ハナログ

赤柴ハナ(1999/10/13 - 2016/7/8)の生涯。


名古屋に行ってきました2

2018-01-30 | 一人旅


『はしもとみお 木彫りブローチ・ワークショップ』

1番に受付を済ませ(笑)、特等席を陣取り、お隣の女子高生(来年、北大受験)、
5歳の柴ちゃんとお暮らしの親子さんとお話をしていたら、みおさんご登場!

まだ開始時間ではなかったので、図々しくもみおさんにご挨拶…。
ちっちゃいハナちゃんをお見せし、所謂、お里帰りできたちっちゃいハナちゃん。
みおさん、ちっちゃいハナを覚えていてくれました。
久しぶりにみおさんに触ってもらえて嬉しいねー。


学芸員さんのお話の後、いよいよ、ワークショップの始まり〜!

絵も描けない、木彫りなんてしたことない、何より不器用、そして老眼…。
でも、みお先生、「大丈夫大丈夫!」と言ってくれて、気合が入ります。



木目の方向を確かめて、
持参したハナの写真とにらめっこしながら描いてみた!





めんこいベロが出ているニャハ顔がいいなーと思っていたのですが、
でも、きっと難しいだろうからお口を閉じている方がいいのかなーと迷っていました。
みお先生に相談すると、工程が増える分難しいけど、それでも、
「1番作りたいものを作るのがいい!」と言っていただき、ニャハ顔に挑戦しました。





下書きが終わり、次は、両端の余白をのこぎりで切り落とします。
のこぎりなんて使うことがないので、慣れるまでちょっと大変でした。





お耳と脚の間ものこぎりで切り、その後、彫刻刀で掘っていきます。





更に、立体になるように頑張って掘る掘る、もっと、掘る掘る!
お顔が難しかったので先生に見本を見せて(やって)もらいました。
お鼻とお口、向かって左側のお目目とお耳がみお先生、右側のお目目とお耳が私…。




目が本当に難しくて、なかなか掘ることができませんでした。
みお先生の作品を観ても、目が全てと言いたくなるほど、目が印象的だと思います。
みお先生曰く、彩色でなんとかなる…そうですが、それでも、なかなか思い切れませんでした。



そして、仕上げの彩色。
実は、彩色の方法を皆さんにお見せするために見本に使っていただいたので、
ほぼ、みお先生に彩色していただいたのでしたー!
私が塗ったのは右側のお目目と両耳と、めんこいベロだけ〜。





予定通り3時間で出来上がりました。
途中、他の方の作品を見ていなかったので、
皆さんの出来上がった作品を見てびっくりしました!
うますぎるぅ〜!すごすぎるぅ〜!




とても楽しかったです!久しぶりに集中して、達成感がありました。


みお先生は(失礼ながら)体も手も小さいのですが、
あれほどの迫力のある作品を創られて、驚きと同時に、心から感心しました。
何より、観察力?洞察力?が尋常ではなく、そのための集中力も凄いだろうし、
何もかもが、この小さな体から!!と本当に感心しきりでした。

とても楽しくて、とても貴重な体験でした。
みお先生、ヤマザキマザック美術館の皆様、私のハガキを引き当ててくれた館長、
ご一緒いただいた方々、どうもありがとうございました。



みお先生が持参されたブローチたち。



月くんも。





そして、ニヒルなハナちゃん。







『木彫りどうぶつ手習い帳』(サインをいただきました!)





ポストカード





マスキングテープ



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

名古屋に行ってきました

2018-01-28 | 一人旅


2018年1月19日〜21日 名古屋

ちっちゃいハナちゃんでお馴染みの、はしもとみおさんの展覧会、
『木彫りどうぶつ美術館 はしもとみおの世界』が、
名古屋市のヤマザキマザック美術館で絶賛開催中!

1月20日には、木彫りブローチ・ワークショップが開かれ、
16名という狭き門の抽選に当選したので行ってきましたー!

と言っても、当選発表前に飛行機とホテルは予約済み!
応募ハガキにも、
「飛行機とホテルは予約済みなので、吹雪で欠航にならない限り絶対に行けます!」
と書いておきました。

当選ハガキが届いた時は、リーダが、「お情けじゃない?」と言っていましたが、
全くそのようなことはなかったそうです。
学芸員の方が、私の応募ハガキのコメントを一瞥し、応募箱にポイ。

300通くらいの応募があり、ペアで応募できるので、
16名に対して500倍近い応募があったことになるそうです。
そのような状況の中、館長さんの神の手によって、
見事、私のハガキが引き当てられたのでした!

