大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

草刈り機結構ヤバい

2016年05月31日 | 職人修行
今日は三時間で終わり残りは金曜




今日は公園の草刈り。

年に一度の草刈り機の使用だが結構難しい。

5人が横一列になって刈り進むから、
両サイドを気を付ける必要がある。

刃を左右に動かして刈るから刃をぶつける恐れがある。
下手すると仲間の足を傷付けてしまう。
当然作業スピードが違うから良いのだが
案外とぶつかる機会があるから油断できない。

それと刃が小石を跳ばして顔に当たるのが怖い。
何度も何かが顔に当たったが、マジでゴーグルを
使わないと危ない。

地面スレスレで刈るから当然色んな物を跳ばす。
刃を水平にすれば顔に当たる事はないが、
斜めに入れて切る時があるから跳んでくる。

ワークマンにでも行ってゴーグル探そう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

整体でスッキリ

2016年05月30日 | 温泉/健康
2週間位前から左股関節・左膝が痛かった。
どうも腰からだろうと考えて整体に行って来た。

予想通りで腰の影響で股関節がずれて左脚が長くなってた。

腰と腰の施術でスッキリした。

様子を見て金曜にでもまた行こう。

島での釣りで腰がおかしくなってたのに加えて、山で滑ったりしたからなあ。

しかし、行きつけの整骨院があって助かる。

整形外科なんかに行ったら電気治療だけだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダルビッシュ復帰登板で圧倒!!

2016年05月30日 | MLB
さすがに凄かったな。

何と言ってもあのガタイのデカさがなあ。

マエケンや岩隈・田中より二周りはデカくて
普通のMLBの選手よりも大きい。

大きいと近く感じるだろうから打者は嫌だろう。
投げる球がまた以前と同じく威力十分で
コントロールが良くなってたから鬼に鉄棒。

靭帯は切れてなかったが手術したらしい。
なかなか賢い判断だったかもだな。

マエケンや田中もやった方が長い目でみると良いかも。
年俸は保証されてるし、球団もその方がやり易いだろう。

マエケンはそれ込みでの低年俸なんだからやりゃなか損。

裏で観ていたマエケンの怪我には驚いたが上手く投げて勝った。
捕手はエリスの方が良いのだからずっと彼と組ませるべし。
前にもかいたがチェンジアップやツーシームで内を攻めないと駄目。


ダルビッシュが戻ってきてまた楽しみが増えたな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

横スタを深紅に染めるカープファン

2016年05月28日 | NPB

真っ赤に燃える横スタ






一年振りの観戦だったが1-3で負けた。

明日勝てば良いだけなんだがどうなるかな。

昨日の黒田はもっと甘い所に投げ込んで凡打を誘うべきだった。
際どい所に投げるのでファールばっかり。
球数が増えて途中交代を余儀なくされたし、
疲れからだろうが井納に四球で出したのが命取り。


今日はルーキーの岡田の真っ直ぐが通用するのが分かったが、
筒香へのインコースへのカーブは解らない。
外へのが投げ間違ったのならOKだが、
あのコースへ投げさせたのなら石原のリードがおかしい。
このツーランで一気に劣勢になってしまった。

どうにか1点差まで詰め寄ったが二死満塁で菊池の見逃し三振は駄目。
せめてファールにしないとだめだろうよ。
この三振でほぼ決まってしまった。

九回の無死一二塁での會沢のバントの格好からのヒッティングは馬鹿。
バントするか普通に打つかどちらかだろう。
バントの構えから引いて打てば遅れるに決まってるし、
案の定空振り三振だった。

その後の代打安部と田中も三振でジ・エンド。

娘夫婦は大喜びだったが俺はさっさと退散。
電車がメチャ混みだからなあ。
チビは憶えていたが途中で寝て抱いたが頭が重くて腕が痺れた。
まだオムツが取れないらしいが、三歳前後なんだと。

チビももう直ぐ二歳だが元気に育ってるな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日は除草が中心

2016年05月26日 | 職人修行
飲食店周りのサツキの植え込みと道路際のキンモクセイ11本。

このサツキの植え込みにある雑草の除去を担当した。
キンモクセイの剪定がしたかったが、まあ除草なら若い俺の担当だよな。

去年は6人で8.5時間とかだったらしいが、
今回は5人だから二日での作業だ。
明日は天気が悪く土曜日に3時間程度やるらしい。

除草はサツキの間に足を入れて作業だから結構腰に来る。
時々腰を伸ばしてやったがあまりやりたくはないな。

キンモクセイは結構樹高があって作業時間がかかっていた。
3人で10本はやっつけていたから、一人で3本はやったわけだ。
正味5時間の作業だから1本を1.5時間で終えてるが、
俺なら5時間で2本しかやれないだろうな。
さすがに先輩達は早いや。

