今日の覚書、集めてみました

いつの間にか、10歳になりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サウジアラビア:イランとの最終決戦で世界の石油市場にとってヤバい瞬間が接近

2016-01-16 16:27:36 | Telegraph (UK)
Saudi showdown with Iran nears danger point for world oil markets
(サウジアラビア:イランとの最終決戦で世界の石油市場にとってヤバい瞬間が接近)
By Ambrose Evans-Pritchard
Telegraph: 8:52PM GMT 04 Jan 2016
The world's densest network of oil pipelines runs through Saudi Arabia's Shia heartland. It is now the epicentre of a deadly struggle

世界一過密な石油パイプライン網は、サウジアラビアはシーア派の地盤にあります。それが今や死を賭けた戦いの中心地となっています。


The Persian Gulf has become a strategic tinderbox.

ペルシャ湾が戦略的火薬庫になりました。

Saudi Arabia's drastic decision to behead the Shia cleric Nimr al-Nimr marks a point of no return in the bitter Sunni-Shia conflict engulfing the region. It is a dangerous escalation in the Kingdom's struggle with Iran for regional hegemony.

シーア派聖職者、ニムル・アル・ニムル師を斬首刑に処す、というサウジアラビアのトンデモ決断で、同地域を呑み込むスンニ派vsシーア派の激しい争いは取り返しがつかなくなりました。
地域の覇権を巡るイランとの戦いの危険なエスカレーションであります。

Iran's Revolutionary Guard has vowed swift and harsh revenge, promising to bring down the Saudi dynasty in short order to avenge this "medieval act of savagery".

イラン革命防衛隊は素早く無慈悲な復讐を行うと誓って、「中世の蛮行」への報復を行うべく迅速にサウジアラビアを倒すと約束しました。

Brent crude jumped to a three-week high of $38.91 a barrel as traders began to price in the first flickers of political risk. Roughly a fifth of global oil supply passes through the Strait of Hormuz, where tankers would in extremis have to run the gauntlet past Iranian warships.

トレーダーが政治リスクの最初の気配を折り込み始めたため、ブレント原油は3週間ぶり最高値の38.91ドルまで急上昇しました。
世界の石油供給量のおよそ5分の1がホルムズ海峡を通過します。
極端な場合はタンカーがイランの軍艦とすれ違わなければならなくなる海峡です。

Helima Croft, from RBC Capital Markets, said investors have yet to wake up to the full danger. "If we'd had scenes five years ago of the Saudi embassy in flames in Tehran there would have been a big move in the price, but right now there is so much over-supply and people just seem to think this is all noise. They have yet to get their heads around what can go wrong," she said.

RBCキャピタル・マーケッツのヘリマ・クロフト氏は、投資家は未だ全ての危険に気付いていないと言います。
「5年前にテヘランでサウジアラビア大使館が燃える光景を見ていたら価格は大きく動いただろうけど、今は過剰供給過ぎて皆これも全てノイズだと思ってるみたい。ヤバいことになり得るものまで未だ頭が回ってない」とのこと。

The risk for the Saudis is that the execution of Sheikh Nimr for what is essentially peaceful political protest ignites a long-simmering revolt by an aggrieved Shia minority, who make up 15pc of the population and are sitting on top of the giant Saudi oil fields in the Eastern Province. There were violent protests in the Sheikh's home-town of Qatif on Monday, with at least one protestor shot dead by police.

サウジアラビアにとって危険なのは、基本的には平和的抗議のためにニムル師を処刑することで、前々から一触即発状態だった不満たらたらのシーア派マイノリティの反乱に火が点いたことです。
シーア派マイノリティは人口の15%を占めており、東部にある巨大油田の上に居座っています。
月曜日にはシーア派の町、カティーフで暴力的な抗議運動が発生して、参加者が少なくとも1人、警察に射殺されました。

Ali al-Ahmed, director of the Institute for Gulf Affairs in Washington, said Qatif is the nerve-centre of the Saudi petroleum industry, the so-called "Grand Central Station" where 12 pipelines come close together to supply the huge oil terminals at Ras Tanura and Dharan.

ワシントンのInstitute for Gulf Affairsのアリ・アル・アフメド代表は、カティーフはサウジアラビアの石油産業の心臓部で、12本ものパイプラインがラスタンヌーラとダーランにある巨大石油ターミナルに供給するために接近する、いわゆる「グランド・セントラル・ステーション」だと言いました。

These pipelines are close to major roads and towns, making them hard to police against "hit and run" attacks.

このパイプラインは主要な道路や町に近く、「奇襲」攻撃を防ぐのは困難です。



Most of Saudi Arabia's 10.3m barrels a day (b/d) of output passes through the Shia heartland, now seething with fury. While global crude stocks are at record levels, there is no spare capacity outside Saudi Arabia. A disruption lasting more than a few days could cause oil prices to spike violently - possibly to $200 or more - triggering a worldwide economic crisis.

