とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

君かへす朝の舗石

2017-06-19 13:15:12 | 日記
君かへす朝の舗石さくさくと雪よ林檎の香のごとくふれ

北原白秋『桐の花』

人妻との道ならぬ恋といえばこの歌。
見送るために外に出ると、歩道には雪が降り積み、そのうえにあなたの足跡だけが残っている。
降り続く雪よ、林檎の香りのように彼女を包んでおくれ、と白秋は詠む。
雪を踏む「さくさく」というオノマトペが、禁断の果実をかじる音にも重なる。
人妻との姦通罪で訴えられ、拘置所の未決監に収監されていた頃、この歌は発表された。
ちなみに、この歌の一部をタイトルにしたボーイズ・ラブコミックは、苦手だ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天の怒りの春雷ふるふ | トップ | 蜜柑の香せり冬がまた来る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。