とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

母の手と光のなかを交差す

2017-05-14 17:26:34 | 日記
すだちの数を分けあいながら母の手とわが手が光のなかを交差す
                 
中津昌子『むかれなかった林檎のために』

あんなにも近い存在だった母を、少し遠く感じるいま。
母の人生とわたしの人生は別々に流れているのだけれど、
それでも、ふと交差する一瞬がある。
交差する手が光に照らされて、背負われた昔がよみがえる。

お母さん、いつもありがとう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプの「弾劾」予想 | トップ | あな笑うぞよ死なんとしつつ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事