サウジアラビアが生産する1日1,030万バレルの石油の大半は、今や怒りが煮えくり返るシーア派の地盤を通ります。
世界的に見れば原油貯蔵量は史上最高レベルですが、サウジアラビア以外に余剰生産能力はありません。
混乱が2-3日より長引けば石油価格は爆上げ(200ドルかそれ以上)して、世界経済危機を引き起こしかねません。

Mr al-Ahmed said the mass executions have set in motion a fateful chain of events that nobody can now control. "It will likely trigger a bloody civil war that won't end until the Saudi monarchy ceases to exist. This cycle of violence will not spare anyone or anything, including the coveted oil installations," he said.

アル・アフメド代表は、集団処刑でもはや誰の手にも負えない運命が動き始めてしまったと言います。
「サウジアラビア王家が消滅するまえ終わらない血みどろの内戦を引き起こす可能性が高いね。この暴力のサイクルは誰も、または皆が待ち望む石油基地を含む全てを許さないだろう」

Bahrain and Sudan have already followed Saudi Arabia's move to cut off diplomatic relations with Iran, and the United Arab Emirates has recalled its ambassador. The lines of cleavage are painfully clear in a Middle East already convulsed by four wars, and sliding closer to all-out conflagration.

バーレーンとスーダンは既にサウジアラビアに続いて、イランとの国交を断絶しましたし、UAEは大使を呼び戻しました。
亀裂は、4回の戦争で既に震動した中東では痛いほど明らかであり、全面的な大惨事へずるずると接近しつつあります。

Iran and Saudi Arabia severed ties from 1989 to 1992 but that was another era, when the US was at the height of its power, and willing to use it after the huge military build-up of the Reagan administration. There was then no civil war in Syria or Yemen.

イランとサウジアラビアは1989-1992年に断行していましたが、あれは別の時代であり、米国が最盛期を誇りレーガン政権下での大規模な軍拡の後でそれを使うことに前向きだった頃のことです。
当時はシリアとイエメンで内戦なんてありませんでしたし。

The Kingdom is more vulnerable today as it bites the bullet on austerity, slashing subsidies in an assault on the cradle-to grave welfare net. Crumbling oil revenues have forced it to scrap the social contract that has kept a lid on dissent for decades.

緊縮政策に思い切って乗り出して、揺り籠から墓場までの社会保障制度改革で補助金を削減している今の方が、サウジアラビアは弱っています。
石油収入の激減で、何十年間も不満を抑え付けてきた社会契約を廃止せざるを得なくなりました。

While the Saudi regime tried to muddy the waters by beheading Sheikh Nimr along with Sunni al-Qaeda terrorists, his offence was "inciting sectarian strife". Internal US Wikileaks cables show that the US embassy never regarded him as a terrorist.

サウジアラビア側は、ニムル師をスンニ派アルカーイダ・テロリストと一緒に斬首刑にして状況をあやふやにしようとしましたが、師の罪は「宗派間抗争を煽ったこと」でした。
米ウィキリークスによると、米大使館が彼をテロリストとみなしたことは一度もありませんでした。

He emerged as the spiritual leader of the Arab Spring protests in 2011, and although he taunted the royal family in hot language, he always advocated non-violent resistance.

彼は2011年にアラブの春のデモの精神的リーダーとして登場し、激しい口調で王家を罵しりながらも、常に非暴力的な抵抗を提唱していました。

The US and the EU told Riyadh repeatedly that his execution would be a grave error: the Shia world warned it would be an act of war. The decision to go ahead anyway bears the hallmarks of Mohammad bin Salman, the headstrong 30-year-old deputy crown prince who has amassed all power in the Kingdom and listens to nobody.

米国とEUはサウジアラビア政府に繰り返し、師を処刑するのは大きな間違いだと告げ、シーア派世界はそんなことをするのは戦争行為だとワーニングしました。
結局実施に踏み切ったのは、王国の権力を一身に集めて誰にも耳を貸さない石頭な30歳の副皇太子、ムハンマド・ビンサルマン王子の仕業らしく…。



The Saudis have a formidable security apparatus, with a force of 30,000 guarding the oil infrastructure. But there is a high risk of infiltration by terrorist groups of various stripes. One suicide bomber caught in a pipeline attack in 2006 turned out to be a close relative of the head of the Wahhabi religious police.

サウジアラビアには強力な安全機構があり、30,000人からなる部隊が石油施設を護っています。
とはいえ、様々なテロリスト・グループに潜入されるリスクは高いでしょう。
2006年に捕まったパイプライン爆破を試みた自爆犯の一人は、ワッハーブ宗教警察長官に近い血縁者でした。

Quite apart from the Shia question, an estimated 6,000 Saudis have been recruited by al-Qaeda. At least 3,000 have fought with Isis, which views the Saudi royal family as "apostate usurpers" and is waging its own terrorist war against the dynasty. An al-Qaeda cell arrested in 2007 was plotting to hijack civilian airliners and crash them into to the oil facilities at Ras Tanura.

