信州・松川町の小さな農園。果樹栽培中。

長野県の南に位置する、松川町。
その中でリンゴをはじめとする果物を作ってます。
日々の農作業風景などアップ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暑いくらいに晴れてませう。

2016年01月31日 22時13分34秒 | 農作業日誌

すでに春のような陽気です。

もこもこの冬用つなぎを着てたら、暑いです。

寒い寒いいいつつ、まだ寒いほうが冬らしくて

リンゴやモモの花が、早く咲く心配がないので寒くいてください。



本日、中途半端な時間に出かける予定があったので

近くの畑で、片付けておりました。

剪定後の後片付け。これが大変なんです




これはナシ畑。

写っているのは1区画ですが、畑全体だと枝の量が半端ないです。


若干まとめられました。




ナシ畑は片付けがまだ。

リンゴ畑は剪定がまだ。

モモ畑は両方おわり。



うちはリンゴ畑が1番広いです。

枝の量も半端ないのです。腰いたくなりそう。


明日からまた剪定です。

この陽気で、雪がだんだん解けているのが幸いです。


防寒靴って重いんだよー。

これからは運動靴でいけそうだ。


剪定は2月中に完了させるのが目標です。

このペースでいければ全然問題なさそう。


結果は秋のお楽しみですね。

HPも2月中に完成予定。もうしばしお待ちを。



あっ、昨日書いてた”フードコーディネーター”の教本&問題集が届きました。

3級・・けっこういけそうな気がします。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨がやみませぬ。

2016年01月30日 21時39分49秒 | 農作業日誌

なかなか雨があがってくれません。

この時期の雨は寒いです。

恵みの雨として、雨も必要なのだけど。


晴れの日が続けば、雨がほしいといい

雨の日が続けば、晴れて欲しいという。


人間みな自分勝手ですな、お天道様も大変ですわ(笑)。


というわけで(?)、新しい資格を取ろうと思います。

「フードコーディネーター」というやつ。


将来なにがしたいか、役ににたちそうか、など考えたらコレが

いいんじゃないだろうかと。


いつぞやの記事で”6次産業化”したいとか”農カフェ”目指すと

書いてます。

その考えは変わってません。


そこに向かうためにコレは取っておいても、損はしないだろうと。


「資格貧乏」っていう言葉もあって、資格を取れば裕福に・高収入の職につける・・わけではないようです。


むしろそのための勉強が中心になってしまって、そこにお金をかけすぎるようです。

資格とかは自分の目指す目標への、道具だったり

今の自分の立ち位置をしるための指標くらいの考えです。個人的に。


それが必要な仕事なら、持ってたほうが有利ですが、


それを取ることが目的じゃない、先にある目標のために資格を取る。ですかね。



結局は1番大切なのって経験じゃなかろうか。

資格をたくさんもってても、実績のない人。



資格はそんなにないけど、実績のある人。

どちらがよいか。




まあ、いろいろ書いても単純にいうと

”役立ちそうだし、取りたいから取る”んです。



授験は10月~11月、詳細未定。半年あればなんとかなる。

まちがい、なんとかするんだった。


久々に勉強というものをしますか。(笑)。




ついで。

「フードコーディネーター」についてのHP。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

理想と現実とのはざまで。

2016年01月29日 21時12分30秒 | 心の叫び

ときどきふと思うときがあります。

本当にこのままでいいのだろうか。


やりたいことはある、目標って言えるものもある、

けどそれに対して、やれてること、足りないものもある。

そしてそこに近づいているのか、できているかがわからない。


なんか周りが成長してるのに、自分だけしてないような気がする。

人それぞれで、まわりと同じじゃなくてもいいと

頭の中ではわかってるけど、どうも腑に落ちない感じ。



今年で27になってしまうのだけど、成熟した大人って何なのか。

本当の自立って何なのか。


今、実家の農業してて実家住まいなのだけど

親離れができていないのか、何なのか。



実家暮らしでも、しっかりした大人ってみえて

ああなりたいって思う人がいれば、

親に頼りっぱなしで、ああはなりたくないって人もいる。



こういう違いはどこからくるのか。



10代のころに思い描いた理想と、今の状況。

努力は報われる、信じていればきっとかなう。


こういう言葉もある。



なにか心奪われるような衝撃にあったり、

大きな失敗や挫折で意図せず心変わりしたり、

自分の力だけじゃどうにもならないこともある。



そこに抗うのか、受け入れるのかでもまた変わる。


この生まれた世界でどう生きるのか。謎です。



親からしたら子供は、望んで生まれてきてくれた存在だけど

子どもからしたら、この世界に生まれたくて生まれた人はきっといないんじゃないだろうか。



大人になって親に感謝することはあっても、生まれた瞬間、

そこに個としての意識はない・・かな。その時を覚えていないし。

もしかしたらあるかもしれないけども。



世界は今あるものでできていない、

すべてはその人の色眼鏡でできている。らしい。


例として、「故郷ってどんなトコ?」と聞かれたら

私は「山ばっかのトコだよー」っていう。

けど海育ちなら「海がきれいでサー」っていうかもしれない。

都会育ちなら「ビルが多いんだよ」っていうかもしれない。



