大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

帯状疱疹で北海道ドタキャン

2016年06月28日 | 温泉/健康
明日から北海道と言うのに何と帯状疱疹だ!

大雪用の食料品や衣類などを送り出そうとしたら
左腰が痛痒くて見たら赤い点々が昴みたいになっていた。

一発で帯状疱疹と分かったが参った。
慌てて宅急便へキャンセル連絡をして、
層雲峡ユースとレンタカー屋へも連絡した。

タイミングが凄いがこれはラッキーだったかも。
大岩のへつりで痛みに襲われたら一発で滑落。

大昔に初めてこれを経験した時は凄かった。
座椅子に座ってテレビを観ていた時に左背中を
錐で突かれたみたいな痛みで後ろに卒倒。
女房が何をふざけてるんだと思ったくらい。
あの痛さは人生最高の物だったが、その後にまたやったが
それは島の冬の寒さに痛めつけられての物だった。
島から帰って直ぐに今度の事みたいな事になり皮膚科に行った。
あまりの寒さにストレスが相当酷かったらしい。

暑さの中の植木仕事で相当疲れていたらしい。

梅雨の最中で練習の山にも行けなかったし、
今年は山は無理と体が自己防衛したのか?

仕方ないからカープの試合でハラハラドキドキしよう。
何だかひょっとするかもしれない展開で嬉しいやら怖いやらだ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキとザクロ他の剪定

2016年06月27日 | 職人修行
去年やった所だったから現場の視察もしないで楽勝。

俺の担当も去年通りで嫌らしいザクロとツバキ・ヤツデなどの
コーナーで苦労しなくて済んだ。

とにかく小さくして欲しいとの事だったから、
ザクロとツバキを大胆に切って低くしたが、
ちと大胆過ぎたかなという気もする。

ツバキのビフォーアフター
 

ザクロ(アジサイの奥)のビフォーアフター
 

隣家との境界へ伸びる枝を極力落としたから
ツバキがちょっと歪な姿になっている。

奥ににあるザクロもそうしたが境界から離して植えれば良いのだが、
建てたばかりだとそこまで気が廻らないのだろう。
殆どの庭で境界近くの木を切らねばならず歪な姿になってしまう。

一番楽なのは隣家との境界には何も植えずに芝にでもする手だろう。
敷地が百坪はないと葉っぱが隣に落ちるし面倒だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヒメシャラ・ツバキ・モミジ他の剪定

2016年06月22日 | 職人修行
二日分を纏めてアップする。

昨日のM先輩との仕事は俺はサツキの生垣と
道路側に出たサツキ他のカットくらいしかやらなかった。
キモクセイかナツツバキをやりたかったが残念。

サツキの生垣のビフォーアフター
 

道路側のビフォーアフター
 

M先輩のキンモクセイのビフォーアフター
 


M先輩のナツツバキのアフター
 


今日の仕事では俺はツバキの剪定や裏の境界際にナンテン・ヤツデ他。
チーフとO・M先輩達がモッコク・マツ・モミジ・サツキの群れ他を担当。

雨だったし始業寸前になってしまったので写真どころではなかった。
どうせ茂り放題だったし剪定後の写真でも十分だろう。

O先輩のヒメシャラ


M先輩のサツキの群れ


俺のツバキとチーフのモミジ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北海道でのガスカートリッジ入手法

2016年06月22日 | 北海道
雨ばっかりで練習登山もままならないが、
どうにか北海道は晴れてくれそう。

来週の29日から7月3日の5日間だが
ギリギリ晴れそうでどうにかニペソツが終る。

今の所は29・30が晴れだから2日までは
雨は降らないだろう。

予定通りにニペソツは前天狗で幕営して帯広に戻り、
高速バスで層雲峡へ移動。
ユースに寝て銀泉台から白雲の小屋に入り、
翌日久し振りに旭岳を越えて旭岳温泉へ。



ガスカートリッジをどうするか悩んでいたが
ニッポンレンタカーの営業所で売っているのを発見。
幸いにも帯広空港前店で扱っていたからラッキー。
先方へ確認したら誰でも販売してくれると。
まあ、ニッポンレンタカーを利用するのがマナーかな。
その内殆どのレンタカー屋で置くようになるかも。

