キタジマ式酵素健康法

食べ物だけで如何にして生涯を健康で生きていくかを検証する。

毎年検診が、果たして早期発見なのか?

2017年02月18日 23時41分01秒 | 健康管理
<女優・藤山直美(58)が、初期の乳がん(右側乳房)と診断され、治療のため休養することが17日、分かった。

現在は治療方針を決めるため、通院で検査を受けている。
藤山主演で3月に名古屋、4月に大阪で上演予定だった舞台「おもろい女」は
全日程中止が決定した。

藤山の事務所が、舞台製作の東宝を通じて公表した。

藤山は10年前から毎年1月に乳がん検診を受けていたといい、
今年1月の検診で要再検査となり、2月上旬に初期の乳がんと診断された。

全ての検査が終わっておらず、今後、通院検査を継続後、主治医の指示に従って治療に入る。
藤山は病気を比較的冷静に受け止め、医師に全て任せる意思を示しているという。

治療を受ける地域は非公表とした。

本来なら20日から名古屋公演の舞台稽古を開始予定だったが、
連絡を受けた東宝が協議し、主演舞台の中止を決めた。

藤山は「この度は私事により休演させていただくことになりましたことを心より深くお詫びいたします。皆々様に少しでも早くお目にかかれますよう、お医者様の方針に従って治療に専念させて戴きます」とコメントを発表した。

医療被曝でなければ良いのだがと、不安が残る話です。/font>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間の死は病気がすべて原因なのか

2017年02月18日 00時00分49秒 | 健康管理
<・コメント
『マクロビオティック、菜食主義、ベジタリアン、マクロビが癌になる』のではなく、
『人間の死因の多くは癌である』というだけでは?

その通りです。マクロビで癌になる訳ではない、
しかし、マクロビで癌が治る訳でもないし、罹り難くなる訳ではない。
また、正確に言うと最近の人間の死因の多くは癌である。
何故なら癌以外の病気は治癒できる率が向上したから。

何の要求もしていないのに上記のコメントが届きました。
マクロビ関係者のようですが,人はいろんな言い訳を思いつくものです。
「人間の死因の多くは癌である」とは統計的に見た場合であり、
何故多くが癌になるかを追求しなければならないではなかろうか。

取り巻く食生活と社会制度そのものが癌化していて
人類は癌発を中心に滅亡に向かっているような気がします。



我々は病気するためにこの世にやってきたのではない。
大自然の得れるギーによって生かされています。
絶対的正義に則って生きていれば病とは無縁になります。
病気は正義に反した結果であり
恥である自覚が必要です。

桜沢先生なきあと、マクロの世界は崩壊しています。料理教室などおかずの
研究ばかりでファッション化し意味の無い資格などを作り営業化しています。
玄米だけでも食べる人が少なくり、肉食も平気です。

/font>
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

糖尿病ブドウ糖スパイクの改善は

2017年02月14日 00時00分02秒 | 健康管理
糖尿病ブドウ糖スパイクの改善は

ブドウ糖スパイクとは、糖尿病の人は少しの糖質を摂っても血糖値が正常な人より高くなります。
これは糖尿病患者にとってとても危険な状態になることで、
このような状態をブドウ糖スパイクと専門的に呼んでいます。

正常な人の食事後の血糖値は140㎎未満ですが、
糖尿病患者が糖質とるとブドウ糖スパイクが起こり血糖値が200㎎を軽く超えます。

中性脂肪の原因は、白米、果物、白身の魚、砂糖です。
今までは脂肪の摂りすぎによって肥満になると考えられ、ダイエットするなら脂肪を控え野菜を中心に食事することを考えていました。
しかし、脂肪が肥満の最大の原因という見方には大きく見逃していることがあります。
それは、体に脂肪として付きやすくなるのは白米やパンなどの糖質と脂肪を一緒にたくさん摂った中性脂肪も問題です。

なぜかというと、糖質はエネルギーとして使われるため、脂肪は予備のエネルギーとして体に蓄えられます。
エネルギーとして使われる糖質を摂らずに脂肪やたんぱく質だけを食べれば、
脂肪やたんぱく質が糖質の代わりにエネルギーとして使われ肥満になりにくくなるというわけです。
残念なことに、この事実はあまり知られていません。

