今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

サウジアラビアが脅えてドル暴落?

2007-09-20 09:45:31 | Telegraph (UK)
Fears of dollar collapse as Saudis take fright
(サウジアラビアが脅えてドル暴落?)
By Ambrose Evans-Pritchard, International Business Editor
Telegraph:19/09/2007
Saudi Arabia has refused to cut interest rates in lockstep with the US Federal Reserve for the first time, signalling that the oil-rich Gulf kingdom is preparing to break the dollar currency peg in a move that risks setting off a stampede out of the dollar across the Middle East.

サウジアラビアは初めてFEDと共に金利引下げを行うことを断固として拒絶した。
石油資源の豊かなペルシャ湾の王国は、中東全域で怒涛の如きドル離れを引き起こす危険のある動きの中で、ドル・ペッグ制を廃止する準備を進めているとほのめかしたのだ。

"This is a very dangerous situation for the dollar," said Hans Redeker, currency chief at BNP Paribas.

「これはドルにとって非常に危険な状況だ」
とBNPパリバのカランシー・チーフ、ハンス・レデカーが言った。

"Saudi Arabia has $800bn (£400bn) in their future generation fund, and the entire region has $3,500bn under management. They face an inflationary threat and do not want to import an interest rate policy set for the recessionary conditions in the United States," he said.

「サウジアラビアは将来世代基金に$8,000億抱えている。地域全体では$3.5兆が運用されている。インフレの脅威に直面するだろうし、アメリカの不景気用金利政策を輸入などしたくもないのだ」
と彼は言った。

The Saudi central bank said today that it would take "appropriate measures" to halt huge capital inflows into the country, but analysts say this policy is unsustainable and will inevitably lead to the collapse of the dollar peg.

サウジアラビア中央銀行は今日、同国への莫大な額の資本流入を阻止すべく「適切な措置」を取ると述べたが、アナリストはこの政策は持続不可能であり、ドル・ペッグ制の崩壊に繋がるのは不可避となるだろうと言っている。

As a close ally of the US, Riyadh has so far tried to stick to the peg, but the link is now destabilising its own economy.

アメリカの近しい仲間として、サウジアラビア政府はこれまでのところペッグ制を守ろうとしてきたが、この繋がりは現在自らの経済を不安定化させつつある。

The Fed's dramatic half point cut to 4.75pc yesterday has already caused a plunge in the world dollar index to a fifteen year low, touching with weakest level ever against the mighty euro at just under $1.40.

FEDが昨日行った劇的な4.75%への0.5%利下げは、既に世界のドル指数で15年ぶりの値下がりを生じており、強力なユーロに対しては$1.40弱で史上最安値に達した。

There is now a growing danger that global investors will start to shun the US bond markets. The latest US government data on foreign holdings released this week show a collapse in purchases of US bonds from $97bn to just $19bn in July, with outright net sales of US Treasuries.

現在、世界中の投資家がアメリカ債券市場を避け始めるという危険が高まっている。
今週公表された外国人保有に関する最新のアメリカ政府のデータは、米国債総売上を含め、米国債購入が$970億から7月にはたったの$190億へ崩壊したことを示している。

The danger is that this could now accelerate as the yield gap between the United States and the rest of the world narrows rapidly, leaving America starved of foreign capital flows needed to cover its current account deficit -- expected to reach $850bn this year, or 6.5pc of GDP.

アメリカとその他の国々との利回りの差が急速に狭まるにつれて、これが加速するかもしれないという危険があり、経常赤字(今年は$8,500億、またはGDPの6.5%に達すると予測されている)を補うために必要な外資流入を途切れさせるかもしれない。

Mr Redeker said foreign investors have been gradually pulling out of the long-term US debt markets, leaving the dollar dependent on short-term funding. Foreigners have funded 25pc to 30pc of America's credit and short-term paper markets over the last two years.

レデカー氏は、海外の投資家は徐々に米長期国際市場から撤収しており、ドルを短期資金調達に依存させていると語った。
この2年間は外国人が、アメリカの信用および短期証券市場の25-30%に資金調達してきた。

"They were willing to provide the money when rates were paying nicely, but why bear the risk in these dramatically changed circumstances? We think that a fall in dollar to $1.50 against the euro is not out of the question at all by the first quarter of 2008," he said.

