キタジマ式酵素健康法

食べ物だけで如何にして生涯を健康で生きていくかを検証する。

減塩すれば鬱病が増え、冷え性も多くなる。

2016年07月27日 17時44分13秒 | 健康管理
oom RSS 1日の塩分摂取目標量は何g?

もっと知られているかなあ思いましたが、
正解率わずか3%との事なのでこちらでも紹介。

厚生労働省の
『日本人の食事摂取基準2015年版」』
では、食塩の1日の摂取目標量は
・男性8.0g未満
・女性7.0g未満
と設定されています。が果たして・・・

根拠は何か?
千差がある人下の身体です。摂取量の基準を作ることが間違っています。
減塩ブームの時代ですが、塩を減らすには摂る量が分からなければ減らしようがない。体質によって塩が必要な方とそうでない方がいるはずです。

陰性な方は塩分も少ないし、陽性な方は多いでしょうから万人に減塩させて良いものだろうか 疑問です。高血圧と減塩は正しいのだろうか。がんにげんえんは正しいのだろうか。

国中で減塩しているのに病人は増えるばかりです、減塩が病気をひどくし、免疫能も減少させている疑いも感じますので小生は減塩したことがありません。陰性食品には必ず増塩して食べています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

間違いだらけの「健康常識」・・の中の間違いさがし?

2016年07月26日 22時45分02秒 | 健康管理
間違いだらけの「健康常識」
~早寝早起き、運動、半身浴、粗食……60すぎたら寿命を縮めることもある
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/48753

今まで良かれと思ってやってきた
健康習慣に関していくつか反論されている記事でした。
主に高齢者向けを意識した内容になっているようなので、
若い方はそういう話もあるのかな程度に受け止めるといいかもしれません。

内容をざっとまとめると、、

・ウォーキング
朝ではなく、気候のいい日、
食後1時間ほど経った頃に歩くのが一番。

・ラジオ体操
夕方の4時から6時頃が最適。
筋肉を伸ばしたり、カロリーを消費するためには
この時間帯に行うほうが効果は高い。

・早寝・早起き
子供は『早寝・早起き』は良い。
60代、70代になってくると、『遅寝・遅起き・だらしなく』が
オススメ。人間の睡眠は、歳を取るほど質が落ちて長さも短くなる。
2歳児は12時間、20歳は8時間、70歳になると健康な人でも6時間程度。
早く寝すぎたら早く起きすぎてしまうとの事。

・半身浴
半身だけお湯に浸かったほうが身体が温まるというのはウソ。
全身浴は水圧で全身の血管が圧迫され、心臓に戻る血液の
量が増え自然と血流がよくなる。半身浴ではその効果も半減。
熱めのお湯で半身浴をするより、ぬるま湯にゆっくり、全身で
浸かるほうが断然、健康にはいい。

・筋トレ⇒腹筋
高齢者は腹筋よりスクワットで足腰を鍛えましょう。

最後にまとめ画像がありますが、ポリフェノールの効果などは
無理に否定している感じ。ポリフェノールが悪いといっている
わけではないのでうまく受け止めましょう。

この記事の間違い探しをしてみませんか。
陰陽の法則から考えて見ればかなり可笑しな説明を発見することが出来ます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある医師の癌闘病

2016年07月15日 07時06分29秒 | 健康管理
<死は人生を完成させる
と思えば怖くなくなる。

自宅などの自由でいられる場所で最期を過ごす必要がある。

と語った神代医師、200人以上の末期がん患者を看取り続けた医師が
末期がんになった。余命は1年もないと自らを診断した。
進行性の肺がんが脳に転移し手術した。

彼は、1,抗がん剤は使わない
   2,薬も胃腸薬程度
   3,治療も検査もしない
   4,倒れても救急車は呼ばない
とした。
退院後2ヶ月ごろから幻覚症状が起き出し看病の妻、三津子さんを困らせた。
そして5月17日、無呼吸症状が現れ、死の10分ほどまえ主人の目から涙がこぼれ落ちた。

ベットの下に妻と娘に当てた手紙がありました。
家族に感謝の書き置きでした。

神戸市新須磨リハビリーテイション病院、熊代院長享年67
葬儀の時の妻の実津子さんが読んだ手紙のなかから。

がん患者を治療している医療現場のの実態が分かる記録です。

治す役目の人さえ癌には、手も足も出ない現代医学であることがうなずけます。

発見する機械がいくら進歩しても完治できない証明です。

癌検診して早期発見すれば、癌より怖い癌治療が待っていることです。

早期発見早期死亡、さえ考えられます。

最近は治療後に亡くなる事象が全国的に増えています。

東京都知事に立候補した鳥越氏は都民を100%癌検診させると、力入れて叫んでいますが、如何なものだろうか?

