大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

3日から山モード

2013年02月28日 | 山計画
今度の日曜日から山モードに切り替えだ。

山仲間との軽い山と飲み会が幕開け。

昔行ってバリエーションで歩いた「綱之上御前山」隣りの
「斧窪御前山」で遊び、いつもの店でミニ宴会。

今回は久し振りにフルメンバーだから賑やかだぜ。

その後は「下曽我の梅・歩き」と「寄から雨山」、
山岳さんとの中央線沿線の山。以上は決まり。

後一山はやれそうだから、丹沢の尾根歩きでもやってみよう。
当然静かな道が良いからマイナーな尾根歩きだな。

久し振りに塔の岳に上がり、尊仏山荘でも覗いて来よう。
それと頂上広場の様子が大分変わってるみたいだから確認しよう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は掃除

2013年02月28日 | 島暮らし・街暮らし
カミさんを送った後、エアコンのフィルター掃除を始めてドツボに嵌まった。

次は空気清浄機のフィルター、それから床の掃除機かけ、
トイレの本格清掃、風呂場清掃、色々な片付けと延々と続き、まだ終わらない。

掃除がエンドレスなのは解っているが、それにしてもなあ。

曽我の梅でも見に行くか、なんて考えたがとんでもなかった。

来週の平日にでも婆様と女房と一緒に行ってみるか。

ここの梅の木の本数が凄い。35000本というのだから桁外れ。
しかし、梅干し用なのであちこちに点在しているからそれ程圧倒されはしない。

早咲きの十郎が満開で、枝垂れや遅咲きが咲き出して一番華やかな時期になってるらしい。

寒さが厳しかったから大分遅れたみたいだが、確か去年もそうだった。
夏と冬の印象がやたら強い。

さあ、もうちょっと頑張って終わりにしよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニアミスだった?

2013年02月27日 | 島暮らし・街暮らし
昨日の羽田着陸直前の事だった。

長崎発神戸経由のスカイマーク446便が、
房総半島半島沖から大きく東から西へ回り込み、東京上空に来た時だった。

窓から外を眺めていたら、真下を飛行機がクロスして西へ流れて行ったのだ。

白い機体で尾翼が赤いJALだったが、帰りにボードで確認したら、
直前に秋田からのJAL便が着陸していた。

航路が交差しているのだろうが、高度差があるから衝突は起こらないと言われてもなあ。

高度差に時間差を加えないと安全度が低いだろう。

昨日の事態は航空管制官の誘導ミスだったに違いない。
どちらかを少し遅らせるべきだった。

こういうのをニアミスと言うのだろう。

民間の飛行機は決められた航路しか飛んではいけないのだから。

案外と頻繁に起こっていそうなのだが、航路さえ正しければ問題無いとしてるんだな。

航路がずれた時の場合だけをニアミスとして指摘・指導をしているんだ。

俺は交差する事自体が危ないと思うから、いくら過密ダイヤとはいえ、
時間差が無いと拙いと思う。

とにかくあの時は驚いたぞ。今度からは離着陸の時は外を眺めてチェックする事にしよう。

それから今度も南アルプスはお預けだった。富士は頭を出していたが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅月堂の「シースクリーム」

2013年02月26日 | グルメ
紅茶345円と半端な値段


時間に追われたが何とか食べた。

ひっくり返る程ではなかったが、
スポンジのホワホワ感と生クリームがなかなか。
長崎ならではかも。

そのスポンジの間にあるカスタードクリームが隠し味?

桃の間のパイナップルがメチャ薄で、
一瞬「パイナップルがないぜ」と思った。

下の後日届いた物はパイナップルが厚かった。



甘党の次男と婆様に「お菓子は?」と
言われるに決まっているから送る事にした。

350円のが5個で2000円、
送料が950円の合計2950円。

箱代や手間賃がかかるという事だな。
一箱に250円はちと高い気もするが、
滅多に食べられないんだから良かろう。


その前の「ツル茶ん」のランチは、
鶏肉の蒸したのにカレー味のソースと
後一品は魚の春巻き風揚げ物。イマイチだった。

禁煙席をと言ったら二階に案内されたが、
喫煙室がドア無しであるのに呆れた。
良く解ってないらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

半日かけて帰宅

2013年02月26日 | 島暮らし・街暮らし
島富士・山王山とも暫しお別れ


正確には実家を6:40に出て20:00前後に
自宅着だから13時間の旅だ。

途中、長崎での昼食休憩があるが、さすがに疲れる。

横浜からの電車が満員だし、
まず横浜駅コンコースの人混みに酔ってしまう。

今日はあの梅月堂の「シースクリーム」とやらを食べてみるつもり。

昔から長崎市民のおやつだったとからしいが、俺は食った事がない。

洋菓子を食べる程の余裕が無かった訳でもないのだが。
お袋も俺達の世話で街中に出る機会が殆ど無かったし、
親父は殆ど海の上だったからなあ。

その前に恒例の「ツル茶ん」でのランチもあるからちと忙しない。

歩き出して直ぐパラパラと来たが、本降りにならなくて良かった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最悪の釣果で終了