シーア派問題とは全く別に、アルカーイダが6,000人ものサウジアラビア人を採用したと考えられています。
少なくとも3,000人が、サウジアラビア王家を「背教の権力強奪者」とみなして、王国に対してテロ戦争を仕掛けているISISと戦っています。
2007年に逮捕されたアルカーイダのセルは、民間航空機をハイジャックしてラスタンヌーラの石油施設に突っ込ませようと画策していました。

Iran tends to operate through proxies. It relied on the Saudi Shia Hezbollah to kill 19 American air force personnel in the Khobar Towers bombing in 1996.

イランは代理人を通じて活動する傾向があります。
1996年にホバル・タワー爆破事件で米空軍に19人もの死者を出した時は、サウジアラビアのシーア派、ヒズボラに頼りました。

Intelligence experts say Iran is likely to pursue a strategy of attrition, bleeding the Saudis in Yemen, where they are badly over-extended in a bloody stalemate that is costing an alleged $200m a day and risks becoming the Kingdom's "Vietnam War".

インテリジェンスの専門家によると、イランは、一日当たり2億ドルものコストがかかってサウジアラビアの「ベトナム戦争」となりかねない血生臭い膠着状態が酷く長引いているイエメンでサウジアラビア人に血を流させる、自然減戦略を進める可能性が高いそうです。

Iran has already supplied Yemen's Shia-oriented Houthi rebels with Scud missiles. Houthi forces have been making increasingly bold forays into Saudi Arabia's southwest borderlands, another area of Shia loyalties that risks splintering off.

イランは既にイエメンのシーア派系武装組織、フーシ派にスカッド・ミサイルを供給しています。
フーシ派勢力は、同じく分裂しそうなシーア派の地盤であるサウジアラビア南西部の国境地域へ、益々果敢に進出しています。

The Iranians certainly have the technical means to inflict massive damage on Saudi infrastructure. James Woolsey, the former head of the US Central Intelligence Agency, said they have developed electromagnetic pulse (EMP) weaponry that can evade normal radar defences and destroy power systems.

イラン側はサウジアラビアのインフラに甚大な被害をもたらす技術手段を確かに持っています。
ジェームズ・ウーズリー元CIA長官によると、イランは通常のレーダーに発見されることなく発電所を破壊出来るEMPを開発したそうです。

They can launch orbiting satellites or low-tech variants floated on balloons launched from freighter vessels. "If they detonate one of these 30km in the atmosphere over a country, they can knock out the electricity grid," he told The Telegraph.

イランは軌道衛星を打ち上げたり、またはそのローテク版を貨物船からバルーンで浮遊させることが出来ます。
「国の上空、30㎞当たりでこれを一つ爆発させれば送電網を潰せる」と元長官は小紙に語りました。

General Keith Alexander, the former chief of the US National Security Agency, says Iran has one of the five most sophisticated cyber-warfare teams in the world, as it showed in August 2012 with a taunting virus attack on Saudi state-owned oil giant Aramco. Hackers erased most of the company's emails and documents, leaving an image of a burning American flag on the computer system as their calling card.

元米NSA長官のキース・アレクサンダー大将は、イランは世界で五本の指に入るサイバー部隊を持っている、2012年8月にサウジアラビアの巨大国営石油会社、アラムコにウイルス攻撃を仕掛けたことで示された通りだ、と言います。
ハッカーは同社のメールおよび文書の大半を削除して、自分達の名刺としてコンピューター・システムに燃える米国旗の画像を置いていきました。

The cybersecurity firm Cylance Corp alleged in a report that Iran's cyber warriors have hacked into the email systems of the US Navy, and into critical computer systems in Britain, France and Germany.

サイバーセキュリティ会社のサイランス社はレポートに、イランのサイバー部隊は米海軍のメールシステム経由でハッキングし、英国、フランス、ドイツの重要なコンピューターシステムに侵入したとの考えを記しました。

A serious attack on Saudi Arabia would be a dangerous gambit for Iran, spelling the certain end to its rapprochement with the West and to its hopes for an end to sanctions.

サウジアラビアに対する本格的な攻撃はイランにとって危険な作戦であり、西側との和解を確実に終わらせて制裁終了の希望を断つことになるでしょう。

Yet it cannot be ruled out. There are powerful factions within the Iranian Revolutionary Guard that would welcome any chance to sabotage the nuclear deal. Saudi Arabia has just given them the perfect pretext.

しかしその可能性を排除することは出来ません。
イラン革命防衛隊の中には、核合意をサボタージュするためのチャンスならなんでも歓迎する強力な派閥があります。
サウジアラビアは彼らに完璧な口実を与えてしまいました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リフレ嵐前の2016年度経済ス... | トップ | 長期停滞論は丸っと嘘っぱち? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。