「儲かれば喜んで金を提供してきたが、こんなに劇的に状況が変わってしまった中で何故リスクをとらなければならない?2008年代1四半期までにドルがユーロに対して$1.50まで下がるという可能性もないわけじゃない」。

"This is nothing like the situation in 1998 when the crisis was in Asia, but the US was booming. This time the US itself is the problem," he said.

「アジアで危機が起こったけれどアメリカは景気が良かった、という1998年の状況とは全く違う。今回はアメリカそのものが問題だ」。

Mr Redeker said the biggest danger for the dollar is that falling US rates will at some point trigger a reversal yen "carry trade", causing massive flows from the US back to Japan.

レデカー氏は、ドルにとっての最大の危険は、下がり続けるアメリカの金利がいずれかの時点で逆円「キャリー・トレード」の引き金を引いて、莫大な額の資金がアメリカから日本に戻るようになることだ、と述べた。

Jim Rogers, the commodity king and former partner of George Soros, said the Federal Reserve was playing with fire by cutting rates so aggressively at a time when the dollar was already under pressure.

商品取引王でありジョージ・ソロスの元パートナーであるジム・ロジャースは、ドルが既に圧力を受けている時にあれほど金利を引き下げるとはFEDは火遊びをしていると語った。

The risk is that flight from US bonds could push up the long-term yields that form the base price of credit for most mortgages, the driving the property market into even deeper crisis.

リスクは、米国債からの逃避が殆どのモーゲージ向融資の基本価格を決定する長期金利を押し上げ、不動産市場を更なる危機に陥れるかもしれないということだ。

"If Ben Bernanke starts running those printing presses even faster than he's already doing, we are going to have a serious recession. The dollar's going to collapse, the bond market's going to collapse. There's going to be a lot of problems," he said.

「たとえベン・バーナンキが既にやっているよりももっと速く輪転機を回し始めたところで、我々は深刻な不況に見舞われる。ドルは崩壊する。債券市場も崩壊する。山ほど問題が出てくるよ」
と彼は言った。

The Federal Reserve, however, clearly calculates the risk of a sudden downturn is now so great that the it outweighs dangers of a dollar slide.

しかしFEDは、突然のダウンターン・リスクが現在は余りにも大きくドル安の危険性を超えている、と明確に計算している。

Former Fed chief Alan Greenspan said this week that house prices may fall by "double digits" as the subprime crisis bites harder, prompting households to cut back sharply on spending.

元FED議長のアラン・グリーンスパンは今週、サブプライム危機がより厳しくなるにつれ住宅価格は「二桁台で」下がるかもしれず、家庭に支出を大幅に削らせるだろうと述べた。

For Saudi Arabia, the dollar peg has clearly become a liability. Inflation has risen to 4pc and the M3 broad money supply is surging at 22pc.

明らかに、ドル・ペッグ制はサウジアラビアにとって障害となった。
インフレは4%上昇し、M3は22%で急騰中だ。

The pressures are even worse in other parts of the Gulf. The United Arab Emirates now faces inflation of 9.3pc, a 20-year high. In Qatar it has reached 13pc.

ペルシャ湾岸の別の地域では、その圧力はもっと悪い。
UAEの現在のインフレ率は20年ぶりに9.3%となった。
カタールは13%に達している。

Kuwait became the first of the oil sheikhdoms to break its dollar peg in May, a move that has begun to rein in rampant money supply growth.

5月、クウェートはドル・ペッグ制を破棄する最初の石油王国となった。
過剰なマネーサプライの伸びを抑え付け始めている動きだ。



↓ま、気が向いたらヨロシク





KGBの世界都市ガイド

晶文社

このアイテムの詳細を見る



BBCが世界の良識?嗤わせるな!
BBC the world's conscience? Cut it out!

FCCJが適切公正なら、日本人は今頃褒め称えている。
Should FCCJ be sound & fair, Japanese are now praising them.
ジャンル:
海外
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (その蜩)
2007-09-20 14:53:58
なんか今、またドル大暴落の全面安、米国債が紙切れになるんじゃないかって言われてるみたいですけど、どうなんですか?
経済にはちょっと疎いもので(汗
ドルが下落して米国債が紙切れになると、日本とか中国はとっても困る事になるような…。
その蜩さん (喜多龍之介)
2007-09-20 21:23:57
はて…神の見えざる手がウジャウジャと動くのではないでしょうか(笑)。

あちこちに色んな人の思惑が見え隠れするようになって楽しくはあります。

まあ、個人的にはイギリスのポンド高には恩恵を受けているのでこけてほしくはありませんけど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Telegraph (UK)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事