今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノーベル神:デフレ阻止は無理かも…

2014-08-23 09:29:44 | Telegraph (UK)


Nobel guru fears it may be nigh impossible to stop deflation
(ノーベル神:デフレ阻止は無理かも…)
By Ambrose Evans-Pritchard Economics
Telegraph Blog: Last updated: August 21st, 2014
A quick word from Lindau, where half the world's Nobel economists are gathered on a beautiful island with cobbled streets on Lake Constance, looking out across the Alps. It is a Wittlesbach jewel.

その向こうにアルプスの山並みを臨むコンスタンス湖に浮かぶ敷石道の美しい島、Lindauからちゃちゃっとレポートです。
ウィッテルスバッハの宝石には、世界中からノーベル賞受賞エコノミストの半数が集っております。

Christopher Sims – a monetary expert, who now thinks money indicators have been rendered "essentially obsolete" by modern finance – says it may be impossible to reverse deflation in the Western economies by any normal means, in which case we are in trouble.

金融エキスパートで、マネー指数は現代金融によって「基本的に無意味」にされてしまったと今はお考えのクリストファー・シムズ教授は、西側経済のデフレを普通のやり方でひっくり返すのは不可能かもしれないし、それって大変なことだよね、と仰います。

He argues that the public (including investors) are convinced that there will have to be some sort of payback for all the debts accumulated during the great era of leverage and excess. They have "internalised" the prospect of future tax rises and spending that will make them feel poorer.

曰く、一般市民(投資家も含まれます)は、大レバレッジやり過ぎ祭の間に積み上げられた借金のしっぺ返しが何かあるはずだ、と思い込んでいるとのこと。
自分達をもっともっと貧乏に思わせることになる増税と支出削減の可能性を「取り込んでしまった」のだそうです。

"Some 60pc of people in the US say they doubt there will be any government benefits for them when they retire, and 60pc of those already retired think their benefits will be reduced," he said.

「米国の6割ほどは、退職する頃には年金なんてないだろうと思ってるし、もう年金生活してる連中の6割は年金は減らされると思ってる」そうで。

This has powerful implications. Many of these people are retrenching pre-emptively, en masse, in most of the mature industrial economies. They are discounting a "future stream of primary surpluses".

これは強烈な意味を持っています。
成熟した先進国の大半で、これらの人の多くが先回りして一斉に財布の紐を締めているわけです。
「将来の基礎収支の黒字」を織り込んでいるんですね。

By the same token businesses are putting off investment and hoarding cash in anticipation of a hit to come. We may be deluding ourselves in thinking that companies will soon be confident enough to let rip with a fresh burst of spending and investment. They may just sit on their money for year after year.

同じように、会社も来るべき時に備えて投資を先送りしたり現金を貯め込んだりしています。
会社はもう直ぐ盛大に支出と投資をやり始めるくらい自信満々になるさ、というのは妄想かもしれませんよ。
行く年来る年、ひたすら金を抱えてるかもしれませんからね。

If this is broadly true, it means that any use of fiscal stimulus will be neutralised by the countervailing actions of taxpayers, and may even be a net negative. Deficits become "deflationary", contrary to standard textbook theory or populist assumptions, and threaten a self-fulfilling effect that becomes almost impossible to stop over time.

で、これがまあ大体ホントってことなら、それってどんな財政刺激をやろうが納税者のカウンターにあって無力化されるってことでして、無力かどころか却って悪いことになる可能性だってあるのです。
赤字は「デフレ引き寄せ」になるんですよ、教科書の理論だの一般的な予想だのとは反対に。
しかも時間が経てば止まるだろってことも殆どあり得なくなる、自給式効果すらあり得るわけで…。

Prof Sims, who won the Nobel Prize in 2011 for studying "cause and effect in the macroeconomy", says monetary policy cannot do the trick either once interest rates have dropped to zero. He dismisses the monetary effects of quantitative easing as trivial. At best, he says, QE is a bluff intended to show resolve and change psychology.

