債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本だからね、ここは。

2009-06-24 22:13:10 | マーケット

メルマガにつきましては皆様より大変多くの反響を頂いておりまして、正直感激です。ここはこうしたほうがいいよ、というアドバイス、あるいはもう少しココはわかりやすくならない? というような率直なご意見を多数頂いております。

とても全部にお返事はかけませんし、そのとおりにできるものでもないのですが、必ず目を通しており、できるだけ反映させて頂くつもりです。

中にはこちらがお金を払わねばならんような貴重なご意見まであるのですが、そういうモデルもできないかしら?(つまり有力なご意見にはボーナスが出るような)などとそこはかとなく考えている次第。

いづれにせよ、本格始動します7月に向けまして試行錯誤を続けさせて頂いている、ということでよろしくお願いいたします。

それからCAはどうですか、とかCAはどうなるんですか、というメールをたくさん頂いて、はてさて、どこのCAの話だろうか・・・・JAL?, ルフト? SQ? などとつぶやいていたらあなたは、フェルディナントさんですか!!

とアシスタントに怒られてしまった・・・あ、CA, ってカリフォルニア、ですね。いや~、ごめんごめん、だってフェルちゃんすごいんだもん・・・(今週のSPA! は「放送コード」ぎりぎりだと俺は思うぞ・・・爆)

さて、この数週間は10年以上前からアドバイザリーを勤めさせて頂いている某国大手投資家さんとたくさんの企業訪問をしております。株主総会のくそ忙しいときに何しに来た!! と露骨にやな顔されてます。すみません、ガイジンなんで、かんべんしてやってください・・・

本当におもしろいので全部お伝えしたいのですが、そうも行きません(インサイダーになってしまいますからね・・・笑)。

世界中の金融会社が借金漬けで投資不能に陥っているのも一面確かなのですが、こういう地道な人たちも実際におりまして、この方々は未だに余力十分でこうやって投資機会を探している。

これからはこの借金のあるなしで、天国と地獄が分かれるはず。これは個人も国も同じでしょう。

さて、そのなかで某オール電気自動車(EV、っていうんですね)を販売される自動車会社関係を訪問(ばればれですな)、その走りっぷりはすごい訳でして、よくもこれだけ走るな、と改めて日本の技術力のすごさに感激し、やはり日本の戦車を作ってる連中は違うわな、などというわけのわからん感想まで出るくらいで、要はどうひっくり返ってもその技術力は疑いようもないのですね。

ただ、壮大な疑問がある訳です。コンセントから電気を充電できる・・・まるでただみたいだけどしっかり電気料金は取られる訳で、そのマグニチュードはどのくらいなのか、聞いてみると、ガソリン自動車で200キロ3000円とすると(リッター10キロ) およそ300-700円の電気代なんだそうだ。そりゃー、安い。

しかしね、夏場になると電力不足になって冷房制限とかありますよね? 東京電力なんかはほかの電力会社から買ってきてその場をしのいでいたりしますけど、みんなでコンセントで充電するとなると電力は足りるんですかね、と素朴な疑問をぶつけると「それはわれわれの仕事ではありませんね」、とかる~く答えられてしまった。大丈夫かきみは??

だって、エアコン節約しているくらいなんだから車の充電はまずいだろ、と聞くと、あれは昼間のピークの話なので、皆さんが深夜などを利用すればそれですむはずです、とのこと。

メーカーさんの認識はこの程度なのか、こいつが変なのか・・・よくわかりませんがその投資家の方とも話したんですが、やはり同じ疑問。

大丈夫なんでしょうか、電力は?

電力を増やすっていったってどうせ原子力には反対なんだから、新たに火力発電所を作ってガソリン燃やして電力を作るんだったらもとの木阿弥じゃないのかね、というあたりの議論が必要な気がしてなりませんでした。

ここをクリアーしないと彼らのエコファンドの対象になりませんから、ご参考までに。(いっちゃったわ・・・笑)

所で、彼らは世界中の製造業を見て回っているのですが、とにかく関心しているのが工場で働いているそのラインの人たちの効率の良さと真面目さ。当日欠勤率が3%以下と聞いてのけぞっていた(ほとんどゼロというところもある)けど、日本人的には普通だろと思いますけど、世界標準ではそうでもない、ということですね。

