債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ついにきた、HFT

2009-08-12 16:57:25 | マーケット

(文章が不完全なので後ほど修正いたします)

有料配信7月20日号にて、ゴールドマンの決算を特集したときにゴールドマンが採用したと思われるHigh Frequency Tranding System が広く関与したためにトレーディングの高収益が出たと思う、と書きました。

その後FBIにゴールドマンのプログラマーが逮捕され、どうやらNYSEのシステムに不正侵入するためのコードを開発していた、などと伝えられるにつけ、やはり、という確信が我々の間にはひろがって行く訳です。24日にはニューヨークタイムズの記事も出ております。

未確認の情報もたくさんあるので、あまり決定的なことは言わずに来ましたが、間違った情報が随分流れるのており、一部ブロガーの方も必死でフォローされている様子ですので、また、CDSのときのように一度間違った認識が広まってしまうと大変なので、ここで不完全ながら一度整理をさせて頂きます。

結論からいいいますと、やっていること自体はシステム売買が導入される以前の場立ち制度や大証の立会い制度の中で普通におきていたことで、今でも頻繁におきていることではあるのです。

ただ、ここまで、システムを開発してまで、徹底してやったのは多分これが初めてでしょう。 その意味ではただでさえ脆弱な東証や、その他東証マザーズ、ジャスダックなどがこのシステムで狙われればひとたまりもない、というか赤子の手をひねるがごとくでしょう。

本件は現在進行形なので内部者もたくさんおられるはずです。、その意味では業界の皆さんの良心が問われる問題ですね。 是非ご意見などお待ちしております。

まず、HFT。
昨日慶應義塾大学の金子勝教授が日刊ゲンダイ紙上でこれを「高周波取引」と訳されていました。

明らかに間違いですが、慶応の先生が言ってしまうと、間違った訳が定着してしまいますので、これは今のうちにジャーナリストの方も徹底して無視してください。内容から言って、別に周波数が変わるとか、スーパーソニックとかいう意味は一切なく、その言葉のとおり、とてつもない頻度で売買を繰り返すこと、以外の何者でもありません。

従ってブロガーの皆様がお使いの「高頻度取引」、Frequency自体に高頻度という意味がありますので、意味を重視して「超高速売買取引」という訳語が妥当でしょうか。

また、システムという単語は付いていませんが、これは明らかに機会執行するものですので、HFT=高頻度取引システム、と訳す方が現実的です。

 さて、その内容。 まず、基本から行きましょう。特に個人投資家の方注目です。

皆様の注文執行が本当のプロフェッショナルの人々、例えばゴールドマンのトレーディングデスクからどれくらい遅れるかご存知でしょうか。これはシステムの能力によるわけですが、恵比寿に引っ越すときにモルガンスタンレーが一番心配したのが、東証から離れることによるコンマ何秒かの執行時間遅れ、でした。

わずか0.01秒が致命傷になる可能性があるので、これは当時はきわめて神経質でした。 結果的にシステムを強化することでラグを解消できる、ということで引越しを決めた経緯があります。

で、先ほどの話・・・・恐らく20−30秒は間違いなく遅れるはずです。結局個人ですと証券会社の端末につないで成り行きで買いをいれ、それが執行されているか確実に確認をとるのにかなりの時間を要します。

しかし、ゴールドマンのトレーディングデスクから発注すると、恐らく1秒もかからず執行しているはずです。そのために膨大なシステム投資をしているわけですから、それはものすごい差があります。

そこで皆様の成り行き買い注文が東証の端末で執行待ちになっている状態がわかったらどうなると思いますか。実はこれは見えるのです。単位株数など細かい観察が必要なので、何画面も使って何人もで手分けをして見ることになります。

つまり、100円で寄り付いた銘柄があり個人の成行買いが100株づつ合計50件あったとします。

で、105円の5000株の売り物が入ってきたとしますね。当然5000株同士ですのですぐ売買が成立します。105円の売り物が消えれば成り行きで買いを入れている個人はどうみても自分の成行買いが執行されたんだ、と思いますね。

でも違います。ゴールドマン(これ、たとえですからね♪)が先回りして、瞬間的にその105円を5000株買ってしまい、110円で売りをぶつけてくると、個人の成り行き買いは110円で執行されます。

これでゴールドマンは瞬間的に5円抜いたことになりますね。 ずるい、って?