2011年に「マクロ経済の原因と効果」の研究でノーベル賞を受賞したシムズ教授は、一旦金利がゼロまで下がっちゃったら、金融政策だって効き目なしよ、と仰います。
更に、量的緩和の金融効果なんざ微々たるもんだと一蹴にされました。
良く言ってもQEなんか決意表明と気分転換のためのはったり、だそうです。

We may be caught in a trap. Demographics lie at the root of this malaise. The collective mind knows that the pension/welfare structure is untenable. The implicit promises made can never be upheld in societies with ballooning numbers of pensioners, depending on a static or shrinking work force. This will catch China too before long.

僕らは罠にはまっているのかもしれません。
その根幹にあるのは人口問題ですね。
集団意識はわかってるんですよ、こんな年金・社会保証のシステムなんか維持不可能だって。
暗黙の約束なんて、横這いだか減少中だかの労働人口に頼る年金受給者が爆増する社会で維持出来るわけないじゃないですか。
中国だって遠からずそうなりますから。

Personally, I don't agree with Prof Sims that monetary policy is almost useless. I asked him why it is that the QE states (US, UK) seem to be recovering despite fiscal austerity, while the hard-money Europeans lurch from one debacle to the next. His answer is that the Bernanke/Yellen Fed "talks a better game" than Draghi's ECB.

個人的には、金融政策は殆ど無駄、っていうシムズ教授のご意見には賛成しません。
僕は教授に、どうしてQEをやってる国(米英)は緊縮財政やってるのに回復してるみたいに見えるんですか、きつきつのヨーロッパなんて危機の梯子でしょ、と尋ねました。
教授の答えは、バーナンキ/イェレンFRBの方がドラギECBより「口が上手いから」でした。

I think there is enough historical evidence on QE, or open market operations as it used to be called in UK, to show that it can indeed have powerful effects if central banks purchase assets outright and force money into the system, and do so with enough panache. The technique dates back to the Venetian Grain Board in the late Middle Ages, and no doubt others before.

僕は、QEまたはかつて英国でオープン・マーケット・オペレーションと呼ばれていたものには、中銀が十分な情熱とやる気をもって資産を買いまくってマネーをシステムに流し込めば本当に強力な効果を与えられる、と示すだけの歴史的裏付けがあると思うんですよね。
このテクニックは中世終盤のベネチア穀物局に遡りますし、その前にも色々あったに違いありません。

Japan is the modern laboratory. Governor Kuroda has launched a QE blitz on a scale never seen before to break the deflationary spiral. The Bank of Japan may own government bonds equal 100pc of GDP before long.

日本は今のラボですね。
黒田日銀総裁はデフレ・スパイラルをぶっ壊すために、前代未聞の異次元的QEに乗り出しました。
遠からず、日銀はGDPの100%もの国債を抱えるようになるんじゃないのかと。

The jury is still out on its effects. Inflation has risen to 1.3pc, but seems to have peaked as the one-off effects of a massive devaluation fade. But the experiment has been contaminated. The rise in the consumption tax from 5pc to 8pc has hit the recovery like a sledgehammer. "It was not a bright move. They should have waited until recovery was stronger," said Prof Sims.

その効果はまだ未知数です。
物価上昇率は1.3%まで上がりましたけど、でも、一回限りの巨大デバリュエーションの効果が薄れて息切れっぽい感じです。
でもこの実験も汚染されちゃいましたけどね。
消費税増税(5%から8%)は日本の景気回復への氷水バケツチャレンジでした。
「カシコクないよねー。もっと景気回復の足腰がしっかりするまで待つべきだったんじゃん」とシムズ教授は言いました。

Let us give this another year before we reach a verdict. If Abenomics fails to generate inflation/recovery in Japan, we will have very compelling evidence that even extreme monetary policy cannot arrest entrenched deflation in ageing societies.

ま、結論を出すのはあと一年ほど待ちましょう。
アベノミクスが日本にインフレも回復も生み出せなければ、異次元的な金融政策をやっても高齢化する社会のデフレはどうにも止められない、って相当強力な証拠を得ることになります。

If so, we will have to come up with another plan. Perhaps we can dust off the Chicago Plan and nationalise credit. None of these challenges are beyond the wit of man.

だとしたら、別のプランを考えなくちゃいけなくなりますね。
多分、昔々のシカゴ・プランを引っ張り出すか信用を国有化するか…。
これだって人間の知恵じゃ勝てない問題じゃないからね。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 政策の大失敗がヨーロッパを... | トップ | 永遠の不況 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。