大雪の空

46歳から始めて嵌ってしまった山歩きの記録と野球などの雑記帳。時々帰郷中の島暮らしの日常。

島の魚最強!

2017年05月09日 | グルメ
島への行き帰りに福岡では結構有名な天神のH寿司で食べた。
「板さんおすすめ2,100円(税別)」だが、
行きはまあまあと思ったが帰りは普通だった。
帰りのには好きではない鯛と穴子が焼きだったのもあるし
ウニの軍艦巻きがあったのもマイナスだったろうが。
サバも飛び切りの鮮度ではなかったのも響いたな。

結局は鮮度では島には太刀打ちできないのは当然で、
自分で釣ったのやら朝獲れの青魚やらを食してるんだから
最高の贅沢だったんだなと飛行機の中で思った事だった。

何しろこの俺が感動するほどのキビナゴだったし、
ウニなんか割って即食べたんだから。

アラカブとなけなしのミズイカ1杯と塩ウニを持ち帰ったから、
ちょっとは島の魚を楽しめるが嬉しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

生ウニは好きじゃない

2017年04月24日 | グルメ



これだけで十分だった


昨日は弟と従兄が今シーズン初のウニ漁へ。
俺は岩瀬浦へ上五島神楽を観に行ったから船頭役はパス。
帰ったら港で後処理の作業中だった。

ウニは娘のように狂ってるのも多いが俺はそれほどでもない。
特に生ウニは濃密さが無くて有り難みがない。
味がボヤーッとして水っぽいのがなあ。

まあ取り敢えず海苔と醤油で食べたがお代わりする気も起きなかった。

今年のウニはやたらと小粒で例年の半分しかない。
海草が少ないのは大分前からだしどんな理由か分からん。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

キビナゴの刺身

2017年04月06日 | グルメ

むちゃくちゃ新鮮なのに感動し安さに絶句



これだけ作るのに40分もかかった



山王山からの帰りに地元の野菜や魚などを売ってる店に行ってみた。

魚コーナーを覗いたら朝獲れのキビナゴがあったので即買った。
福江のはスーパーで売ってるが地元のは初めて見た。
腹の赤みも全くないピチピチで凄い鮮度に感激。

晩酌の肴に手開きで刺身にしたが流石に時間がかかる。

これに先日弟が揚げたアカハタのアラの吸い物が美味かった。
ネギしか入ってなかったがそれで充分だった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ミズイカの肝の煮付けとエソのカマボコ

2017年03月26日 | グルメ

今まで二人が釣り上げた中での最高のデカさ。
これだけデカいと身が固くて冷凍させないと駄目だし
薄く切らないと美味くない。
身の厚さは寿司屋には持って来いだろうと弟の弁。



蒲鉾はイカの色で薄く色付いている。
イカの内臓の煮付けは弟は食べないから独占。





昨日のミズイカ漁では俺は坊主だったが弟はニキロの
超大物を揚げた。

今日処理したから内臓は俺が食べる事にしたが、
冷凍してたエソでカマボコを弟が作ったので昼に食べた。

イカの内臓は200グラムあったし、カマボコはイカの脚と
皮を入れてまあまあ美味かった。

共に釣り人でないと食べられないからなあ、
今度ばかりは弟に感謝だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アカハタは皮が美味い!

2017年03月20日 | グルメ




一昨日弟が釣り上げた二匹を昨日裁いて夕食に食べた。

内臓と鱗は船で処理してるから正確な重さは分からないが、
大きいのが1020g小さいのが490g。
見た目より大が軽かったのが意外だった。

この小さいのを皮焼きして刺身と頭は吸い物。
大の頭をフライパンにオリーブ油で塩焼?。

この塩焼の皮の脂が超美味くて二人してシャブリ尽くした。
鰭以外は骨だけになって猫が食べたみたいだった。

上品な脂と塩味が絶妙で二人とも大満足。

皮焼きは三枚に卸した身の皮をフライパンで焼き、
氷水で締めた後で刺身にする。
こうして皮を食べないと意味がないから
料理する時は要注意だ。

釣り人の特権とは言え贅沢な夕食だった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

一年振りの自作チャンポン

2017年03月14日 | グルメ

イカはミズイカ。牡蠣が入ればベスト




帰島した夜に長崎の従弟が急死して葬儀・初七日に参列と
慌ただしい五日間だった。

やっと釣りかと思ったが風が強くて駄目。

ウダウダしたあと久し振りに作ったが汁が甘いしちと濃かった。
次回は水を多めに入れて醤油も入れてみるか。

豚肉・イカげそ・カマボコにキャベツ・ニンジン・玉ねぎ・モヤシ・
長ネギの青い部分・シイタケと具沢山。

長崎の中華街の貧相なチャンポンよりよっぽど美味い。

チャンポン用のカマボコセットを売ってるし、乾麺とスープセットも
売ってるからすこぶる楽勝。

朝獲れの青魚にこのチャンポンと魚の煮付けを作る楽しみがあるし、
島の野菜やカマボコなどで島暮らしの食は最高。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

博多はうどんだ!

