天地わたるブログ

ほがらかに、おおらかに

国分寺を盛り上げるラップCD

2017-04-22 05:35:43 | 芸能
デザイン:米倉八潮

国分寺市に住み、当地でグラフィックデザイナーをする米倉八潮(わが長男)がラップのCDを出したそうだ。
彼は公園を家族のためにもっと活用するイベントを考案したり、国分寺の飲み屋をさまようなど地元の活性化に日夜励んでいる。
むかし「さらば国分寺のオババ」という椎名誠の本が出たがそういう乗りで国分寺を盛り上げている。

先日、子供が父のつくった歌「僕の住む街国分寺」を歌っていた。おもしろかったのでここに紹介する。

「僕の住む街国分寺」

景色が変っても
君と変らずこのまま
すごしていきたいな
僕の住む街国分寺
このままいつまでも
僕と変らず楽しく
遊んでほしいんだ
君の住む街国分寺

ああ、天気が良いな今日はって さて出かけようかぶらりどっか
国分寺公園の緑の芝生にごろっと寝転び空を見上げる
広い 青い ただそれだけだけどこんなに気持ちいいこともほかに無い
足を伸ばして下る崖線 途中の神社でいれる賽銭
お鷹の道は名水百選 受け継ぎ伝えるここ何百年
鷹のカフェ緑のハートランド ゆれる木漏れ日箱ブランコ
みたいに気持ちいいこんな午後 たまに思うよここはどこ?
史跡の街の道の傍ら そこらに落ちてる布目瓦
早めに下ろそう夜の帳 今日の仕事はもうこれで終わり
オレンジの電車で帰ってくる友達 馴染みの酒場にあつまるオヤジ
立ち飲みスタイルの赤提灯でうまいつまみ&赤星 ホッピー
飲んで待っててよすぐに行くよ 街を跳ねる僕はまるで飛び魚
二軒目で必ず塩昆布キャベツ 段違い格別これぞ傑作
仕事や何かでもしへこんだら いっしょに飲もうよあのレモンサワー
最後にいつものあいつの店できっとあいつらもそこにいるからさ
路地裏の沼 今日も長丁場 僕らの街で語り明かそうか
GOOD DAY GOOD LIFE GOOD NIGHT GOOD LIFE
はじめて会ったあのカフェも10年以上たつってそりゃ歳もとるさ
変らぬ味のタンドリーチキン 色々あったよね大雪に地震
多摩湖線の踏切の桜の木もボーリング場もなくなっちゃてさ
今じゃスーパーの駐車場 これからもどんどん変ってくだろう
街の景色は変わりゆくけど変らず楽しくやっていきたい
君と飲むのが僕の生き甲斐 特製ラーメン食べに行きたい
杯を重ねて言葉を交わし愚痴は酒で流し明日を探し
約束もせずにきっとどこかで会えるこの街 それが変らぬ価値



●CDお取り扱い場所
国分寺のいろいろな飲み屋、レストランに置いてあるらしいが一番たしかなのは、
みっくすばー「凛根」
国分寺市本町2丁目25-15峯岸店舗一階東側
営業時間:18:00-夜更け 定休日:火曜日
http://rinnekbj.exblog.jp/
3周年記念パーティー【虹色の沼】を日時:5/24 日曜日 午後5時〜午後11時にかけて開催。
料金:2,000円 1ドリンク付。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 折勝家鴨句集『ログインパス... | トップ | 金があれば西之島上陸を目指す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。