千歳空港営業所、旭川空港前営業所、女満別空港前営業所、
釧路空港前営業所、 中標津空港前営業所、帯広空港前営業所

以上の営業所で扱っているから
利尻や駒ケ岳・樽前山などを除いた主な山に使えるな。


取扱いガスカートリッジ
EPIgas230レギュラーカートリッジ(G-7001) ¥529
EPIgas230パワープラスカートリッジ(G-7009) ¥680
EPIgas110パワーカートリッジ(G-7013) ¥486
PRIMUSIP-250Gノーマルガス(小) ¥486
PRIMUSIP-250Tハイパワーガス(小) ¥648
PRIMUSPG-110小型ガス ¥453


空港から即ニペソツへ向かえるから好都合。
大雪なら旭岳・層雲峡のロープウェイ駅でゲットできるが
他では無理だから山屋には大助かりだ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

コリジョンですったもんだしてるが

2016年06月19日 | NPB
こんな簡単なルールで揉めるのが解らない。

直近の例は広島・西武戦のサヨナラと
ヤクルト・ソフトバンクのケース。

基本は捕手は走者の走路を空けておくのと
走者の捕手への体当たり禁止。

その前に野球のルールを確認しておくと解り易い。
ザックリと書くと、四つのベースを一塁から順番に踏んで
本塁まで戻ってきたら一点。
その点数の多い方が勝ちというルール。

で走者が自由に走らないと成り立たないのは明白。
一塁前で通せんぼすれば点が入る可能性ゼロ。

守備側は走者の走るのを妨害しては駄目というのが
大前提なんだが、これが何時の頃からかホームでは
ブロック(妨害)しても良い事になったらしい。

大昔に巨人と阪急の日本シリーズで巨人の土井が
このブロックをされながらホームを踏んだのが
誤審だといって大揉めした事があった。
普通に見たらブロックに跳ね飛ばされたみたいに見えたが
翌日の新聞にちゃんと足がベースを踏んでる写真が出て一件落着。
俺もこりゃあ巨人寄りの判定だろうと思っていたから
さすがに近くで見ている審判の目は正しいと感心した覚えがある。

このブロックがあるから走者は捕手目掛けて体当たりするしかないし、
危険だから改めて走者の走路を空けろと決めたのだろう。

元々捕手のブロックがルール違反だったのに見逃されていたのが
おかしいのだから当たり前のルールなのに理解しないのが多い。

酷いのはあの体当たりが野球の醍醐味だとか言う人間まで
いるのだから呆れてしまう。

今朝も張本がこんな糞ルールはおかしいと喚いていたが
お前が馬鹿なだけだろうと笑った。


一番酷いのは審判が全く解っていないと言う事だな。
広島の場合は10分も時間を掛けてアウトからセーフへ変更。
これは誰が見ても捕手の上本が走路上にいて妨害してるのは明白で
セーフのコールをするのが当然。
それをアウトにしたのが大問題だろう。

ヤクルト・ソフバン戦のはもっと酷い判定だったと俺は思うが
不思議と問題視されていない。
ヤクルトが満塁で一塁ゴロで突っ込んだのをアウトにしたが
捕手がベースを足でブロックしていた。
真中が抗議したが却下されてアウトになったがおかしい。

タイミング的にアウトだったからとの理由だったが
それがもっとおかしいだろう。
幾らタイミングが悪くても走者は突っ込むし送球が逸れたり
捕手が落とす可能性だってあるぞ。

審判がこれほどあやふやでは今からも揉めまくるだろうな。

MLBの試合を観ているとこんなシーンでは
捕手は三塁線より内側に身を置いてベースを空け走者にタッチしている。
二塁での盗塁のタッチと同じだな。
これが通常のやりかたでこれを踏襲すれば良いだけだろう。

