債券・株・為替 中年金融マン ぐっちーさんの金持ちまっしぐら 

ウォールストリートで20年、生き残ってきたノウハウを開示、日々のマーケット・社会情勢を分析します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

グレート・ブリテン

2009-01-20 21:42:36 | マーケット

いい加減なことを書くな、と怒られることも多いわけです。
とりわけ、当事者からは お叱りを受ける。リーマンは救済されないだろうと書いたときも、何を根拠に、とまあ、ずいぶんいわれたもんです。

今回評判が悪かったもののひとつに「危機の本命は欧州説」、というのがあって、これもあちこ ちから文句を言われ続けています。

でも危ないものは危ないのであって、何人かの読者の方も書き込まれておられますようにイギリスは特に危ない。なのに・・・ 何より記事の扱いが小さいんですよね。

なぜなんでしょうね。
シティーが大赤字になると一面になるのにそれより大きい赤字を出したRBSの場合こんなちいさな記事になるわけです。(日経さんお借りします)

欧州で銀行株が急落 「英救済策」でも追加損失懸念が拡大  
【ロンドン=石井一乗】

19日の欧州株式市場で金融株が軒並み急落した。英政府が 追加的な金融安定化対策を発表した朝方は上昇する銘柄も多かったが、「追加損失や 部分国有化の動きが今後も欧州で相次ぐ」との懸念が市場で広がり、相場の足を引っ 張った。  ロンドン市場ではロイヤル・バンク・オブ・スコットランド(RBS)株の終値が 前週末比67%安と急落。2008年通期決算が過去最大の最終赤字になったとの発表に加 え、政府による出資比率の拡大が嫌われた。  ブラウン英首相は記者会見で「他の国々も同様の施策を発表するだろう」と発言。 経営が悪化した一部銀行の国有化や出資拡大といった動きは今後も免れないとの懸念 が市場全体に広がり、朝方は上昇していたバークレイズ株は10%安、ロイズ・バンキ ング・グループ株も34%安といずれも急落で取引を終えた。フランクフルト市場でも ドイツ銀株が11%安、ポストバンク株も13%安と大幅に下落した。(10:46)

この記事では通期の赤字がいくらか、とも出ていない。
280億ポンドです。今の為替で も約400億ドル、4兆円。
世が世なら6兆円。

何のことはない、シティーよりでかいじゃん・・・・

そして、アメリカ政府がシティー一行救済できずに四苦八苦しているのに、イギリス政府はこんなRBSをほんとに救済できるのか。疑問を持たない方がおかしいだろう。

事実、BOEはすべての不良債権を保証、証券買取までコミットしてしまったのですが、心配なのは勿論ポンドな訳です。 ヘッジファンドが生きてなくて本当によかったです、まじ。

くどいようですが、証券化商品の販売実績から見ると残高は欧州全体でアメリカの6倍あります。

そしてまだ損失がまともに評価された形跡はありません。アメリカの銀行はそれでも必死になって20だの30だのまで評価を落としていますので、さすがに同じものをいや、80です、とは言えないくなってきた訳ですね。

農中もきっかけはメリルが20と評価したものと同じシニア債券をたまたまもっていて、それを80台で評価したのがばれたから。

勿論売却した形跡はみられませんしね。(買い手が限られているので彼らと話をすればすぐにわかること)

さらにロンドン。
規制の厳しいニューヨークから逃げた怪しいロシア、アラブのお金 はここに集中しています。

住宅価格の上昇率はそのおかげでニューヨークの倍です。 国家財政も惨憺たるものでしかも金融以外ろくな産業がありません。

一方、ユーロはどうでしょうか。
域内の東欧諸国は産業すらま ともに育成されていないのにエマージングバブルでそれこそ世界中の金を集めてしま いました。

ドイツ、フランスだけで支えられるのでしょうか?

まあ、「素朴な疑問レベル」で危ないことはわかりそうなもんですよね。
イギリスもRBSを国有化するのはいいですけど、共倒れになるおそれもあり、その意味ニュー スとしてはかなり重大なのですが、いつものように日本の新聞だけ読んでいると事ほど左様に事態を過小評価します。

一方どうでもいいニュースが大きかったりしますけどね。

実際アメリカよりも深刻な事態で、ポンドの急落、そしてなにより国債発行がどうなってしまうのか・・・ということですね。

そういえばブンズは未達だったりしましたけどね。ユーロの場合も国債は楽観できません。
昔と違って全部ユーロ建てで発行されます、あたりまえだけど。
ドイツもフランスもイタリアもスペインもハンガリーもすべてユーロ建てで国債を出す訳です。

流動性があっていい、ということも言えますが、投資家から見るとそんなにユーロばっかりいらないよ、という面もあるんですよ。その意味での怖さは満点ですね。

では!

