大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

そろそろ山モードにしないと駄目だな

2016年02月29日 | 近場の山
明日で植木仕事も終わって連休明けまでフリーだ。

まあ去年同様に島へ渡って釣り三昧だが、
4月末からの祖母傾に備えてのロングウォークもある。

その前に一応は山歩きしておきたいから、
取り敢えずは明後日の下曽我から国府津と3日の
熱海・玄岳で足慣らしとしよう。

中央線沿線は雪が残っていそうだから低山歩きにする。

前者は梅の花見がおまけだし、後者は富士と南アルプスの
眺めが天気が良ければ期待できる上に熱海での温泉も楽しめる。

3月7日に今年初の「山と酒」をやり、11日から16日まで
沖縄と福岡で、17日から島と言うスケジュールだ。

今週と7日がどうやら天気良さそうで、
明後日から土曜日まで毎日山というのもありだな。
雪の恐れの無い低山歩きだし。

島でのロングウォークで少しでも脚に負荷をかけておかないと
祖母傾なんて絵物語になっちまう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マエケン・大瀬良の穴埋めは簡単?!

2016年02月29日 | NPB
去年と真逆の好スタートを切ったカープだが、
この二人の穴埋めが大変との嘆きを良く見る。

で考えてみたら「そうでもないぜ」という結論になった。

ちなみに昨年の広島投手陣の成績はこれ。

まず大瀬良に関しては去年は先発で1勝6敗と殆ど勝てず、
途中からセットアッパーに転向。
結果は結構痛い負けをやらかして、CS進出できなくした戦犯の筆頭になっちまった。

そのセットアッパー大瀬良の代わりは復活した今村・中田でお釣りが来るし、
新外国人のジャクソンがクローザーでも良さそうな位なんだから十分過ぎる。

この三人と去年後半から大飛躍した中崎ならまずまずの勝ちパターン継投だろう。
大瀬良の先発での勝ちはたったの1だったんだからどうって事ないし、
穴は埋まってるどころか無茶苦茶強い壁になってる。

もう一つで最大のデカ穴のマエケンだよなあ。

15勝8敗・206.1イニング・貯金7

これは正直とてつもなく大き過ぎるが、それでも何とか埋める事はできる。

今までも黒田が抜けた穴はルイスが、そのルイスの穴はマエケンが埋めた。

今回は一人で埋めるような投手は見当たらないが、
俺の中では九里・戸田・岡田・横山などでイニングは埋められるし、
勝ち負けトントンには収めることが可能だろうと思う。

負けが3つ位多くても十分で、借金を作りさえしなければ万々歳だ。
早い回に大量点を奪われてとても勝つ見込みが無ければ、
最後まで投げさせる位の割り切り方をした方が良いとおもうがなあ。
実際は小野辺りの負けパターンの継投になるんだろうが、最低5回までは
投げさせないと駄目で、インコース攻めとか次に繋がる投球をさせるのが大事だろう。



セは今年も混戦だろうしチームとして最終的に貯金が5あればおそらくCSはOK。
その為にどうするかなんだが、去年は4-5月の打線のドツボとヒース・中崎・
一岡の不調で10は負けているだろう。

この原因は打線の絶望的な繋がりの無さと、三塁コーチの無能さと
このリリーフ投手の力不足。

これが解消されたのだから、今年のカープを最下位予想した評論家どもは
相変わらずの無能さで10月には全員坊主だな。

さらに今年の打線については「エルドレッドがいる」・「ルナの加入」
という大きなアドバンテージがある。
更には去年不調だった丸がどうやら復調気配というのも大きい。
菊池は相変わらず淡白な打撃で物足りないが。

そう考えると上のブルペンの新戦力とこの打線の得点力上昇で
マエケンが作った7つの貯金はクリアできるだろう。

何せ開幕からの3カードでの7つの借金が最後まで祟ったが、
今年はそんな事は起きそうにはないから。

一方では黒田・ジョンソンの貯金10が今年はどうなるかという
心配な事があるが、この二人なら去年並みにはやってくれるだろう。
これに福井がまた成長してるみたいだから去年の貯金3から
5には伸ばしてくれると思う。

