大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

今年も終わりだ

2015年12月31日 | その他
どうやら無事に年を越しそうだ。

山は今までで最悪だったが、
最後の最後に楽しい遊びをやって大満足。

来年は遠慮などせずに最高の時に山に行こう。
奈良の仏像にも会いに行きたいし周の成長も楽しみ。
まだまだ元気で頑張らないとなあ。

この雑文ブログに訪問してくれた皆さんも
お元気で一年お過ごし下さい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

氷見ブリと宿の夕食

2015年12月31日 | グルメ
氷見ブリが昼食を食べに行った
「ひみ番屋街」にあったから載せておく。
ついでにそこからの立山連峰の景色と地図も載せておこう。

キロ7千円は良い値段だな


この絶景を見てみたかったが天気がなあ


氷見は七尾に随分と近いんだ



お目当ての氷見ブリはまあまあだったが、
それ以上に出てきた刺し身が素晴らしくて大満足だった。
「民宿すがた」は結構人気みたいだが納得。
しかし、手を加えた料理はイマイチだったのがちと惜しい。
俺は新鮮な刺し身を食えたから十分だったが。
ブリ大根もあったが写真撮りもれた。

先付け・船盛り・焼きブリ・茶碗蒸し・里芋のそぼろ餡かけ

    

船盛りの魚を書くと左から上から下へ

アオリイカ  甘エビ   バイ貝      ヒラメ マグロ
ブリ     マグロ   ブリ    鯛    鯛
ヒラメ    アジ    甘エビ

牡蠣の天麩羅・蟹グラタン・寄せ鍋

   


松阪の「鯛屋」は江戸時代から続く旅籠で、
松阪牛の料理が売りみたいだった。
俺は牛はそれほど美味いと思わないし、
買って自分で料理した方が良い肉を食えるから普通の食事にした。

    


飛鳥の民宿はまあまあだったが、具沢山の茶碗蒸しと
ハモの天麩羅は良かった。
茶碗蒸しは大きな丼の長崎の吉宗みたいなのにして
売りにすれば良いと思うし、ハモの天麩羅など関東者は
滅多に食べたこと無いのだから事前に教えたら良いと思う。
売りになる物を積極的に作らないとなあ。



奈良では宿の近くの安い洋食屋(喫茶店の看板だが)で
三日連続食べたが安くて良かった。
結構有名な「洋食 春」のハンバーグはイマイチで
箱根湯本の「木のぴーHouse」のが俺は好きだ。

春のはシパシパで残念。隣のヤンママ達はジューシーとか言ってたが。
ご飯は大盛りで50円増しだから男は殆ど大盛り。
これで1500円は普通か。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春18キップの使い方

2015年12月31日 | その他
今回俺が使った「青春18キップ」について書いておく。

名前は若者用みたいだが誰でも購入できて、俺みたいなのが
使っているのが多いみたいだ。
それでも奈良のゲストハウスで隣に寝た横浜の高校生が
これで来ていたから若いのも当然使っている。

冬・春・夏の休み用に年3回発行。
それに合わせて東京ー大垣間に一日一往復の
夜行快速の「ムーンライトながら」がでているが、
18キップの使用期間より短いから注意すること。

使用期間は冬春が1ヶ月程度で夏が2ヶ月程度。
値段は11,850円。

JR(全国)の普通と快速が一日乗り放題で5回分だから、
一日あたり2,370円で遊ぶ事ができる便利なキップだ。

しかし新幹線ができる度に在来線が第三セクターに移行して
有料路線が増えてしまう。

今回も直江津から富山まで有料路線を使う破目になった。

使い方は俺みたいに5回使うのとグループで使うのとがある。
グループ使用は同一行程で使うのが条件だ。

現物は以下だ。











2枚目からの案内は結構重要な事が書いてあるからちゃんと読むこと。
俺が乗った氷見から富山までの高岡から富山は第三セクター線だが
特例で18キップでOKと案内3に書いてある。

