債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

実はGMの方が上らしい・・・

2006-07-27 13:18:55 | マーケット

珍しく二つ目の書き込み。別に暇なわけじゃありませんよ(笑)。

大学時代からの大親友が会社に遊びに来ましたのでちょっとその話題を。
かれは天下のトヨタ自動車のエンジニアでして、専門はエンジンなんですが、トヨタアメリカに10年ほど行ってましてこのほど帰国。私の友人にしてはめずらしく酒が一滴も飲めないのでこうやって昼間、というか午前中に人の会社にのこのこやってきては世間話をして帰る、という何ともおかしな奴です。

専門は違いますが、まあアメリカつながりということもありよく話をしている訳ですが、今日たまたまGMの売り上げが発表になったこともあって、

「ありゃーどうなの、やっぱ技術力が落ちるの? 燃費の改善とかそういう点で、トヨタから見たら赤子の手をひねるようなもんだろ」、

といったら、

「いや、それはお前等みたいな経済屋の発想なんだよ。エンジニアの立場からするとやはりまだまだとんでもない実力差があると思わざるを得ないんだよね」

とノタマウ。

「いや、まさかGMがトヨタより上ってこと、技術的には??」

世界のトヨタがご冗談を!!!ですよね。

しかしどうも一面では本当らしいのだ、これが。

「 トヨタの車が売れているのは実は本体設計がどうだとか、基本エンジニアリングが優れている、という事では必ずしもなく、一重にその車としての利便性、シートのやわらかさとか、およそ自動車本体の性能に関係ないところに依存している部分が多い」

のだそうだ。

「技術屋の目から見ると、特に車の心臓部にあたるエンジンについては、せいぜいハイブリッドがまあ、目新しいね、という程度で基本設計段階でGMやフォードに匹敵するエンジンが作れているかという必ずしもそうとも言えないんだよ。その証拠にトヨタはいまだにあれこれエンジンの基本設計を試行錯誤していじっていて、それはそれでいいのかもしれないけれど、GM、フォードあたりになると40年以上前のとんでもなく古い基本設計のエンジンを積んで、それでトヨタ車と遜色ない性能をたたき出している訳で、技術的にははるかに上を行っているとも言えるんだよ・・・・ 」

四十年前!! 冗談だろう、と思って調べてみたら、たまたま今日の文春にも同じような話を発見! コルベットのエンジンが50年前のOHVのV8エンジンを搭載していると・・・・

トヨタにはこういうエンジンが、つまり、これ以上は技術的にありません、という最終兵器というものが無く、その点GM、フォードはこのレベルのエンジンを現代風にアレンジして使っている技術力はすごい・・・のだそうです。例えば日本のお家芸といえる燃費。日本人は徹底的に燃焼能力を高める事に執心し、エンジンそのものに手を加えているが、GMはエンジンはそのままにして、パワーを上げて、エンジンの回転数を下げる事で結局燃料使用を少なくするという発想をとった・・・・

エンジニアの立場からいうとそれが出来るアメリカの技術力はすごい(トヨタの場合、基本設計をいじらないとおそらく車全体がその高出力に耐えられない)ということになるのだそうだ。専門的な話は難しくてパス、なのだが、こういうのは戦争とかになるととても大事な事なるらしい。

つまり日本のエンジニアはひとつひとつ丁寧に作り変えていくため、いわば潰しが利かないのに対し、アメリカは下手をすると乳母車から戦車まで同じ部品でつくっちゃうポテンシャルを持っているということが、実は大変な技術力、という事になり、戦闘機をとっても、マシンガンをとってもこの技術差は確実に存在すると・・・・言うのが彼の意見でその意味での技術力の差は未だに存在するというのですね。F!でいまいちトヨタが勝てないのもこの種の問題が潜んでいるかもしれないよ・・・とのこと。

 なるほどね。そういう見方がある訳ですか・・・ただし、だからといって車が売れるかどうかはあくまでも別問題なんだけどね、という事でした。

そうなるとGMの問題は別に先進的な技術に立ち遅れいるからなどと一概に言えない事になりますな。やっぱりいろいろな話を聞いてみないといかんな、という事ですね。一方、プロのエンジニアのそういう声がフィードバックされているとすればトヨタによる買収もあったり・・・・しないですかね。これは余計な話でした。

なお、今週の文春の渡辺さんのカーナベにも同じような話が書いてありますね。技術屋さんにとっては一般的な見解なのかもしれません。ご興味があれば読んで見てください。そう、コルベット・・・大好きな車です。欲しくなってきたな~・・・・

ジャンル:
経済
コメント (30)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それがローテクってか?? | トップ | ラーメンもブレークスルー »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
トヨタァですからね・・ (SAKAKI)
2006-07-27 13:35:21
むむむ トヨタ株に逝けなくなる話ですね。

すり合わせで勝った。ロボットで勝った。わかりますよ。もともとトヨタはライバルと同じような車をやや安くして売りまくる・・で、蹴落としてきたわけで、どのクルマもこの価格ならこの程度でエエ!ってのがミエミエなんですよね。だから個人的にはキライっす。