神代医師は、術後にやらない4事項をあげましたが、
初めから何もしなければ状況は変わったように思われてなりません。

皆さんは癌になったら如何なされますか?

私は罹らないような食生活に気を付けています。
、もしかかれば家族のようにがん細胞と共に、命つきるまで、共存したと思います。
子供と同じで我が身の分身であると考えるからです。
不良の息子だからなおさら殺すことは出来ません。
/font>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

認知症対策していますか?

2016年07月06日 23時27分26秒 | 健康管理
認知症の検査は危険!不必要に脳梗塞&胃潰瘍の患者にさせられ「心配」増殖の恐れ

 自分が認知症かどうか心配という人が、多く外来に訪れます。しかし、そうした人の多くは認知症ではありません。わざわざ外来を受診して調べてほしいと考えるのは、認知症からほど遠い行動で、それだけで認知症でないと考えていいくらいです。

 逆にはっきりした認知症の人の大部分は、外来を受診したがりません。「うちのじいちゃんはもの忘れがひどいのに、『俺は大丈夫だ』と言って医者にかかろうとしないんです」といったケースは、認知症の可能性が高いです。

 前者の患者においても100%認知症でないとはいえず、さらに軽度の認知機能障害ということは案外あるかもしれません。ただ、その場合でも認知症そのものが問題ということはまずありません。問題は、本人が認知症を心配しているということです。

 こうした人に対しては、「認知症に対する心配」が一番の問題ですから、認知症そのものに対するアプローチより、「認知症に対する心配」に対するアプローチが重要です。

●生活上の不便がなければ心配無用

 しかし、こうした人が医療機関を受診すると、大抵はそれと反対の状況に陥ります。どんどん認知症だけでなく、それ以外のいろいろな健康に対する心配が増大します。

 たとえば、この状況でCTやMRIをとったとしましょう。するとどういうことになるかというと、70歳以上の人であれば30パーセントの人に隠れ脳梗塞といって、症状を出さず検査のみで見つかる脳梗塞が発見されます。そうすると、認知症ばかりでなく脳梗塞の心配も増えます。

 隠れ脳梗塞が見つかると、その予防のために「血液がサラサラになる薬を飲んでおきましょう」などと医師に言われるかもしれません。実際は、血液がサラサラになる薬なんてありません。血小板という血液を固める細胞の邪魔をして、血液が固まりにくくする薬があるだけです。

 さらに「血液サラサラの薬」は胃潰瘍になりやすく、血が止まりにくくなってしまいます。胃潰瘍になってそこから出血したら大変ですから、胃潰瘍の予防薬を飲んで、年に1回は胃カメラの検査を受けましょう、となったりします。認知症、脳梗塞に加え、胃潰瘍の心配まで付け加わります。

 もちろん「血液サラサラの薬」で脳梗塞が予防できる効果が、胃潰瘍からの出血などの害を上回る効果があれば、こうした心配も無駄ではないかもしれません。しかし、残念ながら隠れ脳梗塞の人に、そのような効果があるかどうかはっきりしていません。脳梗塞を起こしやすい糖尿病の患者さんでも、はっきりした害を上回る効果が示されていないくらいで、隠れ脳梗塞の人でどうなのかはよくわかっていません。認知症に対しては、さらに効果は不明です。

認知症の症状そのもので困っているのではなく、認知症の心配で困っているという人は、あまり検査をしないのがお勧めです。特にMRIをとったりすると、3割の人は、治療したほうがいいかどうかもよくわからない脳梗塞患者にされてしまうかもしれません。

 実際の生活上の不便がなく、認知症の心配だけであれば、何も心配はありません。検査などせずに、今まで通りに生活すればいいのです。

この記事に対する

検証します(私の対策) 