朝一番に乗り込むときに改札でスタンプを押して貰う。

例えば横浜から九州まで「ムーンライトながら」を使って行くとすると
横浜から小田原までの分は払って、その先から18キップを使う。
それと「ムーンライトながら」は快速だが全席指定だから前もって
指定券を買う必要がある。
大垣からは網干まで快速が走っているから結構便利だ。
5:51着だからそれから普通か快速で移動する。

5:56発普通姫路行きに乗ると米原・相生・岡山・糸崎・岩国・新山口・
下関・小倉・大牟田・熊本と乗り継いで22:44八代着だ。

体力と時間があればチャレンジしてみては如何。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

無事帰って来た

2015年12月30日 | その他
午前中大神神社と新薬師寺に行き、
長旅に備えてガッツリ食べてから乗り込んだ。

奈良・京都・野州・米原・大垣・豊橋・浜松・熱海・小田原と乗り継ぎ、
最後の小田急線でやっと帰宅。

富山に二泊した後、松阪・串本・飛鳥・奈良に二泊の
七泊八日の長期遠征だった。

明日から順次アップして行こう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

串本まで来た

2015年12月26日 | その他
民宿の部屋にパソコンがあったのでアップしてみる。

まず氷見の民宿「すがた」の刺身は素晴らしかった。
ブリはコースでなく普通のにしたから二人で六切れ。
この他にアオリイカ・ヒラメ・アジ・バイ貝・マグロ赤身・
甘エビ・タイ(半身?)が船盛りで出てきた。

マグロ以外は朝獲れのキトキトの魚で満足も満足。
はるばるやってきた甲斐があった。

その前に高岡の瑞龍寺に行ったがまるで小さな城郭で、
さすがに国宝だけの事はあった。
前田利長の墓はちょっとデカ過ぎだろうというくらいに
墓所が広いは墓石が高いはで呆れた。

翌朝は6:38の電車だったからKy氏を残して去ったが、
彼は七尾の方まで廻り結構楽しめたらしい。

氷見線から第三セクターに乗り換えて富山に出たが、
この高岡から富山は特例で18キップが使えてロス無し。

しかし高山線は肝心の天気が小雨で眺望ゼロ。
まったく面白くない各駅停車の旅になってしまった。

岐阜からは快速に乗れたからそれほど退屈せずに松阪に到着。
泊まった鯛屋旅館は駅から7・8分で昔ながらの作りだった。
風呂が大小ありどちらも貸し切りというのが良かった。
俺は普通の食事で鴨鍋だったが、隣りのオジンはスキヤキだった。

今朝も6:48の電車で朝食抜きだったが明日の朝はもっと早くて
5:49の始発だ。
なるべく早く着いて法隆寺や中宮寺を片付けたい。

今日のハイライトの那智の滝は迫力満点だったが、
那智大社の俗っぽいのにはガックリ。
寺の方は歴史を感じさせる建物だったのが救いか。
那智駅からの道も面白くないし大門坂自体は良かったが、
平安時代の公家の格好をして歩くのがいるのには興醒め。

明日からはせっせと寺廻りして仏像を見るが、
拝観料が高いのには参るなあ。
東大寺などは1800円(四ヶ所)もするし、
吟味して行かないととんでもない事になってしまう。

詳細は後日帰ってからだから年内一杯かかるかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日からはブログのアップ無し

2015年12月22日 | その他
明日からは富山・奈良への6泊7日の旅だ。

携帯代節約で外でのネットはやらないから当然ブログはやれない。
早ければ29日の夜にアップするかもだが、
案外アップしないのが心地良くてもう止めるのもあるか。
もう6年近くやってるからなあ。
一方で日記その物になってるというのもあるんだが。
まあなるようになるだろう。

事前に手に入れたかった18キップを
結局買えなかったから明日の朝新宿で買う。

早目に出ないと拙いから何時もと同じの6時起床だ。
満員電車に乗るのが苦痛だから普通電車で行くか。
新宿からは埼京線・上越線と乗り継ぐから座れない事なんて無かろう。

