とうにクリスマスを過ぎて

クリスマスがもう終わった〜っと思った瞬間に思いついたタイトルです。
他意はありません。年末にはタイトル変更か?

春のとまり

2017-04-21 22:32:25 | 日記
花は根に 鳥は古巣に 帰るなり 春のとまりを 知る人ぞなき

崇徳院 『千載和歌集』

上句は、和漢朗詠集の詩句「花は根に帰りしことを悔ゆれども悔ゆるに益なし 鳥は谷に入らんことを期すれども定めて期を延ぶらむ」を踏まえている。
「とまり」は行き着く先、終着点を指す。
春が終われば、花は根に、鳥は古巣に帰るという。しかし春の行き着くところを知っている人はいない。

政争に明け暮れ、やがて罪を得て讃岐に流罪になる崇徳院の、こころの渇き。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不可思議の月 | トップ | まだ短いように思うのです。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。