北の風音

北海道から季節の話題や風景を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春風景(野花)

2017年04月17日 | 山歩き

先週は雪が降って積雪になったと思ったら、次の日は気温が18℃まで上がり

初夏の陽気だったりで体も対応に苦難しいたようです。

日曜日はしばらくぶりに春山スキーを楽しみに浜益岳に行きましたが、

強風のなかガスってしまい途中で引き返しました。

それでもスキーには十分の雪と斜面で気持ちの良い汗をかいてきました。

山の写真は撮れなかったので春の野花をアップします。

 

定番のカタクリ

 

湿原に咲くミズバショウとちょっと不気味な谷地坊主(箕を着ているように見えませんか?)

 

雪解けのあと間もなく咲くキクザキイチゲ

 

オオバナノエンレイソウ

 

名馬、ハイセーコーで有名な日高地方、新冠町の判官館森林公園とその中のタコッペ湿原で撮ったものです。

ちなみに「タコッペ」とはアイヌ語で「谷地坊主」の意味だそうです。

5月の連休の頃がお花の見頃です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春風景-1 | トップ | 春風景(山はまだ冬) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事