杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科ブログ

杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科からの情報発信です\(^^)√
電話予約は042-357-3671です.

玉川上水を歩く

2008-10-15 | クリニック通信
子どもの運動会が延期になって中標津にいきそこねた私は、それでも小さな旅にでかけたくなり、月曜日の午後は昼食を食べてから、子ども二人を連れてモノレールで玉川上水駅におり立ちました。ここがスタート地点。

ここから玉川上水に沿って流れにさかのぼって歩き、ゴールの昭島駅を目指します。

このルートはJR主催のハイキングプランとして10月11日に開催されたものと同じです。

玉川上水の両脇は樹木が生い茂り、なかなかよい散歩コースなのです。近くにすんでいながら活用するチャンスをうかがっていたのです。

距離は約八キロ。大人の足で2時間というところです。

そして、八歳と五歳の子どもたち。実に様々なものを見つけ出し、楽しみます。

はじめは死んでいると思ったハチ。つつくとまだ動く。本当は針のないキバチですがお兄ちゃんの顔をたてて危険なクマンバチということに。

危険なハチをペットのように自分の木切れにつかまらせた弟は兄の「さされるかもしれないから、逃がしてやりな」という忠告に耳を貸さずに得意気につつきまわしています。

そうこうするうちに長い枝を見つけた兄は杖として使い始めるもすぐにポキリと折れてしまい、代わりの枝をしばらく走り回って見つけたかと思うと今度はイガグリを発見して大騒ぎです。

中身が入っているものを探しますがなかなか見つかりません。柵の向こう側、入れない上水側にあるイガグリを棒を使ってなんとかたぐりよせます。あっ、落ちた!もう一度。

やっと手にすることができました。

さて、どうやって家まで持って帰ろう?ポケットにいれたら痛いし・・・
考えて、ジーンズの足の折り返しにいれていくことになりました。

しばらくいくとヤツデの葉を拾い上げて「テングのうちわだ~」と大声ではしゃぎまわります。

そのうち、掃除だ掃除だとホウキにしても遊びます。

こんな案配ですから、カメの歩みです。

なんどか橋をわたって玉川上水の北側を歩いたり、南側を歩いたり。

橋から大きな鯉がみえたり、場所場所によっても玉川上水とその周りは表情を変えていきます。

ゴルフの打ちっぱなし付近ではススキをみつけて、頭にかぶったり釣竿をつくってみたり。

知らないおじさんに通りすがりのタイミングでいきなりススキで「こちょこちょ~」とやった次男には苦笑い。冗談をわかってくれた人で良かったです。

そんなこんなで昭島の「モリタウン」につくころにはあたりは薄暗くなりはじめていたのでした。

車や電車ならばすぐに来ることもできる距離ですが歩いてみるとずいぶんかかるものです。二時間の見込みが三時間かかりました。

文明の利器の有り難みが・・・と、つい大人の思考は考えがちですが、子どもたちはあっけらかんとしたもので疲れも見せずに「お腹すいた~」という感想でした。

腹ペコの三人は家に帰って、夕飯のコロッケをお腹いっぱい食べたのでした。


お腹がペコペコになるまで外で遊ぶ。仕事(肉体労働)をする。皆さんもすっきりするような身体の使い方、経験があったら教えて下さい。(^-^)g"
ジャンル:
モブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 吉福さんのナイトサイエンス2008 | トップ | なんと静かな駅だろう »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (明龍)
2008-10-16 05:56:00
わあ、すてきですね。お子さんと共に童心に帰られて、楽しい時間を過ごされたようですね。気持ちよかったことでしょう。

子供はとてもクリエイティブですね!
以前、子供対象にモダンバレエを教えていたときに子供の豊かな想像力に接し、私の方が教えられました

今は大人対象の、セラピーを兼ねたダンスの指導も行っておりますが、大人になると、様々な思い込みが邪魔をして、無邪気に自分を表現することが難しくなるようです


都会で暮らしていると特に、自然の中で過ごすことは、本当に大切ですね。
自然界の声を肌で感じることができます

私も時々都会から脱し、山や滝、渓流などに出かけます

先日は斑尾高原に行きました。いくつかトレッキングコースがあり、良い所でした。冬はスキーで有名ですが、この時期はすいており、私一人しかおらず貸切り状態。

美しい湖の湖畔や湿原の中を歩いたり(そこは子供でも無理ない行程です)、斑尾山~大明神岳を登山したり。
途中で瞑想や気功も行い、自然界と交流しながら8時間くらい過ごしたかな。

斑尾は戸隠と並び、かつて修験道の行場だったこともあり、独特の雰囲気がありました。

たくさん歩いて、温泉に入り、お夕食。ありがたく美味しくいただきました。


近場では、青梅市の御岳山も良いところですよ。私は時々、滝行と山がけ(トレッキングですが、行。それなりの作法にのっとり、あるご真言をお唱えしながらひたすら歩きます)で行くのですが、普通にハイキングのお客さんも多く、月末あたり~紅葉が綺麗です。
すがすがしい渓流もあり良いところです。

機会がございましたら、行かれてみてください。山には宿坊があり、宿泊することもできます。夜は星が綺麗。空気が澄んでます。




Unknown (ハタジミキ)
2008-10-17 22:26:14
すご~い楽しそうな散歩ですね!
私も自然の中を子供達と一緒に歩くの大好きです。
ゆったりとする時間は、日常を忘れますね。
そんな時間をたくさん持ちたいものです。
明龍さん、コメントありがとうございます (杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科)
2008-10-22 11:19:59
こんどは御岳山に挑戦してみますね!
斑尾、戸隠と、遊び場がわんさかみつかって、わくわくしてきました~
ハタジミキさんコメントありがとうございます (杉原 桂@多摩ガーデンクリニック小児科)
2008-10-22 11:22:31
お子さんたちとすてきな時間をすごされていらっしゃるようですね.
わたしはついつい、講習会などで子どもとの時間を失いがちなので、バランスを失わないよう、二度と戻らない子どもとの時間を、無駄なこと、それほど重要ではないことにつかわぬよう、大切にしていきたいと思います.

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL