大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

歩くルートは分るようにしておこう

2017年05月14日 | 山技術
何度も書いているがこれは超重要だぞ。

昨日娘宅に届け物をした時に娘の同僚の親戚の遭難を
概略知る事ができた。

何でも日帰りで山に出かけた夫が帰らずに山小屋にでも
泊まったのだろうと放置。
連休の中日だったので明けた朝会社に電話して
休暇届が出ておらず事の重大さに気付いたらしい。

警察に通報したら確実に山に入っているか
確認できなければ捜索隊も出せぬとかで
結局動き出したのは遭難から数日遅れてからだったらしい。
捜索は難航して数ヶ月して発見されたとかだった。
防犯カメラの調査とかやって初動に手間がかかったらしい。

俺は家族に分るようにしているから、登山口での計画書提出は
どうでも良いと考えていたが改めないと拙いな。
警察が入山を確認するには登山届しかないんだから
捜索してもらうには絶対条件なんだ。

良く考えたら幾ら俺がルートを書いていても
実際に入山したかどうかは分らないからなあ。
極端な話がそのまま失踪してるかもしれないんだから。

確実に入山したと警察が認知する為には登山届が必要!
これを頭に入れてないと後々面倒だぞ。
電車バスだと車と違って手掛かりが無いからなあ。

俺も登山ポストがあったらちゃんと登山届を出す事にする。

それと家族のとるべき事についてだが、

帰宅時間を3時間過ぎても連絡が無ければ警察へが
一番シンプルで良いかなと思う。
俺は下山したら極力一報しているが。
各自家族とどうなったら警察に通報するか決めておくべし。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふざけた話が多過ぎ! | トップ | カミさんとの歩き方 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (花水木)
2017-05-16 18:54:12
これは重要課題ですね。
自分は大丈夫。
事故も遭難も、過信が問題でしょう。

家の96歳のばあさまの事件も過大すぎる過信から・・・・。
結局は、大勢の方に迷惑をかけることになります。

何事も己を知らないとダメですね。
最悪の事態を (大雪男)
2017-05-17 09:53:08
予想して手を打っておくだけなんですけどねえ。
山なら歩くルートは最低周知させてないと駄目ですね。
登山届けがないと初動が遅くなるのはまあ納得です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。