2017年03月10日 | グルメ

ネギと七味は俺が入れてる


福岡空港に4時近くに着いたので博多駅まで地下鉄で動き軽く食べた。

6時から長野の水炊きだったから、駅地下の因幡うどんでまる天といなり寿司一個。

カミさんに言わせると讃岐うどんの堅さが許せないらしい。
柔らかいのが良いと言うことなんだが、俺はつゆの味が好きだな。
まる天も美味いしラーメンなんか食べる気も起きない。

博多はうどんだ!

長野の水炊きは何で絶賛されてるのか分からない程の代物だった。

家で作って食べる物の方がマシなのではと思う位。

まあ、四人で焼酎一本とビール三本で一人四千円だったから高くはない。

帰りはホテルオークラのラウンジでお茶したがゆったりして良かった。

フェリー乗り場まで20分ほど歩いたが寒くて参った。
用心してしっかり冬支度していて大正解。

着いたらWBCのキューバ戦をやっていて驚いた。
どうにか逃げ切ったが抑えの牧田は無かろう。
俺なら三振の取れる千賀一択だが、小久保や権藤の考えが解らん。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

尾道「朱華園」の中華そば

2016年12月28日 | グルメ
昨日迷った挙げ句辿り着いた宿で麺が無くなり次第閉店と
聞いて仕方なしに行った。
姫路での昼も駅蕎麦だったからまともな飯にしたかったんだ。
たまたまコンビニ帰りの同宿人と玄関で出会ったから訊いたら、
昼食べたらまあまあだったし一番有名と宿の奥さんの説明通り。

店はやってたが17:10だったからかもで18:00では駄目かも。
メニューの下げ札は「中華そば」1枚だけ!
値段は税込み600円だが普通かな?


当然直ぐに出てきたが文字通りの中華そば。



見ての通りにシナチクと薄いチャーシューが1枚と
ネギだけの醤油ラーメン。
背脂たっぷりだったがあっさりしていて意外。
麺はストレートで腰はないが気にはならなかった。
あっさりの醤油スープには合ってるのかも。

チャーシューもまあまあだったし久し振りのシナチクも
良くて、下手な博多ラーメンよりは良かった。
スープも飲み干してしまったくらいで人気店なのも納得。
餃子の美味い店を探してるカミさんの為に食べて見たかったが
今日の昼にでもあれば頼んでみよう。


とりあえず簡単なのでアップした。

因みに宿のゲストハウス・フジホステルはこの店の
右斜め20メートルほど。
電話で道を尋ねた時にこの店の斜め右と言えば一発なのになあ。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「すがた」の舟盛り

2016年12月25日 | グルメ

タイ・バイ貝・ブリ・マトウダイ・甘エビ・タイ・マグロ・アオリイカ・ブリ



こんな新鮮なマトウダイは初めて












去年は鯛がメインだったが、今年は何とマトウダイだった。
長崎では安い魚で滅多に食べた事が無かったが、去年島で鍋に入れて美味かった。

それが氷見で舟盛りの主役なんだから驚いた。

しかし、綺麗な締まった身に美味いかもと思ったらドンピシャ。

去年のヒラメやブリよりも美味いと俺は思う。
プリプリで上品な仄かな甘味があり素晴らしい。

長崎で見るのはそんなに鮮度が良くない感じだ。
それかこちらの方が刺身用の魚として処理をきちんとしてるのかな?

何はともあれ意外な魚の刺身に出会えて最高!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「味まる」みかんの虜

2016年11月14日 | グルメ
これを食べたら他のを食べる気がしない。

去年も書いたような覚えがあるが、
今年の甘さも尋常じゃないぞ。

先日のはあまりの甘さにみかんとは思えないほどだった。

愛媛・和歌山・静岡などみかんの産地はあちこちあるが、
このみかん以外は食べないだろうな。

郷里の長崎の物というのもあるがとにかく嵌った。



大昔は長与と言う所のみかんが有名だったが
今はこれが長崎を代表するブランドみかんらしい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久し振りのシースクリーム

2016年03月29日 | グルメ

梅月堂のシースクリーム(取り寄せてまではなあ)




多分3年振りくらいだな。

弟が長崎の土産に持ち帰った。

スポンジのフワフワ感とクリームの適度な甘さ、
それに桃とパインがちょっと洒落てる。
甘さ控え目の大人の味?