いえ、それが仕事ですからね。

その意味では証券会社のトレーダーに株式市場の見通しとか聞いている日本経済新聞はアホだろ、というのはその通りです。

だって、こういう鞘取りをするのに相場の方向性も経済のファンダメンタルズは関係ない。成行買いが向かってきたところに取りやすい売り板があるかどうか、だけをじっと観察しているだけの人々に相場の行方や経済動向などわかるはずがないのです。

ところが外資系のトレーディングフロアーとかの人にインタビューするばかものが後を絶たない。騙されるのは読者だけですな。 ということで、話を戻しますと、もし、自分に入った注文、成り行き買い、に対し今のようなことをやると「フロントランニング」といって法律違反です。

が、実は日系の中小証券会社ではこんなことは日常の風景なのですね。まあ、摘発は金融庁に任せましょう。

そして、この先回り取引、自分で一生懸命やっている分には法律に違反しません。

そこでこれをシステムで自動売買でやったらどうなりますかね??。 自分ひとりあるいは10人で手分けしてこれをやってもカバーできる銘柄は実際にやっている人に聞いてみるとまあ、せいぜい50銘柄が限度だろう、だそうです。

しかし、これを機械にやらせれば・・・・自動的に成行買いを見つけてきてそれが執行される前に売り板をすべて買って成行買いにぶつける・・・無限大にできるでしょうね。

ということでこれがHFTのからくりです。

NYSEは東証のように板がすべては見えないのでこの売買執行待ち状態のものを何らかの形で見つけ出すシステムに相当なお金をかけたり、もしかすると逮捕されたプログラマーのようなスパイまがいのことをやった可能性があります。

そうなると、公表されている手口の中で、ゴールドマンがなんでこんな端数みたいな取引を繰り返すことができたのか、ということがすんなり理解できますね。

更に、同じようなものでちょっと違うのはフラッシュオーダーという制度。
これはあまり売買のないローカルな取引所が売買奨励の1つとしてゴールドマンなどの業者さんには0.03秒とか、0.1秒とかのサービスタイムを差し上げます・・・執行する前に売り買いの情報を差し上げます・・・

という話でさっきの話をこれは合法としてサービスするわけです。もちろん鞘を抜かせるためではなく、売買の透明性を上げ、流動性を高めるためのシステムなんですが、これは考えようによっては合法的に他の人の売り買いの注文がわかるわけ。

0.03秒だって?? そんな短い時間で何もできんだろ、とお思いですか?

システムの演算能力さえ高ければそんなもん、0.01秒が1時間にでも2時間にでも相当しますよね。
先ほどのやり方でちまちまやることになるのですが、確実に儲かりますね。

そもそも NYSEには今でもトレーディングフロアーに売買執行員、スペシャリストといわれる人がいます。システム取引になりましたから、彼らは元来いらないのですが、万が一システムが止まったときのため、と観光資源として残された・・・というのは冗談で、彼らはその流動性確保のためにおかれているのです。

彼らの権限は絶大で、決まった銘柄の売買を自由にすることができる。例えば成り行きの買い注文をもらってもいくらで何枚執行するかは彼らの自由裁量で決められるし、場合によっては自己売買まで認められる。

先ほどの例のような先回り買い、などは制度上はお手の物だ。彼ら経由の売買は大口取引が多く、実際NYSEの取引の50%は未だにこのスペシャリスト経由ではないか、というデータもあるくらいだ。(彼らはシステム売買に参加する権利ももちろんあり、実際にトレーディングフロアーから携帯電話でシステム売買させるケーるもあるようで、その実態は極めてわかり難い。肝心なのはそういう取引慣行が残っている、というそのことだ)

ということで、私の知りうる限りの話はこんな感じでしょうか。 まあ、これで個別取引に異様な数のしょぼい取引が積み重なること、にもかかわらず膨大なトレーディングボリュームができること、などなど、これまで理解不能と思われるようなことが理解できるわけですね。