 ※ 脳の毛細血管が詰まらないような食生活

 ※ 降圧剤の薬を服用しない、

 ※ 少し足らないくらいの量の食事、

 ※ 加齢に伴い食事の回数を減らす、

 ※ 食べれば食べるほど脳から血液が遠うざかることを知る

 ※ 新陳代謝能力と、消化酵素の分泌を自覚する

 ※ 目標を沢山作りそれに向かって日々を送る

 ※ 問題意識を常に持つ

様なことに気をつけています。
国のゴミにならない、死ぬまで現役で働き、年金を当てにしない生き方をしなければ
自分自身が惨めになるだけで怖いことです。死ぬまで自分のエンジンで・・・

君津市の小さな森の中に長寿村の建設を目指して稼働し出しました。
興味のある方見に来て遊んで言った下さい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

卵と野菜のセットが今年は販売できそう!

2016年06月14日 17時43分00秒 | 健康管理
今年は健康長寿村建設のスタートを切ったために有脳な野菜づくりの協力者が出来たために
有精卵の卵と、無農薬酵素堆肥による大量の野菜が収穫が予想され、たまごと野菜のセット販売が出来そうです。
夏にはキャンプも出来るようにテントも設置します。


一張りのキャンプ用テント


時無し大根はすぐ芽が出ました


シャワー室の建築完成間際です


紅はるかの芋ずるを差しました


トウモロコシとツルナシインゲン豆が栄えています


猪対策に電線を張りました、ソーラー利用


写真をクリックすると大きくなります。

しばらく更新が滞りました。病気ではないかとTEIされた方がありました。
作業で追われて原稿が書けずにいました。

有り難うございます。すこぶる元気で取り組んでいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クジャクサボテン

2016年05月25日 02時18分05秒 | 健康管理
今年も咲きましたサンルームのクジャクサボテンの花です。

一日限りの命です。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無農薬有機栽培・趣味実用園芸の紹介

2016年05月14日 23時19分21秒 | 健康管理
無農薬有機栽培・趣味実用園芸の紹介

蒔いていた夏野菜の種に芽が出て大きくなりました。今や園芸店は夏野菜の苗がところせましと陳列され販売されています。駐車場は入れ替わり立ち替わり空くことがないほどの賑わいです。

シャワー室工事は一時中止夏野菜の植え付け、支柱の取り付け、虫除けネットの仕事に専念します。

昨日はニガウリのカーテンを創る計画で支柱に



キュウリの苗も本葉がで始めたので同じようにとりかかりました。向こう側はトウモロコシ





キャベツの種めがでました、ポットに植え替えです。



ボタンの花とアイリス。高菜の花が満開、花をダブルクリックすれば拡大します。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コーラやノンアルコールビール、スーパーの惣菜は要注意!

2016年05月11日 23時31分59秒 | 健康管理
24時間機械で大量製造されている食品は危険
© Business Journal 提供 「この情報は良く吟味すべきことです。あまりにも無防備な日本人の意識を高める記事と思います。」

 カラメル色素という食品添加物をご存じでしょうか。天然添加物の一種で、食品を褐色に染めるため、実に数多くの食品に使われています。コーラ、カップめん、インスタントラーメン、しょうゆ、ソース、めんつゆ、焼肉のたれ、カレールウ、レトルトカレー、漬け物、佃煮、菓子類、カフェオレ、ノンアルコールビールなどの加工食品のほか、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで売られている焼き鳥、焼きそば、弁当、惣菜、惣菜パンなど多種多様に用いられています。
おそらく、ほとんどの人がなんらかの食品を通して、毎日カラメル色素を摂取していることでしょう。

 そのカラメル色素の一部には、発がん性物質が含まれているというショッキングな事実があるのです。したがって、気づかないうちに発がん性物質を体内に取り込んでいることになるのです。今や日本人の2人に1人ががんを発病しているとされていますが、カラメル色素がそれと関係している可能性があります。