明日の楽しみは越後湯沢駅での温泉だな。
店仕舞いが早くて大源太山の時に入れなかったから
やっとどんな湯か分かるが、まさか循環じゃあなかろうな。
ひょっとするとひょっとするかも。

その後は北越急行と富山の第三セクター線で、
別途料金を支払わなければならないのが辛い。

しかし、北海道新幹線は無駄だったな。
東京から4時間以上もかかっては飛行機に完敗。
まともに定価で飛行機に乗るのなんて僅かだからな。
飛行機代より高くて遅い新幹線なんてなあ。

さらにその新幹線の走る在来線は第三セクターになる。
北海道の人達にはあまりメリットはないのじゃあないか?

長崎新幹線も30分程度早くなるのが何の魅力があるんだ?
無駄な金ばかり使ってるんだからなあ、孫達に絶対笑われる。

最後の遊びを楽しんであまり冴えなかった今年の締めにしよう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

植木仕事打ち上げ

2015年12月22日 | 職人修行
俺は今日で今年の仕事納め。
先輩達は後二日間仕事があるが、
少ないなりに仕事を減らせば良いだけだ。
遠慮せずに休暇を早目に告知して遊ぶ事にする。

さて俺にとって打ち上げの仕事はタフ過ぎた。
6人で15時終了予定が16時半までかかったが、
伐採が多くて手間取ったからなあ。

今日の客は年3回も依頼が来る上得意で、
昼に味噌汁を出してくれるし気持ちが良い。
こんなオバサンばかりなら嬉しいんだが。

具沢山の味噌汁を二杯も食べた(先輩二人が外食)


俺と大先輩は柏と柿の伐採をやったが、
時間が滅茶苦茶かかって何と丸一日かかった。
先輩はとうとうあと少しというところで片づけを
命じられたが、俺はどうにか時間内で切り終えた。
その前に柚子の実の採集と高さを半分にする作業をしたが。
その作業中に柚子の木の棘が左手人差し指に刺さり、
腫れるは痛いはで最後までついてなかった。

伐採作業は木がでかくなると当然脚立や木に登って
やる事になり、どうしても足元が不安定だ。
すると体全体を使って切るという訳には行かずに
スピードが落ちるし腕の疲れも酷い。
俺はまだしも82歳の大先輩には酷な仕事だったか。


柿の木に登り作業する大先輩 その奥が俺の担当の柏の木


柏の木のビフォーアフター
  
上から順番に切っていかないと駄目で時間がかかる

柚子のビフォーアフター
 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

那智の大滝を眺める

2015年12月21日 | その他
氷見から飛鳥までの行程を調べていて気付いた。

松阪から串本への移動の途中で那智の大滝見物ができる!

よくよく調べたら熊野三山巡りの一部を歩く事ができる。
「熊野三山詣」の最終目的地の「熊野那智大社」への道を
JR那智駅から歩くわけだ。

標準歩行時間は2時間15分らしいから十分間に合う。
11:33着15:43発で、滝前バス停から那智駅行きの
14:56に乗るから3時間ある。

那智大滝は落差133m・滝幅13mで一段の落差では日本一。
飛瀧神社の御神体でもある。

因みに日本三名瀑の一つであとの二つは「華厳の滝」と
「袋田の滝」。

松阪発6:48だから前日に続いて宿の朝飯を食えないが、
せっかくの機会だからなあ。

奈良の仏像巡りをしようと思案中だったが楽しいおまけが付いた。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出のヒマラヤスギを剪定

2015年12月21日 | 職人修行
今年の6月末に初めて剪定したヒマラヤスギだ。
途中でチーフから切り方の指導を受けたんだった。

垂らすようにするのがキモだったんだが、
そんな事は知らずに普通に切って大失敗。

二度目の今回はそんな大ドジはやらなかったが、
できはイマイチみたいな気がする。

 

