のみちをゆけば

北の山男が日々の生活、趣味の報告をします!

私が住む町

2015年04月19日 11時20分50秒 | 単身生活


 私が住むことになったのは、家族が住居から75kmほど離れた町です。

 まだ、ポータブルストーブしか使っていないので朝は寒さで目が覚めました。



 (4月9日撮影)

 寝ていても寒いので、とりあえず近くにあった山に登ってみる事に。 





 北海道で一番大きな湖に朝陽が反射しています。







 奥に広がるのはオホーツク海。







 畑もありますが、また酪農地帯です。







 そして、道端にはホタテの貝殻があちこちに落ちています。




 なんだか寂しい所ですが、緑が増えてきたら少しは賑やかになるのかなぁ…



 





ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家族の住む街 | トップ | こうなると特技かなぁ? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (TOSIPAPA)
2015-04-24 18:49:19
単身赴任ですか!
家に帰って娘さん達がいないと寂しいし…
慣れるまで大変ですね…

今回はこの町ですか、もしかしてウルトラマラソン参加を?
だいぶ慣れました (やまおとこ)
2015-04-24 21:40:06
 ウルトラは無理です~
 あの長いクロカンをやる人は職場にいます。
 今週は湿原マラソンの案内が転送されてきました。
 それから、北見のハーフもあります。
 って、前の職場みたいに走る人がいないと、いま一つ
テンションが上がりません。

 娘達の方は、そろそろたまに帰ってくるほうが良い位の
年頃かもしれません。

コメントを投稿

単身生活」カテゴリの最新記事