きたネット★環境情報Blog

北海道の環境を守り育てる活動を支援する、「北海道市民環境ネットワーク」事務局から、北海道の環境活動情報を発信しています。

20171209開催きたネットフォーラムの録画を公開しました

2018-01-16 | きた★ネット事務局から

昨年12月に開催した
きたネットフォーラムの録画を公開しました。

北海道の生物多様性を守る、新しい力
〜きたネットフォーラム2017
森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす〜知床の事例を中心に



開会~基調講演、パネルディスカッション、特別企画、
分科会A、分科会B、分科会Cの録画をご覧になれます。
http://kitanettv.blogspot.jp/2018/01/2017.html

ーーー


動画1 開会〜基調講演 https://youtu.be/MsqBfH-YaKw
  「森・川・海・人の繋がりで、北海道の生物多様性を守る」
    講師/中村 太士 氏(北海道大学大学院農学研究院教授)

動画2 パネルディスカッション https://youtu.be/uPJlO9wE4Bo
  「北海道の森と生態系を次世代へ」~地域デザインと人の役割
    コーディネータ/中村 太士 氏
    パネリスト/池上 美穂 氏(知床羅臼観光協会)尾前 幸太郎 氏(北海道森林管理局計画課)
   山中 正実 氏(斜里町立知床博物館)金子 正美 氏(酪農学園大学環境GIS研究室)

動画3 特別企画・札幌報告会 https://youtu.be/NUzd1KFd6K8
  しれとこ100平方メートル運動40年 成果、そして、これから」
    報告者/玉置 創司 氏(斜里町総務部環境課自然環境係)

動画4 分科会A https://youtu.be/ivXiMqyR-Hc
生物多様性保全 ~新たな担い手をどう生み出すか
  座長/長谷川 理 氏(NPO法人EnVision環境保全事務所)
◆事例1「地域の力を育てる」/牛山 克巳 氏(宮島沼水鳥・湿地センター)
◆事例2「意識改革で新たな協力者をうみだす」/有賀 望 氏(公益財団法人札幌市公園緑化協会)
◆取り組み紹介
  1.世界自然遺産の地で、観光と保全を担う/池上 美穂 氏(知床羅臼町観光協会)  
      2.知床地域に環境教育の拠点を /上野 雅樹 氏(公益財団法人知床自然大学院大学設立財団)
      3.実践勉強真っ最中!/上原 裕世 氏・学生のみなさん(酪農学園大学実践野生動物学研究室)

動画5 分科会B https://youtu.be/Yuju7Yjk_FU
森林保全・活用~私が生きる森!森を生業とする新リーダー育成のために
  座長/柿澤 宏昭 氏(北海道大学大学院農学研究科教授)
    ◆新リーダー活動紹介
       足立 成亮 氏(Out Woods/札幌南高学校林指導)
       佐野 愉架 氏(NPO法人もりねっと北海道)
       西埜 将世 氏(西埜馬搬/厚真町地域おこし協力隊)
       原野 知有紀 氏(占冠村地域おこし協力隊)

動画6 分科会C https://youtu.be/kW2EQKYV6C8
環境教育~自然体験学習を通じて、子どもの社会課題に向き合う
  座長/鈴木 玲 氏(手稲さと川探検隊 局長・きたネット理事)
    ◆話題提供1.自然体験学習が社会的養護を必要とする子ども達に及ぼす効果
    「手稲さと川探検隊」の活動を通して /小川 恭子 氏(藤女子大学人間生活学部保育学科 教授) 
   ◆話題提供2.自然環境を心の治療に生かした取り組み /瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院精神科)

ーーー

全体情報交換会で斜里町の玉置さんがプレゼンで使っていた、
動画のロングヴァージョン、山中正実さんが出て、お話されています。
~ヒグマにエサをやらないで~ 
ソーセージの悲しい最期 知床ヒグマえさやり禁止キャンペーン企画映像
https://www.youtube.com/watch?v=QZxDmdXYytU