上に出たのや下がり過ぎの葉を切り、混み合ったのを梳かす。
そんなに難しくはない筈なんだが、
どうも仕上がりを見るとイマイチ感は否めないな。
上の方の枝の配置がちょっとバランス悪いのか。
来年は縦方向に見える枝を切ってみるか。

スギやヒバなどはなかなか難しい。

去年の暮れから始めた植木仕事も
いよいよ明日で今年の仕事納め。
先輩たちは25日までだが一足早く打ち上げ。

前回雨で途中で中止になった現場だし早目に終わるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日はサンタさん

2015年12月20日 | 周(あまね)とリン・クロ
クリスマスプレゼントには早いがサンタの真似事。

横浜そごうまで希望のグローブを買いに出かけて届けた。
幼児用のおもちゃみたいな物を予想していたら本格の物だった。
当然サイズは小さいが一人前のグラブだった。

クリスマス直前の土曜日だけあって人の波でウンザリ。
そごうへの途中の宝くじ売り場も長い列だったし、
そこらじゅうが人だらけ。
何時も買う今川焼きの御座候も長蛇の列で帰りに買う事にした。

赤いグラブでカープ色だがボールも付いていて、
渡すと大喜びで早速遊んでいたがまともに使いこなせる訳もなく、
グローブにボールを入れて振り回すと言う面白い遊びを見つけてた。
しかし当然ながら振りかぶった時にボールがこぼれて拾いに行くばかり。
まあ、その内まともな遊び方を身に付けるだろう。

しかし1年と半年で見違える成長振りだ。
太腿などパンパンに張っているし全身これ筋肉とはちと大袈裟だが、
ゴムまりみたいな体なのに感心。

昼寝から覚めてノコノコ出てきたクロの頭をグラブで叩き、
おっかあに叱られていたがクロが反撃しないのが分かってて
やってるらしい。
相変わらずリンには近づかないんだからしっかり学習している。

もう少し大きくなって分かるようになったら、
サンタとジイジのプレゼントが来るという事にしよう。

赤いグラブでルンルン


コンコースの人の波


そごう前の買物客

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

携帯節約 第二弾

2015年12月19日 | その他
裏でのアプリ更新では痛い目に遭ったから、
使わないソフトの通信制限をかけたのは報告した。

ところが先日又しても9,900KBの使用があり、
再度ショップで問い質した。
すると制限するだけでは駄目らしくて、
大元のデータ通信を切る事にした。

要するにWiFi環境下でしかネットができないようにした。
もしもどうしても外で駅探とか天気予報を見たかったら
設定をONにして終わればOFFにするだけ。

因みにAQUOSでの操作方法を書いておこう。
待ち受け画面から初期画面を開き設定をクリック。
次に8.通信・ネットワークをクリック。
次にネットワーク設定をクリックして
モバイルネットワークをクリック。
その画面の一番上にあるデータ通信のレ点を消して終了。
ネットをやりたい時はここにレ点を入れるだけ。

当然外出中はCメールと電話だけしかできないが、
無駄な銭を一銭でも携帯会社には払いたくないから満足。

一番頭に来るのは長年使い続けたのを止めるとなると、
更新月以外は法外な金を取られる事だ。

先日倒れたカミさんの叔母の携帯を止めようとしたら更新月でなく、
一万近くもふんだくられたとかでヤクザ以上のあくどさだ。

携帯料金の値下げ要望とか人気取り政策をやっているが、
まずこれを止めさせるのがキモだろう。

携帯会社どもは結託してこれを阻止するだろうが、
まあ議題にも載せないだろうな。
本気で携帯会社のボロ儲けの仕組みに切り込む気は無いだろうから。

唯一の懸念は外で通信をONにしたとたんに裏で更新をやられる事だが、
もしそうだったら外ではONにしなければ良いだけ。

来月の結果は2月にしか分からないが楽しみに待とう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝から泣かされた