厳密に言えば法律違反となるでしょうが、、先ほどのスペシャリストなどの取引慣行の問題もあり、解決は容易ではないでしょう。

既に場立ち制度がなくなってしまった日本なので一見グリーンに見えますが、注文の握りこみなど日常茶飯事なので、このHFTの前には無力でしょうね。

結局これを防ぐのはモラル、など、実にアナクロな人間的抑止力しかないと思いますけどね、しばらく話題にはなるでしょう。

**大幅な書き換えの可能性がありますのであしからず・・・・

ジャンル:
経済
コメント (49)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草食系焼肉? | トップ | 日本のお家芸 »
最近の画像もっと見る

49 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
……… (masasan)
2009-08-13 00:14:27
HFT…こんなのが使われているとしたら、所詮個人投資家はゴミでありカモであるだけなのでしょうね…。
そして、このようなシステムを止めるのが"モラル"しかないのだとしたら…
…何か絶望的な感じがします。
Unknown (とおりがかり)
2009-08-13 00:34:09
グレーのフラッシュやブラックなフロントラニングを除けば、HFTは全然フツーのことです。

東証のオーダーレーテンシーが数秒単位でダークプールもない日本にはほとんどカンケーのない話です。
インプット (ねこ)
2009-08-13 00:49:47
ぐっちーさ〜ん、
とっても、よ〜く理解できました。

頭の中に、間違った訳の語句が
インプットされる前に、
この記事を読むことが出来て良かったです☆
とっても感謝しています。

高頻度取引システムですね。
おやすみなさい。
やはりすごすぎ (GS最高)
2009-08-13 00:51:00
この辺は善悪をともかく、こういうところにシステム投資している銀行はいつでも儲けますね。かたやアホメガはいまだに勘定系至上主義で、エラーく無駄で意味のない投資を平気で進行中です。それもベンダーにだまされt結託して、こんなことで日本の金融アホ機関はさらに後手の回る、そのあおりで本邦経済も影響受ける。銀行のシステム部門を改革せんと太刀打ちできまへんがな
Unknown (Unknown)
2009-08-13 00:57:13
違法かどうかっていうより普通にズルイやり方だね。
 今後は成り行き買いをしないと決めました。
Unknown (ma_sa_ka_2)
2009-08-13 00:58:39
もっともっと、声を大にして言って欲しいです。
芸能界より酷いその実情を。
とんでもない強欲ぶりに呆れるばかり。
メルマガが来ません (困ったワンコ)
2009-08-13 01:13:04
すみません、7月27日と8月10日のメルマガが届いておりません。
迷惑メールフォルダも見ましたが、やはり来ておりません。
8月3日は来ております。
これ私だけですか?

ヘルプ見ても迷惑メールフォルダに入ってる可能性がある、としか書いてないんです。
何で大丈夫な時と来ない時があるんでしょうか。
再送してもらえるんでしょうか?
有料な以上、来ないのは困るんですが…。
これが続くなら解約するしかないんですけど!
ぐっちーさんのメルマガ自体は大好きなので、やめたくないんですけど、来ないのは頭きます!
ぐっちーさんが悪くないのはわかってます…。

ちなみに以前コメント欄でメルマガが届かない、というのが多かった時には届いてました。
…何でなんでしょうか。

読者の方でわかる方がいらっしゃるかもしれないので、こちらで書かせていただきました。
不適切だったら、申し訳ございません。
Unknown (tsakurada)
2009-08-13 01:18:55
HFTがどういうものなのか、とても分かりやすかったです。

それにしても、「高周波取引」と訳しちゃった教授。意味が分かっていないわけで、これは恥ずかしいですね。
何でもOKでしょ〜 (kamiyama)
2009-08-13 01:27:11
相場の世界は自己責任だからそれらをズルイと思う人は参加しなければいいだけだと思います。
とりあえず流動性が向上すると上下の行き過ぎを出現させるから逆張る人には感謝されると思うし。
ただ昨年のようにシステム遅延が発生するほどの発注がなされるのは困るかな。。
後だしじゃんけん (てむじん)
2009-08-13 01:35:26
こりゃ酷すぎますね
絶対負けない後だしじゃんけんじゃないですか
公正さを重んじるアメリカ人なら許さないでしょうが
日本ではどうなるんでしょうかね・・・
Unknown (Unknown)
2009-08-13 01:39:16
成り行きの恋と株式注文は危険。
指値だけにする。
ついに・・ (ぺルドン)
2009-08-13 01:45:14

