とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

見飽きない椿

2017-03-15 17:50:22 | 日記
あしひきの 八つ峰(を)の椿 つらつらに
見とも飽かめや 植ゑてける君 

大伴家持 万葉集


山の尾根に幾重にも重なるように咲く椿。 
その椿を貴方は庭にお植えになったのですね。
つくづく見ても見飽きることがありません。
貴方とも飽きることなく、いつまでもお会いしていたいものです。

家持が大原真人の館の宴に招かれたとき、もともと山奥に咲いていた藪椿を館の庭に移し変えた様子を愛でながら、主人を讃えた歌です。花そのものよりも、主人の美意識をたたえているため、感情移入しにくい歌ではあります。しかし、そこが可憐な椿の奥ゆかしさを引きたてるのかもしれません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペガサスに頼む | トップ | 源泉かけ流し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。