2015年12月19日 | 島暮らし・街暮らし
久し振りに「あさが来た」の週間総集編を観たが、
松蔵の親父の話と正吉の死ぬところでは、
最近というか3年前位からやたらと涙もろくなってるから
耐えられる訳もなくあっと言う間に鼻の奥がツンとなっちまった。

正吉の死に方なんて格好良過ぎやろう。
近藤正臣もカーネーションの時に続いて2回目のご臨終。
柔道一直線からえらく遠くへ来たもんだだが、
彼と同年代の俺もマジでジジイだ。

そのジジイらしく今日は周のクリマスプレゼントの
グロ-ブを買って届ける。

最近はだっこが大嫌いらしいが、散歩なら何処まででも
付き合ってやれるがなあ。

急いで仕事道具の手入れをして出かけよう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

マエケンいよいよドジャースしかない

2015年12月18日 | MLB
何とドジャース入りとなっていた岩隈がメディカルチェックで
ひっかかり、契約が白紙になってしまいマリナーズに戻ったと。

まあ何があるか分からないもんだが、これでドジャースは
是が非でもマエケンを獲得しないとローテに穴が空く。

穿った見方をすればマエケンの方が7つも若いし、
今年も春にリタイアした岩隈に3年54億は勿体無いと思ったのかも。

これでいよいよドジャース入り待った無し。
あの東海岸の金満球団さえ横槍を入れなかったら決まりだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は生垣作り

2015年12月18日 | 職人修行
いやいや心配して損した。
あの大キンモクセイはやらないだと!
あまりに高くてシルバーのやる仕事ではないらしい。
ちょっと離れたアパートの庭にキンモクセイが3本あり、
これをやるのかと思ったら大先輩にやれだと。
よく分からんが生垣作りをやる事になった。

こんな立派なキンモクセイの大木をどう剪定するか
見てみたかったが、やっぱりやるとなると尻込みするな。


伸び放題のヒバの木4本で生垣を作ったが、
裏側が隣のアパート二棟の駐車場で、
枝が覆いかぶさっていて車に接触寸前。
境界からはみ出さないようにバッサバッサと
切っていたら大穴が開いてしまった。
やっちまったと思ったら、やっぱりチーフの駄目出し。
太い幹や枝は切っても小さな枝は残さないと生垣にならない。
しかし結果的にはあまり問題にならなかった。

枯れた幹や枝が多くてそれらを切った行ったら
大穴が三つできてしまった。
あまりに放置し過ぎていたんだ。
ちゃんと手入れしていたらこんな事にならなかったろうに。

 


それにしてもこの現場でお茶の一杯も出なかったのには驚いた。
結構面倒な仕事だ言うのに、地元の土地持ちでこんなんだから
ちょっと呆れたね。


今年の植木仕事も来週の月・火の二日で終了だ。
来年は14日の仕事始めらしい。
年末の奈良の予定を早く立てないと拙いな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は楽勝も明日は大変

2015年12月17日 | 職人修行
今日はH先輩と二人の作業だったが、
柿・梅・椿が各一本と蝋梅の小さいのが四本。
それにサツキなどの潅木が少々位とやけに少なくて、
二人で十時間もかかる訳もなく5時間で終了。

チーフの見積もりがちょっとおかしい。
来年からは一人だな。

しかし明日は難物が待ち構えている。

下見に行ってみたらとんでもないのがあった。
高さ6mはあろうかと言う金木犀。
見事な形なんだが高いのが困る。
高い三脚の脚立でも頂点部分には手が届かないだろう。

一昨日チーフが俺に金木犀をやって貰うと言っていたが、
この木だったらちょっと手に余るんだがなあ。

 

幹が混みあってないのが救いだが、何せ高いのと
枝葉の半円形の広がりがデカくて深いのがなあ。

下から上に刈り込んで行っても最後の天辺が残る。
それをどうすれば刈り込めるんだ?
明日のお楽しみか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加