「喜多方ラーメン」という幻想

気になることとか書こうかな…

リンゴの産地なのに、市場には出ない不思議

2017-06-09 11:59:20 | 日記
福島県は東北地方では最南端に位置するので、青森県ほどではなくても、リンゴが特産品です

全国でいえば6位くらいと、けっしてダントツの生産量ではありませんが、そのリンゴが市場に出回らずに、取り扱う農協を困惑させているといいます。

なぜかといえば、福島県人は義理堅くて、日ごろのつきあいをとても大事にしています。

とくに、親戚とのつきあいが多いと感じている人が、全国一多いというアンケート結果も出ているほどです。

福島県人はよく、地元特産品のりんご「ふじ」を贈答品につかいます。

リンゴのシーズンになると、親戚や知人の間で季節の挨拶として、生産農家から直接「ふじ」を送ってもらうよう手配するのです。

その数は、1世帯平均でも10キロ入りの箱10個は下りません

生産農家は、それをすべて引き受けていると、市場に卸すほど残らないというわけです。

手に入れにくいので、さらに人気があがるという現象も起きているようです。

旬の時期初めに「ふじ」を手に入れて福島県人に贈ると、とても喜ばれます
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キンモクセイの実 | トップ | 北半球と南半球で季節が逆に... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。