大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

鳥海山の歩き方 改訂版

2017年07月15日 | 東北
最初は小屋泊まりにしようかと思ったが、
あの日本一貧相な食事との噂の小屋がなあ。

最近は食事が改善されたとかの記事があって調べたら、
鯖の味噌煮とチマチマしたのが三品。
その内一つは漬け物。
朝も味噌煮の代わりに生卵と海苔らしい。
これに朝夕味噌汁付きはまあどこも定番。
それまでは一汁一菜だった?

これで3240円に泊まり賃4320円。
さらに布団無しの毛布二枚なんだから今時凄い!

それが神社がやる事なんだからなあ。
何とも情けない話だ。
神社だから粗食は当たり前というスタンスがせこい。

こんな小屋に金を落とすのは真っ平だから、
万助小屋に寝て遊ぶ事にした。

端から今の体調では頂上までは無理だと
思ってたから良いのだが問題はコース取りだ。

行きが夜行バスでの酒田入り。
JR移動で象潟からの鉾立入りだから、
御浜小屋から七五三掛の花畑を見て小屋まで。

翌日万助道を下って遊佐駅まで歩くか、
途中でタクシーを呼ぶかだな。

体力と気力があれば狭霧橋まで下って、
二ノ滝コースから千畳ガ原へ登り返す手だろうが
今ではとても無理だからなあ。

この二ノ滝コースは秋の紅葉の時にでも歩こう。
暫くはこの鳥海山で遊ぶのが多くなりそうだ。
夜行バスさえ取れたらガスも持てるし、
10月の3連休で歩く事が可能だからな。


昼には酒田に着くだろうから寿司屋の鈴政で昼。
夜は平田牧場の豚焼肉でビールか。
鈴政はなかなか良さそうな店だし、
上手く行けば岩牡蠣も食えるかもだ。
平田牧場の焼肉屋は去年行って良かったから
山後の蛋白質補充には持って来いだ。
両方とも酒田駅からタクシーなのがマイナスだが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 柿の木が高いとビビる | トップ | 少しでも涼しい山歩きをしよう »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
きよみや (どんぶらこ)
2017-07-17 18:31:19
確かに雪渓歩きはリスクが高いですね。蛮勇で登ったに過ぎないとつくづく思います。特に脆岩の一ノ倉の雪渓は怖かったですね。雪渓上に岩が散乱、ロシアンルーレットだなと思ったものです。テールリッジまではとにかく息せき切ってという塩梅でした。

八王子での清宮の追っかけも最後になりました。猛烈な暑さでしたが、6回表まで我慢しました。清宮の一発は出ず。しかし、コールドの気配濃厚、熱中症回避のためやむなく撤退しました。
駅への途中で爺様に話しかけました。やはり熱中症が怖くなり撤退してきた由。毎回、清宮を望遠レンズで狙い撮りしているそうでリュックから写真を出して見せてくれました。早実にはピッチャーにいいのがいない、打撃の清宮、野村のみでは先は知れていると意見は一致しました。
神宮にも行くという81歳の爺様でした。
かみさんは京都山鉾二泊の旅、で鯖缶あけて昼からビールです。
  凸凹のカップ溢らせ山清水
野球観戦での (大雪男)
2017-07-17 23:16:21
熱中症は結構多いのでは?
喉が渇くまで飲まない人が多そう。
清宮はプロでは無理な気がします。
何となくですが。

暑さは今からが本番ですね。
お互い気を付けて凌ぎましょう。

コメントを投稿

東北」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。