大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

来年初孫だと

2013年10月31日 | 島暮らし・街暮らし
先程久し振りの娘の電話に何事かと思ったら子供ができたと。

悪阻が少しあるらしいが酷くはないらしい。

順調に行けば来年の6月らしい。

生きてるうちにどうにか孫の顔を拝めるのか。

後は息子達の男の孫を見たい物だが、こればかりはなあ。

66での初孫じゃあ、結婚式は無理だろう。

せいぜい山歩きを続けて孫と弘法山のハイキング位一緒にやりたいもんだ。それくらいはいくら何でも大丈夫だろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レッド・ソックス優勝!

2013年10月31日 | MLB
野球ネタが続くが書いておこう。

去年の最下位とナポリの獲得で今年も駄目だろうと予想したが大外れ!

地区優勝どころかワールド・シリーズ優勝だよ。

素人は予想などしては恥かくばかりだな。

何と言っても上原だろうなあ。

失敗したのはレイズとの地区シリーズでのサヨナラホームランくらいだったろう。

これだけテンポ良く十球前後で終わらせてくれたら、ベンチも野手も楽だったろう。

MVPは上原で決まり?

まあ、タイガース戦でのオルティーズの同点・満塁ホームランが、今年のポスト・シーズンの最も価値ある一打だったが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

楽天は昨日勝つべきだった!

2013年10月31日 | 野球
ピッチャーがいなくて、あんな酷い外人投手を使ったと思ってたら辛島とかいう良いのがいた。

今まで投げていない筈だから、昨日投げさせられたじゃないか!

ハウザーとかいう昨日の先発は誰が見ても程度悪過ぎだったろう。

星野は変に余裕かましていたが、案外こんな事から綻びが広がる。

昨日のジョーンズの盗塁やさっきの三回表の銀次のヒットで一点取った後の本塁突入は阿呆!

二死一三塁でジョーンズなのに暴走そのもの。こんな事をやってると痛い目に遭うぞ。

楽天は今日絶対に勝って仙台に戻らないと田中も辛い。

負けたら終わりとなると、さすがの田中も普通じゃ無くなるだろう。

前回もそんなに好調には見えなかった。

長野にはアウトローに投げれば安全だが、アウトハイから真ん中よりは絶対に駄目。なんでここに投げるのか解らん。

それにしても楽天の走塁ミスが目立つなあ。10回表もタイムリーを打った銀次が一二塁間で挟まれアウト。一三塁でジョーンズだろうよ。内野安打で還って来たから結果オーライだったが。

それともわざと挟まれ三塁ランナーの突入を狙ったか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パ・リーグの球団名変遷が凄い!

2013年10月30日 | NPB
昨夜ちょっとした事で東映フライヤーズを思い出したのだが、よくよく考えたらパ・リーグは全球団の名前が俺の小学生時代とは違っていた。

球団経営に行き詰まって居抜きで売った訳だが、セ・リーグはヤクルトと横浜だけなんだから巨人がデカい面するだ。

さてこの六球団の前身球団名全て分かるかな?

1960年時点の球団名を今年のペナントレースの順に書いてみる。


1.近鉄バファローズ
2.西鉄ライオンズ
3.大毎オリオンズ
4.南海ホークス
5.阪急ブレーブス
6.東映フライヤーズ

球団の愛称名まで違ってるのがあるし、バファローズはオリックスのに変わってるんだからなあ。
ひょっとしたら俺も間違っているかも。

一見して分かるのはマスコミ関係が大毎(大映と毎日新聞)の半分だけで、他は鉄道会社が四と映画会社だ。

大映と東映もオジンしか知らないだろう。看板女優は若尾文子と大川恵子(俺の独断)。

因みにセ・リーグの2球団は太洋ホエールズと国鉄スワローズ。太洋は当時捕鯨で儲けていて、鯨一頭で選手一人を養えるとか言っていた。

国鉄が球団を持ってたのには驚きだろうが、俺もよく分からん。

楽天創設時には岩隈以外は有力な選手が少なくて、記録的な勝ち数の少なさで初代監督の田尾が一年でクビになったのは覚えてる。

そんなチームが日本シリーズで巨人を叩きのめすかも知れないんだからなあ。

広島も何とか変わってくれよと叫んでも無理だろうな、あのオーナーでは。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

楽天・牧田最悪!