『時よ、止まれ。お前は素晴しい』

フゥストの言葉はゴールドマンの台詞でもあったわけだ。
ただ、
悪魔に魂を渡す合図でもあったわけだ。

この頃映画や小説で、
数秒未来を見たり、数秒、時間を止める能力がある主人公がお盛んだが、
零コンマ一秒、時を止められる機械を造ったわけだ。

新しい時間泥棒だな・・
再発防止策 (名無之直人)
2009-08-13 02:15:47
システム的な対応だけでも、人的(モラル的)な対応だけでも防げないでしょうね。

トレーダーや証券会社に市場動向やお勧め銘柄などを尋ねるマスコミなどに違和感は感じてました。彼らの指標や格付けなど、自分自身にとって不利な言動はする筈が無いのですからね。

HFT、まだ発覚してないだけで問題になりそうな件は世界中にごろごろしてそうですね。
無敵のスキャルピングですね (Unknown)
2009-08-13 07:54:49
これは、絶対に負けることのないスキャルピングシステムを使っているということになりますね。

出来高が大きい銘柄は殆どこのシステムの対象になっていると考えないといけませんね。
八百長なんだろうけど、罰する法律がないならば大手はどこでもやりだすだろうし・・・・・
一般トレーダーは、トレンド重視の手法しか対策はないと思います。
Unknown (Phanatic)
2009-08-13 07:59:42
金子勝さんは、NHKラジオの朝の番組でも”高周波コンピューター取引”と言っていました。
Unknown (Unknown)
2009-08-13 08:24:19
ここで書かれていることは、HFTのごく一部の極めて特別な例に過ぎません。オーダーを極限まで細分化して、ミリ秒単位で小刻みに取引を繰り返すことは、マーケットインパクトを避けて執行コストを下げる上で大手のファンドやブローカーであれば当然行っている普通のことです(したがってNYSEなどではシステムによる取引件数が異常に膨らみます)。

ついでに「NYSEに不正侵入」は間違ってます。ちゃんとニュースを読みましょう。いくらGSでもNYSEに不正侵入を企てるわけがないのはお分かりのはずですが?
Unknown (Unknown)
2009-08-13 09:10:15
× Tranding
HFT (トオリスガリ)
2009-08-13 11:00:42
高周波取引と訳した教授様はオーディオマニアだったの
かもしれません。加えて統計用語を知らなかったか、これはないか...

訳語はよく考えて欲しいものです。green house effect gasを
温室効果ガスと翻訳してしまったから、直接私たちには
関係ないという認識が一時広がっていました。ガスって
特別なものという使い方があったからです。かっこ悪い
けど、温室効果を招く気体とか温室効果気体とかにして
おけば、日常生活と結びついている認識、一人一人が
吐き出す二酸化炭素や水蒸気っていう当たり前の物質が
かかわり合うという流れになっていたかもしれません。

誤訳・望ましくない訳は早めにつぶしましょう。
競馬。 (あっちー&こっちー)
2009-08-13 11:02:36
かれこれ四半世紀も前のこと(こう書くと、オレもそろそろジイサンか?)、重賞レース直前に、調教師が空き巣に合い、相当の現金を盗まれた。
その重賞?
きっちり、その調教師管理のお馬さんが勝ちましたとさ。
で、いったいどうしたって?
指値でもありそうな話 (Unknown)
2009-08-13 11:15:32
こんなことができるなら、指値でも同じような
システムを使っているのではないですか?

