大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

急遽帰宅!

2014年05月31日 | 島暮らし・街暮らし
娘から一週間以内で産まれるかもといわれたとのメール。

土日に産まれるかもとの追伸まで来たら、ノンビリ遊んでる場合じゃない。

明日急いで荷物を送り出して、明後日帰る事にした。

「由布岳お鉢巡り」のガイド文作成と意気込んでいたが見送り。

まあ山は逃げないからな。

来年の春にでもやろう。

予定日が11日だったので安心してたんだが、こればかりはなあ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

帰宅第一弾はタワ尾根

2014年05月30日 | 奥多摩
久し振りに奥多摩へ泊まりに行こう。

タワ尾根はM氏と一緒に歩いた2012年春以来だ。

あの時は5月下旬で新緑が明るかったが、
さすがに落ち着いた緑になってるだろう。

平日なら日原まで入るから少し楽だ。
電車が混み混みで嫌だが、北八王子からは少しは空くだろう。

一石神社からの急な登りはちょっと嫌らしいから、
鍾乳洞から登りたいが林道が通行止めかも。

尾根に上がればのんびりした歩きができるから、どうって事ないんだが、
できれば朝一番ではジグを切ったユルユルの登りが良い。

下山はもし林道が使えたら、小屋から直で降りてみよう。

今まで一度も歩いてないし、昔の小屋がどうなってるか見てみたい。

駄目だったら大人しく一杯水の小屋から降りるが、
できるだけ尾根通しに歩いてみよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月5日に離島

2014年05月30日 | 島暮らし・街暮らし
天気予報を見てみたらどうにか大丈夫そう。

今回は結局ミズイカは全く釣れなかったが、資源枯渇と産卵時期が早くなっているのでないか?

2月に去年今年と釣れたし、産卵で一生を終えるとしたら今釣れないのは当然。

寒さの中でシャクルのは辛いが、2月のオヤジの命日に合わせてやるしかないか。

釣りは大して遊べなかったが、大崩のアケボノツツジ・M氏との福江周遊・野崎島探訪と楽しめたのが収穫だった。

帰るまでに若松島のヒメボタルと相河のゲンジボタルを見て終わろう。

ヒメボタルはまだ見た事がないが、雌は殆ど飛ばないらしい。
点滅の間隔が短くはっきりしてるらしく、陸生で森や林の中に生息してる由。

若松神社傍らしいから曇りの夜にでも行ってみよう。

毎日黄砂とPM2.5が飛びまくり、外出できないのが辛いが仕方ない。

戻ってから超特急で鍛えよう。
幸いにニペソツの場合はロング・コースだが日帰りだ。
荷が軽いし長時間の歩きができればOKだから何とかなるだろう。

久住と由布の歩きも少しは役に立つ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

由布岳のお鉢巡り

2014年05月29日 | 九州・屋久島
この山はこのお鉢巡りをしないと面白くなかろう。

岩稜にミヤマキリシマが映える時がベストで、
6月中旬からなんだろうが仕方ない。

山遊びの面白さとか醍醐味は「非日常に身を置く」事で、
生きるか死ぬかの瀬戸際を凌ぐのが究極。

そういう点で一歩間違えばジ・エンドの場所があればあるほど楽しい訳だ。

一番危険なトラバースには、多分鎖かロープがある筈だし、]
岩や岩壁は三点支持で登下降すれば大丈夫。

あの大岩を乗り越す所は、殆どが岩の縁を掴み、
足を外傾した岩上に置いてるが、体を反対にして越えるのが正解かな?