広島が奇跡的な勝ちを続けて独走態勢に入ったがどうなるかな。
このまま走って25年振りの優勝になれば黒田の引退に花を
添えられて万々歳なんだがなあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨の晴れ間の猛暑にタジタジ

2016年06月17日 | 職人修行
1週間ぶりのアップだが、さすがに書くのに飽きてきたらしい。
もう6年過ぎたんだから当たり前か。
そろそろ潮時かもだな。

今日は仕事始めは曇っていたが昼近くから日が照り付けだして
先輩達も堪らなかったみたいだ。
この俺が小を催さなかったんだから汗が半端なかったんだ。

帰宅したら即洗濯機を回すは、やたらと黒いシミが付いた
剪定鋏と木鋏を研ぐは、雨の中での仕事で汚れた地下足袋二足を
洗うはと疲れた体に鞭打たねばならない始末。

どうにか落ち着いたのでアップしてるんだが、
今日はハナミズキとザクロの剪定で面白かった。
因みに昨日はモチ・サザンカ・ウメをやった。

ハナミズキは去年もやってたからスンナリ行ったが、
上や下に伸びた葉や枝を切って梳かし樹形を整えるだけ。

ザクロは敷地をはみ出したのを切るのと混み合った所を
梳かすのが第一で、次に上に飛び出した枝を切るのでほぼOK。
花一杯で賑やかだったのを寂しいくらいに切ってしまったが、
これ位スッキリした方が涼しげで良かろう。

片付けではこのザクロやピラカンサス・ミカン?の棘で
痛い目に遭わされて参った。

今年は久し振りの本格の梅雨で、日本中が雨マーク(除く沖縄奄美)で
山予定が組めなくて大弱りだ。

最悪梅雨明けからの山になるかもで、しっかり植木仕事に打ち込むか。

昨日のモチのビフォーアフター(ウメ・サザンカは撮り漏れ)
 


ハナミズキのビフォーアフター
 


ザクロのビフォーアフター
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カクレミノ・カイズカイブキ他の剪定

2016年06月10日 | 職人修行
今日はミニ集合住宅でフルメンバーでやった。
明日も全員でやるが俺は通院を入れていたから
終わり次第駆けつける事になった。
メンバーが5人になったから辛い事は辛いな。

色んな木があったが俺はカクレミノ・カイズカイブキ・
モッコク・カエデなどを担当。

先輩達はサルスベリ・マテバシイ・ケヤキ・ウメ・
ビワ・などをやっていた。

カクレミノ
 

ナンテンが茂り過ぎてたから間引きした。
朝の逆光のビフォーで見難いが下の黒いのがナンテンだ。
この木は殆どの庭が茂り過ぎていてスッキリしていない。

カイズカイブキ
 

サルスベリ
 

マテバシイとケヤキ
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ニペソツ行きのレンタカーの予約終了

2016年06月07日 | 北海道
信じられないくらいの格安料金だった。

オリックスレンタカー帯広空港店で借りて
返却は帯広駅前店にした。
ニペソツだけで帰るのは勿体無いし、
白雲の小屋に寝て花を楽しむ為に働いてるんだから。

29-30でニペソツだから二日間借りるが、
免責込み・カーナビ・禁煙車で何と税込み7,200円!
7月からはハイシーズン料金で高くなるからなあ。
6月中にして正解だった。
当然軽自動車だが一人だし問題無かろう。

「たびらいレンタカー」というサイトから手配した。
6月までは安いから手配するなら今だな。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楓・金木犀の剪定

2016年06月06日 | 職人修行
今日はカイズカイブキの仕上げと掃除だけだった。

M先輩がマテバシイと楓の半分。
O先輩が金木犀と楓の半分を担当。

楓のビフォーアフター
 

 