ある一定の条件(金額設定等)を満たした指値
に対して買い上げて売るとか。

大きい証券会社なら自己売買部門でこのシステム
を使えば儲けられますもん。
設定なんてどうにでもなるし。
世界的な法律規制を望みます。

Unknown (Unknown)
2009-08-13 11:19:48
こんな基本的なことも知らずに賭場に出入りしていたとは、・・・・。不明を恥じ入ります。

みずほのJCOM株大量誤発注事件で、証券端末が担保なしに非貸借銘柄でも無限空売りが可能なことが公になりましたが、こんなシステムで成り行き注文が処理されていたとは、知りませんでした。

逆指し値が、とんでもないチャートの先っぽで、約定するのは、個人にはよくあることですが、当然のことなのですね。
Unknown (deathandtaxes)
2009-08-13 11:35:49
書いてくださらないと気が付かない貴重なお話有難うございます。
ありがとうございます。 (へきぽこ)
2009-08-13 12:29:18
ご教授ありがとうございます。

大変参考になりました。
あまり関係無いかもしれませんが…

一部の人間(馬主等)だけが、例えば先頭の馬が残り3ハロンまで馬券購入可能等というシステムが無いだけ、馬券購入システム関しては、競馬の方が公正と言えるのかもしれませんね…

注文を見ながら利鞘が抜けるなら、株価操作も不可能ではないとおもうのですが…

今まであまり問題にならなかったのが不思議なくらいなのですが… 何故なんでしょ?

売買の出来高が上がる分収益が上がる立場の方からすると、よほど出過ぎた真似をしなければ目を瞑るものなのかもしれませんね。


無問題のような (プチ財テク中)
2009-08-13 12:57:09
HFT面白いですね.
でも東証システムの処理サイクルを秒単位と仮定すれば,あとはオーダーをどの順序に処理するかにかかると思います.常識的にはオーダーが早かった順番に処理しますから,HFTって成立するんでしょうか?
買い手も,たとえ成り行きとはいえ上限値が示されてるので,その範囲内の売買成立は問題が無い気がします.また売買不成立になる時(実は105円が買い手の上限値だった時)は買占め側のリスクですしね.
ただし,並んだ順番ではなく意図的に処理順番を入れ替えられてしまっていたら,,,この時は明らかに東証システムが悪い.訴えてやる!(上島風に)
日計り税 (プニョンペン)
2009-08-13 13:23:55
日計りにのみに税を課すようにすれば良い。
日計り取引は流動性にはなんら関係ないし、
そもそも流動性の高い銘柄にしか入らない。
金持ち (まり)
2009-08-13 16:32:05
良いですねお金持ちなんて私何かお金も仕事も失って200万もの借金があって今月家も出されるし生きてるのも嫌になる毎日金持ち何か嫌いだ
質問 (Unknown)
2009-08-13 16:34:28
個人が注文を入れた後、板に表示されるまで1秒だとします

この話だと
その間に人が注文を操作することになってますが
そんなこと可能なのでしょうか?

たぶん私の理解不足だと思いますが
成行の注文だけのことでしょうか?
Unknown (st)
2009-08-13 18:11:36
これは純然たるインサイダー取引じゃないですか、違法だと思いますが。
成り行きは一番遅い (Unknown)
2009-08-13 20:15:42
初心者の本には、成り行き注文が最優先で処理されると書いてあった。で、ある時成り行き買い注文をすると一瞬で売り板が消えて10ティック上で約定、そのあと何事も無かったように元に戻っていった。チャートを見るとそこだけぴょこんと跳ねてやがる。こいつら。。
 ところが指値注文は避けられないみたいで、それ以降よほどでない限り指値で板にぶつけている。もっとも、間一髪割り込んできて順番を後回しにされることはよくある。
 成り行きは一番遅いというのはわりと皆体感していると思う。そういうこと?
善悪判断 (オサム=ビンラディン)
2009-08-13 21:14:31
どうも金に関わる人は善悪判断をおいておいて議論することが多いな。
しごとでやってる人と趣味でやってる人の条件は同じでなければならない、というのをどーんと通す風潮がおきたらいいんじゃないか、とおもいます。社会通念とかね。
どっちみち、訳語が間違っていようが金子さんが言いたいのはそんなことじゃないだろうし、あんまりそういう人が好きじゃないというのは透けて見えますね。だめだと思います。金子勝が好きじゃない人は。率直に言って。
金子さんがどういう意見持っているかわかってて、感じてて、好きじゃないから、訳語が違うといえばいいだけなのに無視とか言う言葉使うんだと思いますよ。
トレーダーなんかで稼いでいる人間はろくでなしだ、でいいじゃないですか。
会社もね。
Unknown (異端審問スペイン人)
2009-08-13 21:29:51
うーん。ここまで来ると規制されても仕方ないでしょう。
私自身は色々関わった経験上東証システムがそこまで脆いとは思っておりません。ただ、東証のシステムに対する姿勢には疑義を感じておりますが。