一緒に写ってるシュークリームはしっとりした
殻が良い感じで気に入った。

こっちにいる時にしか食えないが、帰りは佐世保経由で
大分に向かうから次回は来年だな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も強風で歩きのみ

2016年03月25日 | グルメ
まあまあだったが1000円は島ではちと高いかも


椿の木で作った一輪挿しの花瓶が洒落てた


夜のメニューにのどぐろの焼いたのがあった




昨日よりは弱かったが風が強くて釣りは断念。

髭剃りを買いに行く事にした。
後一月なんだがやっぱり切れ味が悪いと嫌だからなあ。
替刃を買うよりは新品を買った方が良いのだから、
この髭剃り業界もなかなかだ。

浦桑まで歩きスーパーで弟の好物のメカブと俺が食いたくなった
高菜漬けとイカの塩辛を買った。
皆地場の品というのが気に入った。
弁当を買って蛤浜で食べる手もあったが、風が強いのが
どうにも嫌で、最近できた和食の店に入ってみた。

和風ハンバーグを食べたが結構いけたし、店員の応対もまあまあ。
話してみたら去年の11月のオープンで兄と妹でやってるんだと。
大阪で修行したという板前(兄)にしては味が濃かったが、
島の人間の舌に合わせたんだろうな。
もうちょい薄い味の方が好みだったが黙ってた。

夜は5時から10時までとかだったが帰りが面倒だし行かないな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

魚尽くしの夕食

2016年03月20日 | グルメ
昨日弟が釣ったヒラマサの中学生と、
今日二人が釣ったミズイカの内臓で
昨日今日の夕食のおかずにした。


まず昨日は当然ながら刺身と鎌の塩焼き。
刺身は脂が適度に乗りかつコリコリした食感がなかなかだった。
鎌焼きはボリューム不足だったが上品な脂で満足。





今夜はアラとミズイカの内臓の煮付け。
イカの内臓の煮付けは去年食べて一発で嵌まった。
味が染みやすいから魚の煮汁より薄味にした方が良い。
写真手前がイカの煮付け。
釣った者しか食えないがなかなか美味い。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

氷見ブリと宿の夕食

2015年12月31日 | グルメ
氷見ブリが昼食を食べに行った
「ひみ番屋街」にあったから載せておく。
ついでにそこからの立山連峰の景色と地図も載せておこう。

キロ7千円は良い値段だな


この絶景を見てみたかったが天気がなあ


氷見は七尾に随分と近いんだ



お目当ての氷見ブリはまあまあだったが、
それ以上に出てきた刺し身が素晴らしくて大満足だった。
「民宿すがた」は結構人気みたいだが納得。
しかし、手を加えた料理はイマイチだったのがちと惜しい。
俺は新鮮な刺し身を食えたから十分だったが。
ブリ大根もあったが写真撮りもれた。

先付け・船盛り・焼きブリ・茶碗蒸し・里芋のそぼろ餡かけ

    

船盛りの魚を書くと左から上から下へ

アオリイカ  甘エビ   バイ貝      ヒラメ マグロ
ブリ     マグロ   ブリ    鯛    鯛
ヒラメ    アジ    甘エビ

牡蠣の天麩羅・蟹グラタン・寄せ鍋

   


松阪の「鯛屋」は江戸時代から続く旅籠で、
松阪牛の料理が売りみたいだった。
俺は牛はそれほど美味いと思わないし、
買って自分で料理した方が良い肉を食えるから普通の食事にした。

    


飛鳥の民宿はまあまあだったが、具沢山の茶碗蒸しと
ハモの天麩羅は良かった。
茶碗蒸しは大きな丼の長崎の吉宗みたいなのにして
売りにすれば良いと思うし、ハモの天麩羅など関東者は
滅多に食べたこと無いのだから事前に教えたら良いと思う。
売りになる物を積極的に作らないとなあ。



奈良では宿の近くの安い洋食屋(喫茶店の看板だが)で
三日連続食べたが安くて良かった。
結構有名な「洋食 春」のハンバーグはイマイチで
箱根湯本の「木のぴーHouse」のが俺は好きだ。

春のはシパシパで残念。隣のヤンママ達はジューシーとか言ってたが。
ご飯は大盛りで50円増しだから男は殆ど大盛り。
これで1500円は普通か。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎・匠寛堂のカステラ

2015年12月06日 | グルメ
山から下りて帰ったら到来していた。

ところがさっさと開けられ未開封は枇杷カステラのみ。



五三焼きと抹茶は味見されて冷蔵庫で冷えていた。

でさっき食べてみたが、俺は嗅覚が駄目なんだから
論評はできる立場ではないので感想だけ。

左から五三焼・抹茶・枇杷

福砂屋のがブリの刺身でここのはフグ刺しといった感じ。
ここの「五三焼佳好帝良」の感想。

カミさんは枇杷と抹茶が好きとの感想で、
ちゃんと枇杷の香りがするらしい。

嗅覚が駄目だと本当に貧相な食生活だが、
こればっかりはどうにもならない。
 


長年福砂屋の自己主張の凄いのに慣れてる身には
ちと物足りないが、上品な味その物はそれはそれで
なかなか良い。

文明堂・松翁軒のは食べた事があったから、
残りは岩永梅寿軒のを食べれば良いか。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加