ヤジディ教徒クルド人のペシュメルガ戦士の一団がKDP(クルド民主党)傘下から去り、シーア派民兵組織Hashd al-Shaabiに参加した。それらペシュメルガ戦士たちは、その後、KDPにより”武装解除してクルディスタンを去れ”と脅迫された。なお、ヤジディ教徒クルド人ペシュメルガが何故シーア派民兵組織に与したのかの詳細は不明であるが、KDPがI$I$支配地域のままのシンジャールの村々をI$I$から解放しようとしない事が一因であるようである。