糖質中心の食生活で糖尿病に!
糖質とは単糖類の総称で、穀類の白米や小麦、トウモロコシ、ブドウ糖や果糖、イモ類に含まれるデンプンなどです。
糖質は私たちが生きていくための大切なエネルギー源になっています。
糖質を摂ると血糖値がすぐに上昇します。すると血糖値が上昇し過ぎないように、
すい臓からインスリンが分泌され血糖値を一定にする働きをします。
このインスリンはすい臓のβ細胞から分泌されますが、
糖質中心の食生活を何十年も続けているとβ細胞が衰えインスリンの分泌が減少し高血糖の状態が続きます。
このように高血糖が長く続くことによって糖尿病が発病します。また、
糖尿病患者の食後に血糖値が急上昇するブドウ糖スパイクが長年続くと、
血管を痛め眼底出血や腎臓病といった合併症になります。

一番早く膵臓を正常にするには膵臓を休ませることです。
代替えのインシュリンを補給するのでは無く食を絶ち血糖値を上げなくすることです。
血糖が無くなると意識不明になり危険ですので酵素を飲みながら食を絶つのが安全で膵臓も復活します。

残念なのは糖尿の方は口に甘いものが血糖値を上げると思っていますので
食事の代わりに酵素を飲むことが出来ないのです。
酵素断食に挑戦された方の中で結婚も出来ないほど重傷だったのが成功され子供2人に恵まれました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

絶対的正義を知るには

2017年02月13日 00時00分00秒 | 健康管理
日本人の健康法のおお嘘」で検索したら以下の記事が出てきました。

どれを信じたらよいか分からなくなってきます。
その正しい判断は人間が語るものでは信じられません。

絶対不変の宇宙の秩序法則を物差しにして判断すれば
正しい答えが分かります。<
a

日本人が信じている健康法の大半は嘘だったッ!ウコンは肝臓に悪い・ブルーベリーで視力は回復しない・海藻で髪は ... 企業の説明を鵜呑みにするのもスレタイ通りに馬鹿を自己紹介している様なもの
日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が ...

特集「逆さま健康法」には大きな反響があった。信用に足るかどうか怪しい情報が溢れているのは、食品も同じ。身体に良かれと思っていた食生活が、実は寿命を縮めていた――。 特集「逆さま健康法」には大きな反響があった。信用 ...
【お腹 ダイエット】日本人が実践する健康法の「大ウソ ...


【お腹 ダイエット】日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます! ウコンは肝臓に悪い、海藻で髪は生えない… 【お腹 ダイエット】「ウォーキング」と「ランニング」痩せるのはどっち?【成功に導く ...
日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が ...


日本人が実践する「健康法」の大ウソ~このままでは寿命が縮みます! (02/11) ニャンともおしゃれで機能的な『ネコマフラー』 (02/11) 前日に動いた銘柄_part1:三井海洋、ツクイ、アーレスティなど (02/10) Copyright © 独立起業のための ...
Ceron - 日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは …


脂質をしっかり摂ることで便秘も解消できるのです。大概の人が食物繊維の豊富なゴボウやニンジンなどの根菜類を一生懸命食べていますが、それでは便秘は改善されません。日本人が実践する健康法の「大ウソ」
日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が ...


トップ 美容・健康 日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます!(週刊現代) | 現代ビジネス ... ウコンもブルーベリーも海藻も、サプリだって、薬ではなく食品。毎日多量摂取せず、時々ほどほどに摂れば ...
日本人が信じている健康法の大半は嘘だったッ!ウコンは肝 …


日本人が信じている健康法の大半は嘘だったッ!ウコンは肝臓に悪い・ブルーベリーで視力は回復しない・海藻で髪は ... 企業の説明を鵜呑みにするのもスレタイ通りに馬鹿を自己紹介している様なもの
日本人が信じている健康法の大半は嘘だったッ!ウコンは肝 …


日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます! ウコンは肝臓に悪い、海藻で髪は生えない… 現代ビジネス 2/10(金) 23:46配信 週刊現代の特集「逆さま健康法」には大きな反響があった。 信用に足る ...
「自衛隊員死傷なら辞任」安倍首相の覚悟に、疑いを持って ...


日本人が実践する健康法の「大ウソ」このままでは寿命が縮みます! ウコンは肝臓に悪い、海藻で髪は生えない…2/10(金)2



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

減塩しても血圧下がらぬ

2017年02月12日 00時39分02秒 | 健康管理
減塩しても血圧下がらぬ「低感受性の人」は減塩の必要ある?
塩分の摂りすぎが、胃がんや骨粗しょう症、尿路結石などの原因になるというが、
塩分摂取の影響を受けやすい人と受けにくい人がいるという。

「食塩感受性タイプの人は、腎臓でのナトリウム再吸収が多くて排泄機能があまり働かず、
塩分の影響を強く受けます。これに対し、食塩非感受性タイプの人は腎臓でナトリウム排泄機能が働くため
、血圧が塩分摂取の影響を受けにくいのです」

「日本人の場合、正常血圧者の15~26%、高血圧患者の30~50%が食塩感受性といわれており、
日本人は世界的にみて、食塩感受性の割合が高い国民性とされています」

食塩感受性が2人に1人いるというだけで
国民全員に減塩を勧めるのはおかしいのではないだろうか?

