大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

海の日の穴場は鳥海山

2017年06月30日 | 東北
三連休の山は大混雑で営業小屋泊まりは地獄。

俺はこんな時期には歩いてなかったが
休みが少なくなったから考えてみた。

アルプスの山は三つ共大混雑は当たり前だから
東北だと鳥海山があった。

調べたら夜行バスはもう満員で駄目だが
65歳以上の飛行機利用でのあの特権があった。

羽田・庄内はANAだけだが殆ど空いている。

問題はダイヤだが僅かに4便。
  羽田    庄内     庄内    羽田
 6:55  7:55   7:10  8:15
11:00 12:00   8:40  9:45
15:55 16:55  12:50 13:55
20:20 21:20  17:50 18:55

これに登山口までのバスを絡める。

酒田からは湯ノ台口と大平・鉾立口の二つ。

酒田・湯ノ台口は上りは11:00の1本のみ。
下りは12:00と17:00の2本。
所要時間は1時間・料金3,000円

遊佐・鉾立大平口
上り7:00 11:00 15:30
下り8:10 12:10 16:40
所要時間 上り鉾立55分 大平50分
     下り鉾立50分 大平45分
料金は2,700円。

業者:合同タクシー0234822)4433
前日夕方4時までの完全予約制。

この飛行機・バスのダイヤで帰りは12時には
バス停に居なくてはならない訳でコース採りに制約大。

仕事が終わってから最終便で酒田に入る手は
俺向きの駅前旅館が二つ共満室で駄目。
6:55の朝一に乗って酒田入りしかない。
幸いこれに間に合う相鉄線の電車があった。

後はコース採りだが、まず今の体力から見て
普通に山頂を目指すのは無謀だろう。
花を楽しめば良いから山頂など踏めなくても惜しくは無い。
どうせ登りで足が上がらずに苦しむだけだろうし。

どっちから入るにしても12時位から歩き出すから
当然行動時間は限られてる。

滝ノ小屋は三連休でも余裕あるし、御浜小屋は空いてる。
頂上下の小屋も15が混んでるだけだが満杯ではない。

騒々しいのが苦手な俺には嬉しい空き具合だ。
百名山でも頂上を外せば静かでノンビリ歩きができる。

滝ノ小屋まで登山口から20分は幾らなんでもあんまりだ。
静かな大平口から入って湯ノ台へ抜ける手だな。

御浜小屋で寝て近くを散策して花を楽しむ。
素泊まり代が4000円と言うのがカチンとくるが仕方無い。
不味い飯を食うよりインスタント食品の方がマシ。

二日目は千畳ケ原から河原宿を経由して滝ノ小屋先のバス停まで。

5時半に出れば楽勝だろうからノンビリ歩こう。

まあ、ざっと計画は立ったが、天気とやる気か問題だな。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は理想的な接待 | トップ | 山歩きの醍醐味は縦走 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。