 カラメル色素には大きく4種類ありますが、それは次のようなものです。
・カラメルⅠ…デンプン分解物、糖蜜、または炭水化物を熱処理して得られたもの、あるいは酸もしくはアルカリを加えて熱処理して得られたもの。
・カラメルⅡ…デンプン分解物、糖蜜、または炭水化物に亜硫酸化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリをさらに加えて熱処理して得られたもの。
・カラメルⅢ…デンプン分解物、糖蜜、または炭水化物にアンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて熱処理して得られたもの。
・カラメルⅣ…デンプン分解物、糖蜜、または炭水化物に亜硫酸化合物およびアンモニウム化合物を加えて、またはこれに酸もしくはアルカリを加えて熱処理して得られたもの。
 
これらのうちⅠおよびⅡと、ⅢおよびⅣには大きな違いがあります。それは、ⅢとⅣにはアンモニウム化合物が原料に使われているという点です。そのためⅢとⅣには、それが変化して副産物として「4-メチルイミダゾール」という物質ができてしまうのですが、実はこれに発がん性があるのです。アメリカ政府の国家毒性プログラムによるマウスを使った実験で、4-メチルイミダゾールに発がん性のあることが確認され、2007年には発がん性物質に指定されました。なお、カラメルⅠとカラメルⅡには、4-メチルイミダゾールは含まれていません。
 どのようにして4-メチルイミダゾールががんを発症させるかというと、その化学構造が動物や人間の遺伝子(DNA)の塩基に似ているためと考えられます。特にチミンとシトシンに似ているのです。そのため、DNAの塩基の中に入り込んで構造を変えてしまい、その結果として細胞が突然変異を起こして、がん化すると考えられるのです。

●日本では野放し状態
 アメリカでは、カラメル色素の安全性が社会問題になりました。なぜなら、アメリカ人が大好きなコーラにカラメル色素が使われ、それに4-メチルイミダゾールが含まれていたからです。特に環境汚染に厳しい姿勢をとっているカリフォルニア州では、4-メチルイミダゾールの1日の摂取量を29マイクログラム(マイクロは100万分の1)と定めています。コーラ1缶(約355ミリリットル)には、その3倍を超える100マイクログラム以上が含まれていたため、コーラを販売している米コカ・コーラと米ペプシコは製法を変えることで4-メチルイミダゾールの含有量を減らしたコーラを新たに発売したという経緯があるのです。

 日本では、この情報は一部のインターネットニュースで流れただけで、テレビや新聞などは取り上げませんでした。そのため大きな問題にはなりませんでしたが、状況はアメリカと変わらないのです。つまり、市販のコーラには4-メチルイミダゾールが含まれ、その量はカリフォルニア州の基準を超えているということです。日本では、以前と製法が変わっていないからです。
 前述したようにカラメル色素は4種類ありますが、食品に表示されているのは「カラメル色素」という言葉のみです。つまり、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳのうちどれが使われているのかわからず、市販の食品にカラメルⅢまたはカラメルⅣが使われていても、避けることができない状況にあるのです。

 日本では、まだカラメル色素の危険性はそれほど知られていません。そのためカラメル色素に対する警戒心が弱く、知らずに4-メチルイミダゾールを摂取している人がかなり多くいると考えられます。この状況は改善されるべきと考えます。
 消費者庁は、食品添加物の許認可事務を行っている厚生労働省に対して、カラメルⅢとⅣの使用を禁止するように働きかけるべきでしょう。それができないのであれば、各食品メーカーに対して、4種類あるカラメル色素のうちどれを使っているのか、きちんと表示させるようにすべきでしょう。
(文=渡辺雄二/科学ジャーナリスト)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認知症の予防発病の確率は減らせます!

2016年05月10日 20時13分45秒 | 健康管理
認知症予防には生活改善がカギ!