塩で戦争した国もあるぐらい重要な食料を減塩しなさいとは理解できません。
叉摂りすぎるな、と言いますが砂糖は摂りすぎても塩は取り過ぎることはありません、
のどが渇いて身体が受け付けなくなります。

血液を血潮とも言うし胎児は羊水という塩水の中で守られて育ちます。

ちなみに私30年以上減塩しないで生きていますが、
血圧も上がらないし体内に結石1つ無いのは異常なのでしょうか。

肉を好んで食べる方は肉の塩気「ナトリューム」が災いしているのでは....
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅毒の感染者、女性が急増

2017年02月11日 00時01分28秒 | 健康管理
梅毒の感染者、女性が急増
 全国的に拡大している梅毒の患者が新潟県内でも増えている。
昨年1年間は前年のほぼ2倍に当たる45人に上り、中でも女性は6倍に急増した。

今年に入ってからも今月5日現在で既に4人と、勢いは衰えていない。
県は「いつもと違う発疹や傷などが陰部に現れたら、
できるだけ早く医療機関で受診してほしい」と呼び掛けている。

 新潟県のまとめでは、平成28に届け出があった県内の患者の内訳は男性26人、
女性19人。27年は3人だった女性の増加が目立つ。

 梅毒は性行為などで感染し、梅毒トレポネーマという細菌が体に入り引き起こされる。
症状は出たり治まったりを繰り返す。

 初期は、性器や唇などにしこりやリンパ節の腫れが出て、進行すると全身に赤い発疹ができる。
妊婦が感染すると死産や赤ちゃんの病気につながることがあるとされる。

 国立感染症研究所の集計では、全国の昨年1年間の患者報告数は4518人と昭和49年以来、
42年ぶりに4千人を超えた。県内と同様に女性の感染が増加し、特に20代が多かった。
患者が増えている背景はよく分かっていないという。
 
梅毒に感染した胎児の40%は死亡する

日本産婦人科医会の発表資料によると、全国2458の分娩取扱い施設に対し、
2015年10月1日から2016年3月31日までの間に分娩した妊婦の梅毒感染率をアンケート調査し、
1919施設の30万5652人の妊婦から回答を得た。

全体の感染率は4022人に1人だが、年代別にみると20代では2449人に1人、
さらに10代では537人に1人と、若い年代で高かった。

梅毒は性的な接触によってうつる「梅毒トレポネーマ」という病原菌が引き起こす感染症。
国立感染症研究所のウェブサイトによると、妊婦が梅毒に感染した場合「ほぼ100%胎児へ伝播する」
さらに「感染した胎児の40%は子宮内死亡または周産期死亡する」。避妊具(コンドーム)の使用が有効な予防とされており
日本産婦人科医会は「若年者の性教育の重要性」を今後の課題に挙げている。

厚生労働省の統計によると、梅毒感染者数は2010年以降毎年増加し、
2010年の621人から2015年は2697人で約4.3倍に。
2016年は1~3月の間ですでに796人おり、2015年同期(397人)比で2.0倍増えた。
特に20代前半(20~24歳)の女性の増加が目立つ。

2010年が18人だったのが、2015年には240人と13倍以上の急増ぶりだ。
なぜ若者の感染が増えているのか。
新宿レディースクリニック副院長の釘島ゆかり医師が」指摘したのは、恋愛の形の変化だ.
スマートフォンの普及により、SNSや通信アプリを通して見知らぬ異性と出会うのが普通になり、
セックスの頻度や人数が上がっている推測した。

 このところ毎日のように梅毒の増加のニュースを目にします。

 昔は性病と言えば大変な病だと怖がったものです。売春防止法が施行されてからは
数十年は耳にしなかったのですが援助交際などフリーセックスの時代に入り
教育機関ではコンドームの使用などの教育はしていたようですが性病の怖さは
話さなかったのでしょうか。

 今頃何を言っているのだろうかとさえ思います。当然の結果が出たのですから
まじめな生活をしている方まで感染する危険が一杯です。セックスだけではありません。
温泉や公衆浴場、プールなども危険です。
又家族の誰かが不真面目な行為をして持ち帰れば家庭の浴場が危険となります。
トイレも便座から・・・・

 数ヶ月前に妊娠されたご婦人が深刻な顔で相談に来られました。性病の感染が病院で発見されて
「出産をやめたが良いと言われたが生みたい、ここでなんとかなりませんか」とのこと。

 性病は極陰性の病気です。陰性食品を直ちにやめ、徹底して陽性食をすること。
その前に断食を胎児に影響ない程度にくり返し陰性の排毒をすることを薦めました。

 数ヶ月後病は治り無事に出産されました。梅毒とは極陰性の病です。
使う薬も極陰性です。罹ったらどうされますか!