現地に立ってみて一番安全な方法でやれば良いだけだが、
馬乗りになって越えるのが正解かも。

手や足を滑らせても落ちないようにするという事だが、
縁を掴んで外傾した岩の上に乗っては、手が離れたらジ・エンド。
掴んでる岩が欠ける可能性だってあるぞ。

俺が登る予定のルートは岩に取り付く所が難しいのかも知れない。

現地でのお楽しみだが、ここが一番の難所だろう。

もし何かあっても大丈夫なようにしないと、命なんて幾つあっても足りないが、
トラバースだけは足を踏み外したらアウト。

あそこで滑ってたら死んでたかも、なんて思い出してぞーっとするなんて嫌だよなあ。

あそこは結構面白かったなあと笑ってビールを飲みたいもんだ。

と言ってる俺もマジでヤバかったのが一度だけある。

沢登りで枝沢に引き込まれて、落ちれば確実に死ぬ嫌なトラバースをやる羽目になった。
運良く無事やり終えたが、あんな事は二度とやりたくない。

精々「臆病に、もっと臆病に」歩く事にしよう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

久住は平治岳へ

2014年05月28日 | 九州・屋久島
くじゅう登山口(長者原)から入山し、すがもり越から坊ガツル。

平治岳をピストンして、雨ヶ池経由で出発点に戻る。

コース・タイムが6時間ちょっとだから、最短8時間はかかる筈でちょうど良かろう。

バスは9:52着・18:53発で20:39別府駅着。

帰着が遅くなるが仕方ない。食事だけで店は面白くないだろうが、うれし屋でトンカツかな。

洋食屋が開いてればそっちの方が良いが。

コースはすがもり越までが殆ど記憶に無いが、他は朧気ながら覚えている。

坊ガツルから大戸越までが泥濘の所が多かった。

その対策の「一人一石運動」というのがあり、石を一個持って登り、泥濘に投げ込んでいた。
今もやってるだろうな。
雨ヶ池から先、登山口までの道は気持ち良い樹林帯歩きで、すこぶるご機嫌なコースだった。

四年前歩いた時は確か宮崎の口蹄疫騒ぎで、入山口に石灰が撒かれていた。
案外最近登ってたが、この年の3月末からブログを始めたんだった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

九州横断バス

2014年05月28日 | 九州・屋久島
昨日は黄砂飛びまくりで外出せず、久住と由布の検討。

初日に久住をやり、翌日由布をやって空港の概略を立てたが、ふと見たら土休日のみと時刻表に書いてある。

ミヤマキリシマの時季は土日は大渋滞に決まってるから参った。
他人の尻を見て歩くなんて耐えられないからなあ。

比較的静かな黒岩山・泉水山のコースを考えたが時間が余り過ぎ。

色々考えても上手い手が無く頭を抱えたが、先日M氏が黒川温泉に行くのに、九州横断バスを使うと言ってたのを思い出した。

よくよく考えたら、昔坊ガツルの避難小屋に寝て平治岳をやった時に使ったんだった。

このバスは定期観光バスの欄に記載されてるから注意しないと見落とす。

予約した方が確実だが、平日なら空席があるだろう。

別府と熊本を結ぶ観光バスで、くじゅう登山口・牧の戸峠の他に黒川温泉や阿蘇などを通る。

確認したらSUNQパスを使えるし無駄がない。

金土が上手く晴れてくれたら、土日が一時間早い始発の由布行きを使えるから良いんだが。

6月初旬だと少し早いだろうが、由布岳では旬のミヤマキリシマに会えるだろう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野崎島あれこれ

2014年05月26日 | 教会巡り/島歩き
美しい野首海岸


この島に行くには小値賀町のHPを見て申し込む。
野首海岸は綺麗な砂浜だが、ヌカカが発生していたので下りなかった。

旧野首教会は美しかったが、後日デジカメの写真をアップする。

爆裂火口跡の海岸のゴジラの尻尾や軍艦瀬(俺はボートにしか見えなかった)がある。

鹿が草を食べ尽くすので、赤土の中に緑の道がある変わった景色がある。

最後に島を去った神官宅の庭に蘇鉄の巨木があった。

舟森と王位石へのトレッキングが目玉だが、三時間半歩き通せたら大丈夫だろう。

神社へのロープ出てからの下りと王位石への登りは滑り易く要注意。

最後に今回一緒に遊ばせて戴いた皆様、本当に有り難うございました!