植え込みのビフォーアフター
 

 


キンモクセイのビフォーアフター
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症寸前でヘロヘロ

2016年05月24日 | 職人修行
やばかったなあ、危うく熱中症だったよ。

30度になるとかでカミさんが保冷剤を持って行けと
アドバイスしてくれたが持たなかった。

ところが暑い暑い、持って行ったお茶と水各0.5Lは
仕事終わるまでにほぼ飲み干してしまった。

湿度が低かったから助かったがそれでも汗は半端なく、
水とお茶を飲まずにはやってられない。

庭の真中にある蘇鉄を伐採してくれとの依頼だったが、
チェーンソーでないととても無理。
来年と言うことにしてもらい庭木を小さくするだけにした。

俺はキンモクセイとサザンカ・ドウダンツツジ。
M先輩が他のモクレンやカイズカイブキ・アカメモチの生垣など。

キンモクセイのビフォーアフター

 

キンモクセイとサザンカ・ドウダンツツジのアフターのみ


 

M先輩のモクレンや生垣・カイズカイブキのビフォーアフター
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

鈴の音が大嫌いなんだ

2016年05月20日 | 山道具
丹沢の大倉尾根や白山の砂防新道で鳴らして歩くのを
何度どついてやろうと思った事か。

熊などいるはずのない人だらけの道で、熊用のデカ鈴を
付けて歩く神経が解らない。

こんな連中ばかりで電車やバスなどにもいるのだから
呆れ果ててしまう。

熊の恐れが無くなったら即外せば良いのにそれをやらない。

マジでヤバイのは北海道や東北の山くらいだが、
近場の山でも人があまり歩かない山は要注意。

だから案外と付けて歩く機会は多くて常時持ち歩いてる。

でどうすれば音を小さくできるか考えた。

今までは小さなカウベル風のには紐を押し込んでたが、
鈴は何もせず小さい音が出ていた。

結局鈴を小さな布でくるみ、その余分をベルに押し込んだ。
それをウォークマン用のクッション袋に入れて大分か細い音になった。
これで俺も気にせずに済むし他人にも迷惑かけないだろう。

今日は仕事も休みで夏の山の予定を組んでいて思いついたのが、
ニペソツや大雪と鳥海では付けて歩いたが良いからなあ。

熊用鈴のビフォーアフター
 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春と秋の剪定が理想的?

2016年05月19日 | 職人修行
今日は前年秋に剪定していたので頗る楽だった。
一昨日のジャングルとはえらい違いだった。

一本枯れたカイズカイブキ?があり、この伐採を最初にやらされた。
元気一杯の時にやる方が良かろうとのM先輩の指示。

しかしさすがに疲れるから最後にやった方が良いと思う。
まして今日の庭は疲れる木など無かったのだから。

その伐採は途中を切って短くして根元を切るんだが、
普通にやると鋸が動き難くなる。
それでロープを使って引っ張り少しでも摩擦を小さくした。
伐採の時に良くやる手だが先輩達がやってるのは見たことがない。
皆力が強いのと慣れてるのかな?

最初は上半分・次に根元だがこれが結構シンドイ


三人で合計9時間で終わったから見積りよりも3時間早く終わった。

秋も同じ時間で大丈夫だから年間18時間。
これなら1時間1500円でも27000円。
これに枝や葉の運搬料が2回で6000円33,000円。
あくまで予想だがこの程度だろう。

一昨日は15時間だったのだから大して変わらない。
枝葉の量が半端なかったから運搬量が5,000円はしたろう。
22,500円+5,000円で27,500円くらいか、
二年ぶりだから半分と考えるが、繁り過ぎた庭を見られるのがみっともない。
おまけに家の中が暗くて陰気だろうよ。

ご近所からは鬱陶しいと思われ金が無いのかとも思われるんだから
せめて年に一度は剪定しないと駄目だろう。
年2回が理想的だが経済的な負担があるから一回が多いかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツゲ・柚子・マサキの生垣他の剪定