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

模範になる日野原先生の生き方

2017年02月10日 00時02分27秒 | 健康管理
日野原重明先生は日本人の長寿にも大きく寄与されています

日野原重明先生はさまざまな長寿者の生活を取り上げてきたが、国籍や性別などが違っても、
共通する点が多くあることに気づく。具体的には「食べ過ぎないこと」
「動物性タンパク質をしっかりと摂取し、よく運動すること」
「植物性の油を十分、摂取すること」「生涯現役で仕事をすること

1日トータルで栄養バランスを考え、
朝食はオリーブ油をテーブルスプーン1杯入れたオレンジジュースと小ぶりのバナナが1本、
昼ご飯はクッキーを2~3枚と牛乳、夕食は葉酸とビタミンB群豊富なブロッコリーなどを中心にした
野菜と動物性タンパク質をしっかり摂取、ご飯も茶わん半膳ほどと果物、という具合だ。
牛乳に大豆レシチンを足しているという話もある。

100歳はゴールではなく、分岐点。常に10年先のことを考え、予定は2020年まで埋まっている、
長生きするために一番大事なことは生涯現役ということなのかもしれない。

日野原重明の名言を紹介します。
自分のためにでなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない。

人間にとって最も大切なのは、命の長さだと思っている人は多い。
しかし、私が出会った人を振り返ってみて、その人の命が素晴らしい命だと
思える人においては、ごく少数の例外はあるにせよ、
命の長さはあまり問題ではない。

人間の夢見る幸福というのは、往々にして、貧乏するとか、
仕事に失敗するとかあるいは病気にかかるということによって、
一瞬にして不幸に変わってしまうような、儚いものである。

鳥は飛び方を変えることは出来ない。動物は這い方、走り方を
変えることは出来ない。
しかし、人間は生き方を変えることが出来る。

何事も、今ある規則のとおりにやっていたのでは進歩はない。
規則を破るようなことをやらないと、現状はなかなか変わらない。
規則を破ったとしても、皆が応援するような破り方をすればよい。
そうすれば、新しい良い規則がずっと早く出来る。

これまでの教育は、出来あがったデータを記憶させる教育であった。

困難な問題にぶつかったときに、問題解決が出来るような能力を与えられていない。
自分のためにでなく、人のために生きようとするとき、その人は、もはや孤独ではない。
なんと言っても、人が人に与える最高のものは、心である。

他者のための「思い」と「行動」に費やした時間、人とともにどれだけの時間を
分けあったかによって、真の人間としての証がなされる。
自分の命がなくなるということは、自分の命を他の人の命の中に
残していくことである。

自分に与えられた命を、より大きな命の中に溶け込ませるために生きていくことこそ
私たちが生きる究極の目的であり、永遠の命につながることだと思う。

多くの人々は自分の財産や名声や地位を得るために全力投球している。
それなのに、財産やお金よりも大切な、自分の命のために
全力投球している人は少ない。

なぜ、その大切な命のために、時間と財産を提供しないのか、
そうして安全に確保された命を思いきり有効に使おうとしないのか。
自分の命を自分で格調高く保つための勉強を、めいめいがもっとしなければならない。


若干異なる考え方もありますが、私も103歳の日野原先生に負けない生き方を考えて
、断食を織り込んだ玄米菜食一日一食で五人娘という百薬の長を嗜み
終生現役150歳を目指しています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東北大大学院医学系研究科の発見

2017年02月09日 00時06分47秒 | 健康管理
脂肪肝から胆石形成、解明=新治療法に期待―東北大
時事通信社 2017年2月4日 15時32分

 肝臓に脂肪が蓄積し、脂肪肝になると胆石ができやすくなる仕組みを解明したと、
東北大大学院医学系研究科の山田哲也准教授らが4日までに米消化器病学会誌に発表した。
肝臓の血流が減少して酸素が不足し、胆汁の濃縮、胆石の形成につながるため、
酸素不足への対処が新たな治療法になる可能性があるという。