 

ジャンル:
経済
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バンカメはどんがめで終わる... | トップ | セクスィー・オバマ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (とおり)
2009-01-20 22:39:15
日本は腕のいい職人。

博打ですっても仕事さえしたら食っていける。


イギリスは年金生活者。

その年金運用を失敗したらあとは・・・。
はじめて書きますが (ぽん)
2009-01-20 22:44:32
私は証券会社勤務でよく読ませていただいていますが、

このエントリは私もずっと感じていました。
まだ職場でろくに書き込めないのでまた!
一応、記事になってますよ (停止人)
2009-01-20 23:03:46
まさか、先進国がIMFにお世話になるなんて想像できませんけど・・・

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-35947720090119
大変参考になりました (ひーひー)
2009-01-20 23:26:19
現在 アメリカマーケットでポンドが急落している理由がよくわかりました。
手持ちのポンドは今更円転ドル転しても手遅れでしょうから、近日中に現地で無駄遣い?
グレート・・ (ベルドン)
2009-01-20 23:33:06
オバーマは既にスピーチで英国との別れをやんわり告げていますね。
英が転ければスペインも転ける。

ポンドとユーロは仲が悪い異母姉妹あるいは異父姉妹、
ECは性急に大きくしすぎてきた。付け馬がやってきた。
ドイツは側近を連れ、離脱を密かに考えているにしても、フランスがしがみついて離さない。

「悪貨は良貨を駆逐する」
と高校で習った。悪貨だらけで・・駆逐する良貨がないとすれば・・
良き指導者の基で国民は艱難辛苦を耐え忍ぶ以外無い。我が国の首相は・・・
酒饅頭ならいいでしょう、ぐっちーさん!


Unknown (st)
2009-01-21 00:30:11
金融危機の状況は貧困層はそのままで、中流層は住宅を銀行に渡してアパートに引っ越す程度で、富裕層は阿鼻叫喚の地獄と言った所だと思います、国は政府通貨を発行するしかない、GDPがどれ程落ち込むのかが、各国政府の一番の関心事だと思います。
日本のバブル崩壊時も政府が考えていた事はGDPの維持だけで、その為なら幾ら国債を発行してもかまわない位に思ってたんでしょう、どうのこうの言っても、所詮この程度だと思いますよ。
欧州はやばいですよ (マンドラン)
2009-01-21 01:52:17
今晩は。
欧州が危ないとは…なんて、今頃暢気なことを言う方もいるのですねぇ。あきれます。
ユーロやポンドが、ドル以上に下げている事実をどう見るのですかねぇ、その方たち。
イギリスから金融をとったら、何も残らないことは、分かるじゃないですか。それに独仏で東欧を支えきれない事だって…。あの小国アイスランドすら支えきれなかったのですから…
そろそろ、3幕目の幕が開きそうですね。
               
Unknown (グレートブリテン)
2009-01-21 08:27:23
HNと同じタイトルで勝手に驚きました。失礼を。
いつも楽しく読ませていただいてますが、ご指摘の通り日本の報道の偏重の仕方には留意が必要かな、と思います。
現在、欧州におりますが、先日のドイツ銀行の劣後債の件もこちらではかなり騒がれていたように思いました。
視野を広げることは大事ですね。これからも頑張って勉強したいと思います。
Unknown (ankomama)
2009-01-21 10:26:18
グッチーさんの新年の予言は
ありそうであるのかしら…

昨日与謝野担当相が
米国新政権に自由貿易体制堅持の
期待をしめしていましたね。
この時期に???
転ばぬ先の杖???

この年齢になって
「?」だらけ(笑
2009は色々学べそう♪





HSBCもやばいのでは? (toshi)
2009-01-21 10:59:13
 ぐっちー様いつもブログを拝見させていただいております。金融の専門家の目から見たご意見、非常に参考になりありがたく思います。これからも、ずっと続けていただけますよう切にお願い申し上げます。

 さて、ついに欧州でも金融危機が発露しだしましたが、今回RBSが、4兆円の赤字との事。なんと言うか言葉も出ない惨状ですが、HSBCはどうなのでしょうか、
どこかのブログで、HSBCは、米国進出の折、サブプライムローンを主事業とする金融会社を買収したと読んだ覚えがあるのですが?

