★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

★アムスとプラーグのスクォッターよりのメッセージ(粗約)

2008-11-12 18:55:10 | Weblog
Prague: Police intervention in the squat Milada
★プラーグ/ミラダ・スクォットに警察が介入
 15台の警察車両が、この11月2日のパーティ中に”建物チェックのため”に乗り
付けられ、理由はパーティの騒音だと奴らが説明。しかし、奴らは必要なく、
DJたちとのトラブルも解決したにもかかわらず、奴らはスクォットの中に入
り、スクォットの前で集まっていた全員に職質し回った。あるスクォッターは屋
根に移動し、既に捜索された他のスクォッターに場所替えされるまでは降りるの
を拒否した。この人物は後ほどに警察で数時間勾留され、精神病院に送致するぞ
と脅された。
 (スクォットしている)家屋はまともな不動産登記者がいないものとして公式
には存在しないのだが、近隣に建築計画のある一区画としては、総ての場が売却
されるほどの資産価値があるかもしれないと思われている。
 また2008年1月―6月までのEU議長任期のための国家的準備、警察力や安全措置
のために、総ての場や対峙する可能性を有するイニシアティヴが目下やられてい
ることであるので驚くに値しない。

 どうか排除策動に注視しておいてほしい!
Website: http://milada.org
-----------
Milada - squat in Prague (Czech Republic) since may 1998
★ミラダ――1998年5月からプラーグにあるスクォット
 2007年9月からの民衆の新コミュニティ…

 我々は世界の他地域からの自由の戦士や旅の者、活動家やアナキストらの客人
のための睡眠の場を提供するが、到着の時間、滞在期間を連絡されたい…当ス
クォットには駐車スペースも十分にある。当スクォットを訪問するならば、客人
の間を我が物として糞つまらん観光をするだけでなく、共同生活に参加していた
だきたい。ワークショップ、プレゼン、上映などや演奏活動などを当スクォット
でやりたいならば、前もって連絡されたい。
 あなた方は当スクォットで、イベントを見出すことだろう。ここに車で当ス
クォットに来るための地図がある。公共交通機関(電車、地下鉄、バス、路面電
車)で来るならば、ナドラツィ・ホレショヴィス(Nádraží Holešovice)駅に行
き、112番バスに乗ってPelc-Tyrolka(ペルツチロルカ?)で降りればよい。当
スクォットは二つのアホみたいに高いビルの次の一角の屋根に黒赤旗がはためく
学生館だ。
当スクォットに郵便物を送るなら…
Na Kindlovce 1, Praha 8,cz, 180 00
メールは… milada(aT)s(DOt)cz
ーーーーーー
Amsterdam: Direct action as a response to unwelcome visit
★アムス/招かれざる訪問への返答としての直接行動

 11月5日晩、マウリツケイドにあるYmereオフィスの内外にペンキ玉が投げ込ま
れ、ガラスが粉砕された。数週間前にその直接行動が行われてから窓ガラス群は
取り替えられていない。我々は奴ら糞どもをして引っ越さざるを得ないようにし
てやるのだ。
 この行動の深い政治的説明をするのは我々サイドの企図するところではない。
それは奴らの招かれざる訪問と最近のヴァン・ベツェラーシュトラートの占拠ア
パート群=解放区の破壊への直接のお礼だ。我々の敵が我々自身とその空間群へ
の継続的暴力を顕在化することや、地域のお上品化計画の実行が警察主導で行わ
れるのを決定していることが明白だからだ。
象徴的な抵抗は、実際に我々の排除や市のお上品化策動の背景で人々に影響を与
えなかった。我々は、排除の間中見せ物としての警察軍との闘い(それが決して
勝利なんかではないだろうもの)が、我々の生活やその空間群を買い支配管理し
ようとする奴らやその企業群に対峙する直接行動と組み合わせられるべきである
ことを提案したい。

 我々を訪問しやがれ、さすれば我々も訪問してやる。いざ、奴らの”幾つもの
家庭”に戦争をもたらさん!(アムスの戦闘的同志より)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Fw:大阪河内★アルミ買い取り... | トップ | FW: FWFより »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。