 胆汁は食物に含まれるたんぱく質や脂肪などの消化液で、肝臓で作られ、
胆管の途中にある胆のうに蓄えられた後、十二指腸に流れ込む。

胆石ができるのは胆汁に含まれるコレステロールが増え、
溶けきれずに結晶となるのが主因。
 マウス実験の結果、肝臓が酸素不足になると「HIF―1α」と呼ばれる遺伝子が働き、
肝細胞から胆管への水の通り道となるたんぱく質「アクアポリン8」が減少。
胆汁の水分が減って濃縮され、コレステロールが結晶化することが分かった。

胆石患者ではHIF―1αがよく働いていることも確認された


無双原理から見れば体内に出来る石は、

「陰性の物質が凍り付いて出来る」と言われています。

道路が凍ると車が通れなくなれば塩化ナトリウムを撒いて溶かします。

この原理を応用すれば体内に石は出来ないと言われています。

世界中が減塩ブームです。

動脈硬化も石のうちだとすれば減塩が病を作っているのかもしれません。

陰性食品の摂り過ぎに減塩すれば・・・・

30年以上減塩せずにいるのに異常ないのは何故だろう?

陰性の草ばかり食べる牛小屋、馬小屋には塩桶が備えられて食べさせています。

腸内結石を予防するために。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我が家に春が来ています

2017年02月08日 00時05分51秒 | 健康管理
3年前に植えた苗木が花を咲かせました。




河津桜です。

30本ほど植えたのですが成長の差は極端なもので

この一本だけが飛び抜けています。

わずか千坪の敷地にも環境の違いがあるようです。

日本列島も狭い国のようですが

環境の差は馬鹿になりません。

環境によって生かされている人間

自然界の環境に調和して生きていないのが

病の根源である事を

学びましょう。それが

貴方自身のためであり

国のためでもあるのです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

食べていると確実に死に近づく食品とは

2017年02月07日 00時00分20秒 | 健康管理
歯科医が警鐘!食べていると確実に死に近づく食品とは --- 尾藤 克之

「ファーストフードがNGである理由」と言う記事を見つけました。

――忙しい現代人が簡単にエネルギーを摂る方法。それは精製度の高い食品を短時間で口にすること。
ファーストフードが好まれている理由は、その手軽さにある。しかも、素早くカロリーが補給できて、
その形状は柔らかく加工度が高いので、あまり噛まずに食べられる。

「よく噛まなくても味がする味付けも、不健康にひと役買っています。
舌の表面には細かい突起やヒダがあり、味を感じる味蕾という感覚器はその奥にあります。
食物がしっかりと噛み砕かれ唾液と混ざりあうことで初めて味を感じることができるのです。」(森永氏)

――食べ物の微妙な味を感じるには、
しっかりと噛むことが必須になるが、柔らかく味が濃いファーストフードはその必要なし。
むしろ、糖分や塩分などが過剰摂取になりやすい。

「HFCS使用の甘いドリンクをセットにしたら、
さらに健康を損なうことになります。HFCSは『異性化糖』『ブドウ糖果糖液糖』とも呼ばれています。
HFCSが使われたドリンクは病気のリスクを上昇させるという調査結果もあります。」(森永氏)

「糖類入り飲料を1日1~2回飲んでいると、2型糖尿病のリスクが26%、
同じく心臓発作や致命的な心臓病のリスクが35%も高くなるというものです。
南カリフォルニア大学の研究では、HFCSの水溶液を大量に摂取した若いラットが記憶障害と脳の炎症を起こし
、糖尿病一歩手前の状態になることが明らかになっています。」(同)

――清涼飲料水やインスタント食品など、加工食品に多く添加されているリンも、
過剰摂取は要注意とのことだ。大人よりも子どもにより深刻な影響が出る危険性が高い。

「この報告は抗老化遺伝子として注目されるクロトー(Klotho)遺伝子が欠損したマウスは短命で、
皮膚、生殖器や筋肉の萎縮、肺気腫、骨異常、大動脈や全身の石灰化など様々な早発性老化が見られるというものです。
リンの過剰摂収は、老化を促進するという報告も見逃せません。」(森永氏)

「クロトー遺伝子が欠損したマウスは、血清のリン酸値が非常に高いことがわかっていますが、
このマウスを治療しリン酸値を正常にしたところ、これらの病変がほとんど改善したそうです。
そして、高リン酸値の食事を与えると、病変が再現されたことから、
リンの過剰摂取が老化を促進することが裏付けられています。」(同)

――ところが、厄介なことに国が定めた表示義務は成分が分解されていれば、表記義務がないことにある。
「異性化糖」「ブドウ糖果糖液糖」は原材料を分解していることから、
遺伝子組み換え等の表示義務はないのである。