 まぁー軍用を想定すると基本的な考え方が違ってくるんでしょうね・・



 ホンダはどうですか??飛行機を国の補助金なしで作ったのは凄いっすよねぇ・・

ホンダは? (ささらい)
2006-07-27 13:53:31
 僕もぐっちーさんがホンダをどう見ているのかお聞きしたいですね。

 自家用ジェットを作ったり、アシモのようなロボット(NY証券取引所のベルを人間以外で初めて鳴らしたのがアシモだそうでw)を作ったり、昔はF1でも天下を取ったこともありましたし、自動車だけに収まらない、夢のある企業だなぁと思うんですが。

 ホンダを応援する意味でも、儲けとかは度外視して、いつかホンダの株を沢山買いたいな、投資したいなと個人的には思ってます。

 金融マンのぐっちーさんから見て、ホンダという企業をどう評価しますか?。
Unknown (イケメン俳優【速水もこみち】彼の正体!)
2006-07-27 14:15:28
イケメン俳優【速水もこみち】彼の正体!

今、大人気の俳優【速水もこみち】

紳士でイケメンな彼♪



しかし…実際はTVの前の彼とはまったく違う顔が(>o<")

これを見れば真実がわかります!!
実は・・・ (Fat Fox)
2006-07-27 17:23:34
だから、ぐっちーさん、そろそろクラシックに行きませんか?!



いい車がワンサとありますよ。



『いやぁ、お目が高い、この車只者ではありませんぜ、レストア?おまかせあれ。半年と百万もあれば、新車に・・・』

なんて口車に乗れば、3年近い時間とベンツSが買える値段が付いてくる世界。



ろいす
基礎技術力の差について (lmdc)
2006-07-27 17:24:35
思わず唸りました。発想というか指向性の違いといえばそれまですが、一読して最初に思い浮かんだのが、零戦とヘルキャットの差です。60年経っても差が縮まっていないという現実…。
勝手に行った・・ (Fat Fox)
2006-07-27 17:33:00
上の続き。



四十年前の基本設計のエンジンを使う、これはいい・・しかし、今のGM達に四十年先まで使えるエンジンを造っているか、それは疑問符がかなり附く。



ロイスの一号車なんて百万キロ走って現役、これは例外としても、お年寄りもあきれるほど現役であります。



まぁ日米欧の発想の違いと言えば、簡単ですがねぇ・・・







Unknown (TOR)
2006-07-27 18:30:39
日本の基礎工業力を担うエンジニア達がこういった危機感を持ち続けていることを知って安心しました。

確実に、経営層にも話が伝わってるでしょうから。

バブル期の日本の銀行屋はそういう視点がなかったと感じています。

地元の北海道拓殖銀行という田舎銀行倒産の顛末を色々聞いているので。

しかし、ぐっちーさんと同期と言うと結構現場から離れていてもおかしくないのに、こういう話ができるのは素敵ですね。
乳母車から飛行機まで・・・ (akipan)
2006-07-27 21:33:25
確かにアメリカの技術ってつぶしのきくものばかりですよね。全てを覆すような強烈な勢いを感じますし、これからもそういうものが出てくるのはやっぱりアメリカかなと思ってしまう自分がいます。

そんな所に惹かれて我が父はBuickのドライバー。しかも自己で輸入・・・。異常にエンジンが大きいです。やたらボンネットが長くてセンスが・・・アメ車ファンの方々には申し訳ありませんが、身内にアメ車ファンは痛すぎます(爆)。



Unknown (.)
2006-07-27 22:40:26
トヨタのエンジンがしょぼいってのは

結構ふつうに知られている話だと思ってたけど。

実際ホンダと比較したら話にならないわけで。

まあ、このエントリの話の主旨とは違う意味でだけど。
設計の考え方の違い (やまさん)
2006-07-27 22:45:07
私も国内某自動車会社に勤めていますが、エンジンについては確かにフォードもGM同様に古いエンジン(何十年前)を基本にして、それにアレンジを加えて使い続けています。



個人的には設計思想の違い(基本的にビッグ3の車は頑丈さを基本に設計しているため、ある種応用が利きやすいが、日本車は、コスト、重量をぎゅっとおさえるためある種の応用が利きにくい。)という風に考えていたのですがこのような見方もあったのですね。驚きました。



ただ、共同開発の場面でよく遭遇するのが、外国メーカーは、「スケジュールが遅い」「コストがべらぼうに高い」「性能、品質が悪い。(特に品質についてはひどいとしか言いようがない)」の3拍子揃っているので、そういう部分を見ると国産製品はやはり素晴らしいと思わざるを得ないというのも正直な感想です。(トヨタの方もその点については同様のお考えをお持ちじゃないでしょうか…。)



しかし、トヨタの方の危機感の持ちようには頭が下がるばかりです…。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

マーケット」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
株式 相場予想 060728 (投資 著作 ロハス de 幸せ!【前向一歩】)
◆ 昨夜の米国市場(7/27終値ベース)  米国ダウ 11,100.43ドル -2.08ドル -0.02%  ナスダック 2,054.47ポイント -15.99 -0.77%  シカゴ日経平均先物 15,190円 大証比 +10円(ドル建て)  NY外為市場終値 ドル/円 115.76円/115.79円  米原油先物9月限 ...
Jonathan Ive (偉人の名言で学ぶ成功英語 exciting version!)
"The computer industry is immature; it has been preoccupied with technology and driven by technologists. In some senses, the value proposition for consumers has degenerated into an argument that 'Five is a greater number than two.'...There wa ...