きちんとした食事や睡眠、適度な運動を心がけるなど生活習慣を見直せば、発病の確率は減らせるはずです。また、趣味や職場以外の社交場を持つなど、毎日を生き生きと暮らす工夫も大切です。

健康的な食事と身体運動を心がける人は認知症になりにくい

多くの研究者が、認知症と食事、身体運動についての研究報告を発表しています。
そのどれもが「バランスの良い食事」と「適度な運動」が大切であると指摘しています。
できるだけ早い時期から体に気をつけた生活を送ることが生活習慣病を抑え、
結果的に認知症の予防になるということなのでしょう。

フィンランドおよびスウェーデンでの研究結果

「中年期に健康的な食事を摂取して運動を行うと、数十年後に認知症に罹りにくくなる可能性がある。」

これは、第10回国際アルツハイマー病・関連障害会議(スペイン、マドリード)で研究者らが伝えたメッセージです。
同会議で発表された研究では、健康的な食事の摂取と身体的に活動的であることが効果を及ぼす可能性が強調されました。
これは、早く始めれば始めるほど良い効果をもたらすそうです。

これらの研究のうち2件は、フィンランドで成人1,400名以上を対象に実施された
Cardiovascular Risk Factors, Aging, and Incidence of Dementia(CAIDE)プロジェクトによるものでした。

参加者は中年期に同研究に参加した時点で、食事調査を受けるとともに、
仕事関連および余暇時間の身体活動量を記録されました。

それから約20年後、余暇時間に身体的に活動的であった人たち、
および食事に魚と多価不飽和脂肪が多かった人たちの方が、
活動的でなかった人たちや乳製品やスプレッド(※1)から多くの飽和脂肪を摂取した人たちより、
頭脳が明晰で記憶力も良好な傾向がありました。

こうしたパターンは、認知症の最も一般的なタイプであるアルツハイマー病のリスク上昇に関連する
アポリポ蛋白(Apo)E e4遺伝子を保有する人たちにも認められました。

この食事研究は、フィンランドのクオピオ大学のMarjo Laitinen, MScらが行ったものです。

また、身体活動研究を行ったのは、カロリンスカ研究所(スウェーデン、ストックホルム)
のSuvi Rovio, MScをはじめとする研究者らでした。
Laitinen氏らの知見は2件の北米の研究と一致しています。

※1:スプレッド=パンやクラッカーに塗るピーナツバター、ジャムなどのこと

カナダおよびアメリカの研究結果

カナダでは、64歳以上の成人4,600名以上を対象に研究が行われました.

そして、5年間に被験者454名が認知症以外の認知障害を発症しました。

また、研究開始時点で身体活動レベルが最高であった被験者は、
認知症意外の認知障害を発症する可能性が最も低いことも明らかになりました。

年齢、性別、教育レベルなどのリスク因子を補正しても結果は変わらなかった、とLaura Middleton, MScらは報告しています。

また、ボガルサ(アラバマ州)で実施された長期Bogalusa Heart Studyにより、比較的若年であっても、
健康状態良好であることは脳に有効である可能性が示されています。

この研究において、チューレーン大学神経学教授Benjamin Seltzer,
MDらは、24-44歳の Bogalusa Heart Studyの被験者72名に関するデータを調査しました。

被験者らは、記憶、単語認知などの心理的スキルの検査を受けました。
そして、被験者が高齢であるほど、また、インスリン(血糖を調節するホルモン)
血中濃度の高い被験者ほど、いくつかの検査のスコアが悪いという結果が出ました。

「これらの知見から、生涯を通じて心血管系の健康を維持することの重要性が強調される」とSeltzer博士らはいいます。
彼らは今後、小児期における心臓の健康が中年期の認知機能に影響を及ぼすかどうかを研究する予定だそうです。

シンプルライフが認知機能を改善する?!

アメリカのUCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)の精神・行動医学科のGary W. Small医師らは、
加齢に関係するもの軽度の記憶障害に健康で長寿なライフスタイル(下記)がどのように影響するかを調べました。

35歳から69歳までの17人の認知症はないが記憶障害を訴える人たちにを2つのグループに分け、
第1グループ(8人)については脳に健康的な食事、リラックス運動、心臓血管系をよい状態に維持、
言語記憶訓練の心理運動を行いました。
第2グループ(9人)についてはそれまで通りの生活を送ってもらいました。
これを2週間続け、試験前と後で記憶能力の自己評価、認知機能テスト、
PETによる安静時の局所の脳代謝について調べました。

その結果、介入した第1グループの人は言語流暢性が高くなり、脳の局所(左側背側前頭葉前部皮質)
で5%の代謝の減少がありました。

第2グループでは変化はありませんでした。

これらの結果から、心理的身体的な運動を加えた健康的なライフスタイルは認知機能と脳代謝に有意な効果があると、
この研究者は結論付けました。また脳局所の安静時に代謝が低下したことは作業記憶の関係する脳の局所の認知機能を高めることに関係があると推測しました。


