★北河内路上通信-the Voice of VoICelESs on roadsides in EastOsaka

 北河内路上通信は大阪北河内において、同地域の野宿者と助け合い、共にあろうとする有志によって始められました。

旧シリア国家実効支配地域北部☆Manbij近郊-トルコ侵略軍とその親和武装組織、住民2名を殺害

2017-01-03 23:42:43 | Weblog

 

 

 

旧シリア国家実効支配地域北部

 ☆Manbij近郊でトルコ侵略軍と

  その親和武装組織群が砲撃し

   住民2名を殺害

 

 

 

 トルコ侵略軍とその親和武装組織群がManbij近くのErima町にある村を砲撃し、住民2名が死亡、15名が負傷した。端っから”反抗的クルド組織”との停戦など考えにも入れていないトルコ国家やその現地支援武装組織群(SNCのような)がイニシアティヴを握る”停戦”など、当然この程度であり、奴らはこの件を”I$I$との戦闘でI$I$側が砲撃して住民を殺害した”とか”YPG側が我軍に砲撃を加え住民を殺害したため、制裁を加えた”などと傘下の宣伝機関を通じて報じることすら行うだろう。こうして奴らの南侵は体よく覆い隠される。

 

 
Tuesday, January 3, 2017
 
 
 
 
 
 

 旧シリア国家実効支配地域北部マンビジ地域の情報筋の報告によると、トルコ侵略軍と親和武装組織群は、迫撃砲によりマンビジ西郊のErima町にあるSheikh Nasir村を砲撃した。

 信頼に足る報告によると、その砲撃の結果、住民2名が死亡し、15名が負傷した、としている。なお、15名の負傷者はマンビジの病院に搬送されたという。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クルディスタン南部☆シンジャ... | トップ | シリア国家実効支配地域☆シリ... »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。