どうぞご覧ください

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月26日(火)のつぶやき

2017-12-27 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4地域開催「森林・山村多面的機能発揮対策交付金」H29年度報告・H30年度説明会

2017-12-26 | スタッフのつぶやき

道内3地域(洞爺湖町・帯広市・旭川市+札幌開催!!
----------------------------------------------------------------
森林・山村多面的機能発揮対策交付金
H29年度活動事例報告会/H30年度説明会
----------------------------------------------------------------

森林・山村多面的機能発揮対策交付金は、地域住民が中心となった民間協働組織(活動組織)が実施する地域の森林の保全管理等の取組に対し、一定の費用を国が支援する制度です。
今年は道内4都市で、本交付金を活用して活動している団体の報告会・相談会を開催します。各会場で個別相談もお受けします。
(札幌での個別相談は別途スケジュールで開催します

  

◆洞爺湖町--------------
■日時/1月30日(火)14:00〜16:00
■会場/洞爺湖文化センター 別館会議室
(虻田郡洞爺湖町 洞爺湖温泉142-140 Tel.0142-75-4400)
■交付金制度説明
■活動報告/ととろの里山づくり協議会(登別市)
しらおい村づくりクラブ「里山の会」(白老町)
■個別相談

◆帯広市--------------
■日時/2月1日(木)13:30〜15:30
■会場/TKPガーデンシティ帯広駅前 しらかばの間
(帯広市西1条南12丁目8番地 アパホテル帯広駅前2階 Tel.0155-20-5800)
■交付金制度説明
■活動報告/原野のもり友の会(弟子屈町) 
 達美の森倶楽部(帯広市) 
 森の会-茶志骨(標津町)
■個別相談

◆旭川市--------------
■日時/2月7日(水)13:30〜15:30
■会場/藤田観光ワシントンホテル旭川 ラベンダー
(旭川市宮下通7丁目 Tel.0166-23-7111)
■交付金制度説明
■活動報告/シュプロス(当麻町)
 南丘・塩狩里山保全会(和寒町)
■個別相談


◆札幌市--------------
■日時/2月20日(火)14:00〜16:30
■会場/北海道中小企業会館 会議室
(札幌市中央区北1条西7丁目プレスト1・7ビル 2階 Tel. 011-231-7141)
【プログラム】
(1)H30年度 交付金制度説明・質疑応答 
(2)H29年度活動報告/
 当別金沢の森ネイチャーセンター(当別町)
 冷水峠森づくりの会 ( 仁木町)
 イコロの森を育てる会(苫小牧市)
 弁華別協働の森の会(当別町)
 暮らしと森 Life with forest(ニセコ町)
(3)総評/ 北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会 
会長 宮内泰介
※札幌会場では、当日個別相談会は行いません。

<参加申込方法>
■各会場 開始30分前開場・受付開始 
■各日参加費無料 
■事前申込み要 開催日3日前までにお申込みください。 
■報告会・説明会の参加申込み先/NPO法人北海道市民環境ネットワーク
■お寄せいただいた個人情報は、主催者からの情報提供のみに使用し、その他の目的で使用したり、無断で第三者へ提供することはありません。

■チラシをダウンロードして、裏面の申込書に必要事項をご記入の上、FAX等でお申込みください
メールの場合は、お名前、所属、連絡先(住所・Tel・Fax・E-mailなど)、参加会場を明記してお申込みください。
※2/21−2/22札幌個別相談会については、直接「北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会」にお申込みください

■チラシダウンロード
表 http://kitanet.org/event/2018/shinrinsanson-omote.pdf
裏(申込書) http://kitanet.org/event/2018/shinrinsanson-ura.pdf

■参加申込み・お問合せ
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
FAX.011-215-0149 電話.011-215-0148 E-MAIL office@kitanet.org