2016年05月18日 | 職人修行
俺はツゲ4本の担当。
柚子・キンモクセイ・椿・梅はチーフで
マサキの生垣はO先輩がトリマーでやっつけた。

ツゲは去年もやった筈なんだが記憶が無い。
やってみたら全体に梳かし方が足らなかったし
もっと小さくすべきで、去年のやり方は不充分その物。

極力梳かしたし余分な枝を切って随分と小さくした。
最後の1本などは前の形と全く違うのになってしまった。

柚子は俺がやりたかったのだがチーフがやった。

そのアフターだけ。



俺のツゲのビフォーアフター
 


その最後の1本は奥の柚子の手前(随分とちいさくなった)
 


キンモクセイ(左)と椿(右)のビフォーアフター
 


マサキの生垣のビフォーアフター
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥屋戸尾根からヨコスズ尾根

2016年05月16日 | 奥多摩
5月14日に日帰りで行ってきた。

蕎麦粒山まで行く予定だったが、
疲れたのと時間が押したので分岐から巻いた。
当然ながら仙元峠も登らずに一杯水へ。

9:50に登山口で笙ノ岩山13:08・
蕎麦粒山分岐14:50・一杯水の小屋前16:45
東日原バス停18:25

以上のタイムレコードだが、結構写真撮ったりしたから
時間がかかってしまった。

このコースは鳥屋戸尾根の東側は植林帯が続いて面白くない。
笙ノ岩山以降で西側が自然林の所は極力西側の縁を歩く事。
道が植林帯の縁に付けられているからこれを歩くとつまらない。

シロヤシオ・ミツバツツジの競演を独り占めして最高の歩きだった。

電車の中から山屋だらけだったが、予想通りに御嶽で大半が降り
奥多摩へはその半分程度だった。
ところが駅前のバス停で仰天!
東日原行きは長蛇の人で臨時バスが一台出たが、
次の定時のにどうにか座れた。
丹沢みたいに臨時が3台とかはバスの数が少なくてできないらしい。

その電車の中に地下足袋を履いた老人山屋がいたがベレー帽に
職人ズボンとなかなか決まっていて感心。
山ボーイ・山ガールの画一化されたのと違って格好良い。
その内植木屋の格好で歩いてみようかな。

人だらけの東日原行きバス停(ぐるりと折り返してる)


登山口はバス停から5分ほどの所にある二番目のカーブミラー前から
取り付くが蕎麦粒山への道標もあるから分かる。

こんな壁状態でなくなる地点から取り付く


登山口とバリエーションとは思えぬ道
 


眺望ゼロの笙ノ岩山頂上



分岐までに堪能したシロヤシオとミツバツツジ
 

  

蕎麦粒山分岐・この時点で巻き道を選択


一杯水への巻き道は結構細いし少し谷側に傾いてるしで少し緊張する。
登る途中の1268ピーク先で下山のオジン二人組と遭遇。
道から何分かかったかと訊いて45分とかだったから3時までには着くと安心。

仙元峠分岐で降りてきた青年に巻き道で峠に出るかと訊いたら
どうも峠はドッケの変形でないかとの事だった。
地形図を見ると1444のピークなんだから峠と言うのはおかしい。

巻き道を歩いたが仙元峠分岐から一杯水までの間で、
道を外れて稜線へ二度上がってみた。
するとシロヤシオとミツバツツジの大競演とブナの巨木があちこちあり感動。
仙元峠から秩父側に歩いてみたいと思ったが、そのまま降りると電車が大変。
途中まで歩いて引き返すかしないとだがやってみよう。

シロヤシオだらけだった
  

 
 
 

ヨコスズ尾根上部のミツバツツジと新緑
 

ヨコスズ尾根はミツバツツジだらけだったし、新緑が綺麗だったが
下部の東側を巻き出してから長くてウンザリだった。

バス停には誰もおらず、後からオジンが一人来ただけだった。
何処から降りてきたか訊こうと思ったが、かまってくれるなオーラ全開。
時々こんなのがいるな。

しんどかったが新緑と花達に癒されて最高の歩きだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アマゾンの密林状態の庭だった