気になったのはここ。

>先回り取引、自分で一生懸命やっている分には法律に違反しません。
>そこでこれをシステムで自動売買でやったらどうなりますかね??。

いや、個人レベルでも技術さえあればある程度システムで可能ですよね。
個人を規制し、これで業界を放置してしまうのが一番ダメでしょうね。
でも、一番起こりそうな結末な気がします。

ちょっと引かれたコメント。

>アホメガはいまだに勘定系至上主義で、
>エラーく無駄で意味のない投資を平気で進行中です。

IFRS適用でますます投資しますよ。
情報系のシステム投資の方が安いので逆に目立っちゃうんですよね。

>銀行のシステム部門を改革

本件、あまり銀行は関係ないような気がしますが(笑)
確かに某メガは某国内大手と某外資大手を天秤にかけ外資を取りましたが、明らかにそれで10年遅れましたからね。
現場の不満を解消するのか、それとも高度な政治的判断なのか…
取引所内の時間優先原則 (kiyosato08)
2009-08-13 22:25:30
取引所内の時間優先原則をどのように覆すのかをご教示ください。

個人とGSでは取引所に注文が受け付けられるまでの時間に差があることは判ります。

しかしながら、そのことが例示のケースの既に取引所に受付られている成行き注文5000株をGSが板を見て、追い越し先回りして執行できることの説明にはなりえないと思います。
犯罪でしょ (狂ってる)
2009-08-13 23:09:58
どうしてこんな詐欺・犯罪を「慣行」なんて言い方するの??
全部やってること明かさないと、こっちは確認できないんだから。

どう見ても、個人の貴重な人生に関わる資金が最初からエサだってことでしょ、自殺する人もいるのに!!
資金に圧倒的に差がある大口と個人がどうして一緒に取引してるのかって、ずっと不満だったけどそれ以前の問題。

こんな汚いことして、資金も多くて場を支配・誘導できて、見せ板や馴れ合い売買とかインサイダー他違法しまくってるのを流動性なんてキレイ事で見逃す事自体がおかしい。
こんな不公平、犯罪を何でしないといけないのか?
大口だってだけで有利なのに、全く納得できない。

インサイダーとか監視して、警告や口座廃止や摘発してるのはガス抜き?見せ掛け?
元々の仕組みというか仕組ですらなく、やらせそのもの。
こんな酷いことを平然とやってきた事自体が異常で、理解不可能。
誰がこんな仕組みを作ったのか、関係者達は知っていて放置し自分達の利益のために個人の大切な資金を騙して強奪してきて。

何十年も個人が知らずに大切な資金を奪い取られてきただけ、個人全員の全ての資金を奪うとあからさまだから一部は成功させたり利益を出したり損したりするようにしてごまかして・・世界中の関係省庁や政治家、証券会社とかどういう感覚してるのか、呆れた

こういう犯罪をやめさせて、今までの損害を賠償させて大口と個人を分けて公平な仕組みや厳しい監視をして取引させないと。
個人が資金も情報もパソコンの性能も劣ってる上に、汚いことされたらやる意味がない。全てがこのせいじゃないとしても、9割が損するなんて当たり前。
Unknown (hav)
2009-08-13 23:51:18
>指値でもありそうな話 (Unknown)

実際元々のNYTimesで出ていた記事は
指し値注文の例でした。
何らかの手段で動きが遅い買い玉の値段を察知したら
それよりいくらかでも安い値段で買える間は
とにかく拾い続けて、ターゲットの
買値に達したら一気に売り払う、というかんじです。
訳語 (トオリスガリ)
2009-08-14 00:00:01
訳語は大切です。個人批判とは違うことをご理解下さい。
江戸時代や明治の翻訳はそれこそ身を削って日本語をつくっていったのです。
経済用語ではありませんが、化学での
溶液 solution (たとえば食塩水)
溶質 solute  (たとえば食塩、溶けている物質)
溶媒 solvent  (たとえば水、溶かしている純粋な液体)
という訳語、見事だと思いませんか。名は残っていなくても先人の努力は100年経ってもしっかりと根をはっているのです。

HFTを高周波取引と訳してしまっては、次の世代にいらぬ苦労を残すことになります。概念のしっかりとした分かり易い言葉を使うリーダーが欠けているから世の中がおかしくなっている面もあります。うわっつらだけの新しい言葉だけの改革、新しい言葉で騙すヤカラ、略語をならべてさも正しいように振る舞う有名人...