--------------------------------

個別相談会@札幌 2/21-2/22(事前申込み要)
■日程 2/21(水)、2/22(木)の二日間(9;30-16:00)
■場所 北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
■日程 2/21、2/22の二日間(9;30-16:00)
■場所 北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
 (札幌市中央区北4条西5丁目林業会館4F 北海道森と緑の会事務所内)
■個別相談会申込み先/Tel. 011-261-9022
または E-mail. ohori@h-green.or.jp 必ず事前にお申込みください。 
■上記日程以外の日もご相談受付けます。お問い合わせください。

--------------------------------

■主催/北海道水産林務部森林環境局森林活用課
北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」

--------------------------------
□交付金の詳細については下記HPをご覧ください。
北海道森林・山村多面的機能発揮対策地域協議会 ホームページ
http://shinrin-sanson.h-green.or.jp/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月19日(木)のつぶやき

2017-10-20 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【12/9 札幌】北海道の生物多様性を守る、新しい力 〜きたネットフォーラム2017

2017-10-19 | きた★ネット事務局から

ーーーー
北海道の生物多様性を守る、新しい力
〜きたネットフォーラム2017
森、川、海、自然が人を育て、人が自然を活かす〜知床の事例を中心に〜

20名を超える登壇者陣で開催します!
ーーーー

北海道の環境活動のネットワーク「きたネット」の年に一度のフォーラム。
今年は、中村太士氏をお招きして、知床の取組みを学びながら、次世代の環境保全を担う地域の力を育てていくために、
私たちは、何を学び、どんな支援を行っていくべきなのかを考えます。
午後は生物多様性・森林保全活用・環境教育の各テーマで、3つの分科会。地域で活躍する次世代リーダーや新しい取組みを実践する方に、お話をうかがいます。


プログラム

10:00 開会・ご挨拶

10:15 基調講演(定員120名)
【森・川・海・人の繋がりで、北海道の生物多様性を守る】 
     講師 中村 太士 氏(北海道大学大学院農学研究院教授)
  内容/森林と川のつながり、生態系間の相互作用について
   流域の視点から研究し、環境保全活動につなげてい
   中村先生に、世界自然遺産・知床での取組みや、
   環境保全を担う人材の育成について、お話をうかがいます。

11:20 パネルディスカッション(定員120名) 
【北海道の森と生態系を次世代へ〜地域デザインと人の役割】
  コーディネータ/中村太士氏
   パネリスト/
   池上 美穂 氏(知床羅臼観光協会 事務局長) 
   尾前 幸太郎 氏(北海道森林管理局計画課 課長)
   山中正実氏(斜里町立知床博物館 館長)
   金子 正美 氏
    (酪農学園大学環境GIS研究室 教授・きたネット理事長)
 北海道の各地域が、今後、どのような視点で環境を守り
 地域の財産としていくか、次の一手を考えます。
  
13:30 特別企画・札幌報告会!
  「しれとこ100平方メートル運動40年 
成果、そして、これから」
    報告者/斜里町総務部環境課自然環境係  
    玉置 創司 氏

14:30 分科会/環境保全の新しい形、担い手たち

 分科会A/生物多様性保全(定員60名)
  〜新たな担い手をどう生み出すか
   座長/長谷川理氏(NPO法人EnVision環境保全事務所)
    ◆事例1. 地域の力を育てる 
      牛山 克巳 氏(宮島沼水鳥・湿地センター)
    ◆事例2. 意識改革で新たな協力者をうみだす
      有賀 望 氏(公益財団法人札幌市公園緑化協会)
    ◆取り組み紹介/
    1.世界自然遺産の地で、観光と保全を担う
      池上 美穂 氏(知床羅臼町観光協会事務局長)  
    2.知床地域に環境教育の拠点を  
      上野 雅樹 氏
    (公益財団法人知床自然大学院大学設立財団業務執行理事
    3.実践勉強真っ最中!
      上原 裕世 氏・学生のみなさん
    (酪農学園大学実践野生動物学研究室)
意見交換/中村太士氏・山中正実氏・金子正美氏