爆裂火口跡


緑の歩道


Y船長と大蘇鉄

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

待望の野崎島

2014年05月25日 | 教会巡り/島歩き
美しい旧野首教会


十字架を見下ろす


学校跡地


ミニ・マチュプチュ




待望の野崎島上陸だ!

昨日は島の南にある舟森集落跡までのトレッキング。

鹿除けのフェンスを開けて歩き出したが、道がはっきりしない。

とにかく上めがけて上がり、取水用の溝のある道に出たら左に歩けば良い。

昔、舟森の子供らが歩いた道だからそんなにきつくはない。

道脇に準巨石があって、あの王位石が頭に浮かぶ。

一時間半で到着して、十字架のある下まで降りてみた。

近くに教会の跡地があったし、大きなアコウもあった。
帰りは一時間かからなかった。

畑が形を保ってるのが鹿の食害( 益)の所為なのが分かった。
彼らが食べない草木だけが残っている。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

王位石の謎

2014年05月25日 | 教会巡り/島歩き
絶妙なバランス


見上げる王位石


見下ろす社殿と小値賀


磁針が東や西に振れた



今日王位石まで歩き、実際に見てみて考えた。

人工物や否やと。

結果は人工物ではなく、自然が作ったいたずらだというのが結論。

海からあの巨石を運び上げるのはとても無理だし、上から運び下ろすのも無理。

今日日帰りで王位石を見に参加した老M氏との結論は、石が折れて倒れたのがバランス良く決まったのに決定。

人工物よりもこう考えた方が自然だが、現物を見てみたら納得だろう。

気になる野崎港からの所要時間だが、行きが2時間・帰りが1時間15分だった。

これに現地での見学時間を足せば大体大丈夫だろう。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

島でNHKのど自慢!

2014年05月23日 | 島暮らし・街暮らし
観てみたかったなあ



五ヶ町合併から10年経過した由で、記念にのど自慢の誘致に成功したらしい。

わざわざNHKが企画を持ち込む訳は無いだろうから、総務課あたりが売り込んだのだろう。

町の紹介は備蓄基地と教会・うどんなどかな。

この町だけじゃあ出演者が足らないだろうなあ。

福江辺りからも希望者がいるだろうが、結構金がかかるなあ。

前日が予選だから通ったら一泊必要。

残念ながら自宅に戻ってるからテレビで観るか、山で録画して貰うかだな。

大川栄作好きなんだよなあ。
長山洋子もデビューのアイドル系から嫌いじゃなかったし。

7月6日オンエア。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明後日から野崎島

2014年05月22日 | 教会巡り/島歩き
かんころもちライダーさんの企画で一泊二日で遊ぶ。

テントで寝る予定だったが、宿泊施設に寝ないと駄目らしい。

勿論あの「旧野首教会」が目当てだったんだが、「王位石トレッキング」を調べて驚いた。

704年に建立とかの「沖の神島神社」の御神体である巨石の集合体だが、どう見ても人工物で飛鳥の石舞台どころじゃないのではと思う。

その石舞台を見てないのだから当てにはならないが。

巨大な石柱の上に石舞台が乗っかっていて、この上で神楽を舞ったとか諸説紛々らしい。

この巨石を何時・誰が・何の為に・どんな方法で作ったか興味深い。

テレビで特集されても良い位だが、実際に見てみるとどんな感じかすこぶる楽しみ。

後は「舟森集落トレッキング」だが、津和崎灯台から見える段々畑がどうなってるか確認したい。

普通は畑なんてあっという間に荒れてしまうから、誰かが耕作してるのか?

