古道具屋 キタロウ商店 店主の日常

古道具骨董買取 出張査定無料 
東京福生の古道具屋

無題。

2017-06-16 18:45:21 | 独り言

例の「テロ等準備罪」もしくは「共謀罪」という法案が参議院で可決(成立)した。

以前この場に書いたような気もしますが

審議をみていると何言ってんだ?

と思うような議論にもならないようなことを延々と繰り返していた。

簡単にいえば 極論と極論のぶつけ合いと言ったところか。

極論に極論をぶつけて何が生まれるというのでしょうか・・・

歩み寄ってお互い理解しその上で建設的な話をするならよいが

ただただお互いの色んな思惑入りの正義(?)を大上段に振りかざしているようにしか見えなかった。

それは与野党双方がだ。

政治家なんてそんなもの、と吐き捨てることもできますが

それでは向うが

国民なんてそんなもの、と したり顔をする。


世界情勢が緊迫しているのは誰でも知っていること

(知らないとかこの国に関係ないとか言う人は論外 でもコレが大問題でもあるのだが・・・)

そしてテロがこの国で起こることは何が何でも防がねばならない。


だがしかし、今回のことは議論が足らない。

この法案に反対の立場の人達は

今回政権与党側がやろうとしていることが(基地問題や原発問題、各種公共事業等々)に反対し正しく国民の意見としてデモを行う人々、

と、その中の過激な思想を持った連中。

そんな人々をひと括りに排除しようとする可能性があるということに恐怖を感じているのだろう。

これを取り除く為の議論であったはずが

極論と極論のぶつけ合いになり どんどんと論点がずれていく中 与党側が最終的にえいや!と押し切った感じだ。

まぁ、反対する側の野党にも甚だがっかりしたのも事実だが、、、






周りに言わせればワタクシはどちらかといえば保守的(右寄り)人間だという。

そんなワタクシでも今回の件はダメだなぁと思う。

政権与野党双方の政治家に幻滅する。

しかし、、、

そうなると次の国政選挙で何処に入れて良いのやらと頭を抱えるのである。


次は「自衛隊と九条」のことになっていくのだろう、

何が何でも武力の行使はダメ!戦争反対!と唱える人たちが

少しでも緊迫するアジアそして世界情勢を冷静に見その上で「備えること」に目を向けてほしい。

一緒にするな!と怒りを買うかもしれないが あの震災で備えることを見誤った故のあの悲劇をもう一度思い出してほしい。

想定外だったでは済まないのだから。

そして政権与党側もどさくさ紛れにあそこもここも幅広く取れるそんな法案を出さないことだ。

議論を尽くせ、他の審議があるとか期日が無いとかと打ち切ってはダメだ。







---------------------------------------

と、昨日に取り留め無くここまで書いて公開するのをやめてしまった。

読み返しても結局自分は何が言いたいのだ?と思えたから。


まぁ、

結局のところ

今までの歴史と同じ

すべては後世の人々が判断するんだろう。


後世の人があれで良かったと言える、そんなことであれば良いが。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まさか。 | トップ | 延長だ。(骨董古道具出張買... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。