 分科会B/森林保全・活用(定員40名)
  〜私が生きる森!森を生業とする新リーダー育成のために
   座長/柿澤 宏昭 氏(北海道大学大学院農学研究科教授)
◆新リーダー活動紹介
    足立 成亮 氏(Out Woods/札幌南高学校林指導)
    佐野 愉架 氏(NPO法人もりねっと北海道)
    西埜 将世 氏(西埜馬搬/厚真町地域おこし協力隊)
    原野 知有紀 氏(占冠村地域おこし協力隊)
   ◆意見交換/支援者・実践者のみなさん
           
分科会C/環境教育(定員40名)
 〜自然体験学習を通じて、子どもの社会課題に向き合う
    座長/鈴木 玲 氏
    (手稲さと川探検隊 局長・きたネット理事)
◆話題提供1.自然体験学習が社会的養護を必要とする
子ども達に及ぼす効果
     「手稲さと川探検隊」の活動を通して    
    小川 恭子 氏
     (藤女子大学人間生活学部保育学科 教授) 
◆話題提供2.自然環境を心の治療に生かした取り組み
       瀧澤 紫織 氏(江別すずらん病院精神科医師)
◆意見交換/ 
    高橋 勇造 氏(NPO法人Kacotam)
    定森 光 氏
    (NPO法人北海道NPOサポートセンター)
    他のみなさん

16:15 伝え、拡げるために 全体情報交換会(参加費無料) 
   話題提起「STOP!えさやり 
    知床ヒグマえさやり禁止キャンペーン」について他
        玉置 創司 氏
   【進行】内山 到
    (きたネット理事・公益財団法人北海道環境財団)
       宮本 尚(きたネット常務理事)

17:10 閉会式 17:30 終了
18:00 交流会(札幌駅周辺・実費)

ーーー


同日開催
第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会
~私たちが創る「環境首都・SAPP‿RO」
【日時】 2017年12月9日(土)13:30~16:00
【会場】 札幌エルプラザ 4階 研修室1
【定員】 20名 (対象:環境活動実践者)
【主催】 環境中間支援会議・北海道 【共催】 札幌市
※午後、本意見交換会に参加された方は、終了後、
 全体情報交換会に参加することができます。

ーーー

【日時】12月9日(土)10:00〜17:30 (※9:30受付開始)
【会場】札幌エルプラザ2F 環境研修室(札幌市北区北8条西3丁目)
【主催】NPO法人北海道市民環境ネットワーク
    一般財団法人セブン-イレブン記念財団
【共催】札幌市(予定)
    環境中間支援会議・北海道
      環境省北海道環境パートナーシップオフィス
      公益財団法人北海道環境財団
      札幌市環境プラザ
    (指定管理者:公益財団法人さっぽろ青少年女性活動協会
      NPO法人北海道市民環境ネットワーク
【協力】酪農学園大学実践野生動物学研究室
    (公財)知床自然大学院大学設立財団
    手稲さと川探検隊
    NPO法人EnVision環境保全事務所
【後援】北海道森林管理局、斜里町、一般社団法人知床羅臼町観光協会 

一般社団法人知床羅臼町観光協会 、斜里町(予定)、北海道森林管理局(予定)

【参加費】
きたネット会員・学生/午前700円・午後300円
一般/午前800円・ 午後500円
  ※午後のみ参加で、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた意見交換会(仮題)参加ののち、情報交流会(16:30〜)参加の場合は無料です。

【参加申込み方法】
◆チラシ裏面の申込書をFAXまたは郵送。

チラシダウンロード
http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumA.pdf
http://kitanet.org/event/2017/2017kitanetforumB.pdf

