債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

投資銀行からSWFへ

2008-02-04 10:09:05 | 金融全般

あまりこれといったニュースの無い中、飛び込んできたのがこれ。アエラで書いたようにやっぱり出てきましたね。

 シンガポールGIC、ウェスティンホテル東京買収・770億円 
シンガポール政府投資公社(GIC)は月内にも、米モルガン・スタンレーが保有するウェスティンホテル東京(東京・目黒)を約770億円で買収する。米国の信用力の低い個人向け住宅融資(サブプライムローン)問題の余波で世界的に不動産取引が冷え込むなか、日本の優良不動産がなお割安とみた海外政府系ファンドの大型投資が実現する。  GICは2日までにウェスティン東京の土地・建物を取得することでモルガンと基本合意。今月下旬をメドに取引を完了する計画だ。GICはホテルの営業をそのまま継続し、長期保有により価値を高める方針とみられる。サブプライム問題に端を発した世界的な金融市場の混乱で、米欧のほか日本でも大型の不動産取引がほぼストップする環境のもと、GICは異例の規模の不動産投資に踏み切る。(03日 07:00) 以上日経ネットより。

大筋正しい記事ですが、GICにとってこの程度の投資は「異例の規模」でもなんてもありません。ちょろいもんです。日経がGICを直接取材していない、というのがみえみえです。(多分GICの残高が2000億ドルとかいうのみて勝手にでかいじゃん、とか書いたんだろー、と思われます。)

また、GICは日本の不動産、特に商業施設については「割安」との判断をここ数年変えておらず、その意味では" On the cource" の投資だ、という認識が大切です。

東京の一部の商業施設はニューヨーク、ロンドンはたまたパリに比べてまだまだ割安、というのが彼らのスタンスで、まさにその通り。サンジェリゼ通りに比べればまだ表参道は安い。日本国内のマーケットとしてではなく、グローバルマーケットの一部として捉えているところがユニークなのですs。

彼らのユニークな所はシンガポール人、つまり中枢は殆ど華僑な訳ですが、東京の不動産への投資意欲のかけらも中国(例えば上海)には無いと言う点。彼らは中国の土地保有形態、あるいは現在のビル、ホテルなどの保有形態がリーガルにも極めて不自然、と判断しており(いつ中国政府に接収されてもおかしくないと考えている、まじで)、その分を東京に集中しているという頭のよさ。(中国人なんて信じられないよ、という方までおられますからね・・・笑。ってかあんた何人よ!!、ってな笑い話はしょっちゅうです)

日本の外貨準備はいずれ国債の返済に充てなければならんので、損したらどうするのか、という議論が横行する中、2000億円が5000億円になったら、その分減税できるだろう、と考えるシンガポール政府のコンセプトを少しは学んだらいいと思うよ。

このままいったら日本なんてジリ貧な訳ですよ。どうやって稼ぐつもりなのか。

国民自身が
「損したら増税、結構じゃないの、その代わり損させた役人も責任とって退職金なし、かつペナルティーだからね」という具合に(実際GICの連中は準国家公務員扱いで損失を出すと退職金はない)是々非々で物事を考える必要があると私は思います。9000億の外貨準備のうち2000億だけでもSWFにまわして有効活用するという議論も必要でしょう。人口がどんどん減っていく、生産基地は海外に出て行く、この方向が変わることは未来永劫ない。

シンガポール政府にしても、あの国土、あの人口で将来を見た場合、お金に働いてもらう以外に道はないと考えたからこそ1970年代からテマセック、GICを立ち上げた。やられたことだって勿論あります。だからこそ、日本もいい加減考える時期に来ているのです。労働人口がどんどん減っていく国内でこれ以上税金を搾り取るという議論はデッドエンドで、ここはお金に働かせるという発想が欠かせません。

 話がそれましたが今回のディールはやはりモルスタ救済という見方が出来るでしょう。GICにしてみると汐留でホテルも持ってるし、ホークスタウンもあるし、違和感のある投資ではない。個人的なゲスでは当初は資本出資を要請されたと思います。GICは私のいる頃からモルスタのグッドクライアントっだったのでパイプは十分にあります。

