とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天の川

2017-07-08 21:05:10 | 日記
天の川 霧立ちわたり 彦星の 楫の音聞こゆ 夜の更けゆけば

作者未詳『万葉集』

霧が立ち、夜が更けてくれば、天の川を渡る彦星の船漕ぐ楫(かじ)の音が聞こえてくる


天の川 川の音清し 彦星の 秋漕ぐ舟の 波のさわきか

作者未詳『万葉集』

「さわき」は動くの意。
波の動きの音かしら、あの方がお着きになったよう。
心を弾ませて、迎え支度をととのえる織姫。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 濁流だ | トップ | 尾花が上の白露思ほゆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事