2016年05月16日 | 職人修行
とんでもないジャングル状態の庭で、剪定どころか
伐採が殆どいう凄まじさ。

これほどの庭?は今まで見たことがない。
二年ぶりとかだったがまるで四年はやってないのではと
感じるくらいの繁茂ぶりだった。
その上シランや雑草も刈ってくれと、結構厚かましい。

挙げ句に何とお茶の一杯も出なかったんだから驚く。
幾らなんでもそれは無かろうと呆れてしまった。

そんなことならと最後の除草ではもうちょっと
綺麗にしたがったが止めにした。
それほどしてやる義理も無いし、丁度五時間で終わりに
したかったからな。

通りすがりの人の殆どがさっぱりしたねえと言ってたが
皮肉が込められてたなんて気付きもしなかったろうな。

ビフォーアフターも個別ではなく全体にした。




ビフォーアフター

   


  
 

  


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シロヤシオ・ミツバツツジ真っ盛り

2016年05月15日 | 奥多摩
とりあえず速報。


予想通りのドンピシャだった。

鳥屋戸尾根の西側・蕎麦粒から天目への稜線の
秩父側が素晴らしい。


道が植林帯の縁を通っているが、構わず稜線の縁を
歩かないとこの景色は楽しめない。

時間と体力面で蕎麦粒山・仙元峠共に巻いたが、
一杯水への途中で稜線に上がって新緑と花を楽しんだ。


鳥屋戸尾根へは川乗橋バス停から二つ目のカーブミラーの
所に蕎麦粒山への道標がある。
道は一般道と変わらない位に歩かれている。

昨日は遅かったし今日は山仲間とのイカパーティーで
詳報は明日アップする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は久し振りの奥多摩

2016年05月14日 | 奥多摩
まだ歩いていない道と言うのはワクワクするなあ。
一般ルートではないが相当に歩かれてるみたいだ。
時期的にシロヤシオやミツバツツジが咲いてると
考えてるがどうかな?

西丹沢の檜洞が超有名で人だらけに決まってるから、
歩いてみる気になった。
人の尻を見ながら歩くなんて真っ平だから。

大人気の川苔山や鷹ノ巣山へのバスだから満員に決まってるが、
歩き出して暫くして尾根に取り付けば俺一人だろう。

下山はヨコスズ尾根から東日原だが、最終のバスは
18:52だから間に合うだろう。
登りだしが10時位だし、蕎麦粒山まで4時間としても下山に4日時間は余裕有り過ぎるくらい。

まあ、人だらけの山で一人だけの歩きは最高。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ツバキ・ツゲ・キンモクセイ・モチの剪定

2016年05月13日 | 職人修行
M・H両先輩との仕事だったが、予定では昼を食べてから
1時間半作業だったが昼無しで終えた。

M先輩が責任者の作業では大体がこのスタイルだな。
サザンカは全く梳かしができなかったが、
俺が担当したツバキ程は混んでなかったのだろう。
チーフなら梳かさないと気が済まなかったろう。

ツゲとキンモクセイはH先輩だが、去年俺が刈り込んだ
ツゲはヘッジトリマーでやっつけていた。
機械なら簡単だが刈り込むと2時間はかかるな。

M先輩は梅・モチだが両方結構難物。

俺はツバキが時間を食ったが、他に柿・キンカン・ナンテン・
サザンカ・サツキをやった。

今日も暑くて作業中のトイレも無し。
暑いと汗のお陰でトイレも必要ないのが嬉しい?

俺のツバキのビフォーアフター
  

H先輩のツゲとキンモクセイのビフォーアフター
 

 

M先輩のモチのビフォーアフター
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ツゲとキンモクセイ・カイズカイブキの剪定

2016年05月12日 | 職人修行
朝現場に向かう途中からの大山





今日は俺の担当はツゲの木一本。
H先輩はキンモクセイとカイズカイブキの生垣。
チーフが松と竹それに名前が分からないが椿より細い葉の木。

三人で5時間かかったが俺の仕事がちと遅い。
一発で決められないのが拙いが、経験不足もあるが
思い切り良く刈らないのも原因だな。
何度も追加の刈り込みをするから時間がかかってしまう。

依頼主がカイズカイブキの刈り方を、やってる最中に
告げに来て呆れた。
最初に言うべきだろうがと心の中で毒づいた。
H先輩も災難だったな。

カイズカイブキとツゲのビフォーアフター(クリックで大きくなる)
  

キンモクセイのビフォーアフター
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加