このデーターを如何に熟読して行動しても認知症の予防になるとは考えられない気がします。
五月の連休に断食に来られた女性から認知症の予防はどうすれば良いかの質問がありました。

その答えは、脳の毛細血管に滞りなく血液の循環をすることであり、
食事や睡眠、適度な運動を心がけるなど生活習慣を見直せば、発病の確率は減らせるだろうけど
具体的に述べられてはおらず生活習慣をどのように見直すかです。

エネルギーの観点からみて陰陽の疾患を究明することではないかと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シャワー室の建築・壁組完成

2016年05月03日 17時17分38秒 | 健康管理
木曜日の雨風対策・壁組90%完成の写真です。



十年前に三年かかって建てた手作りの我が家を北側から撮影・工事は完全終了していません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の新薬」は国を滅ぼす!!

2016年05月02日 23時16分00秒 | 健康管理
夢の新薬」は国を滅ぼす!!
国民一人一人の努力で防げる病をこのまま放置して良いのか?

日本で開発された画期的な免疫療法薬で、悪性黒色腫のほか肺などのがんへの適応拡大も期待されている。いわば「夢の新薬」

1人の患者がオプジーボを使うと、年に3500万円かかるとされる(体重60キロの患者が1年間26回使用を想定)。画期的な新薬は以前にもあったが、これほど高額の薬代がかかる新薬は類を見ない。

年に3500万円もかかる薬だが、実際に求められる患者負担は月8万円程度で済む。なぜなら、わが国には、国民全員が加入する公的保険(国民皆保険)があるのと、医療費の自己負担分が一定額を超えると軽減される高額療養費制度があるおかげである。実際にかかる薬剤費と患者負担の差額は、国民全体で負担した医療保険料と税金で賄われる。だから、「夢の新薬」はお金持ちだけの新薬でなく、大半の人が使える新薬である。

この高額の「夢の新薬」が、多くの恩恵をもたらすのはよいのだが、その代償も大きい。現在、使っている患者は少数だが、日本に肺がん患者は2015年で推定13万人いて、もし患者(少なく見積もって)5万人を対象に、オプジーボを1年間使うとすると、3500万円×5万人=1兆7500億円の薬代が今後必要となる。

現在、日本の医療費は約40兆円で、そのうち薬剤に使われているのが約10兆円である。この1兆7500億円という金額は、今すでに国民全体で使っている薬剤費の20%近くに相当する額である。今後、オプジーボというこの1つの薬だけで、今の薬剤費が1.2倍になるかもしれない。

今後、同様の高額薬剤が次々と開発され、わが国で国民皆保険の仕組みで供されるようになれば、今は医療費全体の20%程度である薬剤費はもっと増えることになる。そして、その薬剤費を支えるために、国民に求める医療保険料と税金の負担はもっと増えることになる。
国民が皆で税や保険料を出し合ったお金で支え合っていることを忘れてはならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

炭酸飲料水は歯を溶かす?

2016年05月01日 20時18分55秒 | 健康管理
「炭酸飲料が歯を溶かす」という通説は本当か その酸性がどれだけ強いのかに目を配れ
と言う記事がありました。

 「炭酸入りの甘い清涼飲料を飲みすぎると歯が溶ける」
 このような話を耳にしたことがありますか? 

 筆者は歯科医師として歯や口周りの情報を「ムシバラボ」というサイトで発信していますが、
そこで訴えていることのひとつが、炭酸入りの甘い清涼飲料の歯に対する危険性です。

 なぜ危険なのかというと、酸味としてリン酸やクエン酸などの酸が加えられていること、
砂糖が大量に含まれていることが大きな理由として挙げられます。
「炭酸が歯を溶かす」という話もよく聞きます。無味の炭酸水でも歯は溶けてしまうのでしょうか
 最近ではさまざまな飲料メーカーから炭酸入りのドリンクが販売されています。
今回はその炭酸水が歯に起こしうる影響などについて解説していきます。