しかし、定住者は宿泊施設の管理人一人だからなあ、ちょっと分からない。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

田中、雨にやられた

2014年05月21日 | MLB
とうとう負けた。

一昨日、6月初めのアスレチックス戦まで勝ち続けるかもと書いた矢先だよ。

三回から雨になり、スプリットが全く落ちなくなっちまったからなあ。

落ちないと打ちごろの真っ直ぐなんだから仕方ないか。

相手の投手はスライダーで凌いでいたが、スプリットが命の田中には厳しい雨だった。

しかし、五回の一死二三塁のスクイズと二死一三塁のセイフティー・バントをホームへのトスで刺したのは凄かった。
田中も吠えてたなあ。

相手の投手も良かったし、タシェイラの悪送球もあったしで仕方ないな。

次からもあまり負けない投球を続けるだろうから、相当な貯金を作りそう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SUNQパスで久住・由布

2014年05月20日 | 九州・屋久島
来月初めの帰宅はミヤマキリシマを見てから飛ぶ事にした。

長崎から別府に出ていつもの宿に寝て遊ぶ。

最後の空港までバスだから、この切符の「北九州3日間8000円」を使えば安くあがる。

長崎・別府が4630、別府・久住往復3900?別府・由布登山口往復1440?空港まで1490?(?は5%消費税から計算したから少し違うかも)で合計11460円。

約3460円も節約だ!

3日間だから2日間の山遊びになり、由布岳ではお鉢廻りをやるので久住は日帰り。

前回平治岳をやってるので、今度は三俣山のお鉢廻りをやるかな。

アケボノツツジが大当たりだったので、ミヤマキリシマも当たって欲しいんだが。

平治岳が全山ピンクなら当然再度登るがどうなるか。

由布岳はお鉢廻りをやらないと面白くなかろう。

M氏によると結構スリルあるらしいし、ネットで見てもそんなレポートだらけ。

本当は久住を一泊二日にして、帰りにやりたかったが飛行機がタイトになるので断念した。

シニア割引なので少しでも便に余裕がないとだめだからなあ。

最終便しかなく空席が無いなんて事にでもなったら目も当てられない。
下手したら戻るバスも無いなんて事も有り得る。

当日の空席が無いと乗られないというのが悩みだが、早めに行けばほぼ大丈夫だ。

65以上の山屋には最高の切符だな。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ダルビッシュと田中の違い

2014年05月19日 | MLB
片や3―2片や6―0。
この圧倒的とも言える差はどうしたものか。

球自体の威力はダルビッシュに軍配が上がるだろう。

それなのにこんな逆転現象はどうして起こるのか?

ちょっと理解不能みたいだが、両者のコメントから何となくだが理解できた。

先日ダルビッシュはブルージェイズに8回2失点で負けた。

そのコメントで、8回まで投げる事ができて良かったと言った。

一方田中は6連勝したが、7年契約してるので浮かれてはいられないみたいなニュアンスのコメント。

結局のところ、ダルは打者との勝負に、田中はゲームに勝つ事に全力をあげているんだ。

ピンチになるとダルは力尽くで抑え込もうとするのに対して、田中は危険の少ないスプリットでかわす。

ダルがあわやノーヒット・ノーランをやった時にも、田中はとても真似できないので泥臭くやると言った。

俺はショーみたいなピッチングなどしないで、チームの勝利の為に地味に投げると言ったんだ。

大人だなあと感心するし、ダルは残念ながら貯金は5つ位で終わりそう。

恐らく後ろで見ている野手達は良く分かっていて、田中の時には必死で打つからなかなか負けないのだろう。

ヤンキースは大金をはたいた甲斐があったが、ここまでの賢い投手とは思ってなかったろう。

アスレチックスやタイガースとの対戦が楽しみだな。

気になって調べたら、タイガースとは8月4日からの4連戦で、アスレチックスとは6月3日からの3連戦だった。

ひょっとするとこのアスレチックス戦まで負けないかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

肉刺でリタイア

2014年05月19日 | 教会巡り/島歩き
歩きには気持ち良い天気で海も綺麗だったが


颯爽とロング・ウォークに矢堅目へ出かけたのだが、何と肉刺で足が痛くなり途中リタイア。

先日買い換えたスニーカーで、ちょっと大きいのに中敷きを入れて歩いたが、やっぱり幅も少し緩く、合ってないらしい。


車道歩きに山靴を使いたくないから、もう一度合いそうなスニーカーを探してみよう。

センダンの紫の花


桑の実が熟してる


あちこちで咲いてる


昨日運動会で代休らしく、仲間で釣りしていた


旧町役場の建物だが洒落てる
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加