なるほど。 それから、おそらくプリウスのような複雑かつ新しい仕組みの車は日本にしか作れないだろう、と彼らは考えているのだそうです。

というよりプリウスが日本製じゃなかったらあんなに売れなかった筈だ、というんですね。日本製だから大丈夫だろ、ってことでアメリカでどんどん売れた、と断言してました。この信用力は宝ですな。

さらに、最近評判の悪い百貨店ですが、丁寧な応対と洗練した接客、きれいなパッケージング技術(海外ではだいたい別料金)で感激していましたね。 昔の三越の話(売り場で売り子がだべっていたらクビになったんだよ)という話をしたら、絶句してました。

さすがに今の子達にそれは要求できないんですけどね、日本の接客はすごい、といういい見本になります。一人はIPod 聞きながら接客するやつがいない、と感激してましたけど、感激するところが間違ってる(笑)。

ということで、日本は遅れてる、とかもうだめだ、とかなんとかいうんだけど、こういう話に限っていうと日本標準>世界標準 ということです。

アエラセミナーではしゃべらなかたんですが、こういう日本で普通にあるサービスは世界的には別料金、つまりGDPにカウントされるんですよ。こういうものが金額にカウントされない国で一人あたりGDPが低いからだめだ、とか言うのは基本的に間違ってるんじゃないか、と彼らは言ってました。アグリーですね。

日本がはじめて、という方が二人おられるのでいろいろおもしろいことはあるんですが、気に入った一言があります。

日本はどう? と第一印象を聞いたら日本代表のサッカーチームとよく似ているね、とのこと。 要するに技術も高く、モラルも高いし、チームワークもよく、どうみても文句のつけようがないんだけど、点取る人がいなさそうだね、とのこと。

なかなかいいとこ見てますね。ゴール前でバックバスするやつ、企業にもたくさんいますよね(笑)。この話はまた書きます。

この企業行脚、もう少し続くのですが、ある所で、ぐっちーさん、読んでますよ、と声をかけられぎくっとしてしまいました・・・・・・は、すみません。

これからお会いする方々も多分おられると思うのですが、是非お手柔らかにお願いしますよ(笑)。おい、ぐっちー、とか大きな声で呼ばないように。

ジャンル:
経済
コメント (48)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今週のグラフ | トップ | 地方から世界へ・・・・ »
最近の画像もっと見る

48 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本・・ (ペルドン)
2009-06-24 22:59:51
電気自動車のPRを見る度に、考える事は同じ。
まだゼロ台数だから気にしないのでしょう。

慶応が作っているエレキスポーツカーも凄い。車輪にモーターがついている。メーカーは冷たいそうだから、大学ガイドもお忘れなく。

お偉い米投資家が中小企業が一番と述べていた。
JAPANこそ、ドンピシャ。
ぐっちーさんの狙いも同じだと思うな。
日本を救うのは物造りの中小企業。
これをまず我々が認識しなくては。
電気スクーターだらけ! (最近中国に行った日本人)
2009-06-24 23:31:06
電気自動車について書いてあったので最近驚いたことをコメントします。

最近、中国の福州に行ってきました。
そこで、走っているスクーター、なんか静かだなぁ~と思ったら、電気スクータではないですか!!
福州周りしか行きませんでしたが、自転車より多かったです。
どこもかしこも電気スクータだらけ(自転車が電気スクータにかわったようですね)

早速調べてみると福州の会社らしく、なるほど電気スクータが多い訳だって理解しました。
心芸電動車紹介のページ
http://www.83334809.com/
http://www.83334809.com/xyjj.html
日本だと原動機付きとして免許が必要なんだろうなぁと思った次第です。

正直、ここまで電気スクータが普及しているとは…驚いた次第です。
Unknown (とおりがかり)
2009-06-24 23:41:22
>アエラセミナーではしゃべらなかたんですが、こういう日本で普通にあるサービスは世界的には別料金、つまりGDPにカウントされるんですよ。こういうものが金額にカウントされない国で一人あたりGDPが低いからだめだ、とか言うのは基本的に間違ってるんじゃないか、と彼らは言ってました。アグリーですね。

日本でこういうサービスで金をとれ、という意味なら賛成です。まあそうなったら百貨店はますます人が来なくなるとは思いますけれどね。売り上げの減少を補うぐらいそのサービスでお金が取れるんでしょうかね。GDPにカウントされないのは、お金が生まれていないから仕方ないわけで、それは企業業績を浸食しているわけで、株価にネガティブになるのは仕方ないでしょう?