今回は、ワークショップの参加と、
念願だった芳光のわらび餅を買う!のが目的の一人旅です。



1/19
ワークショップ前日は天候も荒れることなく、
富士山も見られて(道産子は富士山に憧れる!)無事にセントレアに到着しました。





ホテルに入った後、夜食用に仙太郎のきな粉ぼた餅を買いに行って、





夕食に、山本屋本店の味噌煮込みうどんを食べてホテルに戻りました。





明日のワークショップに備え早めに就寝。





1/20
今日もいい天気!
あれれ…、お腹の調子が?
はい〜、もうお約束になってしまいました。
多分、昨夜の味噌煮込みうどんが道産子の私には濃すぎて…、
でも、美味しいのでスープを飲んでしまい(少しだったのですが)、
結果、お水も飲む飲む。
イタタ〜まではならず、時間も余裕があったので、なんとか大丈夫でした(笑)。

そんなこんなの多少の不安を抱えつつ、ヤマザキマザック美術館へゴー!
ワークショップは午後からなので、午前中は展覧会を堪能しました。
写真撮影もできて、触れる彫刻もあって、本当に素晴らしい時間でした。

※展覧会とワークショップの模様は別のページにアップします。


ワークショップも無事に終わり、ハナちゃんブローチも完成し、
夕食はどうしようかなー、でも、お腹の調子はイマイチだしなー
ということで、明日帰る時に買おうと思っていた、芳光へレッツラゴー!
夕方だからもう売り切れているだろうなーとは覚悟していたのですが、
明日の分を予約させてもらおう!と意気揚々だったのですが…。


わらび餅は残り1個!しかも、明日はお休み!!
辛うじて1個だけですが食べることができました。
プルンプルンで本当に美味しかったです!
もっと食べたかったけど、またいつかリベンジです!




わらび餅ショックと、お腹の調子を考えて、デパ地下で夕食を買ってホテルに戻りました…。



1/21
朝一で芳光に行く予定だったのが、思いがけずの定休日ということで、
のんびりと帰り支度をして、セントレアに向かいました。

帰りも富士山をパチリ。
今度はいつ見られるのかなー。





観光はしませんでしたが、みおさんに会えたことと、ハナちゃんブローチを作れたことと、
1個だけでしたが芳光のわらび餅を食べることができたので大満足の名古屋でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

仙台に行ってきました 2

2017-11-09 | 一人旅


2日目は松島に行きました。

観光船に乗り、松島湾を一周です。
乗船待ちの時に撮ってみましたが、
ハナにピントを合わせると…。






小さな島がたくさんあって、写真を撮るのも追いつかない(笑)。







天気が良くて、穏やかな50分の乗船でした。






昨日のライブの日はホテルに宿泊、
次の日は、仙台にいるいとこ宅にご厄介です。

ところが、いとこは台湾旅行でお留守。
いとこ宅のワンコのお世話に叔母が来るということで、
叔母と二人で家主不在の家に泊まらせてもらいました。


なので、叔母も松島観光に付き合ってくれました。

11/3はとても天気が良くて、海も穏やかでした。
祭日なのでとても混んでいましたが、
私と叔母が乗った時間は空いていてラッキー!


観光船を降りて、遅めのお昼ご飯です。
ランチの時間はとっくに過ぎているのに、
並ぶ列が途切れないお店(名前忘れてしまいました)で海鮮丼です。
美味しかったですよー!







松島を後にし、荒浜へ…。
タクシーの運転手さんの説明を聞きながら、
荒浜に到着しました。






途中、荒浜小学校の前を通ります。
現在は、震災遺構として残されていて、
誰でも屋上に上がることができるそうです。






散歩をしている地元の人の他にも、
説明を受けている少人数の団体や、
一人で訪れている人も何人かいました。
忘れているわけではないんだと強く思いました。







震災後、初めて訪れる東北でした。
本当に胸が苦しくなるほどの現実を目の当たりにし、
何をどう受け止めたらいいのか、未だに悩ましいです。
ただ、荒浜に来ることができて、
慰霊碑と荒浜の海に手を合わせることができて、
そのことに感謝しました。

海を見て、浜を見て、流されてしまった家の基礎を見て、
小学校を見て、ビール工場や消防を見て、
正直、言葉が出てきませんでした。
何か言葉を発することも憚られ、
自然災害の前では人間は無力なのだろうけど、
私は、更に無力だなーと思った次第です…。


上空からもう一度心を込めて合掌。








新千歳空港で乗り継ぎ、夕方、地元空港に到着。
朝、リーダーが写真を送ってくれたので知っていましたが
(仙台空港で見たニュースでもやっていた!)、
私の車の上には雪が…、しかも、凍っていました。





以上、仙台の旅でした。
お読みいただきありがとうございました。






いとこの愛犬モカちゃん。
ご対面するまでは、久しぶりにワンコと過ごすので、
どういう気持ちになるかなー?と思っていたのですが
(母は、izumiがまた悲しむ…と叔母に言っていたそう/笑)、
あまりに可愛くて、欲しいなー欲しいなーの気持ちが全てで、
悲しい気持ちはほとんどありませんでした!






コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

仙台に行ってきました

2017-11-07 | 一人旅



11/2-4、仙台に行ってきました。

目的は、11/2に仙台MACANAで行われた
Nulbarich(ナルバリッチ)のライブ!

初めての仙台です。


朝8時50分、最寄の空港を出発、新千歳空港で乗り継ぎです。
朝食を食べていなかったので、2階出発ロビーにある立ち食い寿司へ。






左からウニ、赤身、寒平目、ホタテ、本めぬき
美味しかったでーす!
ウニと赤身とホタテはいつ行っても美味しいです。






仙台空港には1時半頃到着しました。

1階ロビー正面にあるモニター横の柱に、
震災時の津波の位置が記されていました…。

着陸直前、海岸を見下ろせます。
海岸沿いにまだ低い木が植樹されていたのと、
新しい堤防の工事が行われているのを見て、
今更ながら、津波の現実を目の当たりにしました。






2時半にはホテルに着きました。
この日は暑くて疲れてしまったのですが、
初めての仙台なので、少し休んで伊達政宗さんに会いに仙台城址へ!

ハナちゃんはホテルのベッドでお留守番です。






仙台市内の観光地を回る『るーぷる仙台』というバスに乗りました。
時間が遅かったため、仙台城址に行っただけでしたが、
観光場所にバス停があって、一日乗車券を買うと、
好きな場所で乗降できるようになっています。






伊達政宗騎馬像






仙台城址から見える仙台市の風景






すぐ近くにある宮城県護国神社に参拝しました。







帰りは徒歩で下山(笑)。
すっかり暗くなってしまって、少し不安になってきました。
しかも、ライブ前だというのに歩き過ぎて疲れてしまいました…。


Nulbarichのライブはサイコーでした!
ババァなので、もうライブハウスはキツイっす。
きっと最後のライブハウスかなーと思いながら、
スタンディングと、左右後ろにくっつかれるのをなんとか耐えました…。
でも、本当に楽しかったでーす!

タオル、バッヂ、キーホルダーをゲット!







るーぷる仙台のバス乗り場が分からなかったので、
歩いている方にお聞きしたら、本当に気さくに親切に教えて下さいました。

ライブハウスまではタクシーで行ったのですが、
運転手さんもとても親切で伊達政宗騎馬像の歴史を教えて下さいました。

タクシーを降りた後、ライブハウスの場所を教えてくれたカップルも、
これまた、とても気さくで優しかったです。

ライブハウスからの帰りのタクシーの運転手さんはぶっきらぼうでしたが、
ホテルの裏口(表より近い)に停めてくれて、安くすみました。

とにかく、仙台の人は気さくで優しいなーというのが印象です。


翌日は松島と荒浜へ…。
続きは後日アップしますね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

1日遅れのお誕生日

2017-10-14 | 思い出ハナちゃん



昨日はハナのお誕生日でした。
きっとお空でみんなにお祝いしてもらったかな?
なんて想像したら嬉しい気持ちになりました。


1日遅れましたが、私、ケーキを作ってみました!
私には珍しく、地元の雑貨屋さんで行われた
ワークショップに参加してきたんです。

ミニチュアのケーキ、クッキー、ラテアートを作りました。




まずはクッキー。
ちっさー!老眼の私にはとても厳しい作業です(笑)。
粘土を型で抜いて、焼き色をつけたり、アイシングをしたり。






ケーキの土台は先生が作ってくれていて、
周りにクリーム(材質は知りませんが固まります)を塗ります。
下の方はアーモンドで飾り付け!






クリームをつけてデコレーション!
先生が作ってくれたブドウも飾ってみました。

ボードとお皿とカップも先生が作ってくれましたが、
カップの中のラテアートは私が作りましたよー!(笑)






他の参加者さんの作品を並べて記念撮影。
みなさん、とってもお上手です。






私、今回、気付いたことがありました。
自分では神経質だと思っていたのですが、
これがなんと、かなり大雑把でした!
ワッハッハー!

3時間の作業で目が疲れちゃったけど、
かな〜り楽しかったです!
先生、みなさん、ありがとうございました。

ハナ!私、頑張って作ったんだから、
下手だねーとか、美味しくなさそーとか、
ズバッと言っちゃやだよー。
って、食べられないけどね。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加