◆メール等での申込みは
名前・住所・連絡先(電話・FAX・E-mailなど)・所属(所属団体・企業・職業・学校など)と、
参加プログラムを必ずご記入ください。
※午後の分科会に参加する方は、A・B・C、
 または、第2次札幌市環境基本計画策定に向けた
意見交換会のどれに参加かを明記
※夜の交流会 参加する・しないについても明記
※先着順 各プログラム、定員があります。お申込みが定員を超えた場合はお断りする場合があります。

【問合せ・申込み先】NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」事務局 
〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階
    Tel. 011-215-0148 Fax. 011-215-0149 
    E-mail. office@kitanet.org

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月29日(火)のつぶやき

2017-08-30 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌9/30】きたネット「市民活動助成セミナー2017」開催します

2017-08-29 | きた★ネット事務局から

きたネット「市民活動助成セミナー2017」

助成制度の特徴や申請のツボはここ!
助成団体担当者が、制度説明と個別の相談にお答えします。
今年は、助成申請書の書き方を学ぶセミナーも同日開催、
制度の特徴に合わせた申請のヒントを学びましょう!
複数の団体に直接相談できる機会は希少です!ぜひご参加ください。
※参加された方には、
「環境市民活動のための助成制度一覧2017」をさしあげます!

[日時] 2017年9月30日(土)
[会場] 札幌駅前ビジネススペース カンファレンスルーム2A
(札幌市中央区北5条西6丁目第二北海道通信ビル2階)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第一部 ここがキモ!申請書の書き方講座
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
助成申請初心者・連敗!の方向け 申請書の書き方のポイントを学ぶセミナーです。
助成申請書を審査するグループワークで記入のポイントがわかります。
講師:小野弘人(一財)セブン-イレブン記念財団

[時間]10:30~12:00 (10:15 受付開始)
[募集]20名(先着)
[参加費] 一般500 円・きたネット会員300円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第二部 助成団体担当者による制度説明会と個別相談会 
    8団体が集合!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
助成制度の特徴や申請のツボはここ!
助成団体担当者による、制度のわかりやすい説明、
個別の相談もお受けします。

[時間]13:30~17:00 (13:00 受付開始)
[募集]40名(先着)
[参加費] 一般800 円・きたネット会員500円
 (「環境市民活動のための助成制度一覧」付き!)

【助成団体/助成制度】全国対象5団体 道内対象3団体
・一般財団法人セブン-イレブン記念財団/環境市民活動助成
・独立行政法人環境再生保全機構/地球環境基金助成金
・株式会社ラッシュジャパン/チャリティバンク助成
・日本郵便株式会社/年賀寄付基金配分事業
・トヨタ自動車株式会社/トヨタ環境活動助成プログラム
・北海道e-水プロジェクト協働事務局/北海道e-水プロジェクト助成
・札幌市市民文化局市民自治推進室/さぽーとほっと基金助成
・一般財団法人前田一歩園財団/自然環境保全活動助成金

上記8団体に加えて、個別相談会への参加を依頼中の団体があります。
詳細は、きたネットのHPで随時ご確認ください。

※申請検討中の方は、事業資料などをお持ちください。
※助成申請の受付は行いません。


◆参加申込み◆
事前申込み要 
9月26日(火)までに、FAX(011-215-0149)、
Eメール(office@kitanet.org)等でお申込みください。

→チラシ裏面の参加申込み書をご利用ください。
チラシダウンロード こちら


※メールでのお申込は下記フォーマットをご利用ください

----------------------------------
「9/30市民活動助成セミナー2017」を申込みます。
・参加内容 
   第一部 ここがキモ!申請書の書き方講座 
        参加する/参加しない  
   第二部 制度説明会と個別相談会 
        参加する/参加しない 
・参加者氏名:
・他参加者名
・所属団体・企業・学校等
・住所:〒
・電話:
・Fax
・E-mail:
・助成申請をしたことがありますか?:はい(   回程度)/いいえ
・助成団体、きたネットに相談したいことがあれば、お書きください。