リリーフ陣の負けが20もあったのが半減するだけで十分だが、
今年は去年の後半からの中崎と勝ちパターンの上3人なら十分
やってのけてくれると確信している。
おまけに大瀬良の先発での借金5がチャラになればもっと楽になる。

という訳で大きな穴と言われてるマエケン・大瀬良ロスは完璧に癒され、
今年はCS進出も大いに可能性ある楽しみなシーズンになりそうだと予想しておく。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

近場で花見が楽チン

2016年02月28日 | 島暮らし・街暮らし
河津桜も峠を越えてしまったが、案外とあちこちにあり
手軽に楽しむ事ができる。

さっき現場の下見がてら歩いたら紅梅と河津桜が旬だった。

二ヶ月ほど前にやった現場は紅梅が綺麗だったが、
明後日はやり残しの木を剪定予定だ。

生垣が結構綺麗に出来上がっていてなかなか良い。

河津桜は公園にあるのだが三本だけだがまあまあ
花見気分に浸る事ができた。

この花は開花から一週間で満開になるから花見の予定を立て易いが、
今年は松田へは行きそびれてしまった。
19日に満開だった由でもうすっかり終わってるだろう。

近くの下曽我の梅は遅咲きの白加賀が満開だそうで、
枝垂れが素晴らしいらしい。


ピンクと緑が美しい



人が少ないのが良いな
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

周、すっかり坊やだった

2016年02月28日 | 周(あまね)とリン・クロ
40日振りに会ったがすっかりお兄ちゃんになっていた。
ジジババと違って幼児の一日は凄いなあ。

パパとのキャッチボールをしっかりやるのには驚いた。

何だか嬉しいような寂しいような気持ちだが、
ゼロ才からバット・ボールで遊んでたからなあ。

いつも逃げ回っていたリンに対して普通に接していた。
リンに波動拳の格好して逃げないのに感心。
リンにはいよいよ苦難の日々が始まったんだ。
端から虐められて来たクロよりはショックが大きいかな。

土産?には俺が持ち帰る為にそごうの御座候で買う今川焼を持って行くから、
俺と今川焼をセットで覚えそう。

後ろ姿でも撮りたかったが、携帯大好きボウズで渡さないと駄目で一枚も写せなかった。

次は5月の連休明けだが言葉も相当に覚えてそう。
しかしこっちの言う事を理解するのは凄い。

保育園での生活が役に立ってるんだろうが、
園で友達や先生と遊び家では姉達を追い回すなんて最高だな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刈り込み鋏のビフォーアフター

2016年02月27日 | 職人修行
昨日で公園週間が終わった。

一昨日は半端ない寒さだったが
昨日は普通の寒さで途中で一枚脱いだ。

仕事は除草で別に載せる事もないから
使った刈り込み鋏のボロボロに刃が欠けた状態と
20分近く研いだ後の状態を載せる。

外でないと研げないから寒いと辛いが
切れないと仕事にならないから、ほぼ毎回
仕事の後は研ぎを入れないと駄目なんだ。

草を刈り込んだが小石で刃が欠けてしまう。
時々は鉄の楔があったりして気を使ったが、
終わってみたら刃が酷い事になっていた。


結構ボロボロ
 


アップだと分かり易いかも
 

どうもこれくらいボロボロになると 
粗めの砥石で荒研ぎしないと駄目っぽい。
ホームセンターでまた購入しないとだな。
仕上げ用の砥石ではなかなか研ぎ上がらない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ウバメガシの剪定

2016年02月25日 | 職人修行
今日はやっと選定作業だったが、下が未明の雨で濡れていて
半日で作業切り上げてしまいちと物足りなかった。

三本あったが皆樹高が高くなっていて脚立の固定・
ハーネスでの自己確保と事前準備が要った。

ウバメガシ1
 

ウバメガシ2
 

この2は一番下の枝に片足乗せていたら折れてしまった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

福岡・羽田の航空券8,290円!