 炭酸水とは炭酸ガスを含む水のことを呼び、別名ソーダやソーダ水、
炭酸飲料などと呼ばれていますが、広い意味ではこれらも炭酸水です。
このような炭酸水は甘酸っぱい味がしますので、いかにも歯に影響がありそうなことは予測がつきやすいものです。
 
 それに対し、味のついていない炭酸水は自然界からも湧き上がっており、売られています。
また、人工的に作られた無味の炭酸水も多く売られています。

 このような炭酸水は便秘や美容にも良いということで、最近人気が高まっていますが、
ただの水に空気が入っているだけかというと実はそうではなく、
炭酸が入っていることで性質が酸性になっています。

 炭酸の入っていない普通の水は中性で、酸性かアルカリ性かを示す指標であるPH(水素イオン濃度)でいうと7程度です
。PHは7より低いと酸性、高いとアルカリ性ということになります。歯は口の中の酸性度が強くなると溶け出します。
その基準は、PH5.5以下(臨界PHといいます)とされています。

 無味の炭酸水のPHはメーカーにもよりますが、ほとんどがPH5.5以下です。
ただし、お口は酸性に傾いても、唾液の作用によって中性に戻す働きがありますので、
時々飲む分にはほとんど影響はないといっていいでしょう。しかし、口にする頻度が多かったり、
唾液の減る就寝前に飲む習慣があったりすると歯は少しずつ溶かされてしまう可能性があります。

 無味の炭酸水は水と炭酸ガスだけでできているかというとそうでない場合も多くあります。
香り付けがされている炭酸水はもちろんですが、無味の場合でも添加物が入っていることがあります。

 このなかでも気をつけたいのが、香り付けのされているフレーバー付きの炭酸水です。
フレーバー付きの炭酸水はオレンジジュースほどの酸性度であるという報告があります。
オレンジジュースのPHは3.5~4.0位ですから、かなりの酸性度であると言えます。
フレーバー付き炭酸水の中でもレモンやライム、グレープフルーツのような柑橘系のものが特に酸性度が高いのですが、これは添加されているクエン酸の影響です。

カロリーゼロとして売られている炭酸飲料も、「砂糖が入っていないから虫歯にならないだろう」
と思われがちですが、クエン酸が入っていたり、人工甘味料も酸性であったりすることから、
歯を溶かす作用があることは知っておく必要があります。

歯を溶かすより怖いものは、酸性食品と言うことの方が要注意です。
これにプラス動物性食品が加はわればどうなるのかを考えるべきです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コレステロールは高い方が良い・あなたは信じますか?

2016年04月29日 22時39分39秒 | 健康管理
●コレステロールは高いほうが死ににくい


 コレステロールの誤解はこれだけではありません。3月20日、興味深い研究が発表されました。「コレステロール医療の大転換」と題した日本脂質栄養学会主催のシンポジウムです。があなたは信じますか?

どんな研究をしようともそれは自由であり発表も自由です。それを判断するのも自由ですがその結果は自分に降りかかります。
慎重な判断を!反植物性の方の研究のようです。

 
「コレステロールは動脈硬化の原因になるとして、基準値を超えると投薬などで低下が図られますが、
実はそうした治療には意味がなく、そもそもコレステロールは高いほうが長寿命であることが真実だと証明し、
広めるために開かれました。

3名の専門家による講演のタイトルに、このシンポジウムの趣旨が表れています。
© Business Journal 提供
・「コレステロールは高い方が死ににくい」 浜崎智仁(富山大学名誉教授)
・「コレステロールが高い人低い人、どこが違うのか」 板倉弘重(茨木キリスト教大学名誉教授)
・「コレステロール低下剤と植物油が心疾患や糖尿病を発症させる機構」 奥山治美(名古屋市立大学名誉教授)
 
どの講演も数々の研究と大規模調査の解析を基に発表されており、
これまでのコレステロール認識を覆す大変興味深い内容でした。

 なかでも「このシンポジウムのねらい」として、スタチンなどのコレステロール低下薬でコレステロールを低下させると、
かえって心疾患や糖尿病の原因となり危険であることを広めたいと訴えています。

