★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

旧シリア国家実効支配地域北部☆ユーフラテス西岸地域-トルコ侵略軍南侵で50村住民に追い立て

2016-10-15 19:50:36 | Weblog

 

 

33b17e6e65c13148e987ff9375ca392585773b3a_1476438942

 

旧シリア国家実効支配地域北西部

 ☆JarablusからExterinまでの

  トルコ侵略軍の越境南侵で

   50村の住民が追い立てられた

 

 

 JarablusからExterinに至るまでの地域へのトルコ侵略軍とその影響下にある武装組織群による侵略は、もはや2カ月間続いている。数十の村々が焼滅され、略奪され、無住居地帯(非武装地帯)が、同地の住民とその暮らしや財産を有無を言わせず踏み躙って収用して形成された。もちろん、総てトルコ国家暴力団総本部の身勝手で暴虐なワガママと意味不明な領土拡幅欲のせいで。

 
Friday, October 14, 2016
 
 
 

 旧シリア国家実効支配地域北部JarablusからExterinに至るまでの地域へのトルコ侵略軍とその影響下にある武装組織群による侵略は、もはや2カ月間続いている。数十の村々が焼滅され、略奪され、無住居地帯(非武装地帯)が、同地の住民とその暮らしや財産を有無を言わせず踏み躙って収用して形成された。

 越境南侵したトルコ侵略軍とその影響下にある手下武装組織による旧シリア国家実効支配地域北部ユーフラテス川西岸ジャラブラスからRaiやExterinに至る地域の侵略は過去2カ月間も続いている。その侵略行為に備えて同地で陰に陽に準備を行ってきたMIT工作員やトルコ侵略軍特殊部隊要員は当然ながら同侵略軍の道筋を手引し、養成した”反体制派武装組織”(旧アルヌスラ戦線やシリア・クルド民主党などを含む)を同盟軍に全く身勝手な”手ハズ通りの動き”を行っている。

この侵略行為で数十の村々が焼滅され、略奪され、奴ら侵略軍とその手下武装組織群が”村々を解放した”と称しつつ当該村々の住民を体よく追い出した。

 自分たちの村から離れたくなかった追い出された住民は、先ず何故か奴ら”解放軍”と勝手に自称自認する侵略軍に拘束され、ある者は激しい拷問を受けて殺され、ある者は拘束の後に解放されるも帰る家も無く着の身着のままで放り出された。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クルディスタン北部☆Van-トル... | トップ | クルディスタン南部☆南侵のト... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。