同時代に生きていて共に体感でき幸せ~!

あっという間のつかの間の人生に、一緒にいる仲間と、時に泣き、時に笑い、時に感動し、時に怒り、時に学んでみたいです~。

武井咲でタカヒロに負けた大川総裁

2017-05-11 05:17:23 | 霊言

 

 

【新刊】女優・宮沢りえの守護霊メッセージ

神秘・美・演技の世界を語る

http://amzn.asia/5EPr2Km

 

 

今日(2016年12月14日)は、なぜか宮沢りえさんが明け方ごろから夢に出てこられたので、何か言いたいことがあるのかなと思い、守護霊と話をしてみました。

話が脱線しますけれども、2日ほど前は、一晩中、武井咲さんの夢を見ていました。「彼女の心を刺激するようなことが何かあったかな」と考えてみたものの、よく分からなかったのですが、一晩中、出てくるのです。武井咲さんに関しては、以前にも守護霊霊言の本を出していますが、だいぶ時間もたっているので、どうかなと思っていたところ、明け方の4時ごろから夢の内容が変わってきました。 出てきたのは、やはり、武井咲さんなのですが、彼女は田舎の駅のようなところにいて、その駅の出口が、南口と北口という感じに分かれているのです。 そして、私が武井咲さんの手を取って北口のほうに引っ張っていこうとしていると、その反対側のほうに引っ張っていこうとする人が出てきました。私はよく知らない人なのですが、「タカヒロ」という名前だったような気がします。

大川宏洋 (笑)

大川隆法 それしか分かりません。「タカヒロ」と言っていたような気がするのですが、上の名も分からないし、しかも、相手の顔が見えないのです。 お腹から上が透明人間で、顔も分からず、下半身だけがある状態でした。 そして、その下半身だけが存在している「タカヒロ」という人が、武井咲さんのもう片方の手を握って離さないわけです。夢の時間で計算すると、3時間ほど両側で引っ張り合っていたように思います。 結局、相手のガードがすごく強くて、頑固にくっついて離れなかったので、とうとう私のほうが諦めたら、とたんに目が覚めました。

そういう夢を見たことをほかの人にも話してみたところ、何か知っている人もいるようで、「これは本当のことではないか」といった声もあったのですが、私はよく知らないので、真偽のほどはよく分かりません。 ただ、私のほうが霊的に引っ張ろうとしているところを、それとは「逆」の側に持っていこうとしている人がいるのかもしれません。 でも、下半身しか見えないというのは、ちょっと変だなと思います。手を握って引っ張っているのは分かるのに、下半身しか見えないのです。その上、3時間も引っ張り続けて、結局、向こうのほうに身柄を確保されたので、「すごく強いな」と思ってびっくりしました。「そうとう厳しい霊力戦だな」と思いながら応戦したのですけれども。 ただ、1年ほど前にも、そのようなことがありました。

北川景子さんの守護霊霊言を録ったときにも、そういうことは多少あったのです。北川景子さんを持っていこうとする人がいて、何度か霊力戦をしたようなことがあったと思います。 まあ、そういう話は〝冗談〟として置いておきましょう。

 

大川隆法 さて、今朝の明け方ごろ、夢に宮沢りえさんと思われる方が現れました。正面を見て話をしていたわけではないのですが、なぜか「宮沢りえさんだ」と分かるという感じでした。 ちなみに、前日に宮沢さんの映画を観たとかいうわけではありません。まったく関係ないのですけれども、その夢では最初、少し上の中空あたりから、電話がかかってきた感じで、「どこそこに行け」というような指示が来ました。それで、そこを探しに歩いていくと、今度は手紙のようなものがあり、それを開けて読むと、また、「こう回って、どこそこに行け」という指示があるのです。それは確か、「公園のようなところへ行って、そこを掘るように」という感じの内容だったと思います。 そして、「掘ると、埋蔵金か何かが出てくる」と言うのです。金額は3億2千万円と言ったか、2億8千万円と言ったかよく覚えていませんが、そのくらいの金額だったような気がします。そのように、「3億円前後の埋蔵金がここに埋まっているから、掘るといい」と指示されるような感じの夢を見たのです。 宮沢りえさんの姿がはっきりと出てきたわけではないけれども、「宮沢りえさんが言っている」ということだけは、はっきりと分かったのです。 また、起きてから夢解釈をしてみると、「演技論について何かお話をしてくれようとしているのかな。『こういうふうにしたら、もうちょっとお金になる演技ができる』ということを、もしかしたらおっしゃりたいのかな」という感じも多少はしました。 以前、誰かの霊言のときに、宮沢りえさんの名前が出たことがあった気がするので、それを(本人が)聞かれたのかもしれません。

 

 

あとがき 神秘的な美をたたえる女優・宮沢りえさんの守護霊は、前世にタイの王女の経験があると語った。おそらく、仏教系の信仰もお持ちなのだろう。そう言えば、あのエキゾチックで整った美しい顔は、どことなく、ガンダーラの仏教美術をイメージさせるものがある。 頭のてっぺんから足の裏まで美人女優で、頭蓋骨にまで〝色気〟があると私が表現した人は初めてだ。 何かとても大切なことを伝えようとしておられることはよく分かったが、その内容を正確に伝ええたかどうかは分からない。ただ芸能界でも長く輝き続けておられる方は、様々なことを観察されていることは理解できた。明日のスターを目指される人々に、参考になるところがあると幸いだ。また、この場を借りて、宮沢りえさんにも深く感謝申し上げたいと思う。 2017年3月23日  大川隆法」

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この信号名読めますか? | トップ | マンガで学ぶ・心の指針(信... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

霊言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。