----------------------------------
申込み・お問合せ 
NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」
 〒060-0061 札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階 
 電話/011-215-0148  FAX/011-215-0149
 E-mail/office@kitanet.org

※お申込の際にいただいた個人情報は、
きたネットからの資料の発送やご連絡のみに使用いたします。

[主催] NPO法人北海道市民環境ネットワーク、
   一般財団法人セブン-イレブン記念財団
[後援] 北海道、札幌市

きたネットは、一般財団法人セブン-イレブン記念財団から助成を受け、市民の環境活動を支援する「市民環境活動支援協定」を結び、北海道の自然環境を子どもたちの未来へ引き継ぐために行動を行っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月24日(月)のつぶやき

2017-07-25 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌7/26】「ラブアースの森づくり in札幌」開催します

2017-07-24 | ラブアース・クリーンアップin北海道

 

ごみ拾いからつづく環境活動「ラブアースの森づくり」。今年度第2弾!
札幌のラブアースの森(札幌市茨戸川緑地内)で、樹木の手入れを行います。


  時 2017年7月29日(土)9:3014:00  (終了時間は目安です)

  所 札幌市北区茨戸川緑地内→ マップ(茨戸川緑地)
     (現地集合:送迎は要相談)

■内 容 樹木の除間伐、枝打ち、下草刈り等

持ち物 軍手、昼食、飲み物、タオル、帽子・長靴・雨合羽など(雨天の作業の準備)

参加費 無料 

申込方法 参加者の住所・氏名・電話番号を記入し、
  FAX・メール等でお申し込み下さい。
                  申込用紙ダウンロード

申込・問合 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク  
  〒064-0809 札幌市中央区南1条西5丁目8 愛生舘ビル5F 
  ・電話 011-215-0148
  ・FAX  011-215-0149
  ・E-mail office@itanet.org (@を半角に変えて送信してください

申込締切 7月25日(火)

主催 NPO法人北海道市民環境ネットワーク
         
NPO法人森林遊びサポートセンター

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月6日(火)のつぶやき

2017-06-07 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌6/12】KITA-NET CAFE 2017「野生動物と人間の未来~アフリカゾウから地球への伝言 」

2017-06-06 | きた★ネット事務局から

KITA-NET CAFE 2017

「野生動物と人間の未来~アフリカゾウから地球への伝言
講師 中村千秋氏 ~from Kenya(ケニヤ)


アフリカの大自然から、野生動物と人間社会の調和ある共存と共生を問い直す。

「大自然と人間社会の小さな架け橋となって、次世代に継承していく」ケニヤで、大型野生動物のゾウについての調査・研究を続けるかたわら、エコツアーや地域の女性たちの自立支援活動を行う中村千秋さん。

「地球を舞台に、人類も、自然の大オーケストラの一員として、音楽を演奏していきたい」人間以外の生き物、とりわけ大型野生動物が編み出してきた自然生態系の中で多様な命と共に生きるために私たちに求められる「健全な暮らし」とは何か。アフリカゾウの研究を通じて得た、自然と人間の共生のための貴重なヒントの数々をお話しいただきます。

大型野生動物が健全に生活できる自然生態系が残っていることがなぜ重要なのか、守り、つなぐために、私たちに何ができるか。参加者のみなさんとの意見交換も予定しています。

■日時/6月12日(月)18:30〜20:30 受付18:00~ 
■会場/ かでる2.7 1030会議室(札幌市中央区北2条西7丁目)
■事前申込要 定員35名(先着順・締切6/8) 
■参加費/一般700円 きたネット会員・学生 500円

参加申込みは
お名前・住所・連絡先(TEL. FAX. E-mail)、所属等をご記入のうえ、
 Eメールoffice@kitanet.org
 FAX(011-215-0149)

等できたネットへお申込みください。
※フライヤー裏面の申込書もご利用ください。

フライヤー ダウンロード・
表 http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaA.pdf
裏(申込書) http://kitanet.org/event/2017/20170612kitacafe-kenyaB.pdf

