2014年1月のユーロ加盟を承認しました。

No matter that the latest SKDS poll shows that only 22pc of Latvians support this foolish step, and 53pc are opposed.

ラトビア人の22%しかこの愚行を支持しておらず、53%が反対している、との最新のSKDS世論調査結果もなんのそのです。

This is a very odd situation. The elites are pushing ahead with a decision of profound implications, knowing that the nation is not behind them. No country has ever done this before.

これは極めておかしな状況ですね。
エリート連中は、国民の支持を得ていないということを知りつつ、とんでもない意味合いのある決断を推し進めています。
こんなことをする国は前代未聞ですよ。

The concerns of the Latvian people are entirely understandable. Neighbouring Estonia found itself having to bail out Club Med states with a per capita income two and a half times as high after it joined EMU.

ラトビア人の心配は全く理解出来るものです。
お隣のエストニアはユーロに加盟した後、一人当たりの国民所得が自国の2.5倍もある地中海クラブを支援せざるを得なくなっています。

Latvia may find itself embroiled in an even bigger debacle if the contractionary fiscal and monetary policies of the eurozone push Slovenia, Portugal, Spain, and Italy over a cliff, and push Greece and Cyprus into yet deeper crisis.

ユーロ圏の財政と金融の緊縮策がスロベニア、ポルトガル、スペイン、イタリアを崖から突き落とし、ギリシャとキプロスが更なる深みに追い込まれれば、ラトビアはもっと恐ろしいことに巻き込まれるかもしれません。

Latvia has become the poster child for the EMU policy of internal devaluation - ie wage cuts. It is cited time and again by EU leaders, and by EU bail-out chief Klaus Regling, as the clinching evidence that austerity a l'outrance ultimately pays off.

ラトビアはユーロ圏の域内デバリュエーション政策、つまり賃下げ政策のアイドルになりました。
全力緊縮策はいずれ報われるという決定的な証拠として、ラトビアはEUのリーダー達や支援策を取り仕切るクラウス・レークリング親分に何度も何度も取り上げられています。

But let us be clear about what Latvia has achieved, and not achieved, and whether it offers any meaningful example for the Club Med pack.

でも、ラトビアが達成したことと達成していないことについて、そしてそれが地中海クラブに有益な模範になるのかどうか、はっきりさせましょう。

It is worth reading the European Commission's report earlier this year on poverty and social exclusion.

欧州委員会が今年先に出した、貧困と社会的疎外に関する報告書は、一読の価値があります。

Latvia stands out - with Bulgaria - as the country that has seen worst increase in "severe material deprivation", with the rate surging from 19pc to 31pc since 2008. (Bulgaria also has a fixed exchange rate, by the way). Poland did far better with a floating Zloty through the crisis.

ラトビアは(ブルガリアと共に)頭抜けています…「深刻な物質的剥奪」が最も悪化した国とされました(2008年の19%から31%に急上昇)。
(ちなみに、ブルガリアも固定為替制度を取っています。)
変動為替制度のポーランドの方が危機をもっと上手くやり過ごしています。



While Latvia's unemployment rate has dropped to 11.7pc from a peak of 20.5pc, this is not the full story. Another 7pc have dropped off the rolls (one of the highest rates of discouraged workers in the EU). Roughly 10pc of the population has left the country.

ラトビアの失業率はピークの20.5%から11.7%まで下落しましたが、それだけではないのです。
更に7%が失業者名簿からドロップアウトしました(労働者の諦め感はEUトップ)。
国民のおよそ10%が国を去りました。

The blue collar working classes have borne the brunt of the deflation strategy, while the affluent middle class with foreign currency mortgages have been protected. Policy has been shaped for the class interest of the elites (sorry to sound like a Marxist, but Marx was good at spotting this kind of abuse). Many who lost their jobs in the crisis - often Russian ethnics - have not found work, and may never do so again in Latvia if they are over 50.

肉体労働者層はデフレ戦略の負担を背負っていますが、外貨建てローンを抱える金持ち中流階級は保護されています。
政策はエリート層のために作られています(マルクス主義者みたいなことを言って恐縮ですが、マルクスはこの手の苛めを見つけるのが上手でしたよね)。
危機の間に失業した人の多くは(ロシア系が多いです)再就職出来ていませんし、50歳以上なら二度とこの国では働けないかもしれません。

This is how internal devaluations work. They break the back of labour resistance to pay cuts by driving the jobless rate to excruciating levels. The policy is a moral disgrace. Mussolini pulled it off in 1927 with his Blackshirts to secure the Lira Forte, but is that supposed to be a pedigree?

域内デバリュエーションってのは、こんな風に動くわけです。
耐え難いレベルまで失業率を押し上げて、労働者が賃下げに抵抗出来ないようにするのです。
恥知らずな政策ですよ。
ムッソリーニは1927年に、リラ・フォルテ政策を確立するために黒シャツ隊でこれをやりましたが、あれが由来なんですかね?

