大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

屋久島遭難続報

2017年06月17日 | 九州・屋久島
コースは淀川小屋から尾之間ではなく
高塚小屋から宮之浦への「益救(やく)参道」だった。

荒川歩道か白谷雲水峡から登ったのだろう。
標高差1000Mはあるは道が不鮮明・渡渉箇所ありで、
入山は控えろとうたってる位だから滅多に登山者はいないらしい。
北部の町が登山者を呼び込む為に整備した道なんだと。

そんなルートをにわかパーティーで歩く筈もないから、
ちゃんとしたリーダーがいたと思うんだが。

とにかくロープを持っていなかった一点でリスク管理が甘い。
増水すると渡渉困難な箇所が二つあるんだから
7人で歩くならロープは絶対に持って行くべき。

スケジュールがタイトな現役世代なら、
最初から沢の渡渉が無いかあっても小さな沢で危険が
小さいルートで計画する事だな。
雨の少ない秋に歩くのもありで、大昔に縦走した時は
10月末で3日間晴れだった。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日はバテた | トップ | 羽田・旭川たったの7便 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とんだグループ登山 (山岳)
2017-06-18 10:02:52
何故バラバラの行動だったのか不思議でしたが、屋久島縦走(淀川登山口から宮之浦岳経由のようです)しかも難ルートをにわか仕立てのグループ
(とてもグループとは言えない)だったとは。
リーダーもいなければ判断者も不在でいきあたりばったりの危険極まりない登山とはビックリです。

***以下はネット情報***
グループは福岡、宮崎、鹿児島各県の7人で混合チームでした。過去にこの道を歩いたことがある経験者がいればこうはならなかったかもしれません。あるいは、雨の状況をみて別ルートに変更するとか。

男性は渡り切って女性が流されたのを見て探しに行き、渡渉点まで戻り、その後流されたようです。
***
何だかなあですね (大雪男)
2017-06-18 18:59:10
遭難の第一報の後は殆ど続報が無いですよね。
そんな事だったとは呆れますが、
一体何処でパーティー組んだんでしょうね?
理解不能ですがひょっとしたら淀川小屋?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。