【中村千秋さん プロフィール】
1958年東京生まれ。アフリカゾウ研究者。ミシガン州立大学大学院卒業。NPO法人サラマンドフの会代表理事。酪農学園大学特任教授。放送大学非常勤講師。アフリカゾウ国際保護基金客員研究員。1989年より、東アフリカのケニヤのツァボ国立公園とその周辺地域を拠点に、野生のアフリカゾウと地域住⺠の共存をテーマに現地研究調査、地域住民の女性たちへの支援、現地での教育エコツアーの活動を継続中。専攻は、ワイルドライフ・マネージメント、自然保護学、栄養学。テレビの「情熱大陸」や新聞などのメディアでも紹介されている。

【主催・申込み】
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」 
札幌市中央区南1条西5丁目8番地 愛生舘ビル5階 
電話 011-215-0148 E-mail office@kitanet.org
http://kitanet.org/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月31日(水)のつぶやき

2017-06-01 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

北海道の環境保全活動のデータベース 「きたマップ」公開しました。

2017-05-31 | きた★ネット事務局から

北海道の環境保全活動のデータベース「きたマップ」公開しました。

 

「北海道の環境を守る活動が見えてくる」データベースをつくろう!と、認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク「きたネット」と、酪農学園大学環境GIS研究室が、公益財団法人自然保護助成基金の助成を受けて作成していた、北海道の環境保全活動のデータベースを、このたび、一部公開いたしました。
北海道の市民環境団体の活動情報、自治体の環境保全に関する条例や施策、環境教育や森林保全活動の実施状況など、北海道の環境活動に有用と考えられる情報をマップ上で見ることができます。
「ライブラリ」には、市民団体の発行するパンフレットや報告書などの出版物、環境関連フォーラムなどの動画が収められています。北海道の環境保全の歴史と現状を知る情報源としてご活用ください。

「きたマップ」は2017年5月に試験公開しました。提供可能な情報はまだ多くはありません。今後、時間をかけて、機能・内容の充実をはかっていきます。北海道の自然と人のゆたかな未来のために、さまざまな活動が「見える・つながる」データベースをめざします。
今年度から来年度にかけては、この3月に、一般のみなさまから情報をお寄せいただいた「北海道の守りたい自然」もマップにまとめていく予定です。
みなさま「きたマップ」をどうぞ宜しくお願いいたします。

このデータベースには、きたネットの会員団体の所在地や活動地を地図上に落とし、団体情報や活動概要を地図で見ることができる仕組みを導入しています。
こんな環境情報の集約・掲載に協力できるという団体や自治体、企業などのお声掛けも歓迎しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月9日(火)のつぶやき

2017-05-10 | スタッフのつぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

【札幌5/28】「ラブアースの森づくり in札幌」開催します

2017-05-09 | ラブアース・クリーンアップin北海道

ごみ拾いからつづく環境活動「ラブアースの森づくり」。
札幌のラブアースの森(札幌市茨戸川緑地内)で、樹木の手入れを行います。
  時 20175月28日(日)9:3014:00

  (終了時間は目安です)

  所 札幌市北区茨戸川緑地内→ マップ(茨戸川緑地)
     (現地集合:送迎は要相談)

持ち物 軍手、昼食、飲み物、タオル、帽子・長靴・雨合羽など(雨天の作業の準備)
参加費 無料 
申込方法 参加者の住所・氏名・電話番号を記入し、
  FAX・メール等でお申し込み下さい。

                  
申込用紙
ダウンロード

申込・問合 認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク  
  〒064-0809 札幌市中央区南1条西5丁目8 愛生舘ビル5F 
  ・電話 011-215-0148
  ・FAX  011-215-0149
  ・E-mail office@itanet.org (@を半角に変えて送信してください

申込締切 5月24日(水)

主催 
認定NPO法人北海道市民環境ネットワーク
            
NPO法人森林遊びサポートセンター

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加