2013年10月29日 | 野球
八回一死満塁で三球三振!

それも真ん中のワンバウドと外角大外れの糞ボール二つを空振りだよ。

センス零だろう、まったく何も考えてないらしい。

外から内に入って来るドローンカーブと半速球しか無い青木に三振じゃあ話にならないだろう。

前の三人がしっかり引き付けて叩いていたのを見ていなかったんだ。

次の松井の三塁強襲のゴロに全力疾走せずにアウトになったマギーも罰金もの。

三番を打ってる銀次というのがなかなか良くて驚いた。彼を抑えないと巨人は苦しかろう。

阿部・高橋・ロペスの三人が、外角がからっきし駄目で安全牌になってるんでは勝ち目が無いぜ。

ロペスと高橋は使わない方が良かろう。

巨人は明日負けるとほぼ終わりだから、監督も選手もガチガチになりそう。先制点を楽天が取るとなおさら。

最悪でも仙台に帰り、第六戦に田中が控えてる楽天が楽かな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何だかなあの終わり方

2013年10月28日 | MLB
二戦続けてだよ。

昨日は走塁妨害で今日は牽制アウト。

スッキリしないというか情け無い終わり方だぜ。

何か感動の無いワールド・シリーズと言った方が解り易いか。

例えば上原だが、今までとは明らかに違うのは、三振を取れないのて一目瞭然。

その原因はストライク先行で打者を追い詰められないからだ。

心理的な余裕があるから打者がダボハゼみたいにスプリットを振らない。

疲れが溜まっているのだろうが、監督の使い方も影響してるだろう。

田沢は特にそうなのだが、必ずランナーを背負ってマウンドにあがっている。

回の最初から投げた方が気分的に楽な筈だが、何故かそうしない。

上原も回の頭からはあまりない。

お互いに力を出し合っての戦いでないと楽しくないはなあ。

お互いに二勝したからボストンに戻る訳だが、もっとハイレベルな試合にして貰いたい物だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村の七五三

2013年10月27日 | 島暮らし・街暮らし

子供は迷惑だろうなあ



太古が丁度村の前だった

女衆手作りのご馳走・祭りの構成員は無条件でありつける


一番気に入っている絶品吸い物



都会の派手派手のやつと違って頗るシンプル。

例大祭の時に親子+ジジババなどで、皆が見ている中で祝詞をあげて貰う。

今回は三歳の女の子一人だけだったが、神楽の終わった後のちょっと異様な雰囲気を察してか、子供はいつでも泣ける状態。

で太鼓や祝詞が始まって即号泣スタート。母親がなだめすかすも無駄な抵抗で結局泣き通した。

千歳飴を貰っただけだったが、村人の見守る中での儀式は素朴で心温まったなあ。

朝から秋らしい青空が広がったし、神社からの帰りに久し振りの太古は見たし、美味い昼飯にありついたし、おまけのイシダイの刺身も食べたしと、万々歳の一日だった。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

目の前で石鯛を釣った!

2013年10月27日 | 釣り・海遊び
縞は消えてないが十分な大きさ



イシダイだ!


皮焼きにしたが食べきれず明日に持ち越し。明日の方が美味いかも

墓参りに日帰りした叔母母子を有川まで送った帰りに、
知人が釣ってるかもと思って防波堤の釣り場に寄った。

ハコフグが一匹の他に、ブダイ三匹・イシガキダイの小物だけとか言っていたが、
俺が着いてからの第一投でヒットし、揚げたらイシダイの2キロクラスだった。

夕方少し切り身をもらったので、皮をフライパンで焼き、氷水で締めて刺身にした。
皮焼きにした訳だ。

田舎ならではのご馳走で、ラッキーこの上なかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋祭りに間に合った!

