債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

困ったときのグリーンスパン

2007-04-16 09:40:54 | マーケット

議長だったころはまあ、まさに「困ったときのグリーンスパン」だった訳ですがやめても神通力は健在です。

ここもとの住宅関連の動きについてもさすがの一言。先週米国破産法協会でのスピーチで

「現在は頭上に剣がかざされてはいないが、だからといって剣が抜かれていない訳でもない。それが将来に渡ってだれにも傷を与えないという保証も無く、2008年~2009年に影響が残るかもしれない」、

さらに

「100万戸を超える住宅が差し押さえられている」

とも語っており、この問題について引き続き注意をするように呼びかけています。まあ、グリーンスパンらしいといえばらしいのですが、この影響がかなり遅れて出てくる(表面化する)というのが資産デフレの特徴ですからその通りですね。ここでこれがいえるのは彼くらいでしょうか(笑)

実際日本のバブル崩壊もその端緒を振り返ると約2年のラグを見る事ができます。この2年の中にいまいるとなると大変だ、ということになりますね。日本と違って人口が増え続けているので同じにはならない、というご指摘も多いのですが、あのころの経験者としてみると随分よく似た現象が起きていることもまた事実。

過度のオーバーローンや、金利のみ支払っていくシームレスなどの仕組みはあのころの日本でも全盛でした。元本部分は資産が値上がりするので支払わなくても済む・・・・という発想なんですね。それがどうなったかは皆さんご存知の通りなんですが(笑)。今回はどうなりますか・・・

ジャンル:
経済
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ野球裏金問題 その2 ... | トップ | 大きい事はいい事・・・・・か? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
困ったとき・・・ (ペルドン)
2007-04-16 11:30:18
ダモクレスの剣、
古風なおん方が古典的な修辞を持ち出す時は、非常にやばい時でもあります。そう言う習性が古典派にはあるのです。

剣をつるした紐は男女を結ぶ糸となると切れましたな。もう一人の総裁、世界銀行の。
本人は辞表を出さないと言ってますが、如何なるのでしょうか?
我が国の総裁と比較して・・・
この頃お偉い方の卑近さが目出っておる中、グリーンスパンの輝きは今だ衰えず、さて世界はどう捌くのでしょうか?
剣ではなく、糸・・ヒモの方を

Unknown (うーーんw)
2007-04-17 00:26:12
さすがプロですなあw
アメリカも日本同様大変なことになるとにおわせつつ
今回はどうなりますか、、、ですかw

大変なことになれば、やっぱり私のいったとおりとw
日本のようにならなければ放置でいいしねw

あんたみたいな商売はあほでもできてうらやましいよw
個人的には当たらんアナリストなんかのほうが
好印象やなw
予想は専門家にまかせてみたいなスタンスで
すきなことだけいうあんたらみたいな商売は
ほんとめざわりなだけw

金融界のおこぼれもらってるダニみたいな存在よねw
まあ、能力なくても高収入もらう術をみつけた
姑息な能力に脱帽ですなw

まあなにかいてもええし、それなりに興味深くよませてもらってるのも事実やけど、たまに上から目線が
きになるんよなw

あんた、そんな能力あるほうちゃうべ?w

あ、削除可ですよw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。