 こうした情報は、まさに「テレビでは公表されない重要な情報」で、知らなければ寿命を左右するだけでなく、
国民医療費の無駄遣いにも関わってきますので、適切で早急な対策が必要です。
国内市場が2700億円といわれる製薬会社の利益より、国民の健康を優先するべきです。
 
また、奥山治美氏の講演で植物油の害の指摘もありました。
間違ったコレステロール対策として動物性の油よりサラダ油やキャノーラ油など植物油の使用が、
スタチンの副作用と同じように動脈硬化、糖尿病、内分泌かく乱、腎障害などを発症させているのです。

 したがって、コレステロールを気にして卵を避ける必要はありませんが、
マヨネーズは卵が原料とはいえ植物性油が70%を占めますので、動脈硬化予防のためにも控えるべきです。
 
本連載では、これまでトランス脂肪酸やリノール酸の過剰摂取、
熱したリノール酸が発生する神経毒ヒドロキシノネナールなどを問題として
植物油の害を訴えてきました。

それでも、コレステロール対策としてサラダ油やマーガリンなど植物性の油を使っている人がいると思いますが、
やはり植物油はとても危険なのです。」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康長寿法の1つである長期目標を設定しました。

2016年04月28日 11時47分47秒 | 健康管理
健康長寿法の1つである長期目標を設定しました。

平成32年までに(2020年)長寿村の設立する
事です。

途方もない夢ですが今後の高齢化社会を描いてみると、

700万人が痴ほう症になる、と言う予測。
忍び寄る高齢化破産・介護に疲れた妻が夫を、夫が妻を殺害する事件が頻発し
国の予算はひっ迫し税金は増加するばかり、
現代医学は検査技術ばかりを進歩させ、完治させる治療は出来ず
切ったり外したりイジメたりの薬害をばらまき
命だけを長引かせ数字だけの長寿大国、5人に一人が痴呆になり、二人に一人が癌になり、
停電すれば透析患者が全滅する。

このような状況は益々激化することは想像すればだれでも描くことが出来るでしょう。

そのような時代の仲間入りすることには耐えがたく、少ない私財をなげうる覚悟で
長期目標を立てました。

約千坪の土地に完全手作りでスタートです。

関係している健康道場のお客様には声かけしていますがなかなか好評です。

裕福なスポンサーでも付けば実現は早いかもしれませんが、
私の長期目標が早く実現すれば長寿が出来なくなるといけないので
レンガを毎日一つでも積み上げて、長寿村と言うお城を建てようと思っています。

頭の中に描くその内容は、

老人たちが、楽しく野菜を栽培し、土壌改良の堆肥を作り、
完全食の有精卵の養鶏をし、趣味の工房を開き、花を植え、テントを張り、料理を作りあい
、屋台を作って求めあい、カラオケで歌い、酒を酌みかわし語り合い、
元気で楽しく働きながらお互いを助け合う生涯現役長寿村の建設です。

毎日更新していきますので時々覗いてくだされば嬉しく思います。

写真は畑の模様と、作業にボランティア活動された方の汗を流すための
シャワー小屋を基礎組しました。そして周辺の森林の模様。













コメント
この記事をはてなブックマークに追加

健康長寿と食生活

2016年04月25日 03時22分11秒 | 健康管理
健康長寿と食生活

人間界にしかないプラス栄養学は
「今何を食べたら健康のためになるか、」
の今も、何処のものかも無視されています。

自然の環境に適合して生かされている生き物は植物だけなのだろうか?
夏野菜の種のまき時を間違えば芽が出たとしても育ちません。

人間は高等な動物故に環境に適合していない輸入食品を食べたとしても
急には変化が起こらないために生活習慣となってしまいます。

食物に含まれている栄養が同じでも育った環境のエネルギーが、

食べた人が生活している環境と異なれば健康が保たれなくなります。

身土不二の原則を守らなければなりません。

量の加減必要となります。消化酵素の量は年齢によって変化します。
また消費エネルギーによっても大きく変わります。

また頭脳労働者と、肉体労働者とは完全に違います。

以上のようなことを考えて食生活をしていれば偶然に長生きすることもなく
病気をすることも無くなるはずです。

癌は国民病では無いかと心配する人がありますが、癌を始め総ての病気はあなたの食べた結果である事を認識いたしましょう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加