The Latvian economy is growing briskly again but, as you can see from the IMF chart below, it has recouped just half of the 22pc collapse in GDP after the EMU bubble burst in 2008.

ラトビア経済は再び順調に成長していますが、下のIMFのグラフからわかるように、2008年にユーロ・バブルが弾けた後に22%も落ち込んだGDPの僅か半分しか回復していません。



Real output is still 10pc below the peak even today. This is not a "success story". Latvia should be a post-Soviet tiger economy with turbocharged rates of growth. It should be 10pc above its 2008 peak by now.

実際の生産は今でもピーク比-10%です。
これは「成功譚」ではありません。
ラトビアは超成長率のソ連崩壊後のタイガー経済のはずです。
だったらもう、2008年比+10%のはずじゃありませんか。

What Latvia has achieved is to survive its deflation ordeal without losing its democracy - though the government did play the race card against ethnic Russians to clinch the last elections. It has held its pre-euro exchange rate peg in the ERM. Congratulations.

ラトビアが達成したのは、民主主義を失うことなく、デフレの苦難を生き残ることです。
しかし、政府が前回の選挙に勝利すべく、ロシア系に対して人種カードを切ったのは確かです。
ユーロ発足前のERMペッグを維持しました。
おめでとうございます。

This may be a desirable political and strategic outcome, if your objective is to lock into the EU system as deeply as possible to protect against Vladimir Putin. But it is not an economic success.

これは政治的、戦略的に望ましい結果かもしれません。
目指すところが、ウラジーミル・プーチンから自衛する為に、EUのシステムに出来る限りしっかりと組み込まれることならば、そうでしょう。
でも、経済的な成功ではありません。

Latvia's entered the crisis with public debt of just 17pc of GDP in 2008. It never faced a debt-deflation threat. It could deflate without the risk of exploding debt dynamics.

2008年、ラトビアは政府債務が対GDP比僅か17%という状態で、危機に突入しました。
この国は一度も債務デフレの脅威に見舞われませんでした。
債務ダイナミクスを暴走させるリスクなく、デフレになるかもしれません。

This is entirely different from Italy or Portugal, with debts above 120pc, or Spain with debts nearing 100pc (including arrears). If these countries succeed in carrying out an internal devaluation, they more or less guarantee that their debt ratios will rise even faster. It is the infamous "denominator effect". The debt rises on a contracting base. They are damned if they do and damned if they don't.

これは債務が120%を超えるイタリアやポルトガルとは全く違いますし、(遅延分を含めて)100%近いスペインとも違います。
これらの国が域内デバリュエーションに成功すれば、債務比率が今まで以上に速く増大するのはほぼ確実です。
悪名高い「デノミ効果」ですよ。
税収基盤が縮小する中で債務が増大するのです。
いずれにせよ地獄行というわけですね。

You can have deflation. Or you can have high debt. But you can't have both. This is a point that seems to elude the EU officials, with calamitous consequences. I would recommend posting Irving Fisher's 1933 "Debt Deflation Theory of Great Depressions" on the doors of the Berlaymont and the ECB's Eurotower in Frankfurt for mental improvement.

デフレしちゃうことは可能ですよ。
また、債務を積み上げることも可能ですよ。
でも、両方同時は不可能です。
ここですよ、EU当局者がわかっていないっぽいのは…おかげでとんでもないことになってますし。
僕は精神の向上のために、ベルレモンとフランクフルトのユーロタワーの扉に、アーヴィング・フィッシャーの『大恐慌の負債デフレ説』(1933年)を貼り付けることをお勧めしたいですね。

In any case, Latvia has an open economy with a high trade gearing. Exports make up 60pc of GDP, compared to nearer 30pc for Portugal, Spain, and Italy.

とにかく、ラトビアは貿易中心のオープン・エコノミーなんですから。
輸出がGDPに占める割合は60%。
対するポルトガル、スペイン、イタリアは30%程度です。

Overall export growth has been stellar, as you can see from this chart from the Latvia central bank:

ラトビア中銀のグラフからもわかるように、全体的な輸出の伸びは順調です。



Latvia is sui generis in all kinds of ways. Swedish banks own much of the banking system. It is surrounded by Nordic countries and by Poland, an oasis of growth in the Europe's economic desert.

ラトビアはあらゆる意味で独特なのです。
スウェーデンの銀行が、同国の銀行システムの大半を所有しています。
北欧諸国とポーランドに取り囲まれた、ヨーロッパ経済砂漠の成長オアシスなのです。

The country's recovery does not vindicate EMU austerity doctrine in any way at all. It merely shows that states with low debt and high exports can survive such a policy.

この国が回復したからといって、ユーロ圏の緊縮ドクトリンの正しさが証明された、とかはありませんから。
債務が少なく輸出が多い国なら、こんな政策でも生き残れる、と見せ付けているだけです。

A low bar, surely?

なんてことないでしょ?

As for joining the euro, you must be mad.

ユーロ加盟について言わせてもらうと、頭オカシーって。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 性格は変えられる…これであな... | トップ | 金市場、バーナンキ後退でフ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。