経済界よりも科学技術、政治の方が問題。
フロントランニング環境 (デイトレ)
2009-08-14 02:08:24
問題は、公明正大であるべき取引所が、

1 他の参加者の注文をいったん止めて
2 その情報を特定の参加者だけに見せて
3 一般客の注文の前に割り込んで自分の注文を執行できる

要はフロントランニングできる環境を特定の参加者に提供してるという点だと思うのですが、
3の「割り込み注文できる」かどうかについて、はっきりした情報があるのでしょうか?
Unknown (プッツン)
2009-08-14 03:14:32
素人なりの考えなのですが。。。
本事例のような不正をやるとしても、板が薄い銘柄にしかできないでしょう。
GSが、客に先回りして、指値の板を食うのはどんな場合にも可能でしょうが、その後、板を先に食って建てたその玉を反対売買しようにも、1ティック先に、客や他の証券会社の指値板がずらりとならんでいたなら、順番待ちで、確実にはできないですからね。
ただ勿論、GSが先回りして、1ティック上の先頭に板を並べていたら、それも可能でしょう。言い換えると、GSが自らの板が先頭にいるかいないかを瞬時に判別可能なシステムをもっているなら(というか、当然もっているでしょう)、それも可能でしょう。
ただ、判別可能とはいえ、GSの板が指値の先頭にいるかいないかは、GSとて、時の運。
ゆえに、板が厚い銘柄では、この時の運に恵まれないでしょうから、多くの場合、このインチキは不可能だと思います。
結局、板が薄い銘柄では、成り行きで売買するな そして、板が薄い銘柄で成り行き売買すると必ず客は かもられるという、これまた当たり前のようなことですがが、教訓として導かれるでしょう。
以上、私なりの考えを書きましたが、板が分厚い銘柄の多くにも、インチキ売買は該当するのでしょうか?

全体的に、東京は、NYと違い1ティックの価格差が大きいですね。(NYのことはよく知らないので、「多分」とつけくわえておきます。)
ゆえに、板も相対的にぶ厚くなる。

ティック差 とは、まさに、売買コストであり、それが大きい東京は、嫌だなあと思っていました。そしてティック差というコストを払いたくないなら指値して、ながーーーい順番待ちをしないといけないし、約定しないリスクを背負わないといけない。かなり自虐的な言い方になりますが、それでも、その馬鹿高いコストを払うことには、それなりの意味はあるということなのですかね。
何となくわかりました (新参者)
2009-08-14 03:52:46
初めまして、参考になりました。ありがとうございます。

以前からおかしいとは思っていた事なのですが、CANONやTOYOTAなどの超大型株の数万〜数十万株の板が、場中に100株単位まで完全に一致して消える事があります。
偶然もありうるでしょうが、1日に何回も見るので明らかに計算された注文がぶつけられていると思ってました。
瞬時に一瞬先までの注文との合計を計算して注文するというのはコンピューターによる注文でしょうが、
普通の個人が見てる注文状況より先を見る事ができる環境は、やはり日経で取引している機関にも存在するのでしょうね。
疑問が解消されたような気分です。
10年後? (にゃん。)
2009-08-14 10:13:42
いろいろな面で個人は不利なのに
それが理解できない・理解しづらい構造というのは
つらいものがありますよね。。。

投資が少額で簡単にはじめられる、という趣旨の書籍が、たくさん書店にならんでいますが・・・
はじめるのはたしかにそのとおりでしょうけれども
続けていけるのはほんの一握りの人だけですよね。

簡単にはじめられるというのはいいけれど
よい面ばかりがクローズアップされていて
リスク面の情報がわかりづらいというのは問題だと思います。

こういうことがわかっていて相場に関わるのと
そうでないのは大違いです。どうもありがとうございます。
がんばろうっと思います。
10年後の表参道マンション目指して・・・
高頻度取引システム (Unknown)
2009-08-14 11:30:37
小説で、お正月の社員の餅代くらい1かい2やりの場立ちのお兄さんがすぐに稼ぎ出す。とか
映画スティングでの電信のシーンとかを思い出しました。
安全確実などとは、いかさまのことを指すのでしょうかね?