2016年02月24日 | その他
スカイマークのスカイバーゲン45だとこの価格だ。

毎月の出張があるカミさんのチケットを8月分まで購入した。
10月までのチケットとが購入できるという恐ろしい事になっている。


45というのはフライトの45日前までの購入が条件だが、
45日前ではもう殆ど残っていない。

さすがに7月15日から8月31日まではこのスカイバーゲンは無い。
夏休みに家族旅行する人達は出費が嵩む訳だ。

毎度の事だが年末年始・ゴールデンウィークなどの繁忙期に
高い価格を設定するというのが頭に来る。
宿が高くすると言うのが一番ふざけてると思う。
客が多くてサービスが低下するのだから少し安くしろよと
言いたいが、「高くても客が来るもんねー」だもんなあ。

それにしても航空運賃の価格は高過ぎるだろう。

スカイマークの羽田・福岡便の普通運賃は22,190円。
JAL・ANAの大手は41,390円。

他の会社のは調べていないがスカイマークよりは高いだろう。

スカイマークのシニアメイトは搭乗1時間前まで予約OKだから
助かるが、ネットでやらなくてはいけないから携帯でネットを
やれない人達は利用できないのが辛いな。
それでも普通運賃が安いから使い勝手が良い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「あさが来た」はまとめて観てる

2016年02月24日 | その他
どうしても見逃すから確実なBSプレミアムの
土曜9:30から一気観してる。

案外こんな観方をしてるのが多そう。

しかし、あさが刺されたのにはびっくりポンだったが、
新次郎にあの台詞を言わせる為だったんだな。


しっかりウルッとさせられたが、帰宅したカミさんもやられたらしい。

あさのとぼけた寝顔に笑ったが。

玉木は熱演だったが、最初は違和感あったが上手いこと填まったな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

アセビの花結構可愛い

2016年02月23日 | その他
今日の現場の公園にアセビが咲いていた。
山では5月頃見たと思ったがこんなに早く咲くんだ。

それが薄いピンクの花でよく見ると可愛い花だ。
山歩きしていると別段じっくりと眺めたりしないからなあ。



ベニサラサドウダンを小さくしたような花だが、
今まで殆ど無視していたのはあまりに小さいからだな。

他にも山茶花の綺麗な濃いピンクと河津桜があった。
新松田の河津桜は満開過ぎてしまったらしい。





携帯(ガラホ)だとピントが後ろに合ってしまうのが困る。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は枯葉と笹の除去

2016年02月22日 | 職人修行
この時期恒例の公園の仕事で風を避ける所も無いし、
休憩の接待も無いしで楽しくない現場だ。

俺は去年と同じドウダンツツジで作られたハート型部分の
下部を綺麗にする作業だと。

とにかく木が密生しているから間に身を入れて作業するから
動きが窮屈で結構辛いもんがある。

おまけにセンターンのか細い作業道?がツルンツルンで
滑って危なっかしい。

笹を切る為に刈り込みはさみをと剪定鋏を使うから
下手をすると大怪我だ。

周辺部分は外から手が届く範囲を作業して、中側は仕方ないから
作業道から入り込んで切ったり枯葉を集めたりした。
木が密生しているから一旦刈り込み鋏を木の先に置き刃を広げたり
面倒で時間がかかった。

両サイドのビフォー・アフター

  


 

笹は一本も残らないように切り終えたし、
枯れ葉もほぼ取り終えたから満足な出来上がり。
さすがに2週間ぶりの仕事でちょっと疲れたな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