2013年02月25日 | 釣り・海遊び
凪ぎだったが


海鳥が小魚を穫っていて


それをカモメが威嚇していた


ミズイカの取り込み


今日が最後の釣りというのに全く駄目だった。

凪ぎだったが快晴かつ太陽が照りつけ、
ミズイカ釣りには最悪の条件になってしまった。

仕方なくアラカブ釣りにしたが、これまた不調も良いとこ。
全く食いがたたず、ベラの大きなアタリばかりが目立つ。

結局弟はミズイカ1ヤリイカ2アラカブ5、
俺はアラカブ三匹のみと最悪。

凪ぎで風が微風程度かつ曇天という条件はなかなか無い。

アラカブがこんなに食いが悪いのも珍しい。

3月半ばからの釣りを楽しみにしておこう。
暖かくなるし、ミズイカものっこんで来るから期待できるだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山にナイフは必要?

2013年02月25日 | 山道具
やりだして以来、必ず持って歩いているが、本当に必要なのか?

二十年近い山歴だから、600回は行っている筈だが、
ナイフのお世話になったのはたったの二回。

丹沢で箸を忘れて枯れ枝を細工したのと、
雲取から雁峠へ縦走した時に杖代わりの枝を削った時のたったの二回だけ。

今回も持って来ていたが、昨日送った荷物に入れ忘れた。

持って帰るには飛行機では機内に持ち込めないから、手荷物で預けなくてはならない。

これが嫌なんだよなあ。
荷物が出てくるのを待つ時間が勿体無い。
バスに乗るのが遅くなるから、地方では酷い目に遭う可能性もある。

それとあの警官の職務質問だよ!!

ネットには酷い目に遭った体験談が一杯載っている。

俺も一回だけやられたが、運良く持って行き忘れていて命拾いした。

持っていたら有無を言わせず交番に連れて行かれてたろう。
その為の職務質問だからなあ。

そんなこんなでわざわざナイフを持ち歩く必要も無かろうと思う訳だ。

実家に置いて果物ナイフ代わりに使おう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三等三角点ゲット!(記事訂正)

2013年02月24日 | 教会巡り/島歩き
三等三角点みたいだ



杖だらけの登り口


有川以北の眺望


帽子山の基準点


何で梯子が?


帽子山を最初にやって、大高山へ北上する事にした。

林道からの「岩戸観音」への登り口は、
杖に使った木の棒があってすぐ分かった。

観音様への道はほぼ枝尾根の直登。
地形図は西を巻くように書いてあるが東を巻いていた。

岩戸観音はコンクリート造りで風情無し。

そこから尾根を忠実に辿り10分で着いた稜線を左へ10分で帽子山だったが、
基準点の先にそれより高いコブが二つあり、朽ち果てた梯子があった。

基準点を撮り大高山へ取って返す。
途中で関係ない青テープが尾根から東に降りているが、
無視して尾根通しに歩く事。


何の為のテープなんだろうか?

忠実に尾根を辿り、大高山の三角点を撮って先を急ぐ。
三頭三角点の四角い奴だった。

さすがに腹が減ってきたので、次ぎのピーク手前の小広い所で昼飯にした。

スダジイの大木が八本程タコの脚みたいに伸びている。
一度伐採されたのに良く大きくなったなあ。
この木の下で買ってきた弁当を食べた。


結構大きい木だった

その後はキツい登りをこなして大高山の次ぎのピークだった。
下りはシダのバリケードを巻きながら予定より一つ北の尾根で降り着いた。
下りは難しい。学習しまくらないと駄目だな。

(大高山の先で昼飯だったので訂正した)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日で打ち上げ

2013年02月24日 | 島暮らし・街暮らし
今回は1月24日に来て2月26日に去るから、ほぼ1ヶ月の滞在か。

一番の収穫は「三角点遊び」を開始した事だろう。

こんなに面白いのならもっと早くにやり出せば良かった、と悔やんでも仕方がない。

あっちではやる山が多くて、そこまで手を広げられなかったからなあ。

こっちでの山遊び不足の解消に始めたんだが嵌まった。

地形図とコンパスで自分で道を作るんだから、面白くない訳が無かろう。

あっちでは誰も歩いてない山なんて殆ど無いが、
こっちは山屋が歩いた道は殆ど無いのだから嬉しくなってしまう。

シダのバリケードには参ってしまうが、鉈を持ち歩けば良いだけだ。
職質を食らうと厄介だが何とかなるだろう。

明日がラストチャンスのミズイカ釣りだよなあ。
条件は良さそうなのだが、当日になってみないと分からない。

もし、好条件にも拘わらず釣果がゼロだったら、
ミズイカ釣りは諦めた方が良いかも。

アラカブ釣りをマスターしたのや、
仕掛け作りの基本の釣り針の結びを覚えた事などちょっと進歩かな。

次の来島ではミズイカ釣りと三角点遊びで大忙しだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は雑木の伐採

