とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

万葉の天の川

2017-06-30 21:23:03 | 日記
寝静まる里のともしび皆消えて天の川白し竹藪の上に

正岡子規

貫之は下手な歌よみにて『古今集』はくだらぬ集に有之候と言い放った子規。
中世の歌を否定して求めたものは、万葉集の素朴な写生であった。

万葉集には次のような歌がある。

天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎ隠る見ゆ
柿本人麻呂

天の海に浮かぶ雲は、白波が立つよう。月の船が渡って、星の林に隠れてゆく。
まるで古墳の壁画にも現れそうな景色だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピル解禁の凍結 | トップ | 針やはらかに春雨のふる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。