スカイマーク混み過ぎ

2016年02月21日 | その他
カミさんのチケット取るのに一苦労。

叔母の介護で福岡に月一で出掛けてるが、
今回は福岡ー羽田がほぼ満席の便が多くて参った。

22日は17:45発の便からしか空きが無い状態。
大手より安いしシニア割引も60歳からで前日から
取れるなど使い勝手良いからなあ。

それにしてもこの人気ぶりには驚く。

そう言えば先日一緒に飲んだ学友も使っていたなあ。

外国人の利用も多いのかもだな、今度乗る時良く見てみよう。

特に金土日は激混みだからシニアメイは殆んど無理。
いま得や前割で押さえた方が無難。

普通運賃が大手のほぼ半額というのが助かる。
不幸でその日に飛び乗る人には大助かりだ。

これだけ人気になると色々とテクニックが要るが、
頑張って少しでも安く買わないと馬鹿らしい。

夏の北海道行きには札幌便だけで旭川行きが無いからなあ。
昔は成田ー旭川があって使ったがすぐに無くなった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山で死なない為に その4:道迷いを防ぐには

2016年02月20日 | 山技術
正直に言うとこれが一番難しいと思う。
どれだけ注意しても起こるのがこの道迷いだから。

俺は実質遭難を笛吹川東沢釜の沢でやらかしたし、
丹沢でも今は無くなった書策小屋からの下りで
水が抉った溝に引き込まれた事があった。
立派な道に見えたんだが直ぐに嫌に難しい道だなあと
振り返って間違ったのに気付いた。

ちょっと歩いて道間違いに気付き引き返すのは日常茶飯事だが、
上の二件以外今までそのまま突っ込まなかったのはラッキーとしか言えんな。

結局はどれだけ注意しても道間違いは起きるのだが、
それをどうやって引き返すかに尽きると思う。

普通の山道を歩きさえすれば遭難なんて起きないのだが、
これがどうしても間違えて道を外すんだ。

分岐点で反対方向に歩いた・獣道に引き込まれた・雪道で
間違った踏み跡を辿り途絶えた道を突っ込んだなど
色々な原因で遭難してしまう。

今までの経験で言うと道が嫌に難しくなって変だなあと気付く。
そう感じたら一度足を止めて振り返ってみる事。
それから前を広く見れば間違っているのに気付くだろう。
道らしい道は無いのだから。

難しくなったら足を止めると言うのがまた容易でない。
道と思って歩いてるからなあ。
それでもちょっと自分の力量では危ないなあと思ったら
足を止めるように頭の隅に置いておくようするしかない。

一番は道を外さぬようにする事なんだが
いくら気を付けても起こるから最後の手だけ書いてみた。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンクの排水口をやっと綺麗にした

2016年02月20日 | 島暮らし・街暮らし
前から気に掛かっていたんだが、
昨日踵の角質を取るヤスリ?を買うついでにゲット。

昔やった清掃仕事での一番の厄介事は
この排水口の掃除をおばさん達にやらせる事だった。

面倒なのでどうしても手抜きをしがちで、
これをちゃんとやって貰うのが大変だった。

洗い場・洗面所・男子便器の排水口があって
最後のが一番手抜きをする処だったんだ。

懸案事項が一つ片付いたが先日は風呂の
カビ落としもやったしまあまあの成果があったな。

カミさんが戻ったら少しは喜ぶかな?


百均に何でもあるから便利だ


底までピカピカになった





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やっと初山とは

2016年02月19日 | 丹沢
低山も良いとこだがまあ初山は初山か。

2ヶ月も山から遠ざかったのでは妥当選択かも。

まあ普通のペースで歩けたから仕事で
体を動かしているのが良いのかも知れない。

それにしても秦野駅から浅間山・権現山・弘法山・
吾妻山・鶴巻温泉駅の道は俺みたいな年寄りの格好の
散歩道だな。

行き会ったり追い抜いた老人の多い事、若いのはトレランの
若者四人だけだった。

この道は危険箇所が全く無い上にアップダウンも少なく、
すこぶる歩き易いというのと、相模湾・富士・丹沢の眺めが
良いので人気あり過ぎ。

金曜日だったから20人程度で済んだが土日は大変。

肉眼ではまあまあの富士もカメラでは全く駄目で
微かに見えていた大島と合わせて写真無し。

代わりに弘法山の大銀杏とタブの大木を載せておく。


秋にはギンナンを落とす大銀杏


少し降りた処にあるタブの大木・姿が素晴らしい(遠近2枚)
 

途中熊注意の看板があったが随分昔の話だったと思う。
幾らなんでもこんな賑やかな道は熊さんだって嫌だろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山で死なない為に その3:危ない道の歩き方

2016年02月19日 | 山技術
山道はどこでも怪我できるが一応危ない箇所と言うのはあるもので、
丹沢の馬鹿尾根(大倉尾根)で言えば金冷やしの短いキレットへ
下る岩っぽくてザレた場所などだ。

とにかく足を滑らせたらアウトと言うところが一番危ないだろう。
具体的に書くと上のような処、片方が落ち込んでいる巻き道、
沢の渡渉点、岩場の道などだろう。

順番に書いて行くことにする。

ザレた下りでは腰を落として膝を曲げて歩く。
重心を足の間に置く感じ。
ストックは使わない方が良いと思う。
前に突いた時に滑ったらアウトだから。

片方が落ち込んでる道は何処にでも出てくる。
ここの対処は簡単で極力山側を歩く。
ストックは山側に置くようにし谷側に置かない。
当然ダブルでは使わない方が安全だろう。
谷側に置いたストックが滑ったら下手すると谷にダイブだ。

沢の渡渉も結構出てくるが、俺は跳び石ではちょっと
難しいなと感じたら躊躇わずに靴を脱いで渡る。
石を投げ込んで跳ぶ手もあるが靴を脱ぐのが簡単で安全。

この渡渉で一番の問題は水量だ。
ふくらはぎ位までは経験あるが結構水圧があった。
駄目そうだと判断したら引き返すしかないが、
大雪の赤石川と去年の大源太の他に数回しかない。
一般ルートでは靴が濡れる程度のは案外出てくるから、
跳ぶか裸足で渡るか判断しなければならないのが多い。
ストックを使う時は上流側に置くこと。
下流側に置いて滑ったら一発で流されてしまう。

岩場の歩きは3点確保でと言うしかないが、
これは慣れるしかないだろう。

岩場の歩きが不安なら沢登りや岩登り教室に入って学ぶ手もある。
神奈川県の場合は県山岳連盟の主催する登山教室があるから
利用するのが手取り早いだろう。
山をやり始めて直ぐにここの沢登り教室に通って、岩歩きが
大好きになって後々役に立っている。

以上だがこの他に注意すべき事をアトランダムに書いてみる。

1.歩く時は山以外の事を考えるな

  不思議と雑念が浮かんだ途端に滑って転ぶ。
  どんな理由なのか解らないが転んだ時は大抵
  他の事を考えてるんだよなあ。

2.歩きながら眼鏡を拭くなどするな

  必ず立ち止まってからやる事。
  水などを飲むのも足を止めてやらないと拙い。

3.危険箇所が終わってからが危ない

  緊張が解けてホッした瞬間に転倒や滑落する。
  危険箇所が終わったところで水を飲むなどして
  一呼吸入れるのが良かろう。

4.擦れ違う時は必ず山側など安全な方に身を置け

  接触して谷側に落ちて死亡する事故が結構起こる。
  相手が谷側に立った場合は山側で待ち先行させる。

5.鎖には極力体重を乗せるな

  鎖がいつ外れるかもしれないから、
  滅多なことでは添える程度か掴まない。
  鎖の根元が分かる下りならまだしも
  確認できない登りではちょっと触る気が起きない。


とまあ色々と書いたが極力リスクを避けて、
万が一何かあっても命を失わないようにしないとなあ。
去年の転落事故で声を出す暇も無く落ちると言うのが
分かったが、二度とあんな気持ち悪い事は経験したくない。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加