タイミング (ねこ)
2009-06-24 23:59:06
株主総会時に来られると、困るけど…。
ぐっちーさん、来ないかなって、
秘書室で噂してますよ。
めげずに、お仕事がんばってください。
日本の接客 (ぷりん)
2009-06-25 00:22:10
同感でございます。

>日本の接客はすごい

本当に。先日感激しましたのが、銀座の某デパートでバームクーヘンを売っているお店の接客。
カウンターに並んだ女性店員の皆さんの素敵な笑顔と丁寧な接客は、長々と並んだ甲斐があった、また来たいと思わせます。
何よりも、接客をしているのが心から楽しそうで、お客様が商品を買って下さるのを心から嬉しく思い感謝している様子が伺え、涙しそうでありました。

この笑顔が日本を立ち直らせてくれないものですかね~。
Unknown (たっちー)
2009-06-25 00:31:58
CA=中国国際航空?
夜間電力は余ってる (himorogi)
2009-06-25 00:45:45
日本の電力のかなりの部分は原発に依存してますが、原発ってのは電力需要に応じて発電量変えるのが難しいから、夏場のピーク電力に合わせて設備投資すると、夜間余った電力どうするの、という話になるわけです。余った電力貯めるわけにもゆかないし(揚水発電除く)。
電力会社が電気自動車にてこ入れするのは、単純な電力需要の掘り起こしではなく、夜間の余剰電力の使い道を必死になって探ってるわけです。
普通の方は意外にご存じないもんなんですね (つしま)
2009-06-25 01:00:11
 ご指摘の通り、何が正しいかは別としても
 「電気を使うからエコ」
 「その場で二酸化炭素を出さないからエコ」
というのは、かなりヤバイ観点です。

 原発であれば日本海から送電するときには、東京に届くのは3分の1になりますし、原発なら二酸化炭素フリーかというと全然そうではなく、海水をかなり温めるのでかなりの蒸散二酸化炭素を生じています。でもそれは原発が発生させる酸化炭素量に考慮されていません。

 燃料電池にしても、蓄電池にしても、太陽光発電でなければ、どこかで大量の二酸化炭素を生じているわけですし、日本の場合は単位量当たり金額的にかなり割高ですが(構造的に何処かで誰かがちょろまかしているわけです)、そんなこともあまり表現されませんよね。

 陰謀論系では、温暖化の原因を人類が発生させた二酸化炭素であるというのを、原発推進派の陰謀という人までいます。僕は違うと思いますが。

 寒冷化にもっとも効果的であったのは、火山爆発によって経験された成層圏への粉塵の散布ですし(93年の世界的寒冷化の原因であり、結果的に海水蒸散由来の二酸化炭素発生も抑制された)、二酸化炭素削減目標が完全に達成されても、人類排出総量の1%にもなりませんが、誰も言い出さないのはお約束のようです。
夜間電力には余裕があります (tsgr7)
2009-06-25 01:05:12
EVがフィットやヴィッツなみに流行してみんなで昼に充電されると問題でありますが、我が国はかなり原子力発電所に頼っておりますから夜の電力は有り余っております。(出力を出来れば変動させたくない代物なので。)ですから夜の充電であれば問題なしです。
夜充電したEVで日中放電させて電力需要の平準化に使おうというスマートグリッドの中の一手も考えられております。

また、熱い日中という限定であれば今後太陽光発電を発展させてしのぐ方向もありうるでしょう。

ただ、技術をみてきている者としては純粋なEVはちょっとあまり本命ではないかなあと。ユーザに「短距離しか走らない」「走り終わったらすぐに充電」という意識改革を迫る物なので。

なぜなら電池にもうひとつふたつ大革命が起こるまでは、重量あたりのエネルギーが液体燃料と比べてどうしても少ないのです。
現行のようにほぼエンジンが主役なハイブリッドから当分の間はプラグインハイブリッドが続いて、電池の改良度合いに従ってエンジン+液体燃料の占める体積と重量がだんだん減っていく方向になるのではと思います。
Unknown (piranha)
2009-06-25 01:20:54
ゴール前でバックパスするやつ…。思わず深夜に爆笑してカミさんに叱られました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーケット」カテゴリの最新記事