しかし、恐らく、中国が10%にも及ぶ出資をしたので「奴らと一緒はやだ」、GICがだだをこねた、というのが真相だと僕は見ています。そのくらい中国が嫌いなんですね(笑)。その代わり不動産なら買ってやるけど、どうする??、ってな具合ですね。

その意味で、遂に金融市場の主役はインベストメントバンク、ヘッジファンドからSWFに移りつつある・・・のかもしれません。

余談ですが、日本にとってこのシンガポールと言う国はものすごく重要な意味を持っていると思います。幸い、日本が占領してしまった国の中では圧倒的に対日観がいい。これはリー・クアンユーの功績でしょう。今のうちに彼らとがっちり手を組めば中国に対しても十分対抗できるだけのノウハウがあります。何せ元中国人なのですから(笑)。

そして日本が苦手なインドへのアクセスも十分です。人口で言うと、多分中国人の次はインド人でしょう。インドの有力な財閥もシンガポールには相当進出しています。
ま、この話は長くなるのでまた機会があったら書いて見ますけどね。

『社会』 ジャンルのランキング
コメント (25)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報というもの | トップ | シンガポールと日本 »
最近の画像もっと見る

25 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど (顧客心を捉える!儲かる仕組み請負人)
2008-02-04 10:26:19
シンガポールと中国との嫌悪があるのはおかしいです。
シンガポールは、たしかにインドが地理的にも近く、東インドの国々は、シンガポール経由で商品が入っていたのを思い出しました。
Unknown (2009年から上昇相場)
2008-02-04 10:42:13
”東京の一部の商業施設はニューヨーク、ロンドンに比べてまだまだ割安”というのはよく聞く話です。ただ、世界的な金融縮小が進む中、普通に考えればニューヨーク・ロンドンの不動産も値下がりする局面が出てくるわけです。マーケットのコンセンサスが、現在の”相対的に割安”というのから、”ヒストリカルに割高”と言うのに変わる日も近いのではないかと思います。オイルプライスが下がってくれば、特にロンドンの不動産は厳しいと思うのですが。GICはそんなことは百も承知なんでしょうけれど。
投資から・・・ (ペルドン)
2008-02-04 11:07:57
山椒と図体はでかいがトロイ、
いいコンビではありませんか。
どちらも嫌われているし・・・成功するとね。

個人的にも好感度大であります。
学生時代、始めてのシンガポール、ホテルがオーバーしていて、ロイヤルスィートに気前よく代えてくれた。
両サイド繋がるサロン、バァー、会議室付き、二つの広いベットルーム、二つのバスルーム。
興奮して眠れなかった・・・今でも眠れないかも知れないが。
お互い良き用心棒になれるのでは・・・
日本版SWF(笑) (こってり)
2008-02-04 11:30:34
旧国鉄の債務処理の為に設立された日本国有鉄道清算事業団が逆に債務を増やして解散し、国民にツケをまわしたように、日本の官僚&元官僚は無能揃いです。

大体、アメリカ発とはいえ、現在の経済情勢の何の対策も打ち出せないだけでも政府・官僚の無能振りが示されています。

そんな無能な連中に資金運営を任せても、必ず失敗して、国民が汗水流して貯めた貴重な外貨を失うことは眼に見えています。

しかし、その内に米ドルも暴落し、外貨も紙切れになるでしょうから、その前に日本でも地金型金銀貨を発行し、国民の財産を保全することです。

現在、世界の金総保有量は約100,000,000,000gなので、総額3,00,000,000,000,000兆円強になりますので、理論上日本人が世界中の金を買い占めることが出来ます。