いつもありがとうございます。
Unknown (黄灰)
2009-08-14 11:35:13
ちっぽけな板汚しの個人投資家ですが、20秒〜というくだりは実際違うと思います。
ネット証券はロイター・クイックなど情報ベンダー経由でしょうから5秒くらいということでしょうか。
東証端末を契約し、そこで発注するのならもっと早いかと思われます。
また東証の場合、約定は3秒ごとですのであまり性能は良くなくても結局は一緒だと思います。
価格優先、時間優先、成り行き優先ですので決行公平な市場じゃないでしょうか。
(去年アーバンで面白いアルゴリズムトレードが見れましたが)
大証上場株であればもっと取引スピードは速いです。
個人でも1秒以下だと思います。
いつ知ったのですか? (スペード)
2009-08-14 13:25:36
ぐっちーさん、今回の書き込みは市場は公正と思ってる個人投資家にとっては知らなかったことだらけで反響は大きいと思います

ところでぐっちーさんは今回のことを知っていたけど業界側の人間なのであえて書かなかったのでしょうか?それとも今回調べていく過程で知ったことなのでしょうか?

回答よろしくおねがいします
HFTアイデアは私も考えてました。 (Hiro)
2009-08-14 23:48:24
私はComputer関連技術者です。HFTを記載される前に、私も同一SYSTEMを考えつきましたから難しい発想では無いと思います。Micro-Computerでも1秒に1億回以上演算できますから、通信回線速度を速くすれば、0.01秒(10Mili-second)では100万回演算できることになり、株式取引程度の計算であれば余裕持って対応できるので、”必ず儲けるSYSTEM”になります。
証券会社って (国里)
2009-08-15 08:52:08
ゴールドマンは正確な定義は証券会社じゃないけど、所詮証券会社なんか、かぶやなんだよね!
Unknown (とおりすがり)
2009-08-15 20:48:51
これって昔からウワサにあった話じゃん?
わざとダウンさせたりね。
元金融システムやってた人から聞いてたし。
citi系もかなりやばかったと思うんだけど。(今はどうだか?
証券会社が独自で〔外部委託せずってのがポイント〕システム構築するのはその辺が稼ぎどころと思ってたからなんじゃないのかね?
Unknown (Unknown)
2009-08-17 17:53:35
とりあえず、読者およびコメントを書いている人は、
http://merlion0520.jugem.jp/?eid=138
も読んでおくべし。
面白かったけど (うそもあるね、この記事)
2009-08-21 01:34:19
> 先ほどの話・・・・恐らく20−30秒は間違いなく遅れるはずです。結局個人
> ですと証券会社の端末につないで成り行きで買いをいれ、それが執行されて
> いるか確実に確認をとるのにかなりの時間を要します。

これはさすがにうそだろ、常識的に考えて。

もしそうなら、自分のPCで注文入れてから反応結果を自分のPCで確認できるま
で40秒〜60秒かかることで確認できるはず。でも実際は普通遅くてもせいぜい
数秒。トレードしたことある人間なら、それくらいわかるはずだが、個人のト
レード環境知ってて書いてる?
Unknown (Unknown)
2009-08-25 06:11:46
新しい翻訳記事を見つけました。http://merlion0520.jugem.jp/?eid=161
Unknown (みち)
2009-08-29 15:01:28
ちょっと切り口の違う記事を訳している人がいます。賛否両論あると思いますが、面白い考え方です。http://merlion0520.jugem.jp/?eid=171

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
金融技術戦争? - High Frequency Trading System (Taejunomics)
ぐっちーさんのブログでも書かれていたHigh Frequency Trading(HFT) Systemですが、これ、海外のメディアでは先月末にかなり取り上げられていたもので...