「また、ファーストフードやコンビニの加工食品の油脂は、酸化している危険性が大きく
、摂取すると体内で活性酸素が発生しやすくなります。ファーストフードの摂りすぎには注意が必要です。」(森永氏)

我が健康道場でも証明されました。
十年ほど前大型犬三とう飼っていました。小型犬とは違い食欲旺盛でよく食べる犬たちでしたので
近くの弁当屋の捨てらていた売れ残りの弁当をもらい食べさせていたところ数ヶ月もたたないうちに
一番食欲があったバーニーズが死にました。直ちに弁当をやめたのであとの2頭は
無事でした。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

財政こそ終末医療を受けるべきだ

2017年02月06日 00時58分18秒 | 健康管理
人は不老不死、財政は不治の病か国家予算
財政こそ終末医療を受けるべきだ

長寿化とともに社会保障費(医療、年金、介護)は増え続け32兆円、歳出の33%を超え、
最大の項目になっています。

100歳まで生きても不思議ではなくなりました。昔の感覚でいえば、
人は不老不死に近づく一方、その費用負担を求められる財政は病状が悪化し
、終末医療を必要とする状態になりました。さらに団塊の世代が高齢者グループに入ってきますから、
社会保障費は今後も増え続け、財政病は重篤になります。

医療費が1人7400万円の事例も

社会保障費は保険料だけで賄えないため、税収で財源を確保しておく必要があります。
さすがに来年度予算案では、所得の多い高齢者の自己負担を増やす、薬価の見直し(引下げ)などに取り組みます
。基本の基本は不必な医療の抑制、世界最低の消費税の引き上げ、
年金支給開始年齢の引き上げなどでしょう。
安倍さん、「まだ大丈夫」などと、逃げてはいけません。
社会保障制度がこれ以上、痛んだら、本当に社会保障を必要としている人から不幸がめぐってきます。

この記事を読んでどう思いますか?
今からの人生は、長生きしても社会から保証を受けていくことは国家の破壊に繋がります。
終生現役で生きるためには年金を当てにせず、医療費は使わない健康体で、
しかも現役で死ぬまで働く覚悟が必要です。
趣味や旅行ばかりしていては社会のゴミになってしまいます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベジタリアン=健康とは限らない?

2017年02月05日 01時00分35秒 | 健康管理
ベジタリアン=健康とは限らない?
健康や美容に関する不調を機に、ベジタリアン生活を始める人が多くいます。
食事は身体の状態に大きく関わるため、「不調を起こす偏った元の食生活を見直す」
という点では大変有意義で、不調の改善にもつながる可能性はあります。

しかし、健康的な身体は、五大栄養素と呼ばれる「炭水化物」「タンパク質」「脂質」
「ビタミン」「ミネラル」をバランスよく摂ることで保たれます。

つまり、いずれかの栄養素に過不足がある食事は、健康的とは言えません。
これはベジタリアンであるか否かにかかわらず言えることです。

ベジタリアンのメリット・デメリット
穀物や野菜類には食物繊維やビタミン・ミネラルが多く含まれるため、
この摂取量が増えれば身体の調子を整えるように働きます。
また、それまで肉や魚をたくさん食べていた人が野菜類が中心の食事となり
摂取カロリーが減れば体重が減り、「身体が軽くなった・すっきりした」と感じられるでしょう。

一方で、野菜中心の食生活は肉・魚に多く含まれるタンパク質、ビタミンB群、
カルシウム、鉄分などが不足しがちになります。

これらの栄養素は、ある程度身体に貯蓄できます。
しかし、長期にわたる不足が続くと不調を起こします。

ベジタリアンに起こりやすい栄養不足
タンパク質、カルシウム、鉄分などが不足すると、筋力低下、肌荒れ、貧血、
骨粗鬆症などを引き起こします。

これらの状態は初期には「日常の中でなんとなくつらい」という程度ですが、
それが長く続くとめまいや吐き気、骨折といった重篤な症状を起こします。

また、ビタミンB群やカルシウムは神経系を正常に保つ働きがあるため、身体にとどまらず、
イライラや集中力の欠如、さらにはうつ状態などの精神的症状にもつながります。

野菜中心の食生活は肉・魚に多く含まれるタンパク質、ビタミンB群、
カルシウム、鉄分などが不足しがちになる、
と言う批判は現代栄養学にとらわれた考え方で誤っています。

