今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

ギリシャ、ヨーロッパが降参しなけりゃ露中に接近

2015-02-11 12:42:56 | Telegraph (UK)
Greece threatens tilt to Russia and China unless Europe yields
(ギリシャ、ヨーロッパが降参しなけりゃ露中に接近)
By Ambrose Evans-Pritchard, International Business Editor
Telegraph: 7:16PM GMT 10 Feb 2015
"We have other ways of finding money. It could be the United States, it could be Russia, it could be China" said the Greek defence minister

「金なら他でも見つけられる。米国かもしれないし、ロシアかもしれないし、中国だってあり得る」とギリシャ財務省。


Greece's radical new government has threatened to seek money from Russia and China to avert a financial crisis rather than yield to austerity demands from Europe, risking a dangerous political rift with the leading EU powers and a full-blown NATO crisis.

ギリシャのラジカル新政権が、ヨーロッパの緊縮財政要求に跪くくらいなら、財政危機を回避するために露中に金をもらいに行くぞと脅して、EU主要国との危険な政治的仲間割れと本格的なNATO危機を引き起こそうとしています。

"We want a deal. But if there is no deal, and if we see that Germany remains rigid and wants to blow Europe apart, then we will have to go to Plan B," said Panos Kammenos, the defence minister and head of the Independent Greeks party in the ruling coalition.

「合意はほしいよ。でも合意がないなら、でもってドイツが相変わらず強情を張ってヨーロッパをぶっ潰したいというなら、プランBにするしかないね」と与党の独立ギリシャ人を率いるパノス・カメノス国防相が言いました。

"We have other ways of finding money. It could be the United States at best, it could be Russia, it could be China or other countries," he told Greek television. Mr Kammenos said Greece would prefer to leave the euro if membership means submitting to what he calls a "Europe under German domination."

「金なら他でも見つけられる。米国かもしれないし、ロシアかもしれないし、中国だってあり得る」と大臣はギリシャのテレビ局に語りました。
カメノス国防相に言わせると、ユーロ加盟イコール、彼が「ドイツ支配下のヨーロッパ」と呼ぶシロモノへの屈従ならば、ギリシャはユーロ離脱を選ぶそうです。

The implicit threat to team up with Russia comes up at an extremely delicate moment as French and German leaders attempt to negotiate a peace deal with President Vladimir Putin, and Washington mulls military aid for Ukraine.

このオブラートをかけたロシアと組むぞという脅迫は、フランスとドイツの首脳陣がウラジーミル・プーチン露大統領と平和協定を交渉し、米政府がウクライナへの軍事支援を検討中、というかなり微妙な時期に出されました。

Nikos Chountis, Greece's deputy foreign minister, said on Tuesday that Russia and China had already offered financial support to the country. "There have been proposals, offers I would say, from Russia, recently after the election, for economic support as well as from China, regarding help, investment possibilities," he said.

ギリシャのNikos Chountis副外相は火曜日、ロシアと中国は既にギリシャに金融支援を申し出てくれたと言いました。
「申し出、まあ僕はオファーと言うけど、そんなのが選挙の後、つい最近ロシアからあったよ。経済支援のオファーだけど、中国からもあったね。支援とか投資の可能性とかさ」とのこと。

"We have not asked for it. It's on the table. We're discussing it," he added, stressing that the first priority was to "exhaust all options" in reaching a deal with the eurozone.

「僕らはお願いしてないから。却下はしてないけどね。相談してるよ」と続けて、優先すべきはユーロ圏との合意模索で「全ての案を検討し尽す」ことだと強調しました。

Cyprus has already caused a political storm by offering to expand Russian access to its ports and airfields – including "military facilities" - though it has stopped short of offering full military bases.

キプロスはロシアに対して、軍事基地へのフル・アクセスとまでは言っていませんが(「軍事施設」を含む)港湾と飛行場へのアクセスを拡大するオファーを出して、既に政治的嵐を引き起こしています。

Mr Kammenos is a Greek nationalist with long-standing links to Moscow and Beijing. Sources close to the left-wing Syriza government said finance minister Yanis Varoufakis has no such "Plan B" in his pocket since the government is confident that Greece's new four-point plan presented to Brussels this week will prove the basis for a deal.