実際には日本の金輸入量が増えると金価格が上昇しますのが、それで金貨を買った人は儲かるし、政府も輸入時より販売時の金価格上昇分が儲けとなります。

これをストレートに行うと、アメリカが怒りますが、天皇陛下御在位60年記念金貨はアメリカから輸入した金で鋳造されました。

この時は、政府が儲けを欲張りすぎて評判を落としましたが、それを反省して発行された天皇陛下御即位記念金貨は現在地金価格も額面に近づいていますし、皇太子殿下御成婚記念金貨は額面を超えています。

ところが、長野五輪以来、金貨はプレミアム付きで少量発行されるようになり、国民の金保有量増加には余り寄与していません。

官僚&元官僚というものは、自分たちが儲けることを第一に考えるので、何をやっても国民の利益にならず、結果国家的損失を出してしまいます。

左様な日本のアホ官僚が華僑国家の真似をしても成功する筈がありません。

どうすれば国民が汗水流して蓄積した財貨を世界中のハゲタカ共から守ることが出来るのか? それを第一義的に考えることが政府の務めだと思います。
Unknown (Unknown)
2008-02-04 11:58:40
全く切腹か懲役でないと、際限無いんじゃないスかね。この国は。
ごもっともですが (ふろー)
2008-02-04 12:09:33
ごもっともですが、じゃあ何をどうしたらいいんですか?
我々国民がこの官僚支配体制政治に何か出来ますか?
選挙で民主党や社民党に入れれば変わりますか?

変わらないよね?

グチばかり言われても読者はネガティブになるだけ。

金融機関の人間は政府官僚の飼い犬に成り下がってるから、
『正しい資産運用』を銀行や政府、国民の誰もがやれないのでは無いでしょうか?
くだらない投信ばかり国民に売りつけ、裏で国債を買い支える。無知で無垢な国民はそれを支え続ける。

日本から出るしか無いとさえ思えてしまいます。
しかし大抵の日本人は日本でしか生きられない。
座して死を待つしか道はないのでしょうかね?
居住人口 (K)
2008-02-04 12:43:08
日本人は減少するのでしょうが、居住人口は減るのでしょうか?
田舎在住ですが、正月明けに免許書替に運転センターに行くと、外国人の多さにビックリしました。(前回はそんなにいなかったと思う)
一般人が知らないうちに、緩和されているのではないかと、感想を持ちました。
Unknown (とおりがかりの台湾ファン)
2008-02-04 14:27:04
 うちの嫁さんも一応エスニシティとしては「中国人」だが、中国人と一緒にされることは断固拒否!です。
 さて、そんな嫁は、うちの子供たちには早くから「お金に働かせるために、どうやって自分が働くか?」という命題を与えて教育しています。そんな私は、そういった境遇にはまだ達しないのだが…。
にほんに金持ちはいません (おじさん)
2008-02-04 15:07:31
自分で決定権を行使する財閥は第2次大戦でつぶされました。以後はサラリーマンと小金もちだけです。それが原因ですよ。それくらいご存知ではないですか?
Unknown (通行人)
2008-02-04 17:34:05
シンガポールは、中国系とインド人とマレー人ですね。マレー人はどっちかというと下層にいます。中国人と一くくりにして海外にいたら全部華僑と考えるのは僕らの感覚でして、彼らの中には華僑と客家(台湾だと外省人も)は違うとか、出身地別の民族意識が結構あったりします。インド人も多分色々あると思う。

あと、国というのは他所の国と経済戦争するために存在しているわけでもないし、日本人が作った企業体でもないですから、外貨を稼ぐとかの重商主義的発想はやめた方がよろしいかと。仕事をしていると自然に自分の仕事から類推してしまいがちですが。シンガポールは絶対にメジャーになれない大きさ故に企業国家を標榜せざるを得ないし、国単位で経済活動を行ってもお目こぼしをもらえるだけだと思います。
SWFなんて国がやったら、民間の金融機関は勝ち目無いですよ。そんなに公的な機関が欲しかったら郵貯を残しておけばよかったのにと思う今日この頃w

ちなみに、円を国際通貨にしたかったら、日本は経常収支赤字にしないと駄目です。だって、他所の国の外貨準備にするに足る円を世界中にばら撒く事ができませんから。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

金融全般」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。