牛や馬は草ばかり食べているのになぜあの身体を作っているのでしょうか?
人間だけが栄養にこだわっています。

ベジタリアンの方は陰陽の取り間違いで問題が生じているだけで五大栄養素が欠けている
訳ではないと思います。
牛の状態を見て穀菜食を30年以上続けていますが難の問題も起きていません。
陰陽の取り方を間違えれば必ず問題が発生します。森羅万象陰陽の二つのエネルギーで構成されて
いることを学べば自然との調和がとれます。

我々は遠く昔は草だったのです。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬のお風呂が突然死につながる

2017年02月04日 00時01分04秒 | 健康管理
冬のお風呂が突然死につながるメカニズム

冬のお風呂には危険な一面があります。研究機関による入浴に関連した死亡者数の推定は、
1年間で1万7千人~1万8千人とも言われています。その数は冬に圧倒的に増え、特に高齢者に多いのもその特徴です。
ある冬の夜に、テレビ番組の撮影として、若い男性アナウンサーに普段通り家でお風呂に入る様子を再現してもらい、
その血圧の変動を確認しました。

「寒い、寒い!」裸で腕に血圧計をまいた彼は、そう言って脱衣室でガクガクと震えていました。
その血圧は150mmHgを超えています。先まで暖房の効いたリビングに居た時は110mmHgだったので、
プラス40もの急上昇です。

© オールアバウト
脱衣室には暖房がなく、リビングよりも10度ほど低い室温でした。
実は冬にお風呂で亡くなる方が多いのは、この血圧の変化が原因。
ここではその体内でのメカニズムと、気持ちよくお風呂に入るための注意点を解説いたします。

ポイントは脱衣室と湯の温度
脱衣室を暖房している家庭はむしろ少ないかもしれません。
真冬ではリビングと10度以上温度差があることも普通だと思います。

そのような寒い脱衣室で裸になると、強烈な寒さが寒冷刺激となって交感神経を刺激します。
体はこの非常事態に対して血管を収縮させ、急激に血圧を上げて対応しようとします。
また脱衣室の寒さに加えて、42℃を超える高温のお湯に入ってしまうと、
さらに血圧が急上昇します。寒い日は体を温めたいということで、
ついついお湯の温度を高めに設定しがちです。

裸になってドボンと熱いお湯を張った湯船に飛び込むと、
今度は一気に温熱刺激によって体に負担がかかります。すると、
寒冷刺激と温熱刺激のダブルの効果によって、血圧が急上昇してしまうのです。

血圧が急上昇するリスクとは
近年よく耳にする「ヒートショック」は、
これらの刺激による血圧の変化が引き起こす健康被害のことを意味しています。
血圧の急上昇は脳出血のリスクとなるのです。

若い人ですと、動脈が柔らかく、血圧が上昇したところで、
柔らかいゴム管のように圧を吸収してうまくやり過ごすことができます。
しかし、人は年齢を重ねるごとに動脈が老化し硬くなっていきます。
いわゆる動脈硬化です。ちょうどしなやかな新しいゴム管が劣化して硬いゴム管にでもなったようなイメージでしょうか。

高い圧力がかかるとそれに対応できず、傷んだ血管が破れてしまう時があります。
頭の中の血管で破裂が起こると脳出血となります。脳出血が起こると意識がなくなったり、
手足が麻痺したりします。お風呂で意識がなくなると溺れて命に関わる時も出てきます。

実際にお風呂で亡くなった人の原因を調べると、脳出血も含めた脳血管疾患が高い割合を占めています。
私たちが以前行った調査でも、お風呂で意識がなくなるといった事故が多いという事実も分かっています。

対策は「温度差」を減らすこと
しかし、脱衣室を温めることや、お湯を熱くしすぎないといった点を注意すれば、
冬でもお風呂は決して危険なものではありません。

脱衣室はあらかじめ暖房をつけておくなどして、
リビングとの温度差を少しでも減らすような工夫をしましょう。

また、浴室そのものも、とても寒い時があります。ふたを開けて湯船にお湯を張り、
入浴前にシャワーのかけ流しで湯気を立てて浴室を温めましょう。

お湯自体も冬こそ40℃までとして、熱くしすぎないことです。
湯船に入る前には十分にかけ湯をして、体を慣らしてからゆっくりと湯船に入るようにします。
脱衣室の暖房とぬるいお湯、この2点の安全な入浴法を守り、
冬こそお風呂の健康増進効果を享受しましょう。

疑問になるのは、外から暖房が効いた建物に入ることは外出したときは
日常頻繁時に行われていますが倒れる人はいません。
風呂での事故は温度差だけなのかと言うことです。
高齢者が食事と同じように頻繁に飲んでいる薬が関係あるのではないかと思うのです。
異常な状態を薬で無理に正常にしている異常も温度差に弱いのではないかと考えられます。
温度が上がれば血圧は下がるとは思いませんか。温められた血管は広がり血圧は下がるはずです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じものでも陰陽は真逆のものがある