故郷っていっても人それぞれ、まして世界には60億も人がいる。

その中の1人。

1/6000000000.ったったこれだけ。


考え方も、育ちも、環境も違って当たり前のこと。




なんだろう、生き急ぎすぎてるのかもしれない。

理想を求めて生きるのも、現実を受け入れて生きるのも

どちらが正解かなんてない。


最後に決めるのは自分。


悩んで迷って、決断して。きっとその繰り返し。


ときどき立ち止まって、立ち位置を確認したり

目指すところ、自分の原点。

考えることも必要だな。



「20代がしておきたい30のこと」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モノは使いよう。。

2016年01月28日 22時20分38秒 | 農作業日誌

本通りに行かないことのほうが多いけれど、

ときどき「あっお手本通り。」と思えるような生え方がしてる枝があります。


この枝。専門的に言ったら”徒長枝”といいます。




こいつは枝の中で1番、養水分を吸い上げる枝です。

ほっとくとかなり大きくなります。


やり方によって悪くも良くもなる枝です。

放っておくとでかくなりすぎて、日が入らなかったり

病害虫の巣になったり、下の枝が弱くなったり。



けどうまく作り替えれば使える枝です。

樹そのものが弱っている場合には、わざと残して

養水分を引っ張る役目をしてくれます。



この枝は、前の農園主が結果枝に作ろうとしたのでしょうか?

本の参考とほぼ同じ。ココです。

右ページ上。



来年あたりに、立ってるの切れば使える枝に。

せっかくなので使わせてもらいましょう。

意識的か偶然かはわからないですが、

使えるものは使うのです。



ちなみにこの”徒長枝”。

育つとこんなことになります。




ここまで来ると、根元からバツンと切れません。

いきなり大きい枝を丸ごと切ると、本体が弱るか

反発がおき、枝がボッサーと生えてきます。


大きい枝を切る時は、根元の近くから段々と枝を落として

数年で切りたい根元で、切り落とします。

こういう切りたいけどまだ切れない枝は

”追い出し枝”と言います。



枝が少なくなってるので、「今年か来年切るのかな。」と、

作業を継いだ人も、わかるのです。


若干ニュアンスちがうかもしれないけど、

そういう作業もあるよということで。



先人たちは、地道に観察を続けて

どこにどんな枝が出るかとかを知ったんだろうな。

あやかっております<m(__)m>



剪定は切ることが主ではなく、いかにして使える枝を残すか。なのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苦手なこと。

2016年01月27日 22時16分15秒 | 心の叫び

どんな仕事にも、苦手なことってあるよね。

営業がいやだったり、残業いやだったり、マニュアル通りやるのがいやだったり。

プレゼンするのがいやだったり、それは自営業も同じのようで。


楽だからって、ヒマな仕事を選んだらヒマすぎていやになったり。

楽しいだけの仕事ってないですねえ(/・ω・)/



今日は突発的に、確定申告やらの書類もろもろが必要になったので

お役所、まわってきました。

個人的にこういう手続きとか、事務系の仕事が苦手です。



1つ目・税務署。

午前中ほとんど、ここにいたような気がする。

必要な書類は1つ。

聞かれることは数知れず(笑)。


どんな種類がいるのか?いつまでにいるのか?こちらは必要?…etc

向こうも仕事だし、こっちも必要で手間がかかるのはわかってるけど慣れないです。 

書類を用意してくれる時間もだいぶ。



待って・・。待って・・。待つ。



そしたら、今回頼んだのは、前住所のままになってたようで

前住所の管轄の税務署に、たのむことに。


いくらか早いということで、郵送で頼むことに。

そのために印紙やらがまたいるみたいで。

芋づる式に増えていく(笑)


とりあえずは、必要な書類ともらって書き方きいて

残りは家で。


ふう。



2つ目・年金事務所。


こちらは早かった。


「○○ほしいのでお願いします」

とりあえず順番待ち。

番が来たら、書類に記入して

本人確認のためのコピーして、終わり。


郵送で来るので、手荷物なし。

終わり。



持ち帰った案件を、消化。

来るまでは若干、日数がかかるそうだ。



必要だけど苦手なことってあるよね。

そういうのをやる時は、後回しにしない。

さっさとやることにしている。

おいといても、やる気が削がれるだけですし。

早くやってしまうのです。


まあ確定申告とか、だいじなんですけどね。

それでもいやなモノはいやです(笑)。





良いことの反対には、悪いことがある。

100万稼いだ人がいるということは、

どこかで100万損した人がいる。ということで。



新しい命が生まれたとき、

どこかで消えている命がある。ということで。



だれかに恋人ができたということは、

だれかが恋人になれなかった。ということで。



物事には相反する2つの事実があるのだよ。誰だよ。



ええ、良いこと楽しいことだけじゃ渡れないのだな・・。(´・ω・`)シミジミ



苦手なこと・嫌いなことをのりこえて成長いたしましょうか(笑)。










コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

撮るしん。

<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://www.nhk.or.jp/nagano/torushin/blogparts/base.js"></script>