 話は変わりますが、今後欧米の金融機関の多くが、
国有化を免れないのではと思います。(日本のバブル崩壊経験者として)国有化は社会主義でもない限り、永遠には続きません。有る程度不良債権を償却した後
また、日本のように民間への売却という流れをとると思われます。この前提が正しいのならば、その時こそ日本の各銀行は、全力で買収に乗り出せばよいのではと思いますが、グッチー様はどのようにお考えでしょうか?
負債総額 (今井)
2009-01-21 11:18:44
mixiのニュースで見た時には(ロイターの翻訳みたいでしたけど)、負債総額出てました。経済紙の方が情報減らしているっていうのは、なんだかな~ですね。
Unknown (inamodento)
2009-01-21 11:33:40
いつも更新を楽しみにしております。建築設計を生業にしております。金融には明るくありませんが、今の時代の速度のようなものを感じられるブログだと感心しております。一昨年末に久しぶりにバルセロナへ伺いました。ユーロ以降初めてだったのですが、莫大な投資を受けた建築物や構造物、はたまたそれらが容器となる商業プログラムのほとんどが、二流品だと感じた次第です。ビッグネームを持った国際的建築家でさえそんな有様ですから、おそらく開発者の建設への投資に対しての態度がいい加減だったのでしょう。再開発なのに、もうすでに寂れているところさえありました。これは、この10年から15年の西ヨーロッパ全般に当てはまるのではないかと思います。ユーロ以降の一種浮かれた雰囲気のヨーロッパには、なじみ、親しみ、憧れ続けていた当方にとっては淋しい限りでした。対して、数週間前のLA、特にビーチシティーズの、アバンギャルドではないけれど、よく洗練された街には、その住人たちの、生活を楽しみ慣れた余裕が感じられました。もちろん、アメリカのいい加減さもたくさん目に付きましたが、ポストモダンを先に走っている日本だと各所で言われますが本当なのかなと、また、アメリカの底力、いまだモダニズムを信じているおおらかさ、変えようとする際の意志の強さも心底感じた次第です。ただ、遅すぎないことを祈りますが。
恐ろしい (ミヤ)
2009-01-21 11:42:56
最近よく読んでます、新聞からは解からない恐ろしい経済状況ですね。我々の国内預金は大丈夫でしょうか。、外債投信は惨憺の結果で年金と投信配当で食ってたのにパーですわ。これだけ為替が変化してるのにBMWなど外車が安くならんのは何故?寿司屋は値段は変わらんが内容が物凄く良く為ってる。
英国もひどいとは聞いていましたが (surnivers)
2009-01-21 18:34:24
英国も基本的にはサブプライムローンと全く同じ構図ですよね。
他のEUの場合は基本的には金融危機に巻き込まれた感じですけれども、英国の場合は例外的に小型の金融危機発生と言う感じで。

しかし、金額を見ると全然小型ではありませんね。
4兆ドルと言うのはすごい金額です。
少なくても12兆ドル程度は欲しい所でしょうが、そんなお金が英国に集まるでしょうか?
非常に難しいと思いますね。

但し、EUは基本的に今回の金融危機に対してかなり的確に行動していると思います。
英国は分かりませんが、EU自体は行動だけはまともかな、と思います。
財源が問題ですがね・・・
ポンドの件 (国里)
2009-01-21 19:45:00
あの為替の天才、若葉さんも、ポンドが弾けると言ってますね
Unknown (Unknown)
2009-01-21 20:22:26
yes we can
なんて言わなければよかった
と考えている人がいそうだ
Unknown (ta)
2009-01-22 04:38:55
90年代からロンドンの土地住宅は
バブルっていて、それは東京の比じゃなかった。
英で暮らしていると大変だった。
金融、観光、教育産業で持っているようなもので、
それが一気に崩壊すると恐い。
1£100円切るかもしれないな。
8000億ドル? (へいみん)
2009-01-22 16:25:47
まだまだ、この先、資金を海外調達しなければならないなら、金利下げるの我慢すべきだったな。

わしなら通貨切下げは、その後するな。
まさに。 (kimi0117)
2009-01-22 23:09:41
ヘッジファンドが生きていたらポンドはもう勝負あり!だったでしょうね。

こわいこわい。
 (通行人)
2009-01-24 02:34:06
ドルも駄目
ユーロも駄目
ポンドも駄目

最後は日本円

ついに日本円も駄目?

今日はゴールドが勃起上げしてます。
最後の通貨ですか・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。