キタジマ式酵素健康法

食べ物だけで如何にして生涯を健康で生きていくかを検証する。

便通を良くする菌の摂り方

2017年02月22日 01時37分47秒 | 健康管理
<大事なのは摂取の仕方だった!ビフィズス菌(ロンガム種)が便通を改善するってホント?!
________________________________________

日本人の多くの人が抱えているお通じの悩み。
せっかくの美味しい食事も楽しめない。
なんだか見た目も気になってきて、
お気に入りの洋服もおしゃれに着こなせず気持ちが落ち込んだり・・・。

そんな経験、ありませんか?
▼私、こんなに頑張ってるのに・・・
夜寝る前に常温のお水をコップ一杯飲んだり、
食生活を見なおしたり、腹筋運動で筋肉をつけたり。
努力しているのになかなかうまくいかない。
昔はそんなことなかったのに年を増すごとになんだかひどくなっている気がする。

それもそのはず。
おなかの健康に重要な働きをしてくれるビフィズス菌は年齡とともに減少してしまうんです。
▼成人では約10%まで低下?60歳ごろには1%以下?
生まれたときは腸内細菌の99%以上がビフィズス菌で占められています。
でも成人になると約10%にまで低下し、60歳ごろには1%以下になってしまうと言われています。(※1)

※1 光岡知足著「腸内細菌の話」より改変。
▼お通じの悩みにはビフィズス菌!
お通じの悩み、なんとかしたい!
今回はそんな方に朗報です。

食品摂取によるヒト試験の学術論文を調査したところ
ビフィズス菌(ロンガム種)が腸内フローラを良好にし、便通を改善することが確認されたのです。
つまりビフィズス菌が便通を改善するという科学的な根拠が見つかったということなんです。

では、ビフィズス菌を上手に摂るにはどうすれば一番良いのでしょうか。

「と言う広告を目にしました。検証します。」

菌だけでは意味がありません。摂取した菌が調子よく活動できる食べ物の組み合わせが悪ければ
何の活動も出来ないでしょうし、逆に菌を取らなくても菌が発生する食べ物もあります。

お腹の中には元々菌だらけなんですよ。


/font>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極陰性のジャガイモが | トップ | 断食道場実現物語 1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康管理」カテゴリの最新記事