カメノス国防相は露中両政府と長い付き合いのあるギリシャの民族主義者です。
左翼Syriza政権に近しい情報筋によれば、ヤニス・バルファキス財務相にはそんな「プランB」なんぞないそうで、それと言うのも政府は今週欧州委員会に提示したギリシャの4本柱プランが合意のベースになると自信を持っているからだそうです。

The Greek proposals will be presented to EMU finance ministers at a key session of the Eurogroup on Wednesday. They are essentially a restatement of Syriza's long-standing demands, with an added request for some fresh money from EU creditors to tide the country over until September.

ギリシャの提案は水曜日に開催されるユーログループの目玉会議で、ユーロ加盟国の財務相等に提示されます。
基本的には、Syrizaが前々から要求していることを書き直しであり、それにEU債権国に対する9月まで乗り越えるための新規資金要請が加えられています。

It is far from clear whether Russia would be able to help Greece, given its own economic crisis at home and fast-depleting foreign reserves. It offered comforting words but little else to Cyprus two years ago, even before the crash in oil prices forced the Kremlin to tighten its belt.

ロシア自体の経済危機と急速に減りつつある外貨準備を考えると、ギリシャを支援出来るのかどうかはさっぱりわかりません。
2年前など、石油価格暴落でロシア政府が質素倹約を余儀なくされる前だったのに、キプロスに対しては慰めの言葉以外殆ど何もくれませんでした。

While the Chinese have ample foreign reserves, they tread with great caution abroad. "Everybody has been waiting for China to rescue Europe for years but it never happens. There is no Chinese white knight," said Ashoka Mody, a former IMF bail-out chief in Europe.

中国にはたっぷり外貨準備があります。
でも彼らも海外では相当慎重になっています。
「皆何年も前から中国がヨーロッパを救いにくるのを待ってるけど、ないじゃん。中国人ホワイトナイトなんていないんだよ」と元IMFヨーロッパ支援団長のアショカ・モディ氏は言います。

Greek bond markets surged on Tuesday and the Athens bourse rose 8pc on hopes that the new debt plan in Brussels will pave the way for a deal, averting a cut-off on February 28 that could leave the Greek financial system without a liquidity lifeline from the European Central Bank and force Greece out of the euro. Bank stocks spiked 20pc.

ブリュッセルで新プランが合意への扉を開くんじゃないか、ギリシャの金融システムからECB流動性がなくなってユーロから追放されたりするのも回避出来るんじゃないか、との期待から火曜日にはギリシャの債券市場は急上昇、アテネ市場も8%上昇しました。
銀行株は20%も急騰しました。

Germany's finance minister Wolfgang Schauble later deflated the false optimism sweeping markets, denying reports that the European Commission had offered Greece a six-month life-line. "It must be false: firstly because I don't know about it, and secondly because the Commission is not responsible for this," he said.

その後、ウォルフガング・ショイブレ独財務相が欧州委員会はギリシャに6ヶ月の猶予などオファーしていないと否定して、マーケットに滲む勘違い期待に水を刺しました。
「嘘に決まってるだろ。そもそも俺はそんなこと知らんぞ。それに欧州委員会の担当じゃない」そうで。

Confusion reigned in Athens as rumours came and went. The share price for the Piraeus Port Authority jumped 17pc on reports that the government would proceed with the next phase of privatisation after all, only to fall back when the claims were denied.

あれこれ噂が行ったり来たりで、アテネは混乱しまくりです。
ピレウス港湾当局の株価は、政府はやっぱり民営化を進めるという報道で17%も上がりましたが、否定されたら下がりました。

Analysts said is hard to see how the Eurogroup can accept the new Greek package. Athens wants a cut in the target for Greece's primary budget surplus to 1.5pc of GDP over the next two years, instead of the current target of 3pc in 2015 and 4.5pc in 2016 imposed by the EU-IMF Troika. This would avert further fiscal tightening and allow Syriza to carry out plans to boost welfare spending.

アナリストは、ユーログループがギリシャの新提案を飲むかどうかさっぱりわからんと言ってます。
ギリシャ政府は基礎財政収支黒字目標を、EU・IMFトロイカに言われている2015年は3%、2016年は4.5%という現在の目標の代わりに、今後2年間、対GDP比1.5%まで引き下げたいと言っています。
これで追加財政引き締めは回避出来るし、Syrizaは社会保障費増大計画を実行出来るというものです。

"This cannot be the basis of a deal," said Dimitris Drakopoulos from Nomura. "Syriza can't just cut the primary surplus out of the blue without giving anything in return".