2013年10月27日 | 島暮らし・街暮らし
廊下に出て写した最後の獅子と天狗の絡み




着付けて貰い


神輿を台車に乗せて


こんな道を進み


黒い建物まで



去年は町で一番早い例大祭だったのだが、今年は遅くて今日だった。

昨日は公民館までのお下がりと神楽があり、今日がお上り。

村の男衆は当然年寄りばかりで、一番若いのが四十代。

袴など自分で着られるのは殆どいないし、後三十年もしたら、担ぎ手もいなくなってしまうだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抑えが真逆のワールド・シリーズ

2013年10月26日 | MLB
いやいや驚いた。

昨日のカージナルス対レッド・ソックスの第二戦。

二点ビハインドで上原を投げさせたが、案外と正解だったかも。

いつもはポンポンとストライクを続けるのに、まるで抜けたボール二つ。

おまけにスプリットも落ちが悪くて空振りが取れない。

上原も人の子で、初めてのWSに緊張していたのかもしれない。

真っ直ぐが141キロ程度なんだから、キレが悪いと一昨年の悪夢の再来になるかも。

一方のカージナルスの抑えは22か21の若い投手だったが、156キロ前後の真っ直ぐだけで三振三つで片付けた。

カーブ?を投げる時に腕の振りが鈍るみたいだったから真っ直ぐが正解というか、それしか投げさせられないのだろう。

真っ直ぐだけだったらレッド・ソックスの打者も馴れて打てるようになり、上原は調子が戻って打たれなくなるかも。

第七戦までもつれてしまいそうだが、最後はホームのボストンが勝つのかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雨はまだみたいだ

2013年10月23日 | 島暮らし・街暮らし
いろいろあって結局今日島に渡る事になり、遠征の山の朝と同じ4時起き。

当然ながら誰も起きず、言葉も交わさず静かに家を出た。

昨日調べたら高速船は動かないみたいで、午前中にフェリー乗り場に着かないと拙いから、朝二番か三番の便に乗らねばならない。

三番のANA8:10発にしてカウンターに並び、いつものシニア割をゲット。

ガラガラかと思ったら結構混んでいて、空席はそれ程無かった。

よくよく考えたらウィークデーの朝便なんだから、ビジネス客が多いんだ。

大村湾は少し波立っているが、風はそれ程でもない。

27号はまだ遥か南だが、うねりは来ているらしく、高速船は駄目でフェリーしか動かないみたいだ。

12月初旬まではいるつもりだが、福江島に行かなくちゃならないかも。

いま祀っているお不動さんを大宝寺で焚き上げてもらう必要がある。

弟も俺も常時居る訳でもないし、なかなか祀る事ができない。

行く事になれば、車で渡って前回やり残した繁敷教会と嵯峨島教会を見てこよう。

宿はayuさん推薦の民宿に泊まり、爺ヶ岳をやる事にしよう。

それと殆ど歩いていない若松島の歩きや奈留島傍のトンボロやらを見てみよう。

後はもう少しは大きくなってる筈のミズイカやアラカブ釣りだな。

フェリーターミナルに着いたら、高速船も欠航していないくらいだから、海はそんなに荒れてないもよう。乗客は極端に少なくて、一ブロックに十人以下だ。全体で七十人位だろう。

さすがに五島灘に出たら、船底に波がドーンドーンと激しく当たり出した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ローカット靴の話

2013年10月22日 | 山道具
大キレットの歩きで使い始めたローカットの靴の話。

SPORTIVAとか言うメーカーの靴なんだが、
紐が独特で外周の紐に絡めて締めるようになっている。

普通より0.5cm大きいのを使っているが、
靴下の厚さに関係無くフィットするのが素晴らしい。

ハイカットで長年苦しめられてきたが、やっと痛みから解放された。

先日の陣場山で話したら、Y氏はもう何年も前から使ってるし、
K氏も最近ローカットにしたらしい。

やっぱりどこかしらが当たっての痛みに耐えられないし、
ハイカットでも捻挫はするから使う意味がないというので一致した。

山小屋の下駄箱にはまだローカットは僅かしかないが、その内増えてくるだろう。

捻挫防止の為に足首のストレッチを十分やった方が良いと考えているが、
最近カミサンが始めたノルディック・ウォークで入念にやるらしいから、
そこだけ参加させて貰うか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島・野村が続投!