2017年02月02日 08時30分01秒 | 健康管理
ついに気になりだした健康診断
50歳を迎えた健康診断。
健康には気を遣っていたつもりでも、指摘されることが多くなってきました。
特に最近気にしているのが血中コレステロール。
今や3人に1人がコレステロールを指摘される時代だそうで、私もその1人・・・
食事にも注意して、運動もして、コレステロールが下がるように頑張っていました。
でもなかなか、結果が出ません。
どうしてなんだ・・・?
そんな時に、健康オタクの同僚にあることを教えてもらったんです。
「実は、コレステロールは下がればいいってものでもないんだ。
最近注目されているのは、善玉コレステロールを増やす方法なんだよ!」
善玉コレステロールを増やす?
コレステロールについて誤解している人は多いのではないでしょうか?
コレステロールには「善玉(HDL)コレステロール」と「悪玉(LDL)コレステロール」があって、その比率が重要だそうなのです。

悪玉(LDL)コレステロールには全身にコレステロールを運ぶ大切な役割があり、
善玉(HDL)コレステロールには余分なコレステロールを回収する働きがあるため、
健康維持のためには、善玉(HDL)コレステロールを増やすことも有効なのです。

でも増やすってどうやって・・?
トマトの赤い色素である「リコピン」に注目!

トマトジュースでおなじみのカゴメが、リコピンの新たなチカラを明らかにしました。
カゴメが様々な研究結果を検証したところ、リコピンには善玉コレステロールを増やす働きがあることが確認されたのです。

トマトのエネルギーは極陰性で夏の野菜で食べる人の身体を冷やし緩めるものであることをを知れば
トマトのリコピンが万人に効果があるとの宣伝は危険である。
鬱病をはじめ陰性の病で苦しんでいるような方には逆効果である事を知らなければならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予防医学の奨め

2017年02月02日 00時01分51秒 | 健康管理
日常からの予防医学の奨め
予防医学とは
現在、日本人の3大死亡原因の上位は、がん、心疾患、脳血管疾患となっています。
これら生活習慣病を発病してからの治療法は、現在大変な進歩を遂げていますが、
反面、それらの根本的な治癒は未だ望めません。そのため、これらの病気にならないよう、
日ごろから予防することが大切です。もちろん他のご病気についても、
未然に防ぐことを日ごろから心がけることが望まれます。

・予防医学とは、狭義には、病気にならないように未然に防ぐ医学と言えます。
食生活、運動、生活習慣などを正し、病気にならない身体を作ることが、これにあたります。
病気になったら治すという「治療医学」に対して、病気にならないように予防するのが「予防医学」です。

①一次予防とは、いわゆる健康な時期に、栄養・運動・休養など生活習慣の改善、生活環境の改善、
 健康教育等による健康増進を図りさらに予防接種による疾病の発生予防と事故防止による傷害の発生防止をすることです。

 ②二次予防とは、不幸にして発生した疾病や傷害を検診等によって早期に発見し、
 さらに早期に治療や保健指導などの対策を行い、疾病 や傷害の重症化を防ぐ対策のことです。

 ③三次予防とは、治療の過程において保健指導やリハビリテーション等による機能回復を図るなど
  に配慮することによって再発防止対策や社会復帰対策を講じることです。

 時代は今「治療」から「予防」へと変わりつつあります。
発病前の予防は言うにおよばず、発病後に行う治療医学においても、治療一辺倒だけではなく、
発病後の予防が求められます。

 我が国での今までの医学は、病気になったら治す治療医学が中心でしたが、これからは、
 ①病気にならないように予防する、
 ②治療後に再発などを予防する、などの予防医学が、ますます重要になることでしよう。

 ここで言う治療とは原因の治療ではなく症状の治療に終始しているため、
予防医学と言う言葉が生まれたのであり誠の治療は今の医学では所詮出来ないと言うことを意味しています。
予防は生活習慣における予防であり医学とは何ら関係の無い世界であり、医師法も医師免許も不要だし、
薬も薬事法もいらない(役に立たない)事になります。

病気にならず健康で生きていくことは人生の一分野であり個々人の責任で確立すべきものなのです。

今や予防医学の時です。
その最たるものが断食療法でありその証明は昨年の日本人が受賞したノーベル賞の内容に現わされました。
健康道場「はぎのさと」の断食は酵素断食ですから腸内細菌の善玉を増やしながら出来る断食のため
免疫能まで強固に出来て人気沸騰中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加