「これが合意のベースとか無理でしょ」と野村證券のDimitris Drakpoulos氏は言います。
「Syrizaも、なんの交換条件も出さずにいきなり引き下げとかあり得ないから」

Mr Varoufakis will propose a debt swap to replace €195bn of loans from EMU governments and rescue funds. These will be so-called 'Bisque Bonds' that link payment to GDP growth, and therefore entail large potential losses for EMU creditors if growth falters.

バルファキス財務相は、ユーロ加盟国とEU支援機構から借りた1,950億ユーロの債務スワップを提案します。
いわゆる「Bisque Bond」というもので、この支払いはGDP成長率とリンクされますから、成長が頓挫すればユーロの債権国は思いっ切り損することになります。

The scheme amounts to debt relief but averts a formal write-off. This means that Chancellor Angela Merkel and other leaders would not have recognize losses in a line-item budget presented to their national parliaments. It spares them a political storm at home.

この計画は債務救済みたいなもんなのですが、正式な債務免除は免れます。
つまり、アンゲラ・メルケル独首相と愉快な首脳陣はそれぞれの議会に出される予算に損失を計上しなくても良くなるわけです。
国内で政治嵐が起こるのを避けられるってわけですね。

Officials at Lazard in Paris – contracted by the Greeks to thrash out a debt plan – said €100bn must be shaved off Greece's €315bn external debt to restore the country to long-term viability, and to allay the grave macro-economic errors made by the Troika.

パリ、ラザード(ギリシャに債務プランの作成依頼を受けた)の中の人曰く、ギリシャが長期的に自立する力を取り戻して、トロイカのやらかしたマクロ経済大失敗を和らげるために、3,150億ユーロの対外債務を1,000億ユーロ減らさなくちゃダメだそうです。

Mr Varoufakis hopes to sweeten the bitter pill for Europe by agreeing to keep 70pc of the Troika reforms, deemed the "good" ones. The other 30pc will be scrapped and replaced by ten new reforms in cooperation with the OECD. These will purportedly go further in shaking up the Greek state and breaking the cartel nexus of the old dynasties. Yet he has not yet revealed which reforms will be kept.

バルファキス財務相は、トロイカ改革案の「まともっぽい」70%を維持することに合意して、ヨーロッパへの苦い薬をちょっと甘くしてやろうと思っています。
残りの30%は放置して、OECDと協力した10つの新改革に置き換えられます。
これはギリシャ政府の大改革と旧帝国のカルテル粉砕を推進するものになるそうです。
でも、どの改革を維持するかについてはまだ内緒にしています。

Simon Tilford, from the Centre for European Reform, said Syriza is needlessly making enemies with its scattershot rhetoric and wild talk of Nazi war reparations, but is right in its fundamental critique of Europe's debt-deflation errors.

欧州改革センターのサイモン・ティルフォード氏は、Syrizaはむやみやたらとあれこれ発言したりナチスの戦争賠償金がふんだららととんでもないことを言い出したりして、不要に敵を作っているけど、ヨーロッパの債務デフレ大失敗に対する批判の骨子は正しいよね、と言いました。

"What the Greeks are saying makes a lot of sense and has the support of economists across the world. The real problem is Germany. They seem impervious to evidence and are intellectually isolated. What is shocking is how insular the German debate has become," he said.

「ギリシャが言ってることは至極ご尤もだし、世界中のエコノミストが賛成してるよ。本物の問題はドイツ。連中は証拠を突き付けられても知らん顔だし、頭で孤立してる。仰天するのは、ドイツの議論がどんだけガラパゴスかってことさ」

"Germany's leaders have created a rod for their own backs by failing to explain honestly to their own people what the origins of the eurozone crisis really were. That is why it is going to be so difficult to reach a deal," he said.

「ドイツの指導者は自国の人間にユーロ危機の本質を正直に話さないことで自爆してるわけだ。だから合意に至るのは相当大変だよね、って話」だそうですよ。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ギリシャの土壇場対EUオファ... | トップ | ギリシャの緊縮財政反乱拡大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。