2013年02月23日 | 島暮らし・街暮らし
今朝は予想通りの風。

釣りは断念して元畑の草刈り。

荒れ地になってしまった土地に背の高い草が生い茂り、猪の格好のねぐらになっている。

弟と母方の従兄弟が草刈りで俺は雑木の伐採。

元は五六枚の段々畑だったのに殆ど平面に整地?されていた。

あちこちに大きな穴があいていて、下手すると足を取られて危ない。

それと大型犬の物のようなデカい猪の糞があちこちにあった。

世間を騒がせている真ダニ対策にビニール合羽を着たが、
終わった後点検したら大丈夫そうだった。

鋸など滅多に使わないから苦労したが、
チェーンソウならあっと言う間に終わるのに、人力だと二時間。
六本切り倒したが結構疲れる。

茨が立派な灌木になっていたり、蓼やら蔦やらが絡み付いたりしていて面倒だった

これで十時過ぎになってしまい、三角点遊びは無理になってしまった。

明日、有川南の大高山のにタッチしに行こう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シュルツ合格!

2013年02月22日 | NPB
良かったなあ。

オリックスもブルペンが手薄だから、採用したんだろうが、
何とか結果を残して少しでも長くプレイして欲しい。

球種はそんなに無かったが、高めの真っ直ぐで三振をとるのが気持ち良かったなあ。

シュルツが八回を抑え、最後を永川が締めて終わるのが2009年のカープだった。

永川は一軍に上がる気配も無いが、懐かしい選手が復活するのは嬉しいものだ。

緩急を使わないとパ・リーグではしんどいと思うが、
それができなくても真っ直ぐとスライダーでそこそこ抑えられるかな。

交流戦でのシュルツ対広島打線が楽しみ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

磯ヒヨドリへ最接近!

2013年02月22日 | 島暮らし・街暮らし

やった!最接近



近づいてみよう


あれ、案外行けそう


結構接近したぞ



買い物を済ませた後、村に帰ったが海の様子見がてら散歩。

塩竈神社の先の堤防上に磯ヒヨドリがいた。

そっと近づいて携帯で撮った。

静かに一歩近づく毎に写し、タイトル写真の所まで最接近!

良くこんな近くまで飛ばなかったなあ。

地味と言えば地味なのだが結構渋い色だと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

釣りはまあまあ

2013年02月22日 | 釣り・海遊び
俺のアラカブ四匹と弟の掌サイズのミズイカ


昨日よりは条件が良かろうと思っていたが、全く逆でイカは寄り付きもしない。

弟は粘ったが俺はさっさと見切り、アラカブ釣りへ。

すると一投目で煮付けサイズがきた。
その後も釣れるが放流サイズが多く、結局九匹を海へもどした。

風は弱まらず、舟が流されて根掛かりし易く、十時前に撤収した。


結構流された


昨日あれほど調子良かった弟は、掌サイズを二ハイだけで、
何とか生き長らえそうなのは放流した。
ヤリイカのまあまあのが掛かったが、取り込む寸前でバラしてしまった。

俺もアラカブ二匹をばらしたが、こんな事は珍しい。

持ち帰りは少なかったが、釣り自体は満足した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嗅覚が戻る?

2013年02月21日 | 温泉/健康
最近わずかながら臭いのある生活をしている。
嗅覚を無くして十年近くなるからちょっと驚きだ。

最初に気付いたのはトイレの臭いで、次に風呂のバーナーや
石油ストーブの着火・消化のそれ、次にキムチの臭い。

嫌な強烈な臭いしか感じないのが寂しいが、
命に関わるガスなどの臭いを感知できれば良いのだが。

ただ今まで平気だった、あの大雪山の避難小屋などの
猛烈な臭いが耐えられなくなるのは辛い。

それと満員電車の臭いだよなあ。
これは避けられるからまあ良いが、避難小屋だけは避けようが無い。

回復の理由は良く分からないのだが、
去年の鼻の手術だと術後7ヶ月も経過しているのでちと疑問。

ただ完治まで医者が半年はかかるとか言っていたから可能性はある。

それと空気清浄機だよなあ。
これでハウスダスト吸入が画期的に減少したからかも。
大体が田舎のだだっ広い家で、ウサギ部屋の自宅マンションとは
比べ物にならないハウスダストの少なさだったろうから。

この二つのお陰かどうか分からないが、
このまま順調に回復してくれれば良いのだが。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

WBC予想通りの落選組

2013年02月21日 | 野球
大島は惜しい気もするが、他の四人は妥当だろう。
もともと候補にするのがおかしかったろうよ。

浅尾など故障上がりなのだから普通なら選ばないだろう。
これだけでも管理能力を疑う。

残った中では松井が良く解らない。
彼の何を期待しているのだろうか?
彼以上の働きをする内野手はいくらでもいそうなんだが。

それと外野手のメンバーを見て、つくづく大砲がいないなあと思う。
中田にしてもまだまだだし、繋いでコツコツ点を取るしかないのだが、
そんな攻撃パターンをイメージできてるのだろうか?

選手達はせっかくのチャンスなんだから、
今シーズンは棒に振ってもMLB関係者にアピールして、
向こうでプレイできるよう頑張るべし。

特に今村!

頑張ってあっちに移ればマエケンに二億ちょいしか出さない
シブチン球団と違って青天井なんだぞ。

必死で頑張れや。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加