金木犀のビフォーアフター
 

竹のビフォーアフター
 


今日は鋸が上手く動かずM先輩にカイズカイブキの幹を切って貰った。
2週間位前に刃が歪んでしまい完全には真っ直ぐに戻らない。
それでまったく動かせなくなりどうしようもないから替え刃を買った。

新しく鋸を買う積もりだったが替え刃があるのに気付いた。
無駄な金を使わずに済んだが良く見ないと駄目だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バスで河口湖が便利

2016年06月05日 | 近場の山
昨日鳥海のやり方を調べていて分かった。

本厚木から河口湖までのバスがあるのに気が付いた。
もっと早く知っていたらなあと悔やんでも後の祭り。

今までは大月までの中央線と富士急とか、
石和からのバスを使って三つ峠入り口とかへ行っていた。

本厚木7:40発で9:00に河口湖駅着だ。
僅か1時間20分で到着とは素晴らしい!

おまけに9:08発の新富士行きのバスで精進9:43着。
王岳をやり残していたがやっとこれで終わる。

帰りは河口湖駅17:30発だからこれに合わせて
コース設定すれば良い。

西湖周遊バスの16:41根場発で17:15河口湖駅着だ。

女坂峠からの登りが急らしくて時間が読めないから、
王岳山頂の到着時間で下りを決めよう。
多分直接下らないと間に合わないと思うが。
鍵掛峠から降りるのではバスにギリギリだろう。

このバスは案外と前からあったのかもだ。
時々はバス便のチェックもしないと拙いな。

この土日は脚がイマイチなのと天気が駄目で山歩きできなかった。

どうやら梅雨入りみたいで土日の晴れは超貴重。
上手く晴れてくれれば良いが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカメモチの剪定他

2016年06月02日 | 職人修行
大抵は生垣として使われているアカメモチだが
立派な庭木として植えられていた。

依頼主の奥さんから思い切り切ってくれと依頼されたから
これでもかと言うくらいにバシバシ太い枝を切った。

仕上がりは当然ながらスッキリし過ぎ!と言われるくらい。
掃除していたら奥さんが外出とかで出てきたから
仕上がりはどうか訊いて見た。

すると泣きたくなるくらい感激だわだと。
まあ車の上に虫の糞が落ちて困るから切手くれとの事だったから
駐車場の上の枝を切ったから当然スリムになった。

その他にはカイズカイブキの玉造を剪定したが、
これもボウボウに茂ってたのを思い切り小さくして梳きもやった。

俺はこの二つだったが先輩二人はキャラボクの生垣・梅二本・
木蓮の大木・藤・柏などを処理。

今日は日差しが強くてまるで夏。
明日はまた公園の草刈だから、水と凍らせたペットボトルなど
暑さ対策をやらないと酷い目に遭う。

俺のアカメモチのビフォーアフター
 

カイズカイブキのアフター



M先輩のキャラボクの生垣のビフォーアフター
 

南側のビフォーアフター(右端がO先輩の木蓮)
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうとう6月だよ

2016年06月01日 | 丹沢
急ピッチで山仕様の体にしないと間に合わない。

土日で歩くしかないが、午前中は翌週の仕事の現場視察があるし
午後出発だから行き先が限定される。

とりあえず今度の土日は西丹沢へ出かける。

新松田14:25のバスに乗れば15:36自然教室着だ。

犬越路避難小屋に寝て翌朝檜洞へ上がり、
下山は石棚山稜から箒沢橋へ降りよう。

とっくにシロヤシオは終わっているが、
ひょっとするとミツバツツジが残っているかもしれない。

俺はこのピンクのミツバツツジの方が好きなんだ。
白は大人しいからなあ、派手なミツバの方が気に入っている。

頂上に結構大きなのがあって咲いていればボリューム満点なんだが。
ちと遅い可能性が高いかな、それでも石棚山稜のブナの新緑がある。

途中のカツラの古木にも会えるし楽しい歩きだが
急下降が待っているから注意しないとだな。

後は奥多摩と中央線沿線の歩きにしよう。

今月末にニペソツで来月鳥海だから一頑張りしないとな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加