2013年10月20日 | NPB
一応書いておこう。

首尾一貫、ダメ出しばかりしていたのだが、来年も指揮をとらせるらしい。

来年も巨人にボロ負けして、三位争いが精一杯のペナントレースをするんだ。

何が駄目かと言えば、選手の気持ちを理解できないという事。

選手の気持ちが分からないなら、ケアするような言葉をかけられる訳も無く、
逆撫でするような事ばかりする。

今村も福井もノムケンの下では働きたくないと思ってるに違いない。

それと相も変わらず一発に頼る野球をやってる事。

エルドレッドを使うのでよく解るが、交通事故みたいなホームランを期待しても、
長い目で見ればデメリットの方が大きいというのが理解できない。

外の逃げる球にはまったくお手上げなのだから、巨人のピッチャーを打てる訳がない。

三点を取り、二点以内に抑え込む守りの野球が一番確実なのに、何故かその方向に行かない。

今年は堂林の離脱が守備力と攻撃力のアップになって勝ちが増えたのだから、
使い続けたノムケンの立場はないだろう。

終盤に三位が決まった後も、マエケンを中四日で使い、
貯金を作るつもりなんだろうと考えていたら、あっさり福井を使って放棄。

こんなリーダーについて行く部下はいないだろう。

はっきり言って、今年は中日とヤクルトの故障者のお陰で、借金でも三位になれたんだ。

四年連続で借金というのにまだ指揮を取らせるとは呆れるが、
下手に優勝でもされると人件費が嵩むから、強くならなくて良いという事なんだ。

俺としてはCSなんかどうでもよいから、
巨人と阪神に勝ってくれればハッピーなんだが、来年も期待できないや。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カブレラが二番?

2013年10月20日 | MLB
理解不能!

今日のアメリカン・リーグ代表決定戦でのタイガースの打順。

何で脚を怪我していてまともに走れないカブレラが二番なんだ?

俺なら五番に置きたいくらいなのに、一体何を考えているのだろうか。

シャーザー・バーランダー・サンチェスの三本柱と、
カブレラ・フィルダーの強力打線を持ちながら、今年もワールド・シリーズ優勝はお預け。

どうも緻密さに欠けているみたいで、そこがマイナスになって勝ち抜けないみたいだ。

具体的にはまず捕手のリード。

第二戦と今日、満塁ホームランを打たれて負けたが、余りに軽率な配球だったろう。

オルティーズの同点ホームランの時は初球の真ん中のチェンジアップ。
これが大して落ちずに打たれたし、今日はカーブを三球続けて持っていかれた。

三球目が一番甘くなってしまったのが致命的。
どちらもツーアウトだったんだから勝負を急ぐ必要は無かった。

四点差だったオルティーズは、歩かせても良い位の気持ちがあれば
あんな目には遭わなかったし、今日も三球目は外の球で遊ぶべきだったろう。

それと走塁ではフィルダーのチョンボがあったし、
守備でもショートのエラーで満塁にしてしまい逆転ホームラン。

投手交代も二戦共に大失敗だったが、ボストンほどはブルペンが強力でなかった。

タイガースがポストシーズンで勝ち抜くには、絶対的なクローザーの獲得か育成が必要。

サージャーの配置転換が一番現実的かも。
若いスターターが出てくるのが条件だが。

それよりも辛気くさい監督を替えるのが最優先かな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直接島へ向かう

2013年10月19日 | 島暮らし・街暮らし
風邪が抜けない!

風吹大池から戻った直後からだから十日は経つのに一向に風邪が抜けぬ。

鼻水・咳・痰で、熱や喉の痛みなどは無いのだが、鬱陶しい事甚だしい。

おまけに超大型台風の27号が北上中だ。

天気予報では高千穂が、21・22の二日間晴れマークなのがちょっと変。

あの大きさからして、いくら離れているとはいえ、
山の上で全く影響無いなんて考えられないだろう。

この際海の荒れが小さい22日に島に戻る事にして、
祖母・傾は来年春の楽しみにとっておく。

せっかく予約入れた別府高等温泉にキャンセルの連絡をしなくちゃならないが、
HPを見たら風呂が改装されていて、檜風呂になっていて驚いた。

温泉に檜風呂というのはあまり合わない気もするが、新しい内に入ってみたかった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加